21st April, 2003 (MON.)

Onto the Line
 毎回動いてばっかりで何も出来ない。暫く、ホームページとは縁を切らなければならなさそうだ。仕事が多すぎると言うほどではなくなったのだが、下調べが多くなった分、余計にきつくなったような錯覚がある。
 慣れるまでは暫くかかりそうな気がして残念である。


22nd April, 2003 (TUE.)

University -- To Do
 久々に英文を長ったらしく書く。いや、書くったって自作カードとかに使うフレーバーとかみたいなもんじゃないですよ。A4用紙に1枚収まるように行間を開けてやっとこ40行まで圧縮したが、そこで漸く埋まった。どうやら550単語くらいの安っぽい英文のようだ。というか、俺括弧文好きなのな(クォーテーション・マークじゃなくてパーレンのほうね)。3句くらい括弧書きしてあるよ。括弧廚とか言われるんだろうなあ。
 そして文学部の素行らしからぬ英文が爆発! "Let us suppose you are a mathematician."(あなたが数学者になったと仮定しましょう)……お前の未練はいつまで続くのか。いや、こんなのに辞書引き引き3時間もかかるのってやっぱり馬鹿か?

Tetris: the Absolute Plus
 もう目が20Gを何とも思いません。Deathの初100でテトリスを1回出しましたが、その後は132Lv.で入滅。しかし、風車までS1止まりのプレイでは500Lv.台のテトリス1回で久々にSK銀を獲得。スキルの上昇ってのは必ずしもデータには現れないものだなぁ。


23rd April, 2003 (WED.)

Tetris: the Absolute Plus/Foods
 これまた久々に、500突入前にSK銀獲得。いや、20G下でテトリスが打てればなあ。後半の動きは、中盤さえよければかなりの確率で安定することも分かった。ようはチキンなんだな俺は。
 明日は近くのミスタードーナツが1割引なので、必ずS2以上は分捕って食べます(何か趣旨が違うよなそれは)。

University -- To Do
 金曜のドイツ語まで予習が終了。しかし皆さん、ここへ来て「17匹のラクダ」ですか。駱駝ですよ。もう。なんで駱駝が11匹じゃなくて17匹なのか! 話が分かった人だけ笑って下さい。
 それから、次に読んだ文がものすごいキチガイです。狂人ですハイ。だって部屋の中を森にしたり海にしたりするんですよ?(客観的な描写ではまるまる意味不明) ……まあ、あれですよ。《Phantasmal Terrain/幻影の地(2-6/INV)》ってことで。


24th April, 2003 (THU.)

University -- Incidents
 おととい書いたレポートだが、どうやら俺は晒し者にされずに済んだらしい。複雑な気分。

Foods
 ミスドが1割引という噂に焦って行ってみたが、やっぱり騙されました。もう腹立ったというか悔しいからお兄さんポン・デ・コンプリートしちゃうぞ、と。

Onto the Line/Accidents
 いや、今日こそは余裕もあるんで更新しようかと思ったその矢先ですよ。ATOKがブッ壊れやがる。ことはサポート・ページで拾ったパッチファイルを当ててみたわけです。そしたらキー配置がまるまるリセットされて使いづらい。しかも、新しく設定しようと思っても直らず、さらにXpにはごく稀に役に立つ「システム復旧」があるから、それで直せばいいじゃん。名案をかざして実行→全然直りやがらねえ
 ──危うくこのPCごとぶっ壊そうという恐怖の感情も芽生えましたがなんとか抑えました。当然悪いのはクソパッチ(およびその配布先であるJUSTSYSTEM)であってPCではありません。お陰でATOKそのものを幾たびか忘れたけど再インストール。あー。なんか友人に裏切られた感じがして胸くそ悪いよ。
 それでもう更新時間が全部おじゃん。しかもその途中であの寿司ネタこと光学式マウスまでブッ壊れるときたもんだ。
 最悪。引き籠ったり自殺願望には縁がないが、やっぱり破壊衝動に駆られちゃうなあ(もっと質が悪いぞ!)。


25th April, 2003 (FRI.)

University -- Incidents
 先週も痛い目にあった専門ドイツ語Iなので、やはり予習を確実たらしめる。しかし、ペース速いな。笑い話なら等閑でいいのだろうか。しかも、今回も強烈なターボ・アベイアンス発動。先週75分終了が、今週には60分強制終了(しかも先生は10分遅刻したので……アレ?)
 間違いない、この男はプロツアー……! よーし、パパ《Thought Lash(ALL)》使っちゃうぞー。

Magic: the Gathering -- A. E.
 で、その作者(Mark Tedin氏)にまるまる半日かかる。乍ら運転で馬鹿やってるからだ。


26th April, 2003 (SAT.)

Negligence
 余り調子が上がらず、10時くらいに起床する。

Materials
 今日は、仙台のLAOXがリニューアルするそうだ。あの5階もあってなかなか使い所の難しいのが困る。だからといって全部1階に集約するのかよと思ったのは私だけではきっと無いはずです。しかし、LAOXにもちゃんと目的を持っています。そう、新しい光学式マウスの購入です。おととい寿司ネタがぶっ壊れましたので、もっと太いコードの奴がいいと思いました(直接壊れた原因かは不明だが、時々動作不良を起こしたので、コードが受け付けないというか接触不良になっていったのかもしれん)。そしてできれば税抜き3,000円以内なら嬉しい。だが、いざ店頭に駆け込むと「高速度800dpi!」なんてのに惹かれてしまう。そもそもあるわけねえじゃねえか:コードやや太め(そうめんは嫌っ!)、税抜き3,000円以内、分解能800dpi。
 当然見つからないのが落ちでして、30分して諦め、結局ヨドバシも探してきました。でも、なかなかあそこもあそこで無いんですよねえ。品揃えでは完全にLAOXを蹂躙していますが。それでまた戻ってきた時には探査何と1時間後。そして見つけてきたのが何と東京ニーズのマウス! 困ったことに400/600/800dpi切り替えキターッ! しかもお値段2,980円、コードもそうめんじゃなくてひやむぎぐらい! 即・購・入
 ──東京ニーズさん、ありがとう

Accidents
 と思っていたらアカヒの請求が。うわーん、金が300円しか無くなったよー。また貯金からdipります。おかあさんおとうさんごめんなさい。


27th April, 2003 (SUN.)

Casual Glance
 今日の特命リサーチ200X-IIを見て涎をジュルリさせたのはいったい何人いるだろう。そう、ショートスリープ! 夢のショートスリープ! 方法を書いておいたが、これを見て一言「一人暮らしじゃないと出来ないじゃないか!」 ……家族間では迷惑の極みでしかありません。
 とりあえず、ウォーキングをしてきてココアを飲んで……今日は2時に寝てみます。

Foods
 今日は、LAOXを視察に行った時、ある店を見つけたので行きました。なんと、これまた100円セルフうどんの店です。困りましたねえ。店名が違いますが。たしか、「ザ・ワイド」(日テレ)で紹介されてたのが「さぬき小町うどん」だったかと思います(かつて行った「う・どん・どん」ではないはず)。今回はこれです。
 いや、店内の雰囲気がなかなか。しかもカレーライスが置いてある(そば屋のカレーは旨いという法則有り。うどんはどうかしら)。そして、かけうどんがなんと100円から。今日はそのかけうどんに冷や奴を足して頂きました。そしたら、なんか味が西日本型の薄味なんですよ。でも、ダシの味が無色透明にも近いスープからじんと効いてくる。そして麺の腰。ああ、これぞうどん!
 しかも冷や奴を足しても210円。ああ、吉野家を破る日も近いか。しかし、良く考えてみると、唐辛子がなかったような(マイ唐辛子を持参しろと言うのだろうか、それとも讃岐うどんに唐辛子は邪道とでも言いたいのだろうか(註))……。まあ、いいか。

註: 後で行ったら見つかったので、どうやら思い違いらしい。

Tetris: the Absolute Plus
 というか、S2以降出ません。風車でレベルが止まります。もう嫌ですこんなスランプ。ヘボリスはさっぱり練習にならないし(結構死亡判定が甘いぞ! その結構が大違いだ)。


28th April, 2003 (MON.)

University
 今日はけっこうライトな感じで授業を受ける。いや、こんな感じならいいんだけどね。明日は何せみどりの日だ。

Casual Glance
 ショートスリープ計画、初日から大失敗。いきなりクオータを6時間と定めてくる辺り、俺も馬鹿だとは思うが仕方ない。今日もショートスリープ計画を試みたいが、どうも規則正しい生活者は無理らしい。

Tetris: the Absolute Plus
 しかたないので、運動代わりにやはりTAPを(待て!)。 4クレジットを投じてきたが、今日はとことん、いやいつも通りつきがない。後半戦にも行けず、レバーの移動の行き過ぎる余り、どうしても上(即落下)、下(固定)の動きで横ずれが発生して萎える。どうしてもせかされ気味な傾向があるための過ちであるが、どうにかしなければならない。しかしどうにもならない怒りが、4クレジット目でとうとう爆発する。
 序盤からのレバーミスで、もう普通になれば苛ついてプレイング所ではないが、このクレジットが浮かばれないのを避けるため、冷静に処理を行う。通常、ミスと呼ばれるミスは序盤で回避しうる(本当のプロはそもそもプレイングの瑕瑾が無いのだが)。ひとまずSK銅程度で丸く収めて後半戦へ突入するが、なんとも中盤の動きで安定したために、構築を考えるだけになった。5,6列目のキープと2個くぼみの処理に適時打で青と橙、あるいは赤が来るような気がして調子づく。問題は600Lv.前後に突入しているS1だが、この辺りで随分とダブルを貯蓄。通常のプレイングだと速さでシングルを連発してジリ貧になるケースが多かった。しかし、中盤のペースを上手く維持できると、20Gは400Lv.台のプレイに慎重さと毛が生えたようなものでしかないので、700Lv.台にS2を取ることが出来た(後半戦の脳内麻薬の存在はここへ来て大事である)。これでもまだ俺は糠喜びをしていたかったが、しかし、今日は自分でも信じられないほどの「眼」だった。ひたすら、正規分布曲線型の積みを維持しつつダブル・トリプルで溜め込みを続ける。テトリスこそヘボ腕では打てないが、多段消しがこうも連発すると、奇跡まで起きてしまう。S2から暫くしてS3に移行が出来、ほっと一安堵でもう一走りすると、なんと10秒かそこら、そんな早い間に、S4のファンファーレが鳴る。素人上がりの自分としては、よくぞ此処まで、という感がしたが、喜ぶもつかの間、螺旋を待たずして795Lv.で窒息してしまう。
 すぐさま、勇んで家に帰った。一つでも何か記録があれば、それだけで明日の糧になる……。
 上手くなるためには、止めない。この未開拓のゲーム、これだけが唯一の攻略法だ。


29th April, 2003 (TUE.)

Tetris: the Absolute Plus/Foods
 いや、今日は撃沈したよ。みどりの日……ファッキン! しかし、飯を食べて、明日の朝食のためにミスドのポン・デ・あずきたんを購入したのでよろしい。

Magic: the Gathering -- A. E./V. C. Fair
 とりあえず掲示板でも見て下さい。こんな期待を過信する俺は逝ぬべきですか? もしTedin氏が《Abomination/忌まわしき者(4/LEG)》を描いてくれるなら絶対欲しいんだけど。絶対。もう絶対。
 モナリングの推敲専門板が立った! よーし、お兄ちゃん横槍入れちゃうぞー(氏ね/むしろイキロ)。しかし、繁栄して計画が遂行するまで至ったことは何よりだと思います。こうなったらとことん従姉妹分を応援します。


30th April, 2003 (WED.)

Accidents
 久々に味わったわ、こんな酷い鼻風邪。ティッシュが全然足らん。あー、というわけで寝ます。
 いや、何もひねりはない。何処にも行ってない。なのでつまんなく5月が始まるわけです。明日明後日で帰省だってのにどうしろと言うんだ全く。