21st October, 2002 (MON.)

Magic: the Gathering
 蘊蓄(trivia)。Abominationはドイツ語で"Scheußlichkeit"ということ(本家4th Editionチェックリストより)。ならば、同じ英語スペリングの語は無いかと辞書を引いてみると、ちゃんと"Abomination"でもエントリされている(性質通り、発音が/natsió:n/終わりになっている)。よかった。ドイツ人にも通じるようである(おい)。
 もう一本。何気なく"quay"(埠頭)という語を見たのだが、今まで「クウェイ /kweı/ 」で発音していた俺が甘かった。「キー /kı:/」だ(別発音の形で /k(w)eı/ も載っていた)。おいおい、読めねーよコレばっかりは(要は、"quay"には3通りの発音があるってことですね。因みに語源を調べたところ、古フランス語のようで、英語の早い段階の内に、"key"の別形から化けたということです)。英語は奥深い。いや、Legendsのリストを眺めてたわけではないぞ!(後で手持ちのリストで《Seafarer's Quay(LEG)》を確認したのは確かだが……)

 昨日だか忘れましたが、《Eron the Relentless(HML)》がイラストで巻いているバンダナを見て、「仙台市の市章(http://vase02.hoops.ne.jp/masa/ma-talk05.html)だッ!」とか思ってしまう。彼の恨みを買いそうで非常にわなわなしているところです。

Negligence
 今日は雨のために完全にダレ。折り畳み傘は一発で結び目1個を負傷したし(まだ使えるからいいけど)。俺の予想を超えてダメすぎでした。


22nd October, 2002 (TUE.)

University -- To Do
 凄い寝方をしたものだ。1講時目の授業がやたら眠く、ノートを取り話を理解するだけで(って一応授業に支障を来さない辺りは学徒の意地。とはいえ、こうした一部の授業だけだが……)精一杯だった。頭がぐらんぐらん揺れて、がくんと落ちたかと思うと今度は隣の空席に寝そうになり、を必死に繰り返して数十分をやり過ごしました。後ろの人にヤジを喰らわされないか心配でしたが、俺の気持ちを察していたのかも分かりません。しかも、帰るときに限って俄雨が降り、家帰って寝る気が失せかけました(そして10:40-12:10間、プリンの↓+B)。

Ado for Adoration (1/3)/Materials
 さーて、今日はずっと探してました。昼1時間、夕方1.5時間の計2時間半程を探し回りました。昼のうちは藤崎を当たってみたりしましたが失敗、夜はファッションで右に出る所はない(と勝手に思った)FORUSにも足を運んだのですが、コレも失敗。そして、街頭の公衆電話にぶら下がったタウンページや聞き込みを使い、やっとこさ一軒の「帽子屋」に辿り着いたのです。その店はとても小さく、どの角を見ても、探していたものは無いかと諦めて思っていましたが、不審な所をあさったところ、やはり埋もれていました──しかも1つだけ。早速目を光らせ、店のおばあちゃんらの前で、ちょっと試着を頼んでは少しばかり被ってみた位にして、即、買いました(2,700円……痛いがこれも怖くない)。急いで家に帰って、寒いので風呂に入ってから、それからゆっくり見るなり着けてみるなりしました。
 泣ける程にイイね。アドたんとおんなじ赤ベレー。(香港中の爆竹を浴び、魂ごと焼き払われる著者。その顔には笑みがこぼれている。合掌。)

Something Weird
 珍しい光景……夜分、コーヒーをクリームと砂糖入りで淹れた。すると、泡の中に奇妙なクリームの粉末が入っている。どうやら、泡の御陰か溶けずに上まで昇ってきたようだ。泡を割ってコーヒーをスプーンで上から注いでやると、クリームは溶けた。確証はないが、何か予感としてはイイと思った(←こういう迷信こそが、裏目に出る。まあ、明日になれば分からないというし、鬼に笑われるので扣えておくよ)。


23rd, October, 2002 (WED.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 平良氏のサイト(http://www.geocities.jp/magicatam2/)を参照して、やっと10月のエラッタの存在に気づく(お、遅すぎた……遅すぎたわい)。それによると、なにやらMJMJのほうでクリーチャー・タイプの方が確定したらしい(流石に山分けカードのことはmtg.comで知っていました)──って、日本語名勝手に確定してるし!(笑いを堪える) ということで、今日はリストの進捗を図る以前にクリーチャー・タイプの手直しですよ……(まだDarrell Riche氏までしか修正してねーってのに)。そしたら、笑える訳をしてくれる。《B.F.M.(Big Furry Monster)(UGL)》については、しじょうさいきょうさいきょう……(ちょっと略)……彩京生物とかかいてあるんですよ(←嘘こけっ!)。ま、ネタになったのは《Shambling Strider(ICE)》。クリーチャー・タイプ、そのまんまカタカナですか。「おめーはストライダー飛竜(カプコン)かッ!!」とディスプレイに叫んてしまい撃沈("Villain"の「悪党」にも確かに参ったが)。今日はDave Dorman氏(Riche氏の次)でフィニッシュです……

University/Games
 今日1個限りの授業の合間、裏ルートで「グラディウスII」(コナミ/FC版)を借りたので、帰省中に攻略してやります。覚悟しーろ。

Ado for Adoration (2/3)
 それは11月の楽しみ故おいといて、アドたんベレーを惰性で被りつつ学校へ向かいました。例の通り一部の人が反応してくれたので、最早当然の成り行きでケタケタ笑いました。問題は、それを見かけた(上、なおかつアドたんを知らない一般の人々である)別の友人共に、「可愛い」呼ばわりされました(著者はこのように呼ばれると死ぬほど苦しむ)。挙げ句、何かの因縁も前ふりもなく場のノリで、俺の脇腹をたいそう多く突かれました。うわーん、ばかばかぁ〜っ!(おお、いつの間にか"Adeleine Possession"かましとる。腹が螺旋階段を形成する勢い)
 ちくしょう。史上のミス・マッチだと思ったのに、みんなまんざらでもねえ反応しやがって。見てろ(誰/何を? ←対象不正)。


24th October, 2002 (THU.)

Magic: the Gathering -- A. E./V. C. Fair
 やっと元のスピードを取り戻してきた。作業時間が実質4時間くらいしかなく辛い(もっと睡眠を削ればいいのだが)のだが、1日10-15人くらい片づけられればいい(大御所が来るとかなり辛い)。もっと精進しないとアクセス数が減る上、「キミから」の方も更新がその分ディレイかかって、更に卓上ゲーム板のほうのテキスト編纂も……うわああん! 《Pinpoint Avalanche/狙いすましたなだれ(ONS)》かよぉ!

Ado for Adoration (3/3)
 女帝に、アドた“にんぐ”な某が見つかった。おいおい、硬直約630フレームかよ。更にとある方からも日記を読まれていたようで、アドたん呼ばわりされる疑惑……。だめだ、某は戻れん……! 戻るとはなんぞや? ……フッ、今の某には問うまでもないか。仕方ないのでアミノサプリ(キリン)のCMソングの亜土たんを聞いてあぼーんしておく(死ぬのかよ!)。


25th October, 2002 (FRI.)

University -- To Do
 展開英語IIのレポート返却。う……B×2が帰ってきた。やっぱり求めてる訳辛いよ……(号泣)。

Accidents
 小柴東京大学名誉教授の受賞を「役に立たない」と一笑に附した某「売国奴」新聞会社の勧誘が来た。二度程蹴った奴がいて胸くそ悪い思いがしたが、今度は別の刺客をたたきつけてきた。あの醜い面を見なくて安心するもつかの間、ネチネチ五月蠅いね。で、日専連の金券しか突きつけられないのよ。ソレがお前らのやり方か。「新聞読むじゃないですか」とか。それで俺が「ネットで取ってますから新聞など見ませんが」と言ったら「ネットの新聞は情報が遅い」「信憑性が薄い」「パソコンばっかりしてると目悪くなる」だそうで。
 へー。朝5時定刻でしか出ない新聞と、時間単位で毎度の更新がされるネットのどっちが情報の遅いことやら。
 へー。さんざんワールドカップをはじめ諸々の記事が災いして叩かれたあの新聞のどこに信憑性のかけらがあることやら。
 で、とどめだてめえ! 俺がかけているものが見えねえのか!!(註:管理人は典型的眼鏡人種です) ……やっぱり、某新聞社のスタッフの方が盲だと。墓穴。
 幸い、「断るのでカエレ!」コールしたら相手が素人なので帰っていきましたが。……やっぱり某新聞は米に異なってます。ましてや新聞を取ること自体疑心暗鬼の俺。まあ、良い意味で一番の原因は例の巨大掲示板群かもしれないなあ……(笑)。

Magic: the Gathering -- A. E.
 D終了。ぬおおおお! 神のタイピングを極める良い実験台にさせて貰ってます。それ以前に、Jまでの120人前後で200枚のOnslaught割り振りが埋まるんだよなあ。ま、がんばっか。
 前々からの疑問であるが、次回作:Legionの読みをレギオンと読むのは何故だろうかと考えていた。どっかの雑誌が吹き込んだのだろうか(ともすれば公式にこの読みを使う可能性はあろう)。だが、あくまで大軍勢の意味として考えれば、普通はリージョンじゃないすか?(註, 格好悪いという所をまず考えないでおくれ) "Legion"をすぐにレギオンと読むのはさしずめ女神転生フリークかと、はじめは首を傾げたものでした(笑)。よく考えた末辞書を引いたら、古代ローマの軍隊にそういう称で出ているではないか。それによると3-6千人の軍勢。
 ──おのれ、《Aurification/黄金化(ONS)》といい、最近の一部カードの訳といい、なんか古語調にし向けられている気がするな(あのカード名と黄金カウンターの名称を見たとき、ふと"aurum"が脳裏を掠めたし)。最近古語復興がはやりなのかね。ぼやいてみた。

註: legionの発音(http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=legion&kind=ej&mode=0&base=1&row=0)


26th October, 2002 (SAT.)

Negligence
 激白。一日6回寝ることになる。(まず朝の7:00まで/7:03-9:00/9:00-9:30/11:45-12:40/15:45-17:30/夜24:00以降に)
 やばいじゃないですか。アホですか? 大学生ですかお前? 厭世マジックが点灯しました。不眠症の人が羨ましいです。2セメスター開始早々からこの病気に悩まされていましたが、一体何故なんでしょう。
 少なくとも食材に睡眠薬が入っていたり、誤ってノディーをコピーしていたり、《Mesmeric Trance(ICE)》の累加アップキープ支払いに追われていたり、コナン君の腕時計型麻酔を喰らってもいなかったり、ましてやエターナルドラウジネスでもなかったり、その他思い当たる原因は全て排除できるはずでした。……俺って、こんな疲れる人種だったっけ? サークルにも入っているわけではないし、飲みに行ったりするわけでもない。ましてバイトすらしていない親不孝ぶり。日頃の更新のためでも25:00位ですぐ寝るし(←ここがいけないとは……昔の生活を考えても思わない)。だめだ、暇すぎて何をやっても身につかんです。
 そうだ! 酒呷って寝よ。これだナ!(議題終了(ルビ:ポジティブシンキング

Foods
 朝っぱら、マクドナルドだった。そしたら、チキンタツタを頼むと時間が掛かる訳よ。6分くらいお待ち下さい言われて実際その程待たされたしね。だが長い間待たせるのを見越し、店員の女性がSサイズくらいのコップに爽健美茶を(勿論無料で)渡して、こちらをどうぞと言ってくれた。更にウェイトが完了したとき、その飲み干したコップも有り難きや、捨てて頂いた。
 ファストフード業界もあれだ、きめ細かいサービスでかなり必死になっているなと痛感した。近頃吉野家にも足をそれこそ繁く運んだが(全ては1杯210円のため)、あれも半ばファストフード化してる。店内で驚異の回転率に格闘している最中、店頭で弁当を売る方も大変だ。「牛丼弁当いかがですかー、すぐお作り致しますよー」の声が足取り重い通路に響く。いや、端から見ても辛いものにしか思われない。
 ただ、いつのことだか、以前その吉野家の店頭販売の方で驚いたことがあった。それによると
「牛丼弁当いかがですかー、つゆだく弁当もすぐにご用意致します」
 なぜつゆだくなのですか。なぜ。(顔を歪め、その場を去るに去れない気まずい雰囲気が支配する)


27th October, 2002 (SUN.)

Foods
 スーパーマーケットで、おかずの調達をするわけです。そしたら、やっちゃいましたよ奥さん。またリーベンデール買っちゃいました。しかも今度はチョコレート味(笑)。こんな肌寒いときにお前は何を考えているのだ、と冷罵が飛びそうだ。ま、俺を含め誰も風邪を引くことは心配してくれない。馬鹿だからな。しかし、馬鹿から風邪を引かないことを取ったら、只の馬鹿じゃないか(なんだそりゃ)。が、頑張らねば……。しかも、その後で、葱を買うのを忘れてきて、また1往復プラスされるし……(それを15分でこなすのだから俺も捨てたものではないな)

Magic: the Gathering -- A. E.
 Heather大先生、俺はもうお手上げです。勘弁してください。描きすぎです、っていうか初土地おめでとう御座います。作業してたらなんだか眠くなりました(zzzzzz

Onto the Line
 明日、明後日くらいから、こっちの更新も辛うじてやれると思ってくれ(核融合)。何、もう遅い? んなもん聞こえませんな。


28th October, 2002 (MON.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 今1時……! やっと終わったぞドルァーッ! デストローイ!(←どこのロックンローラー漫画家だ、オイ)
 イラストリスト157人分終了です。ルール変更の関の山である2002年10月分の裁定が、後で役に立ったりもしました。ところがどっこい、見てくださいよこれ。48.3%って書いてある。

 まだ半分終わってませんよ、榊君? ── おぶるるる

Bad Company/Foods
 2講時終了後、友人と吉野家。場所を変えて駅前。そうすると、人が混んでいるぞ12:15。無謀だ。多面聴ターメンテンだとテーブルが開かない限り座れない。さて、俺達のテーブル開きましたよ、と思ったら、後から入ってきた4人組の男子共がそこに割り込んできました:
(心中語)「阿呆が」「このガキ共」「まとめて死ね!」
 ……順番も守れない、張りつめて臨戦状態の空気も読めない青二才は、社会的に抹殺されて当たり前ですね?(莞爾しつつイントネーションは極大) これがUの字テーブル間の殺意に似ていたことを知りました。
 そして、本日のMVP筆頭候補の方が出現。場所は入り口のドアなのですが、その時間帯だけ、何故か自動が切れていました(つまり、手で横に押さないと開かない)。で、俺達が待っている横に、会社員らしいおじさん出現だ。赤ボタンをプッシュ! プッシュ!……あれ、開かないぞ?……それでも懲りずにプッシュ、プッシュ、プッシュ、PUUUUUUUSH!
 ご覧なさい、横で待っている女の子達が笑いを必死に堪えています
 ま、要はMVPのVが"vacant-mind"(オトボケ)になっていたようなのです。 ∴彼はスーパーマリオカイシャインの称号を得た

Onto the Line
 (高校の友人である、という紹介は今思うとしていなかった)山田女史が語りページを開かれた。とりあえず、丸数字は機種依存文字だから使わないでほしいと言ってみます。これ、制作者万人へ共通のお願いですから間違いないように。更新厳しいかも知れませんが、掲示板がない分恐ろしく負担は軽減されています。一先ずおめでとさん。そしてがんば。


29th October, 2002 (TUE.)

Something Weird
 空想電網式偶像(VNI)にはあまり興味のない自分ですが、ちょっとまわったところの「ゆき14歳」(http://www1.kcn.ne.jp/~hotoke/)で、韓国製VNIなる代物が登場したと聞きますから驚きです。名前はヒェミ16歳。しかし、VNI系統のサイトも模倣してくるとはなかなかやるな韓国と。
 でも、恐ろしかったのは役に立たない韓国語訳……「ヒェミ16歳」(http://hyparmidol.net/hypar/)のサイトをエンジンで訳したのが、まあ次に挙げるページになるのですがよく見ると2chをはじめ日本のサイトにリンクが貼ってあったりするのでなお吃驚です。極めつけはVNIサイトのリンクの定番、同業者さんの方をよく見てみると、のっけから「治癒 12歳
 治癒ですかァーッ!?
 これは技術の進歩と考えるべきか、退歩していた技術の反動と取るべきか……いや愚問ですが、兎も角ちゆは分類上クレリックだったようですか。犠牲は尽きませんが、ゆきさんも「Yuki 14世」と言った具合。なにやらハーフやクォーターの問題ではなく、むしろ中世西欧の政権獲得を目算に含めた状況のようです(南無三宝)。本人も失笑してしまった模様。やはり韓国は恐ろしい国家だ!(←Invalid.)

 さらに、津留璃とんの影響で「SWORD BREAKER」(梅澤 春人)に関するスレッドを探していると、なんと、「格闘職人アウディ」(長谷川 武/光弐)の2作分が掲載されているサイトを発見したっ……! これはアバル神からの手土産かもしれんな……。久々にボルボ駅長の「爆裂中央特快」&「ヤマノテクラッシュ」に天龍源三郎の「詐欺作り」〜「鯨大砲」をじっくり拝観させて頂きました。しかし「ヤマノテクラッシュ」っすか(しかも外回り・内回りは本当にクラッシュする事実)……あれこそが最強の必殺技です……!

University -- Incidents
 4講時目の数学概論Cだが、先生が30分遅れてきたために休講扱いに。そりゃないよ!

Onto the Line
  今日は色々訳がありまして、27時半に起きます。止めないでください。なので、ライトモチーフの更新が2時間早められます。お休み。


30th October, 2002 (WED.)

Something Weird
 10月に31日があったことをずっと忘れてやがんの、俺(笑……やっぱり笑えない)。

Onto the Line
 「A-すくえあ」改め、「acceptance」の亜希姐さんが復活! ──URIはそのままでお待ち下さい。イヤッハァーッ!
 亜希さんのほうも色々あったわけです。PCが突然不慮のブッ壊れに遭遇し、さらに新しいものをこしらえたにも拘わらず、なかなかネットには繋げられない状態が続いていたと言うことです。更に当人は「逆転裁判2」(2002/カプコン)のどつぼに嵌り、とんだ巨大なディレイを喰らわされたりと……(←こんな事書くから松浪さんが出現するんじゃねえか!)。とりあえず、本当に復活おめでとう御座います。
 因みにリンクの変更は、11/01(月一カラーチェンジ)に伴って施行されますので宜敷お願いします。

Something Weird
 ま、あたしゃ壁紙の方で「ヤマノテクラッシュ!!!!」してますが(ってアウディが分からない人もいるので万人向けにあらじ)。→別紙(appenda/021030.jpg)(一部ファイル名を隠してます……)


31st October, 2002 (THU.)

Bad Company
 今日は燕先生を労う(毎回労ってるような気がしないでもないぞ、俺……?)意味で、共に飯に連れ添いました。その際、B級グルメで「量多く安価とまさに僕のためにある店」に連れて行って頂きました。兎も角、セットを頼むとすぐに満腹になったり(600円で、餃子12個と、ご飯と、ラーメンが付いてくるとの話を聞いた覚えが)、とりあえず基礎ボリューム量がとんでもない設定になっているらしいです。某は素人なので、麺類に手を出します。辛うじて500円未満としては、なかなか量も多めだと思います。
 とりあえず飯を食べたら繁華街にはショッピングをするしか有りません。見る物も無いのにぶらぶら歩けるから買い物って魅力的です。ということで、吹き込みでアドたんベレーを買ったローカルの帽子屋さんの場所も案内しておきました。丁度店が閉まるところでしたが、見逃さず!──以前ベレー帽が置いてあった所に、また赤いのが挟まってるゼェェッ!
 《Inheritance(ALL)》!《Inheritance》!《Inheritance》ッッ!!

 誰に買わせようかね。寧ろ友達に贈り物にしてやろうか(邪な笑み)。燕せんせには「止めとけ(にっこり)」と言われ終了しました。

Onto the Line
 それから、「かしわもちホームページ」の翡翠姉さんが、掲示板でこんな事をぼやいておりました:「更新できないのは私情とスペースの問題が半々です。なにせ、iswebとhoopsが統合するため、FTPが使えないんです」

 ──待ちやがれ、isweb!!(襲名:統合マニア)

 (サイト統合の被害にあった体験者は知る)