1st September, 2004 (WED.)

Games -- Gradius V/Grouching
 さても。「過去の教訓を生かせない(それどころか、敢えてくびり殺している)奴」は嫌いだ。インターネットランキングで、不正を始めから叩いておけという教訓が、あそこには無かったのだろうか。俺が囓っているテトリス以上に息が長く(今は確かに、弱ってるかもしれないが)、それでいてスコアには厳しい目が注がれるのがシューティングではないんだろうか。これも一種の背信行為──有罪(ギルティ)!
 まあ、俺の中では既に十数年前に滅んだ会社です。
 ──で、IR後の楽しみはおそらく高次周やり込み。Reconquistaの中の人はTYPE-3で13周目ですか。俺は1-5すら超えられません。ところで、同氏に「どうしようもない」とまで言われたTYPE-4で10周するのは、土台無理なのでしょうかね。

Magic: the Gathering -- Champions of Kamigawa
 《Stop the Time/時間停止(CHK)》。3語のテキストに43語のリマインダー。なんだこの馬鹿々々しいアンバランスさは! 腹抱えて笑う人が多そうなのでこのカードはネタ向け禁止を設けておきたい。しかし、今回は進藤さんが裏で頑張っているからか、日本語訳がすぐ出てくるのが嬉しいさねえ。


2nd September, 2004 (THU.)

Magic: the Gathering -- Champions of Kamigawa
 Champions of Kamigawa情報は笑うしかない物ばっかりですね。日本語名が判明しているもので「忌まわしい」と訳されている奴や、神河のゴブリンである悪忌(Akki)という存在が、うちとしては垂涎ですねー。

Games - Gradius V
 やっとType-3で1-5を越したー!(ヘタレ)……TYPE-3って5面以降が熾烈な難易度……。7面の方が寧ろマシなのではないかとすら素人には思われる。まあ、楽なステージなどこの装備には何一つない。そう、1面でゼロスフォース地帯で稼いでボス前に17万点を持ってくる事すら一苦労よ……

Onto the Line/Grouching
 人の手法をコンスタントに真似たり借用したりというのは、お世辞にもいい精神とは判じがたい。些細なことの積み重ねでも。人の家の庭がよく見えたら、庭師もたしかに有り難がるんだけど、ほんと細かな「趣向のレベル」まで似通った人がいるというのは気持ちが悪い。そのぶん剽窃は見かけたらぱっと分かるんで、そっちの方がまだましか。
 こんなつまらない人間でも思うことなのだ、だが、パクリはどこまでですか? と言われると困る。俺には俺の色があると勝手に思っているだけで、色んな人が無関心に通り去っているのだ。ちょっと小首を傾げながら。


3rd September, 2004 (FRI.)

University
 教育実習の内諾貰って大学までひとっ走り。

Tetris: the Absolute Plus
 21歳初テトリス: Deathは415どまり。Masterはなんとか2回でカンスト。S9橙, 8'43"23, 223,589pts., ST銅SK銀。まー、普通すぎてあくびが出ますね。

Games -- Gradius V
 集中力を維持することができません。芋で2度死んだ。ビーコンで2度(略)。ビーコンで死ななけりゃどれだけ楽だと思ってるんだ! SFC版も辛かったが、今作は桁が違う。
 音楽のことは毎回賛否両論あって、気には掛かるんだけど、俺は好みだと思ったが違うのか。とりあえず装備セレクトの時とゲームオーバーの音楽は見境無く好きですが(IVはその点、IIの意識が強すぎてちょっと好みでない)。だってー。EquipmentがなかったらIIはやりませんもの。

Bad Company
 おいおい、新潟ちゃんといって呉れよ! という話。


4th September, 2004 (SAT.)

Musics -- Nihon Break Kogyo
 「炎のエビフライ」「45回転」「ブレイク祭り」「まぼろしの音源」の4点装備キター!! そして何故か気分を無駄に昂揚させるブレイクシール。ああ、萬乙ここにあり!

Games -- Gradius V
 久々にTYPE-2やってみたんですよ。どうもあれって、自分の中で難しいっていう先入観があるんじゃないですかね。やっているうちにその強さに目覚めてきて、最初3ステで凡ミスをかましたときは死んでやると思った所が、あれよあれよという間に5面までクリアしてしまい、バスクリンも走破しましたよ。ところが、カバードコアMk.IIの倒し方がわかりません。残りの2機をもってかれて死亡。楽しかったです。Freezeで頭が本当に凍っている私にとって、偶にやってみるといい気分になる。おすすめ。しかし、GraVをやっているプレイヤーが案外多いように見えるのは気のせいか? まあ、仮にもグラディウスの標榜を掲げたものだから、注目は否応なく浴びるのだろうね。


5th September, 2004 (SUN.)

Games/Musics/Materials
 仙台に逆送。今日の目的は買い物の手伝い。自作PC作りという大きな計画に乗り出す長兄と共に道を行く。自分の目的は「GRADIUS V SOUNDTRACKS」の購入です。「オウガバトル」シリーズなどの崎元氏だってことは後に知ったのだけれど、土俵の違う相手と戦うんじゃああれだよなあ。で、仙台で色々探しても無いんですよ。これはぶち切れだと思って、見つけたのはなんとヨドバシ! あのグラVを買ったヨドバシ! マジゴッド! ──ということで、仙台市のraison d'êtreなどというものは、TAPと大学とヨドバシしかない、それぐらい、ヨドバシってのは品揃えが立派なもんです。長兄も随分悩む暇があったようでした。
 で、肝心のサントラですが、おいおい武器セレの音楽の印象が変わったぞ!、とか。崎元氏が作ったからとか言う先入観は特にないし、彼の作品の中で出来が良い方悪い方と語るのは俺のやり口ではない(俺はなまじ音楽批評家などではない。好きなものを唯聞くだけだ)。うーん、これは何度も聞いてみないと。イメージが変わってるかも。
 それから、LOASのハンドレストを。腕の位置が一寸高くなるだけで多少打ちにくさアップ、快適度はそこそこに。

Tetris: the Absolute Plus
 仙台に行ったらやらずにいられないという話だが、ポシャ。


6th September, 2004 (MON.)

Games -- Gradius V
 ふう、一部の人も認める最強装備(Spread Bomb-Tail Gun-Ripple-Freeze-Force Field)でやっと1周ノーコンティニュークリアですよ……長かった。その後2周目の視力検査にガッツリやられてしまいましたが、2,534,150pts.(2-1)。因みに1周は2,427,730pts.で、TYPE-1ムービーの人より数万点及びませんでした。正直な話、キーパーズコアにやられてしまったので、稼ぐ余裕がなかったのですが、残機1でエレファントギアをノーミスで倒した時は痺れましたよ。いやー、あの緊張感がたまらない。もう一度クリアしてみたいと思います。今度はEdit以外のタイプで、つってもTYPE-1じゃあ同じだからなあ……Directionに目覚めるとかやってみたいなあ。

Magic: the Gathering -- 9th Edition
 やっぱり、みんな分かってたんだな。あの絵は《Swamp/沼》あてじゃねーんだよ、ってことが。「鬼火」だったら確実にRobさんのイメージが近いもん。さて、フレーバー投票。今回も俺訳だぜ!(笑い甲斐がない) 自分の投票は順に4., 1., 2.(この手のフレーバー投票というのは、英語の方で判断するのが妥当に思われます)

Fear

  1. 見習いの魔術師ならば、敵を痺れさすのに一年の習熟を要するが、ゾンビは十秒あればこなしてしまう。
  2. 目を合わせたくもない奴とと戦うのは無茶だ。
  3. 体を通れば、骨までひやり。
  4. 勇気を自ら挫くことが最大の裏切り行為だ。
  5. 畏怖は大概、行動の切っ掛けになる。例えば、逃げること。
  6. 「剣を握り、肝を据え、吐き気を耐えろ。」
  7. 「できっこない」とわめくお前の心の闇を引き出すもの。
  8. 真の原動力。
  9. 煮えたぎる血も凍り付かせ、柔軟な筋肉もやつれてぼろになり、襟筋にかかる髪も針になる。
  10. 「闇を恐れるな。その隠し持つものを恐れよ。」 ──ありがたい老修道士レミン

Naturalize

  1. 「かつて建物は景観を破壊してきたものだが、今や景観が建物を破壊するようになった。」 ──ドルイドの書
  2. 人の手により作られた物が、いともたやすく自然の拳が向く先になる。
  3. 「自然は自浄の手段を有しているのです。」 ──フィンドホーンの古老
  4. ドルイドは園芸に秀で、その指はがっしりした手と強い腕のうちにある。
  5. 進歩と自然は絶妙なバランスを保っている。進歩が先を行きすぎれば、自然がそれを止めにかかる。
  6. 「ふむ、たいした花瓶にもなるもんだなあ。」 ──ソルデヴィの機械技師、アーカム・ダグスン
  7. 「ガイアと賭けをしてみな、ダイスを食われちまうぜ。」 ──浅瀬の海賊団の言葉より
  8. この植物の根は成長を重ね機械を粉々に破壊した。その年は、破片の数だけ葉を生いさせた。
  9. 命なき物が命の種を運ぶこともある。
  10. たった一つの種の力でも、千の工匠の功績を無にする。

Shock

  1. 「最初毛が逆立って。それから、焦げてる匂いがしたんだ。」
  2. 「稲妻が炎の母親というじゃない。なぜって? ほら、あなたが今に父親になるからよ。」 ──特務魔道士、ヤヤ・バラード
  3. 「稲妻はトロールみたいなもんだ。嗅ぎ付けられなきゃ、何にやられたか分からんからさ。」 ──ゴブリンの予見者、フレグレン
  4. 「稲妻の何処が一番好きか分かる? 炎のようで、しかも素早いところよ。」 ──特務魔道士、ヤヤ・バラード
  5. 「高い所をとってもいいってもんじゃないぞ」グロナックは愚痴った。「だって、空に近すぎる!」
  6. 「岩をドカドカ落とすよりこいつぁ面白え! 効率までいいときた。」 ──ゴブリンの武器鍛冶トーゴ
  7. 「おふざけしてると、パチパチいうぞ!」 ──ゴブリンの紅蓮術師スノッグ
  8. 静電気も、時にはただの電気になる。
  9. そういうわけで、ぼさぼさのゴブリンなんて、いようがないのだ。
  10. 「嵐に向かって叫んでたゴブリンは見たが、電光石火の速さで言い負かされた。」 ──放浪する魔道士

7th September, 2004 (TUE.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 討論というのは本当に地味なものですが、一番効果があがるもの。

Home Key/Foods
 母親と地元の「暖や」へ。あそこのデザートは選りすぐりの4品だが、いいですのう。料理の量が見かけ以上だったのは参った。腹が減った時しか行っていけません。あんなにセットがついて780円とかなんですかもう。いや、我が家は食に関しては本当に敏感だ。

Games -- Super Mario XP(→攻略記事は2005年11月1日別紙
 なんてものを密かに攻略しているが、神パターンに遭遇、闘技場のタイム249.7を叩き出す。フラワーまで撃破1分切り、サーペントの20秒キルとか全部の要素が重なった。ありえない、何かの(略)

Gradius V
 TYPE-3で1-7! 夢のよう。まさかあんな兵装でもビーコンを倒せるもんなんだとは思わず。で、最後は機雷空間を抜けきれずポシャ。基本4装備の中で200万点一抜けの2,024,880pts.を達成。よーし、ノーミスも夢ではないぞ(残り2ボスを抜けられればの話だが!)。
 どうでもいいですが、「ありえない、何かの間違いではないか?」は最近口癖になった人も多いと聞きます。本当に気の毒ですね。


8th September, 2004 (WED.)

Games -- Gradius V
 「さざなみ壊変」(http://www5.ocn.ne.jp/~yoc/gra.html)において、31-7-8(31周目キーパーズコア)の安定ゾーンが発見されたと聞く。いや、こいつはすげえや。目から鱗。しかし、これほどにオプションの操作技術が優れているわけでもなければ、フル装備で第2形態どころか第1形態にすら挑んだことも稀な俺には縁のない話です。俺なんて所詮、普通に2周目のヴァーでヴァーですし

Magic: the Gathering -- Champions of Kamigawa
 いやー、神河の話大分進みましたね。結局スプリット・クリーチャーは現実に存在するようでがっくり。つまり、「そんなに難しくない能力だった」ってことを言いたいわけだ。
 ところで、WHISPERの分割表示がやたら格好良くなっている! 必見ですよ奥さん!

Home Key/Foods
 母、今度は家庭でピザ作りに奮闘。しかし、生地の発酵しなさに業を煮やしてレンジにかけて拷問したのが最期。残念、また明日お目にかかります。


9th September, 2004 (THU.)

Games -- Gradius V
 なんていうか、アップローダ(http://wyv.dyndns.org/gradiusTemplate/upload.php)に凄いプレイが一杯落ちています。Fire Blaster+Directionで消されるキーパーズコアは必見だ。こえー、真似する気も失せる

Magic: the Gathering -- A. E.
 ネタがたくさん。

Home Key/Foods
 ピザが成功しました。俺は生地を3分ほど捏ねただけです。いやー、手製のトマトソースだと段違いにうまい。


10th September, 2004 (FRI.)

Games/Musics
 つい今日まで、ひたすらロックマンの音楽ファイルをMP3にうつしてました。これでいつでもMP3プレイヤーに持ち運ぶ用意だけができます。

Magic: the Gathering -- V. C. Fair
 ひさびさに品評会のスポイラー打ちをやり始める。今日は1〜2時間ぐらいやって41/143個。はー、先が長い。でも、例外ルールが今のところは少なくてらくちんポン。

Games -- Gradius V
 Direction(TYPE-2)中にハンターから全オプションを食われてリセット。やんなるわい。あと、TYPE-4で記録が残んないっす。助けてくれ