1st July, 2004 (THU.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 遂にAbominable Empireの改装が終了。インデックスを変えるとアンテナが捕捉しやすくなるんだろうかね。とりあえず、7月はいい契機になったな。

Tetris: the Grand Master
 TGMは記録が簡単に伸びるゲームじゃないな、しかし。10'36"86, 187,998pts.

Casual Glance/Sports
 今日の巨−神はわらかす。堀内は本当に駄目だ。飯が旨すぎて予習ができなくなってしまったではありませんか。また徹夜だーよ

Negligence
 ということで7月につき心機一転できるか。その前に暑さでやられまいかということが心配です。この歳で温度変化にも全くうだつが上がらなくなりそうではいかん。


2nd July, 2004 (FRI.)

Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus
 TGMは上昇! 10'35"31, 216,126pts.
 TAPはMasterで前半4'41"のベストタイムが出るが、結局詰んでフイに。いいとこ来てるぞ。

Magic: the Gathering -- A. E.
 いやあ、書き込み一杯夢一杯。土日はゆっくり更新やら何やら、好きなことができそうな予感。


3rd,July, 2004 (SAT.)

Tetris: the Absolute Plus
 ?(昨日のことがまるで嘘だったかのように振る舞う惨めな様)

Materials
 iRiverのハードディスク型プレイヤー(iHP-140)をちょっと注目している。40GBも入るのかと思うと愕然(CD何枚分だろうか)。録音も可能でICレコーダまで兼ねるとはいかに! 51,800円か。ちと高いな。

Negligence
 しかし、何もやることが無くなると、逆に糸がとぎれる……。明日は親が来るので掃除だけは念入りにしとかないとまたがさ入れを食らいそうだ……


4th July, 2004 (SUN.)

Negligence/Home Key
 結局不眠の拷問により、掃除する暇もなく親がやって来ました。しかも、昼と夜2食分のご飯も作ってもらうわけです。いやー、家の飯はやはりうまい! 一人暮らしだと楽なこともあるにはあるが、やっぱり家もいい。親がたいそうに子煩悩なお陰で、いろいろ物資を買って送ってくれるわけです。絶対仕送り額は名目以上、1.5倍と考えてもあながち間違いではないな。

Magic: the Gathering -- Relation
 3ヶ月前にお世話になりました「レイモスの懺悔室」祝15万アクセス(MJMJを出し抜くとは……)。純粋な熱意があれば岩をも砕くということですよ。私も奮起しないと後ろから押されてばかりで受け身勝ちだなあ。

Materials
 さてiRiverが2chで顰蹙を買っている理由はよく分かったが、それにしても音質の良くないのと録音に避けられないノイズ(数分に一回、微小だが)は致命傷だな。……とはいえどこのHD型プレイヤーを見ても不満はあって、まだ「いいとこ取り」はない状況だから、まだ発展途上の業界とみて、あくまでステップとして買う必要がある(それに、俺はデザイン美よりは機能美をとる方だからな!)。やっぱり、今後の展開を考えても同社の場合ならiHP-120とか手頃なのに下げるべきだろうか。バーテックスリンクのとか、クリエイティヴのとかも捨てがたいが、はたして、うむ。まだ買うと決めたわけでもないし、名古屋に行かねばならないので(親は既に公認しているという虫の良さ!)、まあこれは夢の夢、学部4年にでもなるころには俺の胸を引き裂くようなデバイスが出てくるだろう。
 ──ええ、どうせ収録されているのはゲーム音楽ばかりだがね! あとポール・モーリアとか……? 妙チキ林!

Books
 気分がぼーっとしたら、「フィネガンズ・ウェイク」でもざーっと見るのが吉。適度にラリってていいよ。読めないのはともかく、やってることがとんでもないなあ、位しか実感できない所が悔しいね。


5th July, 2004 (MON.)

Sports -- Formula 1
 やっぱり琢磨が仕組まれていると思ったら911番。
 一番吃驚したのは最後のバリチェッロだったろうな、トゥルーリまた表彰台かと思ったのに残念なのは本音でもあるが、バリチェッロが強いということもやはりフェラーリ一本なんだろうな。それでもルノーは上位でダブル入賞なので問題はなさそう。まあ、ミヒャエルの4ストップ大作戦は吃驚した。でも、もう勝たなくてもいいだろこれ

University -- To Do
 月曜の課題はどっちもレポートになった。今週は命からがらの戦いになりそうな予感。その前に小さな憂いを何とかしろということか。

Tetris: the Absolute Plus
 Death-500までコンスタントに克服できる人間の気が知れない。300までの時点ですら確立ができていない時点で終わっている。辛うじてMaster, Deathともにmまでは取れたが、果たしてその後は?、という所において求められているのが、将に上級者への道なのか。Deathに関しては技術の精緻化という問題が大きく鍵を握っている(特にコンマ云秒の動作、A,C,Aで渡しとか、Bの3連続とか。ホントにコンマ単位でやれないとAREを考えても死ぬんだよこれが。回転をよく使う水色や青の操作技術が一番難解とは言われているが、特に水色は性質上置き位置にも大変困る手なので気を付けなきゃならない)。しかし、Masterは精神論、そしてmロールではそれに加えて記憶力と構成力が必要になる(あと遭遇回数の少なさが敵)。
 テトリスに限らないが、物事を極め(究め)ようとすると、全く違う世界が見えてくる。初めてある一つの事柄を極めていける領域にいることを実感する──人生、何でもいいけれども何かのチャンピオンになることなど、一握りの者だけに縁がある。百傑に入るというだけでも、開口は殆ど無い。どれもこれも中間の順位で終わってしまうのが殆どの人間だ──全一とは大袈裟だが、やたら高い位置にいる、それだけでも結構な後押しになる。


6th July, 2004 (TUE.)

University -- Incidents
 最近、授業が面白くて笑いが止まらないよ(無論、木曜の英語科教育法を除いてはな。教育学部ってのはなんとも味気ねえ学部だなあ)。英語解析学各論もレポートが「要約」になったし、肩の荷半分になったも同然! ハッハッハ! あとはドイツ語だけだ。

Tetris: the Absolute Plus
 なんか駄目だね。450台行ったけど、それでは行ったとは言えない……しかも25%でそれって。

Magic: the Gathering -- A. E.
 くそー、目を通したいが時間がない。香ばしいレジェンド改案とかもあるし、滅茶苦茶有り難い。お客様は神様ですよやっぱり。嬉しい悲鳴。


7th July, 2004 (WED.)

University -- To Do
 英語論文作成法のエッセイを書けという課題に、またmathematicsですかお前はと言わんばかりに。というか、それが一番書くなら面白そうじゃないですか。身の上話をしても面白くないし、テトリスの話はできないので、自ずとこうならざるを得ない! (嘘ですすいません)
 ドイツからの大敵は遂に来週が最終試験です。なんとか恩に報いねばいけません。

Tetris: the Absolute Plus
 ほんと腐ってやがる。最近は両極端な成績が続いていて、一度カンストやDeath-mを取れば報償物なのだが、その後がさっぱり続かないというそれ。実家帰る(07/24)までに成績が戻らなかったらやだなあ……

Magic: the Gathering
 知らない間にBeth Moursand女史のコラムが載っていたとは!(Forgotten Lore: Cluster Decks, http://www.wizards.com/default.asp?x=mtgcom/feature/218) くっそー、訳ができればしたいが、時間がないぞ。こういうテイストの記事も偶には大事にしないと。というか、誰だ、Drew Tucker先生を挿絵に使ったの……もしベスモ本人としたら侮り難し!


8th July, 2004 (THU.)

Magic: the Gathering -- V. C. Fair/A. E.
 とりあえず、上のコラムを授業中読んでみたが、色々訳す必要性が全くないことに気付く。古いカードをある程度知っていれば誰でも読める。簡単な部類なので読んでみそ。《Uncle Istvan/イシュトヴァーンおじ(4/DRK)》がしっかり《Lure/寄せ餌(2-8/ICE/MMQ)》−《Thicket Basilisk/茂みのバジリスク(2-6)》デッキの候補に入ってるのは問題ありでしょう、Bethmoよ!
 品評会がまた荒れ。──エキスパンションの旗揚げを現在やっている自分としては、「言い出しっぺがどれだけエキスパンションの大綱を整備しようが、所詮言い出しっぺは1人しかいない」ということが意見。大勢のクリエーターに勝てるわけがない。Velocityの場合、ログでも辿っていけばお分かりのように、俺の存在価値は(サイトを設けていること以外に)全くない。ルールの整備者も、草案の生成者も、ストーリーの拡張者も、みんな快き貢献者であり、自分一人の功績なんてものを期待する方がおかしいらしい(読者参加なのだからこの結果は当然かもしれないが、自分の例は個人サイトの割には極端な形で出ているようだ)。ウチがこれだから、まして2chのような有象無象から洗練された人物まで、実に広すぎる層に渡って参加者がいる場所だと、言い出しっぺの強権は形骸そのものである。計画自体は後で赤ペンを何度も入れられることになるかもしれないが、めげないでやってほしいな。まあ、その前にGloriousが先ー。

Tetris: the Absolute
 ここへ来て不調だったので、やっとカンストできると思ったのに996Lv.で死亡とかもう巫山戯んな! 8'35"台ぐらいのS9が出そうだったので余計腸が。もうね。

University -- To Do
 詩のレポートが難関。というか内容がさっぱり分からないのにどうしろと。死ぬ。いや、死んでしまっていた(p.p.)。ということで、土日を割く勇気は無い。ごめんなさい>エキスパンション計画のみなさん

Home Key/Fact Sheet
 米沢の気温というのが全国でトップクラスらしい。少なくともベスト50ぐらいには入る観測地ではないか。実家が夏ばてを起こしてないかが心配だ。それよりも3度ぐらい涼しいような仙台でヘバっているようでは、いけませんよ俺(でも庵の室内は窓が1つしかないので、エアコンを付けないととんでもない目に遭います。PCも唸ってるし……)。年較差ならベスト3でも取れそうな勢い……(当面は長野がライバルだな……)。

 昔年較差40℃と誤った認識で言っていたけど、あれ(年間最高気温マイナス最低気温)は「年間最大較差」とでも言い改めるべきなのだね。
 正しい意味(月間平均気温の最大格差)では25℃前後(1999年のデータを見て目算)で、やはり長野(25.6℃)などの盆地最高クラスに相当する。旭川の年較差の記録は28.9℃というものがあるが、これはあまりに驚異的だ。皆さん、ないとは思いますが米沢へ長期滞在する時は注意しましょう。

Onto the Line
 今日の日記のアクセス数が異常に増えた原因は何なんだーっ!!(AEが86、焼夷弾が98。通例ありえません)こんな状況が続いたら、きっと夜も眠れないので検索ワードを解析する事態になるだろうな。


9th July, 2004 (FRI.)

Materials
 計器のことはタニタ、の温湿度計を購入。1,680円。こうも暑いと矢張り不快指数が気になり出します。特に窓が1つしかないようなアパートの一室に住んでいますと、なおのこと熱が籠もっていけません。エアコン無しだと不快指数が深夜辺りでも75〜80付近を示すので、本当に大変です。それでも、地元はもっと気温が高いのだから贅沢言わないことです。家族が夏ばてしているのではないか(してないとは思うが)と少しは心配で、コンディションの少しだけ楽な仙台でへばっているわけにはいかない。何度も言うけれど。
 ああ、だが夏場に熱い物を食べるのは鬼だね、至難だね……!

University -- To Do
 今週は基本的に外人のテストというかレポートに向けて精魂を磨り減らすのでDo-Not-Disturbの方針で頼む。日記とか最低限のことはやりますが、掲示板はゆっくり時間をかけないと馬鹿なことを書くので、あまり突飛な返信はしたくないのです。せめてもの真心という奴でしょうか。

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 始めに行き成りだが、ひとつコテを名乗っている若輩者として、過去のスレッドの軽率の至りなど(私も攻撃に容赦がある人種とは言えなかった)は猛省するに他ない。
 自分も現在、我に囚われていないとは言い難いし(例えば締めだし禁止とか背景重視とかの方向で)、特に気付かれてないが(故によけい重要なのだが)、カード名などの英訳は趣味が丸出しで殆ど他意を圧殺している。(まあ、それでも文句を言う人がまあまだいないということは"So far so good"らしい?)
 窓の外の人間としてはコメントに窮するが、本当にコテ頑張れ、としか言えんのです。自分の役目は終わっている。アーティファクトを破壊したという、ことは完遂したのだから。

Tetris: the Absolute Plus
 どんなにうまい人でも波があるのをまざまざ見た。あきらめるしかないのかな。

Onto the Line
 とりあえず、日記のアクセス数は今日伸びなかったので、偶々みんながホナウド教の目覚めよパワーに同調したか何かでアクセスが集中したのだと、要は確率の低い偶然ということで済まそうと思います。つまり、運が悪い方に傾く偶然なら、10ヒット台も叩き出すこと夢ではないのだな(Abominable Empireが多くの人にニヤニヤされている以上、流石に10台はないにしろ30ぐらいなんてことはある)。

Home Key/Foods
 両親から送られたスイカを賞味。う、うまー! 風物詩は適材適所がいちばんですよ。


10th July, 2004 (SAT.)

Magic: the Gathering
 キーワードにしたくない能力がある。「文章の簡略化にしか用いられない能力」「普通にテキストで書く所のものを、条件参照のために用いさせる能力」「やたら引数を増やして自由度を上げたつもりの能力」。だいたいこんなもんか。
 キーワード能力は景観・力加減・簡明の要素を鼎立させねばならない。むやみやたらにキーワード化を推し進める傾向に反してきた自分の長年の意向もあるが、この方がメイキング上は楽になるからだ。これを守っていれば、複雑なカードがばんばん出てくることが事前に避けられ、FAQの量も結構圧縮されると思う(キーワード自体がFAQの山なんて事も、多いからね)。あまりに使われる分野が限定的な能力については、「普通のテキストで書け!」で一蹴される。また、複雑でキーワードにせざるを得ない能力に関しても、それだけを理由にしては根腐れするだけだ。
 私はキーワードを余り思いつかない。キーワードを作るという癖がないからだ(全文を書き記すことによって、ルール上は最も説明責任がなされていると私は考える)。本来キーワードが必要になるのは、メイキング前、およびカードプール制作の中途の段階で再検討されるのだろうと思う。

University -- To Do
 色々考えた末、John Keats宛の課題はOde to a NightingaleOde on Melancholyについて書くことにした。とりあえずうなだれながらも半分が終了。

Bad Company/Foods
 飲み! 突如の雨で銀座ライオンのビアガーデンは中止になったので、藤崎のB1にある店へ。アサヒビール取扱店キター!! 三元豚の角煮といわい鶏の唐揚げウマー!! そして、何より、鶏の砂肝のフォアグラ風味という料理があって、そこにエリンギとかキノコが乗っていたが、酒の勢いに任せてかっ食らってみたら、なんと味付けとマッチして非常にうまい! 革命が起きたのです

 主よ、私はひとつのキノコを征服しました

 ただし、この次食べられるかどうか(例えば素焼きだったら無理かもな)は分かりませんし、他のキノコが食べられることを証明したわけでも一切ありません。しかし、何にしても飯が旨い・パフェもたらふく食ってきた・アサヒビールマンセーの3重婚で通常の3倍酔いました。後はカラオケで時間を潰して寝る。飲みの終わった時間が9時半前後だったのですが、てっきり飲み過ぎて気分が良くなって、もう12時ぐらい回ったような思いになりました。いやー、至福至福!