11th November, 2003 (TUE.)

Accidents
 医者にかかる。喉の痛みは当分解消されなさそうで、金曜にもう一度来診を、などと言われてきてショック。しかも、「熱い物を飲んだり」「堅い物を食べたり」「刺激のある物を食べたり」
 「できません」(モーターマン「次、止まりません」風味であると分かり易い)

 それは私の(日本人としての)アイデンティティに対する死刑宣告とも言えるものです

 俺に死ねというか。そうか。くそっ!
 まあ、暫くは治るつもりはないものとして勝手に絶望視するのはいいのだが、他のことだけには影響がないことを祈りたいものだ。


12th November, 2003 (WED.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 Velocityのリスト、全部潰す。みんな、待たせたな。体調管理も出来ない管理人で申し訳ない。

Tetris: the Absolute Plus
 S8(8'40"台)。RE銅もついでにとっといた。まあまあのところじゃねーかと思ったが、最後が駄目なので全部駄目。タイム自体は一寸ずつではあるものの速くなったと思う。

Games/Musics
 その後によった別のゲーセンへふらぁりと入ると、なんか勇士2人と落ち合ってしまった。馬鹿な! おのれ大学アーケードゲーム研究会め! Drummania 9th mix(コナミ)にて新曲となってしまった"Toccata"(邦題「涙のトッカータ」)を初めて拝聴させてもらった。
 速ぇーっ!
 なんだあの譜面はァーッ!
 みんなで「ハァ?」してました。変なこともある。


13th November, 2003 (THU.)

Fact Sheet
 偶にニュースの話題を出してみますか。
 「レガシィ」(スバル自動車)、カー・オブ・ザ・イヤー受賞: 我が家に何台も乗り回されたレガシィですが、家族はさぞ喜びの声を上げているでしょう。
 かみのやま競馬、ついに歴史に幕: 山形県民なので一応触れておかねばならない。些細な記念にも名前を付けるといういなせな競馬場だったのね。地元の誇れるものが又一つ減ってしまったのは頂けない。

Tetris: the Absolute Plus
 私の目の前で、ダブルスをやっている陽気な人達を発見。某元木と仁志のように交錯するブロックに焦るお二方。……見てて思った

 すげー、すげー楽しそうなんですが!

 周りにテトリストがいないので誘いづらいのですが、初心の方でも協力サポート致しますので、どうか……と思っているところ。今日はただのS6でした。ダブルスの方が食い入って見てらしたようだけど、あんな恥ずかしいプレイに視線を注がれても……って、ハッ、これはまさか羞恥プレイ!?(ビル崩落)

Foods
 すすめからフレッシュネスバーガーを開拓し始めた俺。昨日はつい勢い余ってサルサバーガー(※刺激物)を食べてしまいましたが……あ、あれは刺激物じゃねえよ! ということで今日はおとなしめに看板メニューのフレッシュネスバーガーに、友人一押しのねぎみそバーガーを。後者の葱がいっぱいだったので、非常に嬉しい美味しい。ただ、よく手を拭かないと自分の手を食べてしまうので注意が必要です(授業中に旨そうな匂いに生殺しであった)。

 16日に両親が物資支援に来てくれるというので、有り難く思う。とりあえず部屋を綺麗にして待つとするか(だが、「この掃除じゃまだまだよ!」と母が掃除機を一通りかけ直してしまうのではないかと心配である)。


14th November, 2003 (FRI.)

Accidents/University
 再び診療を受けて、薬を貰う。2回目の来診なので安くして貰う。神様(Mein Gott)、授業を抜け出してごめんなさい!

Tetris: the Absolute Plus
 カンスト。 S8緑, 9'25"88(approx.)。しかし、これでは遅すぎるのですよ。橙でない時点でも既にアウトだし。

Magic: the Gathering -- A. E.
 TAP帰りの後、ゲーム屋を視察。そこで、何と《Ghostly Flame(ICE)》が売っているではありませんか! 俺の師匠がこんな所にさらし首になってる……1枚ニアミントを買う(400円)。アホだ。俺はアホだ。
 掲示板でかなりの量の投稿が飛び交う。まだ、討論に殆ど差し掛かってないのに。俺が火をくべてるんじゃねえかという回答には一切肯んじますのでそこんとこよろしくな。

Something Weird
 あとは折れた信号機(appenda/031114.jpg)。もう「あしたのジョー」で椅子にもたれている状態のグロッキーぶり。いつから折れてたのか、俺も知らなかったよ。


15th November, 2003 (SAT.)

Onto the Line
 昨日の夜に14日分のひなた嬢(http://www5f.biglobe.ne.jp/~second/)の日記(現在見えてませんけどね)を見て後ろ指を食らった気分になる(Googleに乗じるとは……俺も捨てたものではないな!)。ステータスバーで分かり易く血を吹き出しておいたので(なんじゃそりゃ)案の定メッセンジャーで取り調べを受けましたが、彼の人はとてもいい人だ。何より、(前から分かり切ってるが)ノリがいい。いやー、俺も年齢を実感するようになったな。

Negligence
 いや、馬鹿みたいに暇だと人間堕落するものだ。お陰で今日は何時間寝たのか分からない。それをCard of the Dayの特集に費やすぐらいの真面目な機転を利かせて貰いたいものだ。そう言えば、どんな風に編集し直しを図ろうか、これが結構迷う所だ。例えば、全てのセットをレアリティ、絵師の省略を無しに書いていってもいいし、あるいはどんな風に纏めてみるかとかを考えている。イラストリストと同じような編集プロシージャを取っているので、これがイラストリストを後に改稿する場合の指針として有効になる。

Foods
 今日は友人と庵の近くのトンカツ屋に寄ってみる。流石に味噌汁が榎茸づくしなのには愕然としたが、カツ丼自体については、本当に「余計な味が」しない。出汁が出しゃばっている線は何処にもないし、いや、ここまでカツと卵とご飯を純粋な形で食べるものだとは思わなかった。

Tetris: the Absolute Plus
 その後、彼を引き連れてTAPのダブルスに。仁志と元木が何度も交錯し、ゲームにならない。はっきり言ってナメすぎてました
 「なんだこりゃ! 難しすぎるぞ!」とは、友人の言葉である。その言葉は、私の思いをよく代弁している。
 つーか、前(今月13日)に見た人達は揃って200レベルを超えてたって事は……もしやダブルスプレイヤー!? 頑張れ!


16th November, 2003 (SUN.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 掲示板で鴨屋さんが嬉しい情報を持ってきて呉れるものだから、CotDの再編集に意気込んでしまう俺。

Onto the Line
 LUKEさんからのリンクを張って貰って、実は無性にありがたがっている俺。

Home Key
 そして両親。手を緩めずにこれでもかと怒濤の救援物資を送りつける時点で信心が全て向く俺。いやはや親ありてこの子有りです。そして夜飯に大量の豚汁と飯でぶっ倒れる俺。

Sports -- World Cup Volleyball
 バレー男子のエジプト戦で結構食い入って見ている俺。

Tetris: the Absolute Plus
 ゲーセンが筐体のレイアウトを色々調整しているみたいで、なんか位置が変わったのに驚く。新鮮な気持ちだ。でもやっぱり隣は犬福なのですよ(笑)。ま、今日は控えめにS6位で勘弁してやる。つーか、Death弱すぎ(耐性無さ過ぎ)、俺。
 あんまり俺俺言っていると新手の詐欺行為と勘違いされないか、俺。今日限りでやめます(諦め早すぎ)。


17th November, 2003 (MON.)

Foods
 豚汁の驚異的な量を何とか消化。やっぱり、勝てない戦いになど挑むものではない。

Accidents
 そして、医者。喉は大分良くなったらしいので、後はこのまま様子を見て、気にしなくなったら終了ということです。お陰で「キミから〜」のメモ欄に病気が治ったということを書けそうですよ。

University -- Incidents
 平日になったら一気に学校のことが襲ってきます。明日の予習と、明後日に提出する一寸したレポート(例の外国人教師です)の書き荒らし。実は内容を分かっていないなりに書いたような感じなので、アドリブ指数がかなり高い。まー、700語も稼げばいい方か。でも、あの文章は晒されたくないものだ。出来が悪いから。
 まー、そう言う時に限って晒されるんだよな、こういう場合はよ。


18th November, 2003 (TUE.)

University/Negligence
 飯を食った油断で4限を20分か30分くらい寝過ごす。ちくしょう!

Sports -- World Cup Volleyball
 バレーも一区切り。例の如くテレビ観戦をするわけだが、今日のカナダ戦は一寸ヒヤリとする、難もある所。勿論、相手が決して弱くなどはなく、寧ろ高さの上でも脅威のチームである事は十分に承知の所だが、あれだけの勢いで2セットを取った後で逆に取り返されたというのは危なっかしい。
 やっぱり、ミスが響くというのが男子バレーの感想だ。基本的にラリーが珍しく、反撃の余地が少ない男子バレーでは、連続ポイントが累積するだけでもかなりの致命傷となる。男子バレーは球速の違いであり、それがゆえに精度が一寸狂ってもポイントが取れないというシビアさも抱える。連続ポイントは目的であるが、警戒されるべきものでも同時にあり、当然ディフェンスの力量も問われる(キャプテンの加藤も、右サイドアタッカーに対するブロック難が連取された要因と言っている)。日本は超攻撃的とも言えるバレーであるが、この次は「防御で観る」ようにしよう。私見、中でもセッターの宇佐見は攻防の均衡が取れてて、実際よくやってると思う。あれはすごいもんだねえ。男子だけに、得点をもぎ取る選手と同時に、悪球を取る選手もやっぱり目立つ。
 それより、セルビア・モンテネグロ相手にエジプトが1セットを奪い善戦したというニュースが気になる。エジプトといい中国といい、これまで対戦して勝利を収めたチームも、うかうか見てられんので楽しみだなあ。
 観戦は楽しい。テレビはそれとニュース以外には食い入るまでもない。今頃家族もテレビの前ということを無意識に思っている。


19th November, 2003 (WED.)

University -- To Do
 そろそろ手の内が危うくなり出した。俺の予習ゼロ戦法もそろそろ限界が来ていると諦めるしかないか。

Magic: the Gathering -- A. E.
 珍しく時間をCotDに費やす(というか、期待されている方々がいるとこっちもプレッシャーがかかるのですよね。でも、いなけりゃいなかったで、こんな事はきっと継続してなかっただろう)。いや、本当は専門ドイツ語の予習で集中力の余韻を引っ張ったってのが本音なわけで、ですからVelocityより取っつきやすい仕事を選んだわけですが。まあ、俺がヘタレなのは誰も否定しない事実でしょうが、面と向かって云われると多分腹を立てそうなんだよなあ。あんな仕事は休日でもないとこなせないのですよおわかりですか。
 今度はせめて、俺が作った案の中で、落としといた方がいい物をピックアップしておく事にしよう。それは明日に書き込むことにする。これは約束ですよ。
 とりあえずココアシガレットを食みながら作業中の身でした。ちゃんちゃん。


20th November, 2003 (THU.)

Univresity -- Incidents
 1限が突然休講になるというブービートラップに引っかかる。「この罠の中をどうやって切り抜けるつもりなのだ……次々来!」

Musics
 3限の合間に、時間があるのでCDを買いに。「DOBERMAN」(布袋 寅泰)。あの携帯電話の着うたで話題の「NOCTURNE NO. 9」聞きたさが目的だったのですが、いやー、やっぱり布袋はインストじゃなきゃ駄目だ、と思った。あの人の芸術性は初代「GUITARYHTHM」で完成形に近かったからな。その証拠にあれだけは何回も何十回も聞いている。ボーカルが下手だ、とは言われるけどさ。かなりの情感を表現できたんだよ、あの人の音楽は。タランティーノが「KILL BILL」に「新・仁義なき戦い」の音楽を使ったって位だから、インストには定評あるんさね。私も布袋ファンだけど、インストだけやってたらいいのになー、って思う部分はあった。馳とかが馬鹿にせずにすむしな(笑)。

Accidents
 さて、戻って3限、例の外国人講師です。いつも通り遅れてきていつも通りプリントを渡して、レポートの2例を取り出して赤ペンご用意くださーいとばかりに授業で校正をしていくわけです。そして、事態が40分後に起きた:
 突然教官はずかずかと我々の方に向かって歩き出し、一番前(と言っても中段)を陣取っている俺の前を横切り、その後ろの席に止まると、突然"Don't bother,"とか言い出して。要するに誰か(で、俺の知っている奴だからなお質が悪い)が内職──こんな狭い部屋で内職などするものでは当然ない──をしてやがったのである。で、その後教官は「出ろ、そして二度と、単位認定試験にも来るな!」とかそんな類のことを言って放逐を行い、その後にものすごい剣幕で黒板に戻り、"End of Class"と書き残して、後はお決まりの文句で消えてしまった。
 ──馬鹿やるなよ、と思った。狡賢くやろうとするにも程があるというか、なんというか。酷いショックだった。

Magic: the Gathering -- A. E.
 先までドイツ語の予習をかなり進め、思った通り泥沼にハマり、死亡確定。先生、いや神の言葉を聞くことにしてそれは解決して、とりあえず昨日の日記を実現に持ち込む。投稿時間が23時59分なので、辛うじて威信は守られたのであった
 ああ! しょうもないよ! もう!