21st December, 2003 (SUN.)

Casual Glance/Accidents
 結局CDTVに日ブ工は無しか! You bastard!

Bad Company/Foods
 さて、またクラスで食い盛りの6名が出揃った今日のボーナス・ステージは、「力寿司」さん。とてもすげえ……

 これらの件を総括すると、もうこの店は「佳い店だ!」を通り越して「ヤバイ店だ……!」評価に相応しいでしょう。少なくとも、仙台市内の「佳い店」指定3店目は間違いありません。

Tetris: the Absolute Plus
 調子悪すぎ。結局10-dipくらいでS7とかDeath-418Lv.しかとれない。なんか自分が嫌だ。

Magic: the Gathering -- A. E.
 B3plus(http://b3plus.s20.xrea.com/)はイラストまで自作の小型エキスパンションOriginを製作しているが、その大会みたいなのが行われたようだ。近いうち、そこまでVelocityも漕ぎ着けたいと思う。だから、この選考というもどかしい時を、私は大事にしたい。Originはなんとも良くできているので、おうみ氏に迷惑を承知の上、ルーリングに対する検討というか例の通りpseudoracleでもしてみようかと考えている。あくまで考えだけだが。


22nd December, 2003 (MON.)

University -- Incidents
 今年最後の授業。よい新年を過ごして下さい。永遠にね

Bad Company
 で、いつものような面子で飲みに行ったんですよ。飲み。そしたらなんか幹事を始め馬鹿みたいに飲み過ぎちゃって、やっぱり1人暴走したのは予測がついたけれど、幹事がかなりのダメージをしょっている。だから止めとけと、俺は言っていたのだ。辛うじて飲みを控えて食う方向にもある程度走ったので、俺は得をした方(正確には「難を免れた方」──この書き方はいかんせん問題あるが)でした。まあ、みんなテンションが張るだけ張ってちぎれたので、それはそれで別答の正解と致しますが。

Magic: the Gathering -- A. E.
 Velocity選考。終わるのか終わらないのかだけが鍵。Pandemoniumについては、向こうの住人が何とかしてくれるだろう。つーか、働き過ぎだ本当に。とりあえず2つの仕事を掛け持ちできるわけがないので俺ことゴミあさりは参加しない。ワーディングの時にひょっこり現れてみます。


23rd December, 2003 (TUE.)

Home Key
 明日、いよいよ仙台から地元へと帰ります。雪が多いふるさとが少し恋しい。仙台で雪が多いのは嫌だという贅沢でもあるが、自転車以外の補助交通手段がないからねえ、雪が降った時は大変だったしなあ。

Tetris: the Absolute Plus
 昨日散々だったのに、Masterでマスタリングタイムの更新をしていたのに気付かず(9'10"16)。今日はS9が出たのにカンストに失敗(997Lv.)。夢が終わる瞬間。

Foods
 さて私、船便ボジョレー祭りも乗り遅れてすっかりヘタレの烙印を押されたので、渋々、家族へのおみやげにドイッチュヴァイン(1998 Mosel-Saar-Ruwer Trittenheimer Apotheke Riesling Spätlese, 2,000円)を購入です。勿論のこと例の肩書き付。Spätlese(遅摘み)と書いてあるので、糖度は6つの内2番目に甘い奴だそうな。早く賞味したいものです。実は専門ドイツ語の伝で(薬学部でしたが)1年生の授業の発表会に審査員役で参加した時、あるグループの発表でワインの等級の話を聞いたので、少し敏感になってます。それだけです。

Fact Sheets/Something Weird/Musics -- Nihon Break Kogyo
 恐れていたことに、ニュースのトピックとなって出てしまったこの2つ、「日本ブレイク工業 社歌」(Realand/Infinite Record)と「萌える英単語集 もえたん」(三才ブックス)の話である。
 前者はなんとウィークリーのオリコンで22位にランクインしたらしい!(12月29日付) ……おめでとう萬Z先生、カツタ先生!(ダイヤモンド・カツタ氏はムービーぐらいしか情報源がないが、すげえ人気らしいね。) で、暇があったので新星堂に再度寄ってみたが、社歌は取り扱ってさえいない雰囲気。仙台は中途半端でも都は都でしょ? ホームラン級の馬鹿だな。
 で、後者が参った。「東大の生協に20冊山積み」伝説で有名になったこの書物、勿論某所でも話題になっている。そんな所に、ニュース速報+のスレッドでこの行を見つけた:
 http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1072110700/286
 ……紹介されていたのは私もよく利用しているSPACE ALCのサイトであります。英辞郎は手元のがあるので長らく使ってませんでしたが、それで「萌え」を引いてみろと言われたので、まさか出ねーだろと思った所甘すぎた

「萌えー!」:"be beyond cuteness"〈話〉

 び、beyond cutenessだぁ──ッ!? しかも「萌えー!」は伸ばして感嘆符を付けるのが前提ィィィッ!? ……ディスプレイの前に一つの魂が朽ちた瞬間。その後で、"cute"で検索をかました結果、どうなってしまったかは言うまでもない。まあ、アドたん萌えの私は代わりに"adorable"(adj.)を当てちゃうんだがね!(自慢になりません) で、性癖からいつも通り語源を調べると、"adore"はラテン語で、前置"ad-"と"oro"(to speak, pray)から来ているからto worshipになり、一方の"cute"は"acute"(adj. 「鋭い、急性の」など。SARSのA)から来ているらしい。意外なことだ。

 ──しかし、これだから英辞郎は何をやらかすか、インディーズはなにをやらかすか分からねえんだよな(尤も、こういうのを収録できるからインディーズの強みだと言えるのですが)。
 そう言えば、昨日の飲みの際、ある友人の所属する部室に「置いてた」とわなわな声で証言を聞いたな。所詮、旧帝大も人の子の巣だということか。しかしもう、「萌え」とかにはあんま興味を持ちたくない(というか傍目で見ているぐらいに止めたい)俺としては萎縮しますよ本当に。そして、関係ないことにハイパーリンクを付けてまで「萌え」とか連呼する奴はとりあえず屠りたい。こういう感情を人前で吐露するのが最近のスタンダードなんだろうかねぇ(嘆息)。

 To be looked at by public without any biases is much more difficult.
 人間様に白目をむかれないことはよほど難しい。

Blaze-Up
 ──春日大社「遷幸の儀」のニュース(16日)とか振り返って。
 ま、この点については多少ならず諦め気味である。全く以て隣人だけは慎重に選ぶべきである。しかしそのたびに2chを見て思うのだが、すぐ何処の大学がイカレてるかとか、文系理系の貴賤だとか、どういう名前の新生児がDQNだとか(※)、男と女のどっちが阿呆か、などなどを考えるのは何とも馬鹿らしい。実際には物見の見物をポップコーン片手に見ているようなもので、何ら自分の意志が行動に結びつかないことをやってストレスを解消しているようでは、日本人の底が尽きてるなど、誰かが声高に唱道するまでもない。

俺は本名から、DQN名の筆頭候補に挙がっているのだが、同字が1981年の人名用漢字に認定され僅か2年しか経っていない時節に、真っ当な由来で名を授かった人間なので、寧ろ俺としては後からぽんぽん出やがったコピーが粗悪品ばかりで煩いというのが本心だ。ま、「名は体を表す」ことはあるが、粗野で愚劣な人間が周りにあまりいない、或いはよき啓蒙者が1人でもいるというだけでも、人間の出来は違って来るもんでないのかね……

 俺が人間、特に赤の他人の話をすると、必ず回りくどくなり、嫌になってくる。考えないわけにも無論いかないのだが。やっぱり高校以降から、モラルの低い連中との迎合や喧嘩だの犯罪だのが起きるような環境から遠ざかっているのが原因かもしれないな。複雑な「幸せ」だ。

 思い詰めた時にこそ最後はネタ: 「ファインディング・ニモ」(Finding Nemo)を「ファイティング・ニモ」(Fighting Nemo)だと勘違いしていた人が俺だけでなくて良かった! つーかこれ、気付くの遅いんだろうが、間違いすぎだよ!(さあ、つべこべ言わないでGoogleなどで検索してください) ……たしかに、英名そのまんまを書くからイカンというのは正しい推理だな。そしてファイティングするのはどちらかというとMSA-003のNemoだよな……(汗)。これでは子供の夢もへったくれもない。

Musics -- Nihon Break Kogyo
 さて、最後に。我が強敵(とも)が気を利かせなかったら、俺は「突入! あさま山荘事件」(佐々 淳行原作/原田 眞人監督)のスチールボールを見逃す所であった。


24th December, 2003 (WED.)

Home Key/Foods
 仙台から米沢へ帰投。
 早速私を待ち受けていたのは大量の食事であった。

Onto the Line
 と言うことで帰省2日位はネット上での活動を休む予定でありますが、まあ、その間にも時は無常に流れていくものと諦めます。

Musics -- Nihon Break Kogyo
 「ザ・ワイド」: 「特ダネファイル」のトリに萬Z氏が出てくるなんて話がありました。やばい。帰省時間とがっつりだぶるで見れないよ……と思ったら、mpegムービーが上がっていた

 ブレイクアーウッ!


25th December, 2003 (THU.)

Home Key/Foods
 我が家で全員集合。晩酌は全員で取るといいものです。とりあえず私が23日に買ったワインを飲みました。辛口好きの母親としてはSpätleseの甘味よりは辛いワインが好きだったそうですが、とりあえずある程度の評価は貰えたので、いいんではないでしょうか。ワインは好きです。やっぱり、ビールよりも。

Negligence
 と言うことで今日も休憩。明日は家の留守を午前中にしながら、まったりと作業していることにしよう。年賀状の宛名書きとか(今回は12通)。


26th December, 2003 (FRI.)

Home Key
 年賀状書き。とりあえず裏面にカットを印刷して貰ったので、今日は全霊を込めて宛名を書くのだ。そう、下手な字を書いたら、いつ首が飛んでもおかしくない……Do or die、なのだ。
 ……(しばらく執筆中)……
 はー、はー(息切れ)。やっぱり、手書きは辛いよ

Magic: the Gathering -- V. C. Fair/A. E.
 Pandemoniumが選考されている。俺はVelocityで手一杯。2つのタスクを同時にこなすのは、少々無理臭い。大体、帰省のせいでろくに起きていないので、そこを何とかしないといかんなあ、と思いつつ。ちゃんとバックアップぐらいはしないとあきませんなあ。人の数の悩みか(一方は沢山、他方は足らず)。まあ、そればっかりは私がどうしろというわけにも当然いかん。


27th December, 2003 (SAT.)

Onto the Line
 とりあえず、全ての作業を休み。戦士に休息有りとはいうが、これは駄目だよな。ということで、暫くはSpellcrafter's Labo.のログ取りをしていた。現在、記事の方が2.4〜2.5MBくらい。

Casual Glance
 何故か今日は「頭文字D」のDVDを鑑賞する日になった。ぶ、文太がカッコエエんですが。駄目ですよ、あんな。


28th December, 2003 (SUN.)

Accidents
 年賀状の文面書きに幾分というかかなり苦心する。結局全部仕上げるのに1時間かかる。そもそも、書き出しに時間がかかるためにこんな時間になってしまうのである。一筆入れてしまえば、あとはある程度の思考タイムを挟むくらいで、ある程度すらすら書けてしまう。まあ、俺のメールアドレスも載っけておいたので、苦情はこちらまで、といったとこかな。明日投函。

Magic: the Gathering -- A. E.
 結構進展があるので、それに合わせて返信をぱかぱかとやっていく。踏ん切りがつくと動く。

Foods
 セブン・イレブンで限定のピルスナーを頂戴したのでそれを飲むが、矢張りビールというのは苦みが効いて、飲むのには慣れる。その点、アルコール度数が高いはずのワインの方が飲みやすいと言えば飲みやすい(ただ、そんなに多くは飲めない)。飲むのが速いと言われてしまうが、ウーム。


29th December, 2003 (MON.)

Home Key
 とりあえず、家族全員分の年賀状を出す。親の分の厚みが凄いわけだ。
 その後で、風呂に入る。大衆浴場という奴です。結構な人がおりまして、やっぱり温泉は冬に人気だ。

Magic: the Gathering -- A. E.
 今日はVelocityのスポイラーリストを編集中。結局、まとめリストは白までで終了。


30th December, 2003 (TUE.)

Foods
 今日は歳末の買い物デー。ラーメン食べたり買い物したり買い物したりです。

Materials
 どういう風の吹き回しか、携帯を買って貰う。なんともINFOBARですよ! しかも、中高年に大人気のbuildingです(哀しきかな我が嗜好の定め)。嬉しい。めさくさ嬉しいのですよ。ichimatsuと迷った結果です。

Accidents
 風邪によってなんかとんでもない状況になる。体がだるくて更新やらなにやら所ではない。

Books
 陰山 英男の「徹底反復 百ます計算」(教育技術MOOK)。実は同じ問題が2週間分プリントされていたことに気付かず、コピーを取ってしまった。足し算の100ますをやった結果、1問間違った上80秒前後掛かった。腕がまだまだついてきてない。こんなのを年端もいかない子供が2分で解いているのだから、たいしたものである。私も小さい小学校でドリル・トレーニングの前駆みたいなのをやったことがあるので、これは私には随分親しいものである。だが、それにしても60秒の壁を切らんとなあ。


31st December, 2003 (WED.)

Materials
 地道にinfobarへの着ボイス(えせ着うた)を補完し続ける。

Books
 「百ます計算」2日目:2問とも誤答無し。74秒出る。

Games
 ゲームハマり年末:色々買い物が多くて大変だ。といっても買ったのは本人ではなく兄者達だ。ゲームなどやったのは久しぶりでさえある。

Accidents
 頭が痛いのが続いてもう駄目。瞼まで痛みを訴え始める。死ぬかと思うぐらい。年末年始に風邪を拗らすのは最悪のケースだ。

Home Key/Foods
 (執念で)寿司と年越しそばをほおばって、今年のゴールを迎える。お疲れ様2003年!