21st October, 2003 (TUE.)

Bad Company/Foods/Sports -- Bowling
 我らホモ・ルーデンス(遊戯人)。今日は路線が華やかだ。カラオケ→食事→ゲーセン→ボウリングというとんでもない風の吹き回しときたもんだ。
 カラオケで喉を潰す。何故か英語の曲ばかりが横行する。そこで、毎回ダイエーの店舗内で洗脳されるほど聞いたので、「いざゆけ若鷹軍団」を歌ったり、それに対抗して分かりもしないのに友人が「六甲颪」を入れるなど、なにか間違った対決をする。
 飯。普通に飯です!
 ゲーセン。最早今日の厄日確定という記録が佇立する。友人の前でこのていたらく、もう死にたい
 4人から1人減った後でボウリングへ。随分遠い所にあるんですよ、これが。そこでは21:30-23:30まで「投げ放題」が楽しめるナイトサービスがあるのです。しかも、貸し靴を含めて1,300円とリーズナブル。実際3人で6ゲームを強行する事態になりました(20分/ゲーム)。
 結果の方、なんですけど。もう、俺死にたい。 1年半は最低でもご無沙汰していたが、6ゲーム総ピン521(86.6/game)、最大105、最低77。ああ、もう何とでもいえ

 結論:俺から学業とトリビアを除いたら、ただの人です


22nd October, 2003 (WED.)

Tetris: the Absolute Plus
 最近、スランプだ。

University -- To Do
 やっと1週間の山場の一つが終わる(次は金曜)。そのために、割と予習に割ける時間が足りないという根本的な問題に気付いて、げっそりしている所である。
 明日はなんとか雨が降らないでいてくれるので、がんばって予習するなり!

Materials
 長年連れ添った財布のジッパーが壊れ、新しいのを買う。ところが、よく見たら小銭のポケットが無いじゃないですか兄さん! と大失態をやらかす。おお、お前はなんと不敬な輩だ。


23rd October, 2003 (THU.)

Bad Company/Sports -- Bowling
 復讐のボウリング合戦。さんざんなスコアに、私にも漸く点火。しかし、一昨日投げて今日は4講時にバドミントンをやって憔悴しておきながら、この有様というのだから乗り気というのはありゃしない。
 しかし、三者三様の問題を抱え、なかなかストライクの後が続かないということで、ぐにゃっと曲がってしまう。私もそもそも手際が宜しくないので、縦に2本残ったり、ビッグ・フォー炸裂したりと大爆発。しかし、4ゲーム目に奇跡的なビッグイニングで、全員が130を超えるスコアという(最低は私の133)素晴らしい当たり。しかし、5〜6ゲーム目にその反動でダレ。
 今日のスコアリングは94, 113, 103, 133, 107, 110。何と! 平均110、格差30。特に、133とかいう値は「それは奇蹟ということだ!」とでも言わせておけというぐらいです。参った参った。

Foods/Obituary
 ──祭りの後。前々からお世話になっているラーメン屋である「福到」(フートウ)に食べにいきましょう、とそのうちの1人によびかけられたりしているので、行ってみる。いつもは24時まで開いているとの話を受けているが、店は閉まっていた。張り紙に緑の文字が浮かんでいたので、覗きにその人が。
「なんだ?」
「いや、それどころじゃねえよ」
 そう言われてこちらも覗いてみると、凍り付いた。店が去る10月19日、閉店していたという事実と、ご愛顧有り難うございました、の言葉。

 もう言葉はなかった。


24th October, 2003 (FRI.)

Bad Company/Sports -- Bowling
 ボウリング、1週間に3回なんて、絶対騙されてるよママン
 今日は流石に老後の疲れが炸裂し、8ゲーム(多ッ!)の平均が105に。順に93, 89, 104, 125, 107, 110, 94, 118。標準偏差がおおよそ11.83ですのでとんでもない好調不調の波のようです。うーむ。なんなんだこれは。
 こんな話があってたまるか、というか、この前のビッグ・ゲームは大嘘だったんだという悲しい事実が身に降りかかり、身の破壊の恐ろしさを痛感する。
 とりあえず帰って寝なければと思うも、叶いませんでしたとさ。


25th October, 2003 (SAT.)

Tetris: the Absolute Plus
 今日は平和が訪れている。とりあえずS6を出すのに産みの苦しみをしてみたり。どうやったらタイムが伸びるのか、小一時間指導して欲しい。

Magic: the Gathering -- A. E.
 打ち込みが終わったVelocityリスト、次は校正です……。結局現在の所は603枚でしたね。600枚だと思ったら、3枚も抜けててくれたよ、この憎い奴め。


26th October, 2003 (SUN.)

Foods
 おお、今日はこんなに暇がある。Velocity終了のお陰だ。ということで、我が家に伝わるカムジャタン式スープを作る。料理こそ下手だが、これだけは何とか。

 さて、元々カムジャタンとは韓国の鍋料理の一つで、「カムジャタン」=「ジャガイモのスープ」。本当のカムジャタンは豚の背骨を煮てコラーゲンもたっぷりとか、鍋なので春菊などの野菜を入れたり、という料理らしいのだけど、我が家は違うのです(実は、昔とある番組でカムジャタンが紹介され、辛い物好きの私が「食べてみたいなー」という風にお願いしたのを汲んで母が作り方のシンプルなスープ料理にアレンジしてしたのが始まりです)。使うのはみじん切りにしたタマネギと鶏肉(これに唐辛子が絡んで美味しいのです)、そしてメインのジャガイモとなります。その他、韓国唐辛子、味醂、醤油、ニンニクを味付けに使い、味の微調整を塩と唐辛子で行うという、至って見た目にも味にもシンプルな料理です(なんせ、正真正銘の真っ赤っかで、材料の種類がこの上なく少ない)。鶏肉ベースのカムジャタンなんてカムジャタンとは呼べませんが、我が家では、アレンジ版を慣例の如く指しているため、このような誤用になっています。ま、本物を見たらさぞ家族仰天だろうと思うこのごろ。キノコが入っていたら先ず私が仰天というか生気が抜けますが。

Magic: the Gathering -- A. E.
 リスト終了に伴い、早速駄目出しを食らう。というか、作業から半日しか経ってないのに早いってばさ……有り難く頂戴。とりあえず、11月には確実に選考討論が出来そうだ。


27th October, 2003 (MON.)

Magic: the Gathering -- A. E./V. C. Fair
 昨日のアクセスがおかしいので、誰か解説をして欲しい。というのも、Abominable Empireが146アクセスと、嘗ての最盛期並みの数を誇っている上、問題は別室の《Apocalypse Chime(HML)》の方。1日56アクセスですって。あらま!

 ──一体誰がどうしたんですか、ちょっと気になって仕方ありません

University/Something Weird
 一々英語で自己紹介するのは難儀なことだ。しょうがないので"My hobby and interest is(*)... something concerned with computers and the internet, ... and collecting several kinds of dictionaries."とか言っちゃったよ((*)を"are"と間違える辺り、口頭の英語力の弱さを露呈したな)。そしたら唯一起きていた俺の友人が後ろで小爆笑。先生には大受けのようだ。「だからそんなでかい物(新和英大辞典)を持ってきたのかね! 趣味と仰るか!」みたいなことを英語で言われて、こちらは笑うしかなかった。

Tetris: the Absolute Plus
 相変わらず不調。原因はおそらく、ゲーム自体に集中が出来ないことだ。集中力、いや収斂力といってもいいのかな、それがもう全然足らない。とりあえず、今度はもうゲーム画面と指の感触から目と触覚を離さないことにしよう。それで行こう。


28th October, 2003 (TUE.)

Something Weird
 いい加減17日のフームたん(appenda/031028_1.jpg)を公開。アームに見えそうで見えないのがコツだ。

Tetris: the Absolute Plus
 ダイエーのセールがレジ混雑を誘発するほどの強烈なものに。その後でTAPに寄った所、S8カンストを叩ける。S8緑, 9'14"48。くそう、後1秒スタッフロールを耐えれれば橙ラインだったのに……!

Magic: the Gathering -- A. E.
 Velocityリスト、結局印刷してしまいました。こんな要領で(appenda/031028_2.jpg)土地を除いたリストが全部で18枚になりました。印刷方法を変えた所、33枚という予想は多すぎたらしい。で、授業の合間を縫って、分類表(appenda/031028_3.jpg)を作っていく。570枚とかいう量になるので、おそらく写真のレポート用紙29ページ分になります。

 あー、11月入る前にはどうにか終わらせたいけれど、これは参ったな。


29th October, 2003 (WED.)

Bad Company/Sports -- Bowling
 うわーっ! 久々にボウリングです。
 とんでもない出だしです。91, 81とかいきなり下降調のこの数字はあり得ません。そして、3ゲームを投げ終えた所、母親から電話があるのに気付いて通話。そのまま急いで電話を切り、電話を持ちながら第1投──
 ばちこーん

 す、ストライクはいっちゃった

 この体勢でどうやってストライクが出るのか分かりません。そして、携帯を左手に携えながら投げる(俗称telefonieren投法)裏技を使い、図に乗って142とかとんでもない値をマーク。なんだか困ります。そして、携帯の効果が無くなると、今度はもっと軽いボール用のクリーナ(あのふきんみたいな奴)を左手に添えて投げ。そしたら今度はこれが上手く機能する。
 やったたた!
 と思っているだけでは、スコアが伸びないのでした。91, 81, 103, 142, 114, 106の平均106.17、標準偏差19.23というこの崩落ぶり。19って何だよ。

Foods
 その後、山を越えたラーメン屋に行ったりと色々あくせくする。結局他が手につかないということは、本人の口から触れられることはなかった。


30th October, 2003 (THU.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 なんとかリストは白を打ち終えて、やっと青。実は英語を聞きながらメモを取っていたので、それが定かでないことは往々にしてあり。ど、どうしよう俺、とか言っている。学校では相変わらず悪人である。

Home Key
 明日、不在者投票を済ませるなどの準備をかねて帰郷。ただし、賞味期限のついた牛乳などの始末に追われるのはいやなので、3日朝に再びUターンする予定である。そうでなくとも、予習の忙しさからは全く解放されるべくもないわけで。予習用具の全般がいるような事態は困る。

Fact Sheet/Accidents
 夕時の事件:突然、PCの前にいつも通り没頭している私から見て右側にある唯一の窓。そこを通して飛んできた女性の声。
「泥棒ーっ! 泥棒ーっ!」
 没頭していた仕事に手を止めて凍ってしまう。普段閑静な住宅街である私の庵だが、その私のアパートの丁度度真ん前で叫び声がした。それに応じて誰かしら適切な処置を打ったらしく、暫くして警察車両が1台現れ、将に現場検証の風景を目の当たりにした(当初は出かける予定で、結局おかずを買ったのですが)。静かながら物々しい雰囲気は、窓越しでもそう、直面したらますます現実であった。犯罪に隣り合わせたということはおそらく初めてである。そこで動けなかった自分がもどかしい。110番通報だけでも、せめて出来ていれば、と肝に銘じざるを得なかったひとときだった。


31st October, 2003 (FRI.)

University -- Incidents
 明日から学内の文化祭に相当するものがありますが、まあ、私には関係のないことであるので、3日などに食い荒らしに行ったりはするだけにとどめます。

 今日は授業が一つしかないのですぐさま帰省モードに入る、という話でしたが、メガ・パーミッション先生はやはり! Ein Gott!
 授業に使った読み物が丁度終わるような所だったので、それの済んだ30分後に「今日は天気もいいですし(常套句)、お祭りもあって目出度いようですからこれで終わりましょう」──こんな発言をする人は今まで未曾有です。はい。

Tetris: the Absolute Plus
 ということで、色々余裕の時間を頂き、最後にTAPを6-dipほど。300-400区間でST銀が取れたり面白いこともあるが、特には泣かず飛ばずということで期待の最後の1回。カンスト取っちゃいました。たしかやっと4回目ですか(数えるのが面倒になることはいいことだ)。
 スタッフロールも4回目の挑戦になると、最初のストロークを間違えて下に置いてしまうと言うようなミスもなくなり、順当に消し、順当に詰まっていく(笑)。これは純粋な消耗戦のようなもので、少しでもブロックが見えているだけ、いいことである。
 ──そして、やっと勝ち得た橙ライン! 花火と"TRY AGAIN TO BE A GRANDMASTER."の文字。これを見て、再び力が沸き上がるような、安堵するような、両方の気持ちを受けた。まるでアイオロスの遺書だ!
 ──S7橙, 9'17"85, 204,549pts., ST銅SK銀。
 mまであと33秒(m最低条件:8'45"の仮定において)。がんばる。テトリスが好きだから。

Home Key
 で、ようやっと帰省でーす。それで家に帰る所で、不在者投票をしてきたのです。11/09は仙台に留まりたいので。とりあえず、自民以外には入れません(言うな!)。ショート・スパンでしか物を見ない政治家が嫌い。そもそも母が政治の片棒担ぐなどまかりならんと言っているようなので、それを言っちゃあお終いなのだけれど。このかた政府や公共事業で人を尊敬できた試しなど、あったものではない。小泉さんは相変わらずBGMがX JAPANだったりするしさ(先生、それは無関係中の無関係です!)。
 いやー、家の空気は旨いな!