1st October, 2004 (FRI.)

University -- Incidents
 遂に学校が始まりました。今日は4限のドイツ文学演習が休講につき1, 2だけになりました。Wie Schade!
 それから夜は芋煮会の役割分担で色々と。とりあえず、芋煮に椎茸は絶対に合わない。暴挙だ。間違いない。ということで、荷物が大きいだけで何もすることがない分担を無理矢理選んで帰ってきました。

Accidents
 今日のこころに響いた辣言:「演習で楽なとこばかり当たってるからレポートの題材がないんだよ!」……英語学演習の今度当たる所もBindingとかなんか簡単な所でムツカシイ場所には一回も当たっていません──おのれ、これが陰謀か!?

Tetris: the Absolute Plus
 くそー! Deathで495Lv., 3'08"台。後少しでとりm取れたのに悔しいわー。ほんと悔しー。


2nd October, 2004 (SAT.)

University -- Incidents
 芋煮です。こういう活動は概して3年が首謀になるので、要するにキリキリ働けぃ!ということです。ということで色々働かされた上に肝心の芋煮はシメジが大豊作、挙げ句の果てには芋ばかり食ったので食欲減退というさんざんな結果に終わりました。勿論後かたづけも我々ですのであとは以下略
 幹事の人は朝4時から別の部隊で出動しており、夕方18時からも部活で出勤です。なので土日が又ありません。彼が人食いにならないか心配で堪らないので塩を撒いたりお守りを買った方がいいでしょう。

Tetris: the Absolute Plus
 Deathやりまくったのに調子が本当に出ません。しかも100円認識せずに食われました(いつもは係員に言うんですけど、流石に今日はそんな事をする心の余裕もなければ)。あー。株で丸損したようだ。夕飯がこれによってココイチになり、最悪の日は確定。

Sports -- MLB
 芋煮中に携帯からNHKニュースを探して確認。なんてこった、3安打! ところでシスラーは154試合で達成したんだからこっちの方がすげーだろ、イチローばっかり騒ぐなとかほざく野暮天毛唐もいるようなので多少がっくりですが、シスラーの記録はそれこそ雲の上の産物であり、同じような比率(1試合当たり1.668安打)を162試合続けるとしたらそれこそなんと271安打必要です。この数字はいくらなんでもさすがに無理と言うもの(現役選手の歴代記録を見てもいかにお寒いものか、じゃ昔と今の野球では質が違う所があるんだろうな、って事くらい素人でも分かるだろーに)。
 ともかく、おめでとうございます。


3rd October, 2004 (SUN.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 いい加減GathererからOracleのtxt版配布してくれー! あれがないと私は凄く困る。凄く。CompRulesも同様です。
 暇すぎてしょうもないので、Dark Fang氏と討論をするようにチェックリストをちょっと新しいバージョンに変えていたりした。ところで、討論だけで返信を食いつなぐのはこの惨事から不可能と判断したので、10月18日はクラックダウンの日にします。歴代Empireから5周年なんで、動かないと損だろと思って。


4th October, 2004 (MON.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 今日のヒットが84になるまで、かなりの日数更新していた100行進。いやー、なんだったんだ今までのは。

University -- Incidents
 外人の授業はよりによって俺の大っ嫌いなDublinersかよ。あー、A取れる気しねえ授業だ。文学は単位の点でいえば俺を苛々させるものでしかない。

Bad Company/Foods
 某人と待ち合わせ、つい最近にできた「一風堂」へ。晩翠通りの「ぢ」(「ヒサヤ大黒堂」)が解消されたようです。南無阿弥陀仏。というと隣は「ピンクハウス」か。なんなもんだか。まあ、立地条件はさておき、九州方面のラーメンはおそらく初めて食べるものなのでどんな物が出てくるだろうかと思っていました。そして、「一風堂」といえば名の知れたチェーン店、まあ客入りも開店から日が浅いのでかなりのもの。まあ、今日は待たずにすんで助かりました。
 いや、従業員の数が凄い。気合いはいってる。一大チェーンとは言えこの気の入れようは評価すべきです。また、ランチのメニューやトッピングもよい。ノリを頼んだら頼んでもいない小口葱が付いてきました。あれやこれや。で、肝心のラーメンはというとやはり味は通用する味ですね。麺は特性上ストレート極細麺なので、やや太め(喜多方より弱い)の縮れ派としてはいまいち好みとは離れるのですが、それを差し引いても十分にうまい。替え玉も100円で、少し余計に腹が減っても大丈夫そうです。とりあえず最初1年は保ってくれるといいんですが、個人的には国技館よりいいと思います。

Yakult Squatters
 遂に川崎引退とはついさっき聞いたな。禍根を残したこともあった悔いはな……それを見送ったのが元同僚達で、落合が気を利かせてくれたのは唯一の救いか。

MLB
 ──松井の3割ならず無念。彼は苦労人のようです。それなりに安定して成績を作っている点は評価できるよな。あまりホームランと騒がれても騒がれて出るのだったら苦労しないし……まあ、頑張れ


5th October, 2004 (TUE.)

University -- To Do
 うわー、最悪だ今週は最悪だ。なんか今日はよく当たるとでも言えばいいのか、予習の必要がある教科が4つに増えました。うち2つがレポート、1つが小説読み(10ページ)、1つが小説の批評文の訳(15行)。なんで、今週はもう予定通りサイトの更新できません。日記も散漫になるかもしれません。本当に無理です、断固やれません。私を殺して名を挙げる人がいないことを祈ります。第1の敵である英語学演習のレジュメはあと原文2ページ分。
 あと、ドイツ語の授業でご一緒しているドイツ文学の専攻の人に会う。あのドイツの先生、すげえいい人だったという話を聞かされてきた。いやー、本当にいいお方だったんですね。マジGöttinです。というわけで今セメスターもよろしく

Tetris: the Absolute Plus
 一言で言おう。マジギレ

Home Key/Foods
 地元に新米が3俵届いたようです。おこぼれに預かる模様。
 あと、気温の異常な変化で家族も困憊気味らしい。ここ2〜3日は仙台もとても冷たかったので(まあ、上着とTシャツ羽織りゃ十分な防御だが)自分も気を付けます。皆さんもお気を付けて。


6th October, 2004 (WED.)

Tetris: the Absolute Plus
 SK金を取った。それはいいんだが、まずカンストしろ
 いつ筐体を殴ることやら。危ないな。
 そうだ、朝やればいいんじゃないかな。早起きして。

University -- Incidents
 やっぱりドイツ人は女神でした。今日はテキストの本題には進まずに、ドイツ文学の専修の人達がめいめいドイツの各地を勉強旅行(これぞdie Exkursion、かな)するという習わしらしいので、その感想や街の印象とかをお伺いしていた。随分和やかな雰囲気であったので、一人だけ爪弾きの俺も安心して聞いていました。尤も、門外漢にとってヒアリングなどというのは激ムズで、会話の1割〜2割理解できていればまだましなのですが。葛藤です。


7th October, 2004 (THU.)

University -- To Do/Accidents
 相当予定は厳しくなっております。あの解析のレジュメ作りさえ終わればなあ。ほんと堪忍して下さいよ先生。
 ところで、演習のレジュメを印刷している合間に、「東大の院に行く予定だ」と助手に白状した所、明白に脅されました
 あとでその場に居合わせた俺より背の高い友人によると、「あれは戦力流出を防ぐためだよ」との言。あー、成程。よく分かったわそれ。しかし、院試は1回3万か。こりゃあ滑り止めなんて軽々しく受けるもんじゃないね。お袋よ一考せよ、と後で言っておこう。今後のために色々論文とか見とかなきゃな……

Books
 そのためには雑事に囚われてはならない。とりあえず英文学の方でDublinersなんか読んでられっか(3セメスターの時にトラウマがある)、ということで新潮文庫版「ダブリン市民」(安藤 一郎訳/1953初版)を購入。対訳で流す。
 それから、偶然見つけた「ドイツ名詩集」(岩波文庫、生野幸吉・檜山哲彦編)。対訳ついてるのは偉いよ! この詩集の最後についているのが短い詩だったのですぐ読んでみたが、クリストフ・メッケルの「金魚」(Christoph Meckel, Goldfisch)という詩だった。なんか、グロテスクさと童話らしさで纏まった詩で、どう評していいか分からないけど、詩というものに真っ向から感動してしまった。俺はどうやらベタな技に弱いみたいだ。いかんなあ。でも、いい詩だなあ……
 ドイツ語の勉強をもっとすれば、こういう詩がより味わえるようになるのかな、と思うと、この言語を学んで嬉しくなる。フランス語だってスペイン語だって同様の経験をきっとするだろう。だけど、タラレバを一切遮って、ドイツ語はやって良かった(ああ、講師のお陰は沢山あるけどな!)。

Tetris: the Absolute
 Deathの300台はかなり良い調子で克服している。しかし、どうしてこうして、400以降がついていけない……苦しい。


8th October, 2004 (FRI.)

University -- Incidents
 演習の発表で緊張しているようでは、解析学各論の発表はもう心臓がもたんのではないか不安だ。みんな、その時はちゃんと看取ってくれよ
 ドイツ文学演習はまったりとイントロダクション。テキストを渡されて終わるが、それが地獄の始まりであることを知るひとはいない。俺? 肌で実感してますとも(その後、言葉はなかった)

Tetris: the Absolute
 再び筐体を殴るほどの不調に見舞われる。これ以上金が減ると本当に財政的に危ないが、このまま帰るのかという葛藤があって、結局記録が出るまで6-dipしてしまう。
 ついについに、俺の速さは遠い空の人達には及ばないかもしれないけど、決して嘘や飾りじゃあなかったことが実証された。……5プレイ目。前半は確か4'50"あたりだったのだが、ここに20Gでの手筋が良くなってきているような自負があった。700か800台でもSK金が取れた。行けそうな時に、これは凄いな、と思った。最後まで手を抜かないことは今まで死んだ2,000円前後の事を考えると痛く思い知られる。決して余裕を崩されることなく、下段でのシングルで決め。しかし、久しぶりの成果で最高の状態ではなかったか、mロールは出ずに普通ロールに集中力切れで負け。しかし自己ベを叩き出す。S9緑, 8'20"51, 263,167pts., ST銀SK金。頑張ると26万点なんて出るんだな。頑張ったな。

Foods
 昼に出払って、その後はなんか銀だこでもつまんでから行くかと思ったらアーケードの銀だこが跡形もなく消滅。涙を呑んであの一風堂に移ったわけです。ランチサービスのパフォーマンスは悪くないね。ゆずこしょう(かんずりみたいなもの)は餃子に付けるものだと知って赤っ恥をかいた。ドイツ語の前は腹が痛かったよ(ははは)。

"Something" Weird
 家電量販店のテーマ・ソングを集めたCDが登場します(http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=7522)
 地元でヤマダ電機のテーマソング(あの子供みたいなのが歌っている奴)を聞くと、当てのない殺意が沸くことを覚えている。そして、仙台駅東口のヨドバシで、多国語での紹介を必死に聞こうとして結局ブランド名ぐらいしか判別できないことを痛感している。しかし、サトームセンのテーマソングなんて俺が知るよしもない。そういえば、あの電卓の出番殆ど無い(>姉さん方)


9th October, 2004 (SAT.)

University -- To Do
 とりあえずミッションとしては「レジュメを自分の使いやすいようにしてこい」って話らしいがよぉ〜……内容を忘れてるか知らないのばっかりだ! なんてこったァ! 研究室に行かねえと……
 英語学の授業の予習をやってるのは英語学部生だ! 第2第3外国語の予習でそれどころじゃない奴は訓練された英語学部生だ!
 ほんと東北大は地獄だぜ! フゥハハハーハァー(Ctrl+V完了)

Tetris: the Absolute Plus
 Deathの400台の訓練で終了。そんなもんだよな……

Fact Sheet
 台風22号、仙台来るんでしょうか。夜通るそうです。


10th October, 2004 (SUN.)

Home Key/Foods
 家族が来て、また物資を補給してくれました。今回は親戚の人が作った新米。どんな地域においても新米は新米にして強力です。
 で、結局長兄の指南を請うようにしてヨドバシ入りとパターンが変わりありません。
 今回の注目品はKensingtonのトラックボールです。決して知名度は高くないが根強い人気を誇るトラックボールの中でも、同社のは良い声を聞かれるようです。しかし、大体値段が8,000〜10,000円とか、それはもうのけぞるような。それにしても、Expert Mouseシリーズのボールの代わりにビリヤード玉なんてすごいことができるのか。Unhinged仕様に8番ボールを使う人は仰山いるんだろうな。ということで、明日ゆっくり見る。
 しかし、私はその前に(できれば低価格で)ナイスなイヤホンを探さねばならないのだった。長兄をもってしても(本来はメモリとかを購入する予定だった)本来の目的を見落とすほどの魅力とは。さて低価格で魅力ってのはパナソニックのRP-HJE50(俗「パナル」)だという話。うーん、見たところ同じ価格帯の相手と比べても評価がいいらしい……。

University -- To Do
 明日論文を漁ってきます。

Sports -- Formula 1
 えと、琢磨4位にくわえつるさんノーポイントという始末で本当に悔しいです。ラルフおめでとう。