11th February, 2003 (TUE.)

Tetris: the Absolute Plus
 S2(8'32"78)キターッ!! ……素人脱出への布石か。とりあえず、仙台で練習はしただけあって、うまくなったぞ。フハハハハ。待ってろよ東京の筐体(無いかもしれないのに……)

Home Key
 と言うことで、帰る準備を纏めました。掃除、掃除、洗濯、荷物整理。ああ、山形のドカ雪を拝める日が来る……。それだけで気分は高揚して眠くなります。

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 例の青更新。記事番号の検索や名称の問題とかでかなり手間取ったんだが。いや、どうでもいい。次頑張る。


12th February, 2003 (WED.)

Home Key/It Is Cold in Space...
 仙台から米沢に帰投。やっぱり、ふるさとは寒いな。

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 モディファイにレスポンス。《Force Void(ICE)》なんて中途半端なもん、若い世代にはやっぱり盲点だよな。

Negligence
 とりあえず、帰省疲れから5時間も昼寝をしてしまったので、お茶を飲みたかった母には悪いことをしたと思う。一日も早く結ったりのライフスタイルを回復しよう。


13th February, 2003 (THU.)

It Is Cold in Space...
 ああ、このかたドカ雪しか拝んでないよ。流石米沢、仙台のぬるさとは比べ物にならない寒さです(そんなことを言ったらもっと北、果ては旭川人に失礼に当たるわけだが)。

Magic: the Gathering -- A. E.
 テンプレート小事典、百科事典的な形に纏めると、形式と計画性が必要になりすぎてあかんので、「小事例集」という形で纏めてみることにしようと思った。あくまで思いつきでいつまで持つかは不明。そもそも、この日記が毎日更新できていること自体が奇跡だと思ってくれて構わない。バッケンレコードは最低大学にいるまで3年半は保たなきゃならんよな。

Onto the Line
 椎名嬢、この時期に氏から頂いた謹賀新年ヴォイスを上げる俺っていけませんか? ごめんなさい。キュートな奴聞いて浄化されてきます。ジュン市の親父(間池留さんでしたっけ)みたいに「蒸発」してくる。


14th February, 2003 (FRI.)

Casual Glance
 何かのスタンドに影響されたのか「もののけ姫」なんか途中から見ちまったぜ。俺は同じジブリでも「紅の豚」「千と千尋の神隠し」が見たいんであってちくせうめ!

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 そろそろ最終のデータがまとまっているようなんで、適当に上げるか。テンプレ事例集も、飽きっぽいながら少し筒薦めていく方針を重ねる。うまくいったら、検索可能な形のデータベースに出来るといいんだがね。まあ、個人でやっていることだし、信憑性もあるわけではないが、気楽に出来る仕事じゃないもんだよ。何事もね。

Negligence
 問題は、休暇に入った途端のこの怠け癖をどうにかせんと解決も出来やしないということな。ああ、こんな時に24時間一点集中型の人間が羨ましいぜ! Hose me! やるならひと思いに。


15th February, 2003 (SAT.)

Negligence
 そしてまた起きる時間が10:40だったりとか色々問題も多い。

Magic: the Gathering
 たっけん板(http://www.mediawars.ne.jp/~mtgayume/C_bin/bin_10/yybbs.cgi)。だめぽ。品評会にも晒されてしまった。ま、いいや。どうせ下火だし。

 もうなんだか休みになると全てが面倒になって困るね。暫く日記はこんな感じだ。苦行だ。


16th February, 2003 (SUN.)

Magic: the Gathering
 仕事は全部先送り。

Game -- XI-GO
 ついにAQUI5兄弟の誘惑に負けて「XIゴ」(SCEI/SHIFT)を購入致しました。とりあえず、爆発はかなりコワかったし、しんどかったぞ。いや、大変熱い(引火点の高い)ソフトですね。後半戦になるとどれが生きているブロックなのかも未だにはっきりしなくなる……恐ろしい世界です。久々にテンパりました。

Onto the Line
 2月14日の魚水先生日記へ。「ネオは布袋に似てる」……6割方違うと存じます


17th February, 2003 (MON.)

Magic: the Gathering/Blaze-Up
 上述のたっけん板にはもう付き合ってられんと言うことで、生け贄に捧げて2ライフゲインで終了。なんというか下らねえ。突撃廚も出てきたところでそもそも興醒めな話題が更に興醒めになった(ああいう2chに被れた「つもり」の馬鹿な奴は、冷静な傍観者を気取っていれば済むと思っていやがるから困る。普通は迂闊に飛び込んでこないもんだよ。突撃厨カコワルイ、って言うだろ?)。まあ、元から見切りを付けておきたかったが、遂にあの板には愛想が尽きた。何せ論議をかましていた俺とオポネントの間、セコンドに割って入りやがって、一番槍に自分で火種蒔いといた奴から謝罪と賠償を要求されてナニソレ! と思った。
 やっぱり品評会位の精製された案にしか、自分の活路は無いと思った。……みんなバランスなんか、Magicの姿なんかどうでもいいんだな。俺が間違っているというわけでは(絶対に)ないが、周りの「オリカ」を作っている人に限って、かなりそういうゲーム性なんかどうでもいいという話。真面目にプレイングしている人の方が診断が適格だ。…………だからかもな。俺がオリカって呼称を使うのを止めた理由は。──俺の制作物がOriginalなわけがねえし、オリカを騙ってる奴らの子供騙しでもねえ。

Games -- XI-GO
 「XIゴ」ランキングで己の不甲斐なさに気づく。6,179,239点(Lv. 69)というスコアでは「ランク外もいい加減にしておけ」だそうです。目指すはLimitedの40万点(って随分ちゃちい話やな!)とStandardの10M(これも)。
 あーあ。本当に不甲斐ねえな。俺は。死んでも死にきれん。


18th February, 2003 (TUE.)

Games -- XI-GO
 ぐおーっ! やればやるほど燃えるのがXIゴのリミテッド。目指している40万点すらほど遠く、今日の成果は27万点止まり。本当、どうやって稼ぐのよ、135万って。だって、コンボ数だって稼いでる間に、何回か大爆発させなければならない。例えばコンボが20の状態だと6を15個同時爆破しても90×15×20=27,000点。フィールドが49個だからその内の70%しか有効利用できないとして34個。全部6に奇跡的になって最後を迎えた時のコンボが大体80くらいだと大目に見よう。それでも(342)×6×80=554,880点
 絶望的に80万点弱足りません
 教えて下さい。


19th February, 2003 (WED.)

Games/Something Weird
 最早わたくしおなじみの「ゲーム目現象」(ネタの頂だな)。I.QシリーズやXIシリーズにハマった時は文字が転がって見えたりとか、ドリラーシリーズやTAPにハマった時は文字がボトボト落ちてきて見えたり(俗に言うあのカスケード現象ですよ)とかね、みんなもあるでしょ?(Ans. 無い) とにかくとあるゲームにハマることによって、私にはどうやら文字があらぬ見え方をする奇特な症状があるという事が分かっています。
 今ハマりものはXIゴですね。そう、あの爆発エフェクトを何度も何度も見てました所為で、朝っぱらから作業をしていた時に「ギョッ!」としました。なんせ今度は文字が膨張してぶるぶると振動してるように見える上に、更に酷い時には爆発寸前とばかりに点滅しても見えるという事態。──駄目じゃないか。

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 ひとまずタスクを1/8解決。


 (※ 20日の日記は21日と纏めて掲載します。)