11th, September, 2003. (THU.)

Fact Sheet -- Onslaught
 ──あれから2年だそうだ。何が変わったでもない。強硬な態度をする奴は今でもそうしているし、叢林に隠れて怯える奴も今でもそうしている。悲劇に死なされた方々も、今でもそうなっている(戻っては来ない)。何が変わってるのかね。

Onto the Line/Accidents
 俺としたことがリンクの方で表記ミスを犯すなんて……瑛琉さん、ゴメーン!(金切り声)……氏に返信として送ったメールで「今日で日記は11連敗確定」。またジェネラルのお世話にならなくてはいけないのですか。
 と思った時にこそ、飯が旨い。よかった。なんとか踏ん張ってる。

Casual Glance
 結局連られるようにして観てしまったドラマ版の「Dr.コトー診療所」。あれで何人泣いたやら。で、結局星野さんの病気は典型的な胃潰瘍だったのですか!

Tetris: Terror-Instinct
 明日はあの神のドリマガが発売される! ……TGM第3弾と目される情報を見逃すな。見逃したら俺は、俺は……ッ!


12th, September, 2003. (FRI.)

Tetris: Terror-Instinct
 ドリマガの最新刊が未だ出ていない。どういう米沢市のつもりだ。

Games/Trifles
 フラッシュポイント(Flash Point, SEGA/DATSU, 1989)とかブロクシード(Bloxeed, セガ, 1990)って何のことかと思っていたが、セガのテトリス亜流版って言った所なのかしら。Original Copylightもそのまんま載ってるし。
 今日はとりあえず任務失敗って所です。以上。


13th, September, 2003. (SAT.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 自作カード掲示板の返信用草稿を暖める。>Sonchoh, MAJA両氏に宛てる
 でもって、Diminutionの「マルチカラーの比率」について、大分考えてみた。構想として、純正のマルチカラー・カードを3割、いや4割以上にしてもいいのかなと思った。Legendsが17.34%、Invasionが21.515%(スプリット含み、全体は基本地形を除く)、そしてスモールセットであるPlaneshift, Apocalypseが各々24.475%, 29.37%(スプリット含む)で、Apocalypseが結局最大。しかし、純正の多色の他、キッカー付きというものを考えると、この比率はもっと高く見てもよいように考えれば、Apocalypseが30%を超すと考えられる。
 移住の場合は、完全にスプリットになってるので、多色カードとして数えざるを得ないから、マルチの比率がかなり高い。クリーチャーの移住候補が現在マルチを除いて39枚、無色移住を除くと38枚である。それを考えると、Invasionにも及ばないマルチ比率であることが分かる(マルチは25枚で、足すと63枚)。これはあくまでVelocity内の移住がクリーチャー限定と考えた時の値である(つまり、1-2-3ステップ式を取ると決めた場合)。Diminutionは、それらの押し込めを考えると、移住を含めたマルチカラー比率が半分以上という奇天烈なセットになってしまわないかという危惧がある。セット全体枚数を143と仮定した場合、マルチのカードが57枚で40%の比率に達する。165ならば、66枚で40%というわけである。かなり多い。で、ノートの抜粋。

- to be 30% multicolor containment, emigrators must be the number of 74, (99/330) this makes each color have 15 emigrators in the set
- one third of multicolored cards in a stand-alone set is beyond ordinality. Invasion, approximately contains them a fifth, is the most "multicolored" case, and if the kicker cards are considered, though, won't surpass 40%.
- Half-multicolored sets maybe compel us not to use single-colored decks.

 こうしてみると、自作カードの作業をする際に、私は日本語という物を殆ど使わない(か、或いはそのようにかなりの意図を持っている)。日本人として考えるという感覚を抜かしているのは、きっと適応力がそうさせるのだと思う。間違った英語を勿論恐れもするのだが、それ以上に私は「やる」。自作カードのお陰か、英語の方は順調に読めそうな気だけがする。"Gathering Dark, theもやっと2章と3章の境目。ヴォスカ(Voska)さあーんっ!


14th, September, 2003. (SUN.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 自作カード板の生存を確認。MAJAさんへの返信はもう一寸かかりそう。カード1枚をコンサルトするのには、かなりの時間を要する。フレーバー訳なんて逐一やってらんねー、と音を上げたいほど大変だし、それをある程度以上の純度にするために、苦心していることもまた事実。だが、こんな安いサイトを成り立たせるのは、地道な努力以外に何があるというわけではない。ファンなどやめたければやめられる。止めたくないから、妥協するわけにはいかない。どこかの誰かさんとは違ってね。

Casual Glance
 氣志團のリーダーの綾小路 翔が「情熱大陸」に出演。かなりキレたエンターテイナーだ。ああいう才能、ギャグとシリアスの共存体制を時に面白がったりするわけだけど、それを大まじめにすると却って笑い物になる(某力士みたいな……つっても悪意のある言い方でないんだが)。笑い物といっても、安心感みたいな、協調にも似た笑いかな。あの手の真面目さは、したたかさと共存するとより危険を伴うがより効果もあるというわけよな。


15th, September, 2003. (MON.)

Materials
 は……速すぎる!

 今日の買い物は「驚速Xp DX」(ソースネクスト)と「高精細マウスパッド」(エレコム)。前者は安い投資と思って購入したので兎も角、後者が高かった(1,580円)! しかし、シリコンの触り具合、しかも机に張り付いて安定する上、なんとなく突起が動かし安いこのパッド、やっぱり役割は大きい! 前まで使っていたゴルゴ13の付録に付いていたパッドは「勇退」です。そして驚速Xp DX。これは眉唾だったんですが、Defragを使った後なのでどれくらい効くことやら、と入れてみたが最後。「ハァ!?」と一声でその速さを実感。何かキーストロークやマウス捌きまで速くなったような錯覚(いや、実際にそれも高速化してるらしいんだけど)を覚える。カスタマイズを使ったので、ヤマノテクラッシュの壁紙は健在です。
 いやー、速っ。これで返信と更新さえ速くなればいいんだけどな! ちくせう!

Magic: the Gathering -- A. E.
 Labo.への返信草稿が完了。やっと総報告に入りそうな気もしないでもない。


16th, September, 2003. (TUE.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 遂に通過儀礼的な返信が終わってしまう。これでようやっと本リストへの反映(相手の応対を待っているわけにも行かないので、進退についてはこちらでひとまずノミネート枠を決めておかないと、中には掲示板に参加しづらい人もいるわけだしね)。しかしPCが速いと仕事がはかどるってのは本当らしい。
 それと、1年4ヶ月での30,000アクセス到達です。どうも有り難うございます。

Materials
 今日は服と靴を選ぶ。実は東京旅行からはじめ数時間歩きっぱなしを続けていたので、右足の親指の爪が死んでいる。母がバレーやら地元の陸上大会などの手伝いやらをしているので、毎回爪が死んでいると嘆いているが、遂に俺にも……おお俺よ、どうか助けて下さい!


17th, September, 2003. (WED.)

Magic: the Gathering -- Relations
 一日も早く私の誤解が解かれることを祈ります。 Please disarm now!

Onto the Line
 今日も寝ている。起きて惰性的に巡回。巡回=何もしない事と同じ。頭のことは絶えずMirrodinのカードアイデアとか、テトリスのこととか、あとは更新をどう計画的に進めていけばいいのかという悩み事が絶えない。暫く2ch側の仕事はしないから、半ば2つだけで済んでいるようなものだけど、学校が始まるとどうにもならんしなあ。

Musics
 「異邦人」(久保田 早紀)のリプライズをB'zの松本とZARDの坂井とのfeaturing版で出していたことが分かり、ショックを隠せない。オリジナルと両方纏めて買っちまおうかと画策する。オリジナルは、あのイントロが子供心ながら衝撃的だった。な、なんかのサスペンスドラマのテーマソングかいな、ってぐらいの。あの曲は元から好きだったけど、CMで再起用されたりしてさらに好きになってしまったという、オジサン世代トラップに見事引っかかってしまった20歳の現実が浮き彫りです
 うわあああああああ。


18th, September, 2003. (THU.)

Magic: the Gahtering -- A. E.
 俺も若い頃、Blitzkriegとか作ってたんですよ。その時のログをまだ見やすく編集する行程がおもいっきり途中のまんまのロー・データなんですけど、ちゃんと保存してたりとかしてるわけです。
 そしたら、その当時の俺、顔文字とかかなり使いすぎ。汗4個(→(^_^;;;;))なんて今時の人はやらねえよ! でも、その当時の管理人もすげえ必死だったというか、かなりの青二才だったんだよ! 尤もあの当時からArgentum次元には入れそうな気はしていたかも? でも、掲示板の中身とかそれまでの自作カードの遺物とか、手元に残しているファイルだけ。Wayback Machineとかを使っても、もう戻ることはできない……しかし、ああいう青い時代ありき、今のPseudoracleを自由に振り回すほどの俺があるということです。あのときも、ちゃんと日本語版の自分のテキストを明示するというスタイルが変わっていない辺り、よほど俺が余計な気配りをしすぎるらしいことは、昔から変わってないようです。昔の俺に乾杯をしよう。受験勉強をほっぽってまでサイトに打ち込み、結果として前期試験をオフ会にして玉砕し、図太い神経で大学にのうのうと通っていることになるこの俺に……!

 で……できません!!

Fact Sheet/Sports -- Yakult Squatters
 ──「古田 敦也選手がFA行使を示唆?」
 まじっすかあああああ


19th, September, 2003. (FRI.)

Musics
 「異邦人」(TAK MATSUMOTO, feat. ZARD/c/w「雨の街を」feat. 松田 明子)を購入。企画版だがレビューも大したこと書いてあったようなので、まあ少しは期待を持って聞いていたが、いやー、なかなか。B'zとZardの世界観がこの曲で帰ってくるとは想像してみるとそれは凄いことだ。この曲の成功はあの例のイントロで確信した。あのイントロがなかりせばという曲でもあるからね。曲そのものは、もう原曲を振り返りたいほどの気持ちにさせる。「少し長く続くヒット10曲を出すより、かなり長く歌い続けられるヒット1曲の方が価値がある」とは言ったけれど、真面目に飲み込んでみるもんだね。

Foods
 今日も食い物がよい気分。味噌汁に秋刀魚は史上最高の組み合わせです!

Magic: the Gathering -- A. E.
 オフライン閲覧にたえるような掲示板全記事リストなんてのを考えてみる。現在製作中。それからVelocityのリスト増補にもとりかかっちゃおう。


20th, September, 2003. (SAT.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 過去ログの整理だけでも、数時間かかってしまいました。とりあえずリストと記事全部、1つずつhtmlにまとめてみました。しかし、リストが60KBなのはさておき、400近くの記事を集めたことになるあのファイルは、なんと1.36MBだった! いやー、これはとんでもないわ。現在のログは流動する可能性もあるから、入れるかどうかはまた後ほど。ダウンロード版が必要な時は、アーカイヴに纏めますので、かるーく言ってやって下さい。あの掲示板に関して言えば管理人は利用される立場の人間ですからね。

Foods
 今日は彼岸ということで餅を久しぶりに食べる。13個も食べたが、年の数だけ食べるのは流石に無理だなあ。

University -- To Do
 最近の過眠が解消されないと何もならないな。休みももう1週間しかない。ドイツ語のレポートが未だ残っているので、ゆっくり「ムーンライト・シャドウ」を読むとしますか。ばなな作品はドイツ語でもかわいらしさが感じ取られていい。かわいらしいというか、ちりばめられた描写の小物が緻密でとてもいい装飾品なんだよね。