1st April, 2003 (TUE.)

Home Key
 とりあえず、家を後に庵へ行きます。家族のみんなには色々よくして貰って忝ないばかりだ。

Tetris: the Absolute Plus
 しかし、この不孝息子、庵に真っ直ぐ帰るということはするはずもなく、TAPを小一時間(じゃねえだろ!)……4クレジットdipしちゃいました(泣):まあ、3つ消費していいところが全くなし(後半戦移行は1回だけ)……くそぉ、俺の意地で後半前に1を獲ってやった。そうしたら判断力が急激に向上、最早周りの空気も寄せ付けぬボタンとレバー捌きに入りました。そして、遂に生涯やっと2度目の風車(Lv.700台)突入。やっと報われて、しかも取れたのがS3! キターッ!

Sports
 その後はおめおめ帰り、巨人と日本−クロアチアを流し目で見てましたとさ。
 エイプリルフールなんて何もおめでたいことはやれません。


2nd April, 2003 (WED.)

Musics
 "CASE OF HIMURO"を聞きながら作業をしていた。初回限定のみの「CLOUDY HEART」もあったのだが、最後の最後の一曲として聞くと、動じる。オーケストラ部の余韻だけで愁殺されそうな気までした。
 だが、私的に布袋の「Metropolis」(Guitarhythm II)にはどうあがいても勝てんな。インストラメンタルなのだが、あの入り組んだ情緒が俺には余計に親和するんでね。あれ聞くと蒸発出来るよ。体透けるよ?(透けるな!)

Magic: the Gathering
 そろそろVelocityの企画を正式に立ち上げるか。ただ、どうしてもApprenticeのパッチ作りに造詣のある人が欲しいのだ。
 俺がドメインを間借りしているASJさんからドメインの「維持費」を払ってくれと一報が来る。5.4万の年間契約費とはどうやら別物らしい。それから、生協インターネットにも。まったく、貢ぎ物が多くて困る。

Tetris: the Absolute Plus
 一転して不調。余り意識してやるからこうなるんだな。今日はS1にすら狂っていけず。


3rd April, 2003 (THU.)

University -- To Do
 学部オリエンテーション。はっきり言って難儀だ。13時まで俺らを拘束するな!
 それから、同学部で用いるメーリングリストの確認でうちのメールを使うことに。こういうとき独自ドメインって便利だね。

Tetris: the Absolute Plus
 開放されてからラーメン屋に行ってから、相も変わらず。今回はS2(727Lv.)です。2回の試技でこんなにうまくいくって事は、少なからず腕も上がっている証拠なのでしょう。はっきり言うと、嬉しいもの。

Foods
 ただ、倦怠的ダメージが高すぎて寝る。あとはお湯もないのでコーヒーの代わりに健康に気を遣ってオレンジジュースで夜を過ごします。健康飲料としては、俺はオレンジジュースより牛乳派です。そして両方一緒に飲めないのがまこと残念で仕方がありません。品質保持期限(はもう古い言い方になってしまうのでしょうか)がどちらも今日なんで、飲めない分はモーニング!(何だお前)


4th April, 2003 (FRI.)

Negligence
 今日より3連休。特に何もしたというわけではない。

Magic: the Gathering -- A. E.
 暫定的にVelocityを旗揚げしたわけではあるが、だからといってすぐに活動に移すわけではなく、Eclipseのリストにも徹底を行わねばならない。いずれにせよ、自作カード無しでは私は生きて行けそうにないようだ。


5th April, 2003 (SAT.)

Foods
 結論:俺がカレーを作ると何故か異様に濃いので余計腹に溜まる。オー。

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 とうとうEclipseの赤が上がった。というか、バカカードの嵐、とても楽しませて貰った。しかし、このスレももう1歳2ヶ月か。それを考えると、品評会に参加したのが昨年の2002/06/07と言うことを考えてみて、時が経つのは早いもんだと実感する。俺みたいな雑兵は、そんなに書き込んでなどいないんだがね。せいぜい約6,000記事の100、いや50あるかないかぐらいか。ネット上であれ現実であれ、なんというかでかい趨勢には逆らえないものか。まあ、俺が派手にスタイルを変えさえしなきゃそれまでなんだが。

Fact Sheet/Sports -- MLB
 マリナーズ(地元NHKがとやかく宮城県出身という)佐々木が珍記録「1イニング4奪三振……振り逃げによる」: そうか、あんな事もあるのか……。始め見た時はなんというか「へ?」とか度肝抜かれて。


6th April, 2003 (SUN.)

University -- To Do
 結局シラバスを取りそびれたので、「授業の組み方は明日1講時を受けながらでも考えようかなー」
 何考えてるんだ貴様は。お前は大学を馬鹿にしてますか。実はものすごく心配ですばい。1年次に取りそびれた教育原理Iはいつかとか、3セメ以降に取れる数学科目はないか(←てめえは文学部だ!)とかな。英語ばっかりやってるのも飽きるしさ。数学用の英語はLaTeX術の権威・小田 忠雄教官のお言葉を拝するとかそれでもいいかとか。やっぱ理学部逝こうかな? そうだ、現人神にもTailor/Fourier展開の件でメールを送らなきゃな。

Ado for Adoration
 ご覧あれ:http://kjb.fc2web.com/ado/adolove-q.htm……Kajabaさんのサイト「遙けき空」にあるアドたん好きに30の質問。(現404)

─ww^√`vv~(º∀º)─ww^√`vv~─

 答えるのに多分数日かかりま(←許・さん!)

Magic: the Gathering -- V. C. Fair/A. E.
 緑始めます。Velocity用の投稿はいつ来るんだろうとか気長に待っていると何も出来なくなるな。告知くらいするのが普通だったよなあ……。


7th April, 2003 (MON.)

University -- Incidents
 はじめての授業説明。
 ちょっくら暇を持て余し始め、時間割の組み方について(暫定版は小一時間で組んだが)2時間くらいに渡って論議しながら。

Tetris: the Absolute Plus
 それからなぜかゲーセンを荒らしに行こうと言うことで成り行きはきまった。ので、俺のお役所仕事はたった一つです。しかし、腕が悪すぎて今日の加減ほど悪い物はありません。最高が1です。

Foods
 天下一品のラーメンがさほど腹にこないことをいいことにミスドの萌え株:ポン・デ・リング系を食い荒らしていたら、どうもお腹の調子が悪くなった模様。単なる食い過ぎの無自覚症状だったと言うことで終結。


8th April, 2003 (TUE.)

University -- Incidents/Traitor
 tondeke氏から依頼が来て「ラジオ番組のプログラムに相応しかろう案がほしいのだが」と言われ、「目安箱」扱い。しかし、この時期の話題というのはどうも困る。生活情報は別の部署の方が詳しそうだし。
 試しに「新聞勧誘の断り方を所望……でも棄却」と相変わらずの括弧内入力をかましてみたが、それに釣られるか。なんとまあ採用です。俺の体験談が結実です(実は、度重なる絨毯爆撃で降伏させられ、04/10から某A新聞を読まなければならず、ちり紙交換もなんだから徹底的にあら探しをしまくろう! と消極的な決意を胸にしたのだが)。
 新聞社は悉皆逝ね。今やこれは常識!

 それから、水曜日にチャージを行いたいという事実とめんどいという事実が重なり、火曜3講時のギリシア語初級を断念。だいたい、受ける理由が「アイオロスの遺書を読む」という無粋な野望によるものだからな。「ここを訪れし少年達よ、きみらに女神(アテナ)を託す」……託されません

Materials
 英英辞典を買おうとしたら勧められたの(Cobuild dict.)が近場になかったのでビルを荒らすしかありませんな。明日からは北の授業も始まって忙しい。これだから北と赤いのは困るんだよな……


9th April, 2003 (WED.)

University -- Incidents
 まだ可愛い後輩に会えない。そのin lieuってことではないのだが、燕氏の後輩を交えて話す。いつの時代も似非理系はイイね!
 お昼休みはうきうきウォッチング(嘘):辺りを楕円軌道で回っていたところ、新入生と5、6度間違えられました。俺がそんなに若く見えるかい。いや、俺は自称形状記憶合金だからそれは仕方ないサダメだけどな(暫く5年間くらいは顔が変わらない予感がします)。

Accidents
 そんな中、3時間目を目前に友達の女性と鉢合わせる。実は02/10の自暴自棄の原因になっちゃったりした人ですが(責任転嫁も甚だしいな)、その心境をわかりにくいなりに説明です(笑)。
「いやー、参った参った」
「えっ?」
「二度と会えないとか思ってたから、俺ももうストイックにいっちゃおうかなとか思って」
「そんなあ、何それえ(くすくす笑い)」
 軽ーく笑われちゃいました。そしてなにか話に帰省のこととかをほんわか気分で。湯たんぽ〜!
 その後、氏とはスポーツ(バドミントン・志望!)の時間でも鉢合わせるのですが、バドミントンに112名の応募とかアホか貴様ら(そして俺ら)。お陰で軽く40人ぐらいシフトされました(しかも「落選者」コール! 腹立っちゃうよお兄さん!)。そして、私はというと、氏と纏めてお払い通告を食らいました。うちのクラスの人もかなり巻き添えです。でも、なんか「相撲に負けて勝負に勝った」ような気がしたのは自分だけでしょうか。いえ、邪なだけです。"Peace must prevail, even if the wicked must die." (《Jasmine Boreal(LEG)》)

Bad Company
 それから、03/12に豚箱を脱獄したとの一報を入れた、俗称《Combat Medic(FEM)》と遂に感動?の再会です。イヤッハァーッ!
 さんざんに某新聞を罵りながら(あのチョンイルです)自転車を駆る姿は、将に大捕物劇をした二人に相応しいものです。部屋を紹介して頂きましたが、まだ戦闘の準備が余り整っていないとの事で、仕方なく一冊の兵法書を(終了)。

Books
 最後。今日は散財のほども甚だしい。「類語大辞典」(講談社)+「Cobuild English Dictionary」(紀伊國屋書店)。もうこれだけで幸せですが私。家の辞書が防壁を築けるぐらいになったので、後ほど紹介でもしたいなと思います。


10th April, 2003 (THU.)

University -- Incidents
 今日も生活が安泰である。前半は教職だけだからな。とはいえ、英語の予習をしていたのでそうでもなかったりという点がある。何かの英文読解でやったようなイメージを思わせる「高等英文解釈法I」の授業だが、案外むずい。Edward Morgan Forster氏に曰く、"My motto is: 'Lord, I disbelieve -- help thou my unbelief.'"だそうな。後者のあれはマタイ9:24のもじりだと言うんだからこれが腹が立つ。
 恥ずかしくも生涯初めての経験であるが、外国語しか喋らない教師が出てくる。R氏とする。余りよく聞き取れないのは気のせいですか。気のせいではないようです。とりあえず、授業の形式は分かったようですが、なんだか不安げ。
 俺は果たして英語に携わるべくして来た人間なのだろうか未だすこぶる疑問である