11th March, 2004 (THU.)

Casual Glance
 私は殆どと言っていいほどドラマを、そしてそもそもテレビそのものを観ない。
 しかし、「白い巨塔」ばかりは数週間、勧められたと同時に食い入った。私が自分で吃驚するほど食い入るのだから、これはとんでもないことだ。あそこまで切迫した瞬間を演技することのプレッシャーは、やっぱりあるんだろうな。
 くそっ! 豪華キャストと話題性のバカッ!
 そしてその後に襲いかかる杉田 かおるに逃亡を企てようとした私の選択は間違っていなかったはずだ。たぶん。

Musics
 とりあえずサントラの整理。いい加減、この手のファイルは整理しておかないといけませんね。


12th March, 2004 (FRI.)

Onto the Line
 日記遠距離レス。

 「収集癖って、集めること自体に意義を見出してる気がするの。カードゲームだったら、弱くていらないカードもとりあえず持つじゃないですか」(http://www.asp.to/us/?uid=ninochic, 2004/03/10)

 すばらしい! 私への擁護発言としてスナッチ! ──ちなみに《Abomination/忌まわしき者(4/LEG)》は下の中クラスの貧弱さです。ステータスそのものは打たれ強さと敵対勢力への破壊力がうりなのだが、いかんせんコストが重くて……

Magic: the Gathering -- GP Sendai
 仙台の飲み屋についてガル・エージェンシーばりの情報網を展開。お前ら、とてもいい奴だ……
 こんな甲斐性なしにアドバイスをくれた結果、俺の好みの店をプッシュする運びになった。そして、メールを送ってみた所、「なかなかよさそうな」との反応……これは喰える!
 私は20日のために頑張ります。

Games -- Gradius Gaiden
 久々に「グラディウス外伝」(コナミ)をプレイ。懐かしい。ハードモードでプレイしたら案の定腕がなまっていて、一番楽で有名なファルシオンβの扱いが他の3機よりもなまっている始末。くそっ! 一念発起してノーマルで再度ファルシオンを操ってみましたら、今度はノーコンティニューで1周は回れた(しかし、1周と半分さ……モアイで撃沈だ)。
 くそう、ノーマル程度で100万点はいかないとヘタレゲーマーだよな。

Tetris: the Absolute Plus
 2chアーケード板のスレッドで、遅延プレイ(15分以上プレイしていると、遅延防止のために強制的に20Gとなる)が話題になっている。なんでもDeath-500台並みかそれ以上の難しさらしい。なにそれ!?


13th March, 2004 (SAT.)

Tetris: the Absolute Plus
 S7, 995Lv.。これぐらい、カンストしとけよバカ、って感じがする。なんであの軽いレバーじゃろくな動きができんのだろうね。そんなこんなで600円(12-dip)をスッてしまう。自分の弱さを呪いたい。

Magic: the Gathering -- A. E./GP Sendai
 仙台侵略計画を纏める。はあ、やらなきゃならんことがいざ現れると、俺もちょっとぐらいは気がかりになったりしますよ。サイトの運営も、そう、目の前に敵が現れたというだけでそのまま固まってしまうのですよ。嫌な性格だ。ほんとな。
 俺みたいな人間はサイトの運営という忍耐のいることには適さないのかもしれない。しかし、俺みたいな人間が運営しているということで、他にも忍耐のある仕事を避けたがるだろう人々が、何かしに、最低限見に来ているのかもしれないし。や、やっぱり倦怠期にも踏ん切りがつくようになるものなのかな。それが円熟、ってやつなのかな。頑張ろう。


14th March, 2004 (SUN.)

Negligence
 俺より暇な奴は、正直危ないと思う。

Tetris: the Absolute Plus
 やっぱりカンストは出来ない。しかし、今日、珍しいことに前半戦5分を割った。4'59"台でした。たしかに。俄に信じられん。僅か1回のまぐれ当たりとはいえ、こんなに手応えを感じたのは久々。でも、焦ってぽしゃってしまったのは良くない。
 やっぱり、妥協消しがかなり響きます。1ラインなんかで消しちゃ駄目。詰みミスも駄目。ザンギ入れ? できねえよウワアアアアン

Home Key/Foods
 今日は何もせずのんべんだらり。しかし、夕飯がうまいというのは幸せなことだ。日曜なので家族一同で。やっぱり仙台暮らしではこうもいかないのですよ。


15th March, 2004 (MON.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 50,000アクセス有り難うございます。

 触発されたのか、思いつきなのか知らないが、Mirrodin Block限定のデッキを作った。始め、《Dismantle/解体作業(DST)》マンセーというなりゆきで日本ブレイク工業デッキを作ろうとしたが、あまりに《Myr Incubator/マイアの保育器(MRD)》が面白すぎたのでほっぽり出して組まずにはいられない。
 T1: 《Cloudpost/雲上の座(MRD)》キャスト。
 T2: 《Cloudpost/雲上の座》、《Iron Myr/鉄のマイア(MRD)》。
 T3: 《Forest/森》、4マナで《Reap and Sow/刈り取りと種まき(DST)》。《Cloudpost/雲上の座》を場に。
 T4: 《Forest/森》、全部で12マナ出る。《Talisman of Unity/団結のタリスマン(MRD)》《Pentavus/ペンタバス(MD)》《Arcbound Ravager/電結の荒廃者(DS)》をまとめて。
 T5: 4枚目の《Cloudpost/雲上の座》が出てしまい《Myr Incubator/マイアの保育器》キター!

 まあ、これが最速と思しいとなると一寸泣けてくるな……。


16th March, 2004 (TUE.)

Grouching
 今日、失敗をやらかした。

Magic: the Gathering
 《Myr Incubator/マイアの保育器》マンセーな榊さんは、飽きたらず《Nuisance Engine/迷惑エンジン(MRD)》を投入。結局似非12-postくさくなる。しかし、そうすると土地サーチ8枚や《Tooth and Nail/歯とかぎ爪(MRD)》のため、アーティファクトに割ける枠がかなり減ってやばい予感。うーん。《Arcbound Ravager/電結の荒廃者》→《Triskelion/トリスケリオン(4/ATQ/MRD)》というのはだめなんだろうか。多分駄目か。
 あー、やっぱりデッキ構築能力に欠ける。《Cloudpost/雲上の座》って、やっぱりすばらしいね。というか、特殊地形をサーチできるようなカードがぽんぽん入るってUrza Blockでは有り得ない光景だ。


17th March, 2004 (WED.)

Magic: the Gathering -- GP Sendai
 今日になり店の予約が出来ず大ピンチ! どうする俺、と(首謀者の)会斜さんに泣きすがる。しかし、あっさりと別案に快諾して下さるので肩の荷はぽろっと取れてしまう。というか、俺が2年とはいえ仙台在住者なのだからしっかりしているべきなのになんなんだこのいい加減さは。
 俺は実戦だったら三度ぐらいは死んでるな。

Relation
 さて、最近香ばしい話題を届けてくれるDiaryNoteをじろじろ見ていると、みらこー氏がフレーバークイズを出題していたのに気付く。そして当然の如くDiaryNoteで回答してた人は、予想通り神によってカードリストに魅せられた人達だった。くそう! 話題に乗り遅れてるー! しかのみならず……スタンダードのカードのフレーバー・テキストは疎か絵師さんの名前すら知らないー!
 くそう! カードを買ってない俺の馬鹿!

Onto the Line/Something Weird
 ほぼ日刊イトイ新聞 − オトナ語の謎(http://www.1101.com/store/otonago/index.html)。おもろいです。なんか哀愁とか社会人ならではのノウハウとか、色んな物が浮いて漂ってる。日本人ほど言語に虚栄心を持った人々というのはないと思うのだ。で、最後にちらっと見たのでどっきりしたものが。
(Source: http://www.1101.com/otona/2003-12-05.html)
 > お疲れさまです。
 > 今週のMTG(註)のアジェンダってどうなってますか?
 > 各自のアクションアイテムも大丈夫でしょうね。

 こ、これは、あの1行目の紛らわしさがユーザー間で怒り心頭と言われるあの《Yawgmoth's Agenda/ヨーグモスの行動計画(INV)》なのかぁーッ!?(絶対に違います)

註: ビジネス用語の"meeting"。この手の隠語は全く解説が見付からないので困る。


18th March, 2004 (THU.)

Magic: the Gathering -- GP Sendai
 仙台に前もって行きます。

 実はアーティストのサイン会に何を持っていこうと言うことでかなり迷っていた。《Dance of the Dead(ICE)》も《Vexing Arcanix/難問の秘儀具(ICE)》も持ってるはずがないし、かといって《Shock/ショック(5-6/8/STH)》なんか全然芸がないわけで……と、Randyさんのリストを眺めながら、あるものを見つけた!

──《Ghostly Flame(ICE)》があったじゃないですか!!

 ということで明日はカードショップで師匠を買いあさります。うははのは。

V. C. Fair
 とりあえず仙台に戻ったと言うことはあのばかでかい和英辞典が使えるので、Pandemoniumの訳もできるってことですよね。これいいんでないかい。
 でも、午前中はベッドの配達とおそらく履修簿の取得のために一杯一杯だろうから、数時間で頑張れるだけ頑張るしかないのか。ひでえなオイ。

Casual Glance
 で、結局財前先生を目の当たりにしました。これだけやって再度2時間半かよ……ひでえ硬直ぶりだ。

Onto the Line/Something Weird
 遂にYahoo!で「ホナウド教」と検索してうちが捕捉された。嬉しい限りである。布教者が少ないどころか、あおすじ吾郎の適当ぶりにうすた氏をバッシングしている人が多すぎて、なんだか大人げないなあと思う。あれが適当じゃない点を笑わないのなら、何処を笑えばいいのやら
 別にうすたのギャグが万国共通とは限らず、期待を裏切られることはよくある。割にその反駁者が同人の格好の餌に嵌るのがオチなのだろうが。
 どうでもいいのだが「ヘンテコな」(千阪 圭太郎)は少年漫画でやるべき事をそうでない画風で描いちゃっているギャップ、ああただそれだけに「ノホホンな」。まだまだやることあるなというのは批評家のいうことなので私がいうものではありませんが、あくまで「ノホホンな」です。忘れてはいけません(何を以てして)


19th March, 2004 (FRI.)

Magic: the Gathering -- GP Sendai Off
 何度も言いますが明日はグランプリ仙台です

Materials
 とりあえず仙台にいるのでベッドを取り付け/前のを解体。いやー、折りたたみベッドがこんなに重いとは思いもよらなかった。

Tetris: the Absolute Plus
 Deathで再度レベルアップした。3'00"27, 31,963pts., 438Lv.。とりあえずとりカンはもうちょっと落ち着けば取れる。Masterの進捗は無理。

University -- Result: 4th Semester
 履修簿を取りに。4セメスターは輪をかけて酷いです。だって、Cあんだぜ? Cは"corrupted"のCです

評価該当科目((*)……全学教育、(#)……教職、残りは専門)
A(優)/ 16単位実戦英語IIA(*)(1単位)、実戦英語IIB(*)(3セメと共通)、英語学講読II、英語学概論II、専門ドイツ語II、展開ドイツ語II(*)、教育心理学II(#)、相談心理学II(#)、スポーツB(#)
B(良)/ 4単位高等英文解釈法II、英文学・英語学講読II(外)
C(可) / 2単位英文学概論II

 またまたまた、恒例のことだが、本セメスターの内容を軽く顧みる。
[スポーツB] バドミントンでこんなに盛り上がったのは久々ではないでしょうかね。
[英文学概論II]印税の効果ゼロかよ! ますますあの人の深みがしれず、いよいよ文学が嫌いになりました
[英文学・英語学概論I]最後のレポートのお粗末ぶりは甘めに判断されませんでした。ちっ。
[英語学講読II]チョムスキー。なんか3セメスターと4セメスターの対応ががらりと変わりました(最難関→人がゴミのようだ)。
[英語学概論II]大問1つ分でホワイトアウトしたかと思ったら生還。これでいいのか。
[高等英文解釈法II]前セメスターと同じ。
[専門ドイツ語II]現人神。
[実戦英語IB/IIB]IBはやっぱり仕様だったっぽい。IIA-IIBはTOEIC600点という甘い条件を撃破。
[展開ドイツ語II]道を教えし人。
[教育心理学II]まともにレポートを書いたら評価して貰った。純粋に嬉しい。
[相談心理学II]先生がやたらおもろい人なので前回とのギャップが激しい。

 5セメスターは普通に頑張ることにする。まあ、学校の授業なんざより院試のためのドイツ語修練の方が遙かに酷なわけだが。


20th March, 2004 (SAT.)

Foods
 オフ会に向けて体を温めるべく、吉野家行って参りました。豚丼はなかなかいいね。カレー丼の超絶マイナスイメージを払拭できる勢い。「ごぼうが吉野家豚丼のアイデンティティだ」という風にいわれていたのでその辺を理解しながら

Tetris: the Absolute Plus
 やっぱりS7止まり。しかもその後会斜・鴨屋両氏を後ろに控えた羞恥プレイでは前半戦も行かず《Mindslaver/精神隷属器(MRD)》なんて目じゃねーぞ!、と言わしめるほどであった。うわああああん

 禊の対象に認可されました。>お二方

Magic: the Gathering -- GP Sendai
 やっと本題。11時半、「レイモスの懺悔室」(http://www.geocities.jp/moonlit_white/)の会斜さん来仙。Gathering Dark, theを目印に行きますということだったのでそのようにすることであっさり捕捉される。そしてなんと彼女の意向で、仙台騎馬像が《Opal Champion/オパールのチャンピオン(ULG)》になってしまう。出鼻を意外な形で挫かれ、俺大ピンチ(何がだ)。
 会場についてぶらぶらしながらほどなく、コレクション用のバインダーを交互に眺める機会を得たことに。266枚(註:このあと更に3枚増えた)という致死量の《Commander Eesha/司令官イーシャ(JUD)》はともかく《Dawn Elemental/曙光の精霊(SCG)》見開き2ページは鬼です……(白マナ・シンボル1000mg配合となるのも遠い日ではないでしょう)。私は絶対数そのものが少なくはずかしいコレクションで恥ずかしいながら、見開き2ページの《Abomination/忌まわしき者(4)》と《Uncle Istvan/イシュトヴァーンおじ(4)》で《Deathgrip/死の掌握(2-4)》を食らわせました。曰く、「そのバインダー人が殺せるよ!」(ある意味な。さて爾後、そのバインダーは氏のホームページで晒し上げられるだろう、と脅されました)
 続編はデスノートではなくデスバインダーです。

 トレード要因は全くないので、特にやったことと言えば《Ghostly Flame(ICE)》2枚にサインを入れて貰うだけ。Randy先生と握手!
 さて、売り場のコーナーで欲しいシングルが見当たらないところ、なんとFallen Empiresが1パック250円の詐欺値で売っている! 誰の目にも見て明らかなボッタクリだ! しかし、GP仙台でそれを買うことにこそ意義がある、とやっぱり購入してしまう(俺は騙されていますが何か?)。剥いたら中が真っ黒だった。(《Tourach's Gate(FEM)》《Breeding Pit/増殖槽(FEM)》《Order of the Ebon Hand(FEM)》入り;パックを剥いた私も「はりつけごくもん」だろう、と再度脅されました)

 さてはて、合流するはずの鴨屋さんが全く来ません。焦っている所にメールがやってきた:「到着は18時になりそうです」の旨

 な、なんだってー(二人で)

 一日千秋の思いで待ち続け到着された鴨屋さんから、いきなり手みやげを頂戴する(何故かドイツ語とフランス語のApocalypseの残りもつけてある)。そして俺はといえばナモナモしましたよ。ナモナモ。偉い人にはナモナモ。素晴らしいジャッジにはナモナモなのです(そして3月20日はナモナモの日です。これはきっと間違いありません) いやはや、本当に有り難うございました。
 そして飲み会は3人で馬鹿に盛り上がってしまいました。Gathering Darkに関する耳寄り情報も満載です(多くを語れないのは残念ですが)。そしてCard of the Dayのロフェロスの項が未だに間違っているそうで、というか詳しい人でも十分に分からないといかんとかそんな話らしいので、私が手をこまねいた所でどうなるとか、そんな問題じゃなさそうな。いやあ、それにしても今回の話が弾むのなんの。飯がうまいと違いますねえ。
 結論: やっぱり飲み食い両方出来ないと(飲み屋をエンジョイするのは)難しい

 そして上のTAP羞恥プレイに戻ります。俺は人前では弱いんだよー! うわあああん(さてループするので切断)

 ──ということで二人を見送って終了、忙しくも仙台での半日が終わってしまいました。とりあえず言えることは一つ。二人ともナイスすぎです! Magic関連でのオフ会は初めてなので私が過剰に舞い上がっていた感は勿論ありますが、こんなに楽しめるとは予想以上でした。やっぱりこの場は楽しんでこそナンボのもんですよ。

 [SPOILS OF WAR]以下は現物編
 《Ghostly Flame(ICE)》×1+サイン2枚分(Randy Gallegos先生)
 《Abomination/忌まわしき者(4)》×5
 《Twisted Abomination/よじれた嫌悪者(SCG)》×12
 《Wall of Stone/石の壁(8)》Foiled×2(うち1枚はRob Alexander先生のサインド)

 GP本編ではなかなか手に入れるタイミングがないというか手に入れられる可能性が皆無だったので、引き続き収集物については募集。