21st January, 2003 (TUE.)

Books/Bad Company
 思想論のテスト。前々から「貸す」とばかり言っていた「HTML & JavaScript辞典」(秀和システム)を眞綺氏に漸く貸せた。暫く、HTMLの技術本を腐らせない方法はこれが最もいいだろう。

Tetris: the Absolute Plus
 タイムを更新したつもりは毛頭無いのに(というか寧ろ異常にセクションタイムが鈍かったくせに)ST金メダルが点灯したのだが、どうしたことか。

Foods/Games/Ado for Adoration
 ししゃもを喰らう。というと、どこかのかなたから「ばかばかぁーっ」とアドたんばりに言われる罠(久々に俺の口からアドたんが出たもんだ)。そう、おかか行の人ですね。
 ……まったくこれだからアーケードに萌えキャラを求める人々は困ります。いや、コンシューマーなら困らないと言うことではまずあり得ませんしよほど危険な事例もありますのでご安心下さいませ。


22nd January, 2003 (WED.)

University -- To Do
 今度は歴史学のテストを控える。それに対して、もう問題が出来ているのだから、無問題。急いで貨幣と中国歴史に関するリレーションを纏めて、それを時代毎に形式化してノートに。
 で、友達と飲みがてら隣り合わせ。しかし、覚えたことと言えば王莽の「小泉直一」という銅銭の名前くらいであった……いくら何でも「こいずみ・なおいち」なる人名臭い暗記法はこりごりです……。
 あと、ドイツ語終了。とりあえず、そんなところだった。


23rd January, 2003 (THU.)

University -- To Do/Incidents
 歴史論。北宋以降の貨幣についての問題に! ええい、腕がちぎれるまで書いて、欄を全部埋めたぞ。そして、「小泉直一」が出現! ヤターッ! しかし、世界は狭いもので、皆さん例の貨幣を「こいずみ・なおいち(なおかず)」だと思っていた模様です。チビシイねこりゃまた。
 そして、テスト後には「漢、フーリエ展開に感動。」(これは、捏造です

Foods
 結局木曜の夜は必ず外食産業らしいです。「まんぷくホール」が休みだったことが唯一の悔しさですが、まあ腹が苦しくなるまで食べたので気分としてはすこぶるよいです。

It Is Cold in Space...
 とりあえず大雪。一日でまとめ買いしたようです。なんたる大人買いか! と問いただされるべきです。雪国育ちの私が高をくくった結果がこれですか。ええ、これですな。


24th January, 2003 (FRI.)

University -- To Do
 結局経済学とラテン語のレポートの詳細が、ばしっとまとまった。死ぬー。

Bad Company
 ということで、ドイツ語のテストに向けて予習だの何だのやるとか言っちゃって結局飲みだったりする罠。あー、甲斐性なし。いい感じに体火照ってるし。大体宮城県は雪の降らない軟弱都市なんだからいきなり降るとは何事か。雪国育ちとはいえ、歩いて片道25分はなあ……。甘やかされてきたことがたたったと思う瞬間。
 まあいいや。適宜したいことを出来るように祈りながら寝るさ。そう。したいこと(それは勿論「しなければならないこと」との共通集合もありうる)が山積みでね。しわ寄せが全部サイトの更新に来るって、最悪だよな。
 まあ、こんなに忙しくなるとは思わなかった、てのが正直な感想。やっぱり、甘ちゃんだ。

 結局今日は自分が甘ちゃんだと反省する日でおしまいの気がした。

Casual Glance
 で、友人が珍しくNHKの連続テレビドラマに「面白ぇ」と吹き出してしまったという作品があった。その名も「人情とどけます 江戸・娘飛脚」。第3回を見たことになるわけですが、そりゃあもうびっくりしましたよ。なんでNHKが時代劇でラブコメやってるんですか? ……しかもさすがはNHKと言わしめたところは、なんかおっとろしく手法が古くて素朴すぎます
 負けました。


25th January, 2003 (SAT.)

Games
 やればやるほどヘタレ。

Tetris: the Absolute Plus
 結局2で終了。後半戦を待たずして撃沈

Star Force
 Nu-Area/1,203,300pts. 最早説明の余地無し

 そんなにゲームをするなと言いたいのか。ケッ!

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 やっと苦節3ヶ月、第2回カードリストの整理完了。って俺がぐうたらしてなけりゃ半分で終わるんじゃねえか(どうせこいつは行動力不足だから無理)。あー、やってらんないわ。
 と、休日なのに「やってらんない」を連発。しかも、レポートやテストまで控えている状態なのに! 大丈夫かこいつは!? もう駄目だと。そうだと思うよ俺は。


26th January, 2003 (SUN.)

Games -- Drill Land
 実はヘタレじゃなかった日記。

 ドリラーですよ。しかもドリンディですよ。こつをつかんできた。三連待ち構えの岩も、最早怖くはありません。問題なのは「パターンが崩れたときどうするか」と言うことだけなのです。とりあえず、スタンプを貰ってクリアということにしましょう。速度は秒間1.56mで来て、なおかつ逃した像も1個だけですから、まあまあ優秀といえるプレイングでしょう。もっと長く続けられることが問題になってきますね。

Magic: the Gathering -- V. L. Fair
 品評会。とうとう英訳セクションで頑張ると言ってしまった以上は、やるでよ。

University -- To Do
 明日のドイツ語の試験を殆ど無視する態勢で(いや、友人と復習はしましたよ? おととい。)、ラテン語の「現代世界憲章」(Gaudium et spes)に挑む。いや、なかなか古めかしい体系だよな。文章の精緻さが出ていて素敵だと思う。やっぱり言語の種子たるもの、こうでなくてはならんね。言語的な好奇心がつきないために物書きを目指したとおぼしき本分としては、感じる物もあったんではないか。まあ、同時にこのレポートは苦行でもある。239語の逐一文法解釈でしたっけ。しかも造語の調べ方も一々面倒見てやらんとならん。大変ですわこれ。他のレポートといっしょに頑張ります。


27th January, 2003 (MON.)

University -- To Do/Grouching
 ドイツ語のテスト。糞簡単でしたが、ドイツ人か日本語かチェコ人かを選ぶのに、なにか正解がドイツ人の所をチェコ人に
 もう俺の単位ねえよ! 何がノーベル賞が取れるだよ(註:田中 耕一氏がドイツ語の単位を落としたという逸話による)! 要らねえよ! そんなもん貰うんだったら、フィールズ賞の方がずっとずっと価値があるんだよ俺にとっては!(※文学部が何を言っているですか
 しかも、内職の為ラテン語のレポートを書こうと思ったら、ノートがぐしょぐしょ! 草稿のし直しだーよ! もうやってらんね! 帰る!

Foods
 初めて吉野家の卵。どうでもいい。

Magic: the Gathering -- V. L. Fair
 英訳セクションは結構しんどい。全てのカードを収録する気でいるところあたりがまた馬鹿だと思う。


28th January, 2003 (TUE.)

Ado for Adoration
 2002年10月22日にアドたん(HAL研所属)の話をしたかと思いまするが、まさか「アドたん」で引いたところ、浦和レッズのアドリアーノ・ジェルリン・ダ・シルバ(Adriano Gerlin da Silva)選手への呼称とはこれこそ思わなんだ。もう彼はレッズには居ないようですが。
 「アドたん」でYahoo!の検索をかけたらなんと49位。ガクブル。迂闊なことは言わないに限るという検索エンジンの恐怖よの……。

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 白を>427の手前まで終わらせる。やっぱり、仕事の能率が何故か悪くない俺。こんな能力を、レポートに使えよお前は。それからEmpireの更新にもな。せめてCard of the Day位は人情と言うものだ。

Foods
 かんずりを売っている店を募集。

Books
 漸く、予約した「スタイル/文体/の文学史」(大屋 幸世・神田 由美子・松村 友視編、東京堂出版)が届く。これapolune(http://jamano.afz.jp/)の受け売りだが。テスト期間が終わったらゆっくり内省するか。で、やっぱり陽水が俎の上なのねニューミュージック(個人的には吉田 秋生の方がビビったわけだが)。


29th January, 2003 (WED.)

University -- To Do
 違う教官によるドイツ語のテスト。ああ、大問1つ分の点数が蒸発して消えていく。

Tetris: the Absolute Plus
 その後、お疲れ会のつもりなのだろうかスタバ−TAP駅へ直行。駄目だこりゃ。しかし、俺が使う以上に音ゲーに投資する面々、どうか勘弁して欲しい。寧ろ俺より先に破産したら洒落にならん、と。

Fact Sheet/Something Weird
 仙台のサッカーチームだか何かの特集の際、字幕に「雪寒いな(>_<)」……

 ──ハァ?

 何故顔文字なのか。何故ニュースの、ニュースの字幕に顔文字なのか、ともかく全てを再構築し直してこい!(俺は笑ってスパゲティを食えなくなるところだったぞ……!)


30th January, 2003 (THU.)

Tetris: the Absolute Plus
 その前に経済学のレポやれと。また1(648Lv.)で死んじまったよ。もうアホやな。猿の如く死んでますな。セガテトリスで横に出てくる猿ですよ。あれ。

Fact Sheet
 ──「万引き中3死亡、本屋に嫌がらせ電話相次ぎ閉店?」
 今日は言おう。書店を閉店に追い込んもうとしてる奴らはまとめて逝ねと。──この事件で救われてるのは誰でもない。電車の運転手は子供を轢いたわけだし、子供はたかだか6冊の漫画本のために命を絶たれたわけだし、なおかつ許せんのは、店長が理不尽にも一つの職を失うことになること、両親は子供を「万引きの最中」という不名誉な形で失ったことになるうえに、書店を閉店に追い込んでしまう羽目に(間接的に。というのも、親はちゃんとこの嫌がらせ騒ぎに謝罪をしている)なることだ。こればかりは本当に許すものか。
 して、あの嫌がらせの内容に「人殺し」だなぞあった日にはぶち切れ。犯罪者が勝手に死んだだけです。高が6冊の漫画本、15歳、そんな所に同情すんじゃねえ。罪人はどういう事情こそあれ、出来心だった、っていう話だって許されないんだよ。死んだことそのものには(「罪を憎んで人を憎まず」だかなんだかという、トップクラスに虫酸の走る諺で)同情しはしえても(本当に悲しいのは親)、それを何か、書店の店長が責任を背負わねばいけないのか。電話した奴らなぞ、挙って引き回し磔にして、国賊の号を与えて永久にその恥を刻んでしまえばいいのだ。そうでも言わんと煮え切らん。どうやら悲しき哉、日本は悪人の方が羽振りをきかせてる国だから、俺みたいな(奴らよりは、と限定を附さねばならぬも)善良人はつとまらん。だったら俺が、「同じ律を踏んで殺しちまえ」の過激思想に走ったって文句は言えねえよな。そこんとこ。
 やっぱり、万引きは犯罪だという自覚がない奴らが多いのかな(某芸能人が万引きの経歴を嬉々として話したとか、いう話もあるらしい)。そうだね、日本人の10人に1人位、間引きしたって悪くはないんじゃないかね? どうせ使い物にならないプロダクトを捨てるのと同じさ。使えないだけなら救いようもあろうが、倫理観も無いんじゃ、お生憎様、俺は助けてやれんよ。それから、東南アジアの方だと泥棒は腕切られるってさ。恐ろしいね。
 子供は適度に甘やかし、折を見て適度に叱りつけるのが一番です。だから俺の両親、ほんとうにありがとう。そして、おのが不正を見つけ、真に受けててもらえなかった子供達にどうか救いの一喝あらんことを……
 我々の中の一部の人たちは、生まれる年代をどうやら間違えたらしいな。


31st January, 2003 (FRI.)

Negligence
 何か知らない内に1月が終了。

University -- To Do
 展開英語IIのテストは難しすぎ。あんなの英語の問題じゃねえ。米英的詐欺まがいに他ならん。あーあ。Aなんか取れるかよ。クソッタレが。
 まあ、レポートがあと2つ、そしてテスト(神のテスト)が1つ残っているので、精神的にさほどの損傷はない。無問題!

Tetris: the Absolute Plus
 またS1見れました。やっとこさ、って感じな。プレイすると、時々こういう事があって、なんだか嫌に落ち着きを払ってプレイングが出来てしまう。おかしいんだろうかね。そうだろうかね。700レベル行きたい。

Fact Sheet
 折角同情してやったのに犯罪者の親も親か……。まさにDisqualified一家、ハイお終い。一家離散で死んでね。