1st December, 2003 (MON.)

It Is Cold in Space...
 暦の上ではもう12月になりました。いかがお過ごしでしょうか。

University -- To Do
 とりあえず今月中になんとか後始末を付けておきたいのは、TOEICの試験か。私はオーラルが大の苦手なので、600点を超えられるかどうかは危うい……。

Tetris: the Absolute Plus
 Death、大躍進。428Lv. 3'10"36。初めて400Lv.台に突入した上、3分も耐えられました。しかし、これでは時既に遅しです。とりmまで到達できませんよ、これじゃ。

Negligence
 ま、そういうことで明日はおもいっきり寝ます。1限が休講なんだっけ。


2nd December, 2003 (TUE.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 遂にVelocityの私選考に本格的に乗り出してみたはいいが、かなり難しい。何せ、母体が枠の半分以上をはみ出す結果なのだから、頭を抱えるのはごく当然である。しかも、レアリティの比率が又憎たらしく、アンコモンやレアの16枚という枠は、インスタントやソーサリーに多くを割けないという意味を示唆している。その中に無理無理押し込むには、僅差を潰していくという他ない。あー、選考っていやなんだよなあ。人の案を見殺しにしている感じがして。なんてぼやいてもいられないが。

University -- To Do
 明日は割と忙しい内容だが、夜までねじ込まれない(5講時が休講)ので非常に有り難い。

Materials
 仙台LOFTがオープンする。行きたい! だが、夜になりそうだ。ごめんよ、昼間は予習のため同行できん。>多分ここを見ているかは不明な友人宛の私信


3rd December, 2003 (WED.)

Materials
 いざ戦え! 仙台Loft。遂にオープンしましたよ。俺はインテリアにも弱いのだ! しかし、19時に言って20時に帰ったというのに、この人の数がバカッタレです。もうね。昼間は入場規制で友人も行けなかったそうですよ。エスカレーターまで規制ラインが張ってあったのなんて、田舎者にはまずはち合わせないことだ。
 問題は何を買うのか、寧ろ買うような物があるのかということでしたが、(電卓マニアを皮切りに)数字マニアと呼ばれた私がやることはただ一つ! 時計類とカレンダー類のチェックです
 4階。諭吉が1発で吹き飛ぶぐらいの値段の時計がずらり目白押し。やべえ。欲しいけど圧倒的に金がない
 5階。カレンダーを探すと、なんと2,000円の万年カレンダー。しかも、あの空港の表示板や昔の音楽番組などでお馴染みの「パタパタ」ですよ!(現在はTWEMCOというブランドが精力的に作っていらっしゃる。この商品はブランド名が無表記なので、関連性の有無はわからないままだ)

 で、負けました。(appenda/031203.jpg)

 この写真は買った直後のカバーも外していない状態なのでぶれがありますが。何より2月14日(日)という時点でただならぬ悪意を感じたのは俺だけですか
 こう言うのに限って壊れやすいので、大事にしたいです。ああ、愛しのパタパタ表示板……

Tetris: the Absolute Plus
 一休み一休み。すぐには巧いように慣れてはこない。そして、財布の中身が逼迫したのでそんなにやれない(汗)。


4th December, 2003 (THU.)

University -- Incidents
 結局私に残されていたのは1講時だけで、あとの3,4は両方とも休講だったという話。信じられません。酷いです。

Magic: the Gathering -- A. E.
 不完全な形であるが、選考リストをアップ。残りの予定は黒で紙面丸々1つ、赤と緑でもう1つ、あとはマルチとアーティファクトの総まとめということになる。あとは、皆さんの総意に任せる。Yuic氏から俺のリストの出来について言われてるけど(勿論言葉は有り難く、益々精進したいと思う)、あんなのはフレーバーの英訳さえなければ多分2/3、いや1/2の時間で出来すことが出来るのかもしれない。一番凝っている部分だからねえ。もっと作業が速くなることを期待したいものです。これからも遅筆の私をどうか宜敷。

Negligence
 さーて、週末の予定が埋まらないかなー(この時点で暇人確定)。


5th December, 2003 (FRI.)

University
 確実に俺の心の臓は磨り減らされている……!

Magic: the Gathering -- A. E.
 うちの掲示板のアットホームぶりを改めて反省したのがSalon記事#116ですが、"Abominable"という形容詞に全くと言っていいほどマッチしないのがお涙頂戴物です。
 これも《Abomination/忌まわしき者(4/LEG)》を「あぼみー」なんて呼ぶからだーい!(※ それは責任転嫁です) って、最近の俺は本当にテンションが高いですね。こんなざまですからカルアミルクなどを口に含みながら返信をしてはいけません、ということなのですね。

Onto the Line/Fact Sheet
 最近気になって巡回しているのが、「巨大数研究室」(http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9946/。数学板の「巨大な数を探索する」趣旨のスレッドが転じて出来たまとめサイトなのだが、「グラハム数(Arrow Notationという表記で記される、爆発的な増加を引き起こす演算子を使うらしい。意味のある数で最大と呼ばれ、ギネスにも認定されている)がとてつもなく小さく見える」スレッドらしい。なんでもAckermann関数という、再帰計算を馬鹿みたいに行ってそれこそ爆発的に数を増やすという、とんでもない話から始まる。
 こんな話をするからには、去る12月2日ニュースでやってた「40個目のメルセンヌ素数(2^20996011-1, 6,320,430 digits)発見」なんてニュースは勿論面白く拝観させてもらいましたよ。ただ、その素数が載っているテキスト(http://mathworld.wolfram.com/news/2003-12-02/mersenne/mersenne40.txt)が不具合でダウンロード出来なくてショックだったのですがね。


6th December, 2003 (SAT.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 Velocity選考リスト、断行中です。今回アップデートした黒ですけど、本当にこれでいいのかという思いばかりがします。っつーか、殆どの案をぶっつぶしたり、弄り倒したりしているだけだもん。勿論、350枚というとても狭い門の中に収めるのは生半可な事じゃないし、甘えてらんないけれど……流石に、これは酷いよね。こう、ぼやきたい気持ちもあるのです。別に、作業自体がそういう呵責の念ばっかりでやりたくないって事ではないし、こういうのは本腰入れてやるのが礼儀だと思うけれど、やっぱり制作者の思いをいくらか蹂躙するわけですから。まあ、それについて「譴責は受けるが因縁は受けない」ということを予めステートメントにしといたんですよ。流石に、こんな所で誹謗が飛んではいけないわけで。
 ──チーフ・デザイナーとは鬼になる必要がある。勿論、人の話を聞ける鬼である必要があるのだが。

Tetris: the Absolute Plus
 調子悪すぎ。寧ろDeathの動きの方がよっぽど安定しているよ。それで結局カンストは1回してきたが、S8だ。どうもS9というのが落ち着いて取れん。つーか、窒息まであと3列だったし!S8緑, 207,481pts. 9'20"01, SK銀ST銅。
 スタッフロールなんて最悪。なにあの死に方。ほんとバカ丸出しなのが泣ける。

Foods
 腹いせに苺を買って食べました。偶には野菜や果物も取った方がいいのです。肉ばかり食ってるから最近の不摂生が……(汗)


7th December, 2003 (SUN.)

It Is Cold in Space...
 今日は仙台も冷ーや冷や。実家の方では2-3cm積もったとか聞いてます。

Tetris: the Absolute Plus
 寧ろ、昨日の調子がマシな方で、今日がダメなのか。謀ったように(青の陰謀のように)S4しか取れねえ。

Magic: the Gathering -- A. E.
 動きが無いのがこんなに怖いのは初めてだ。


8th December, 2003 (MON.)

Tetris: the Absolute Plus
 もうだめ。なんか駄目。最近全くろくな事がない。遂に成長が止まったかな。もう止めちまおっかな。

Magic: the Gathering -- A. E.
 今日も殆ど動き無し。怖すぎ。

University -- To Do
 で、近づいている足音をひたひたと感じるのはTOEICの試験だけ。13日だってよ。600点取れないと俺としては退学物らしいです。イヤハヤ、リスニングで0の可能性もあるだけに不味いんだよなこれ……。

Games
 ゲーセンでプレイしてる人を偶に見る「SABOTEN BOMBERS」(1992, NMK/TECMO)にほのぼの悩まされる。おのれテクモめこんなことまで! いや、寧ろ悪のりしてるのはNMKなので便乗させられた側に憐憫を注ぐべきか


9th December, 2003 (TUE.)

Games/Something Weird
 ぐあー、見てしまったあー: まあ前程からキャラクターが変わっただけで酷い言われようの「ぷよぷよフィーバー」なんですが、遂に選ばれし所々では稼働したらしい。まあ、キャラクターについては最も色々言われる、寧ろ色々言いたい所なんでしょうが、参ったことにアルルが紛れ込んでいました。但し期待するなかれあのポップなノリで見違えるぐらい別人です。写真というか、見てしまいましたよ。ぎゃびりーん

Tetris: the Absolute Plus
 こちらはS7で挫折

University/Negligence/Musics
 初めて自主的にサボりました。いや、わけがあるんですよ! その人は前セメスターから「遅刻も欠席扱い」みたいなお厳しいことを前々から仰ってまして、それで今日については起きたら開始5分前ですよ。開始30分、いや20分前でもいい。15分しかなくてもそれなら歯磨きの代わりにガムだけ噛んで余裕で間に合いますよ。しかし、5分は物理的に無理だ
 どうせ遅刻で出席点が取れねーんだったら、潔く休む! 寝過ごしかけた時点で、申し訳ないことをしている!
 つまり、今日は授業がこれしかないので全休になりました(悪)。お陰で悪銭身に付かずという諺の通りです、時間は無為に過ぎ去っていってしまいました。なにもネットで変化があるはずもなく、ただ外に出歩いて色々ほっつきしながらというだけで終わった。……悲しいな、人生は。

 TOEICまであと4日、関係ないけどブレイク工業まであと8日……


10th December, 2003 (WED.)

Accidents
 ──あれだな。

University -- Incidents
 ドイツ語の授業で先生に駄目出しを数発食らいました。ええ、俺はどっか構えてます、寧ろ衒ってますとも。青いんですよね。
 「物に合わせたスタイルを選びなさい」「言葉に振り回されないこと」というのは気を付けてるぜー、と言っている奴こそがまんまと騙される。で、その俺は代表選手だったわけで。改めて自分の経歴に照らすと、貶めや傲慢の気からやり始めようとした文章の精緻化というのは、得てして「引き籠もり」を容認しがちである。自分中心、自分が分かっておけばいいや的な気は、私なんかは酷い奴で、意識的にあるわけで。ま、俺の場合なんかは新しく得られた言葉に弱いんだよ。モノの流行に疎い代償に。
 改めて、簡単に思える言葉を馬鹿に出来ない。そのドイツ語に"Einfachheit"という言葉がある。質素、簡単という意味である。この言葉に、心からぐぐいと惹かれる。なんとなく、そう思ってみて文字を見る事に、暫く慣れてみようと思う。
 TOEIC? もうあきまへん

Tetris: the Absolute Plus
 論の外。寧ろ俺死ねよ。俺がプレイする前に、対戦で盛り上がって連コまでしちゃってるカップルさんを発見し、私の中で不整合な部分を感じる。いつも厳然とそびえ立つ障害のTAPが、あの対戦画面ではそういうのが無くなってる。この世にもテトリス愛って奴が、あるんだなあと思う。俺には、きっともしかしたらそれが足りないのかもしれない。彼女があったらこういう趣味を理解してもらえるのか(何においても自分にとってコアな部分が理解されて欲しいものと欲しくないのと色々あるけど、この趣味は別に減るもんでもないしどうか誰にでもご理解頂けたらと思う)、……なんて考えてやきもきしていたら、Sの1つも取れねえ恥晒しぶり。今日ばかりは死にたいと思った。思うだけでいいなら(大体これを律儀に考えていたら、命なんか幾つあっても足りないのですよ)。
 なあ、今日って結局厄日なのか? 俺。