21st October, 2004 (THU.)

Magic: the Gathering -- Betrayers of Kamigawa
 なんか、Magic ArcanaでBetrayers of Kamigawaのロゴが上がってます。今までの装飾的フォントと一線を画した作品だ(http://www.wizards.com/default.asp?x=mtgcom/arcana/675)。ぱっと見、あれ!? "e"はどこ!? と思ってしまった人は俺だけだっただろうか……(陰鬱) あれどう見ても"t"に見えるんだけどさ……

University -- To Do
 うわー、砂男に食われるー
 ついさっきまでうちの馬鹿ATOKはこれ、「素直と子」に変換してました。変漢コンテストに入賞するレベルじゃありませんが、なんか新しいドキュメンタリー作品の名前みたいです。でなきゃ、新興宗教紛いの哲学書かトンデモ本かなにかだ

Sports -- MLB
 なんと、レッドソックスが3連敗後に4連勝。これは松井も悔やまれるな。イチローの大記録とバンビーノの呪いは同年という関係が取り沙汰されていますが、そうでなくともレッドソックスには何か期待してしまいそう。やたらマスコミの風当たりも強く過小評価されがちで苦労人の松井選手、お疲れ様でした。

Tetris: the Absolute Plus
 トリオの話は方向が複雑になるものと思われます。
 あと、とりmすら無理です。なんでだろ、急にDeathが無理だ。552はまぐれ当たりだったに違いない。やっぱり、7割ぐらい余裕がないと普通に詰めないというのは痛すぎる。
 しかし、格ゲーや音ゲーも観てるだけの人間にとって、キャラクターが一切出てこないゲームってのもいいもんだね。少なくともこのゲームのプレイヤー同士では喧嘩は起きないし。でもまさか、積み方のセオリーで喧嘩するプレイヤー同士なんかいないだろうな、と(有り得ないこともないから苦笑しておくよ)。あと、喧嘩するシチュエーションって言ったら元木と仁志の交錯か(ほんと、うまい人のダブルスを観てみたいもんだぜ……)。


22nd October, 2004 (FRI.)

University -- Incidents
 Der Sandmann。えーと、原文2ページしか予習もできていないのに、3ページも進まれてしまいました。ノートを取るのもままなりません。一言で述べるとこれ、タスケテ

Home Key/Accident
 帰省します。親父が虫垂炎で倒れたとか聞かされたので、飛んで帰るわけであります。幸い現状は悪くないということでしたが、まだまだ復帰には時間が懸かるとのことです。頑張れ親父。

Materials
 ということで、EM7を触ってみました。か、軽すぎるー


23rd October, 2004 (SAT.)

Home Key/Accident
 その虫垂炎の父を見舞う。突発性のものだったので、回復が多少遅れているのだが、元気そうだった。月曜に抜糸して普通食が食べられれば退院とな。
 普通にしていたので助かった。一刻も早い恢復を祈ります。

Magic: the Gathering -- A. E.
 Card of the Dayは今日の分まで打ち終えました。それから、新しいディレクトリも作って、同コンテンツの全文検索が使えるようになります。後はcgiの表示デザイン面の問題ですね。俺って凝り性ですから、ホラ。
 あと、Velocityへのアプローチも平行して済ませたいから待っておくれー。

Fact Sheet
 米沢でも震度4が1度、震度3が2〜3度あるという大変な事になりました。新潟の中越地方では、不運にして3名の方が亡くなられたとのことです。ご冥福をお祈り致します。
 新潟県選手権の面々も大丈夫でしたでしょうか。鴨屋さんのコメントがじつに生々しい。


24th October, 2004 (SUN.)

Magic: the Gathering -- A. E.
 結果として検索エンジンを導入したはいいが、随分とまあ色んな穴が後で分かったこと。まー、あれで試してみるわけです。

Home Key/Accident
 父の退院は早ければ水曜だそうです。明日から全粥、明後日から普通食OKというルートで順調にいけばの話。もう元気そのもののような気もしますが……

University/Negligence
 あー、結局家帰ってやれることは殆ど無かったんですね。お約束。

Fact Sheet -- Obituary
 ついに死者21人を数えた中越地震。余震がこちらでさえもみられることがあり、依然心配です。


25th October, 2004 (MON.)

Fact Sheet -- Obituary/Grouching
 俺は、今になって恐ろしく運がいいのではないかということに震えている。友人の一人すらの死に面することもなければ、誰かが大けがをしたという報せもない。せいぜい、父が虫垂炎になったことぐらいだろうが、それすら話題の災難と比べて、大きな事では決してない。多くの人の死に面する人や、あるいは自分が死ぬ側であったとか言う人も、世の中にはいる(完了時制は控える)。いるとしたら、あらゆる黒い影から私を守りたもう宿命の神様とやらに、一つの感謝をしなければならないのだろう。それは、私に物書きの道を歩ませる代わりに、何か別の物を与えてくれたのだろうから。隠し続けている心の中の弱みを、誰にも付け入れさせないでいてくれるから。
 ああ、友人の日記を読んだら心が暗くなった。なにせ隣人の死など、遠慮がちに選ばれてはやってこないのだ。

Tetris: the Absolute Plus
 えっと、恐ろしい物を目撃しました。6'11"台のDeath-Gmの後半戦を、この場で目撃してしまったのです。ついに、生き証人に。もう、なんだかああした人達が理解できない領域にいることを、ここまで知らなかったことに腹を立てるどころか、呆れて物も言えなくなりました。あんなもの見せつけられちゃまともな神経でプレイできるはずがあるか、と。


26th October, 2004 (TUE.)

Home Key
 家から父退院の朗報が届く。突発的だったので吃驚したのですが、今や何ともないような様子です。しかし、父は仕事の方にも気が掛かるようで、翌日からいきなり出社するといって聞かないらしいのです。家ではすっとぼけた人柄ですが、仕事に関しては人一倍気を使うので、それが仇となっては遅いから一日ぐらいは休んだ方がよいと思うのだが……

University -- Incidents
 ギリシア語は相変わらず意味不明な領域に入っています。ええ、楽しいですとも。明日はドイツ語地獄ですが、なにか問題でもありますか。

Sports -- Formula 1
 一昨日は2:10からのスタートだったそうで。昨日ビデオで見ましたよ。集大成イヤーのジャガーがあの形になるとはショックです。表彰台には今季運の向いていない人々がキター! だったのでよかった(モントーヤはウィリアムズ勢最終戦の優勝を飾り、言わずとしれたエンジンブロー背信症のキミさん、母国で全然走れないルビーニョ、等々)。で、いつも通りミヒャエルのマシンには絶対何か入ってます。じゃなきゃ琢磨の後ろでしたとか、ありえない。何かの間違いではないか?(Ctrl+V)


27th October, 2004 (WED.)

It Is Coid in Space...
 2枚着込んで寒い仙台なんてこの時期に拝めるとは思わんかった。んでもって明日は0度行きますか。まだ11月前だというのにたまったもんじゃない。

Tetris: the Absolute Plus
 朝飯のポン・デ・紫いもの出張を兼ねて。S9橙, 8'38"86, 241,408pts., ST銅SK銀。何と言いますか、この弱さが堪りません

Books
 いずれ学校で必要になる「自負と偏見」(Pride and Prejudice, Jane Austen)(中野 好夫訳、新潮文庫)と、なぜか「正法眼蔵随聞記」(岩波文庫、懐奘編/和辻 哲郎校訂)。前者は英語文化論各論用。新潮訳だと「高慢と偏見」じゃないのね。それから、何故か英語学の徒が後者。お師匠さんの道元の「(永平)正法眼蔵」のサプルメントとしてよく知られる。古文を読むのは久々だが、道元の硬派な教えが少しでも身に付きますように。

University -- Incidents
 ドイツ人の授業に今日は4人しか来てない! 何かの間(←同じ技は通用しない!)。お陰で外国人(2限の先生も、日本語喋ったりは出来るのですが外人は外人です)に怖じない力が少しだけ増えました。来週が休みなのは、仕事が減って嬉しいのか、先生の優しさに触れられず悲しいのか

Magic: the Gathering -- Saviors of Fukui (Reprinted)
 福井のゴーファーとゼロスフォースは崩壊に向かいそうです。もう恥はかいたのですから、もう罪を重ねないように「I just すぐ怒られちゃった」しといた方がいいんでなかとですか。>AB定食
 You lose. Please do not continue.


28th October, 2004 (THU.)

University/Blaze-Up
 えっと、俺のというか俺達の嫌いなあの授業の小テスト無くなるそうです。せいせいするが腑に落ちない、やっぱ勝ち逃げされてなんか腹立つんだが。あの授業二度と受けねえぞ、教官の発音悪すぎだし、字は達筆すぎるし

Magic: the Gathering -- Saviors of Fukui (Reprinted)
 ねっとウォッチングスレがやたら進んでます。状況を述べるとサイクル三部作の三作目に当たるSaviors of Fukuiみたいです。今どの辺まで来てるかは現地人じゃないので分からないですが、"Entferne eine Artefaktkreatur deiner Wahl ganz aus dem Spiel"ってことだそうです。私には該当地域の方、特に>>821,827氏のお気持ちを察することしかできません……
 それと、信じられないことに、都道府県選手権のほうで私の地元山形県の大会が46人の動員を集めてなんと宮城県を1人差で抜いたということです。山形のMagic事情が多少活気づいていることを聞かされ、私も胸を撫で下ろすどころか、驚いてしまったほどです(※まささんおよびcidar_kondoさん(外様に言われても嬉しくないかもしれませんが)集計報告ご苦労様でした)。
 あと、Velocityのことだが、つい先程(10時半前)DF氏がネット環境から離れてるとか聞かされましたよ。参っちゃったな、今ぐらいしか中だるみシーズンが無いんですから。

Games -- Gradius V
 ひえー! エロ動画(10周目TYPE-4)+さざなみ動画が怒濤の勢いかぁーっ
 あー、うずうずする、GraVやりたい。やっぱりやりたいです

Tetris: the Absolute Plus
 えっと、たしか8'35"26くらいです。でもS8緑, ST銅SK銅なんで記録する気にもなりませんな。
 最近はDeath特訓、もとい投げ銭中です。あー、ほんと俺って首括りたくなるぐらい下手糞だ。mこねーしmこねーよ


29th October, 2004 (FRI.)

Magic: the Gathering -- Saviors of Fukui (Reprinted)
 昨日の冗談がねとヲチ(http://game9.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1099052644/)に引用されたようです。多分、本音の私なら喜ぶんだと思います。あれは、私もまた祈っている願い事でもありますし。ということで、ScavengerFolkのサイトに期間限定でログを公開します。おそらく1週間ぐらい。日記の真面目な所はこれだけ。

Tetris: the Absolute Plus
 Deathに20ぐらい投げたと思います。ベスト469。無理。こんなんでお婿いけません(冗談仰い!)。

Bad Company/Foods/Sports -- Billiards
 2段階ボケです。
 まずは光の館系の面子で飲み。そのうちの一人が今日誕生日を迎え、明日所属するバンドのライブに臨むということですので、応援したい気持ちです。飲みは串揚げが食い放題・飲み放題で楽しめるお店でした。なるほど面白い趣向であるなと、世の中は広いものです。まあ、備えのお茶漬けがよかったのう……
 あとは、某YukiA先生首謀のトラックボール……げふんげふん、ビリヤードです。今回の面子は首謀者の知っている(私含め)3人で、その3人は相互的に見知らぬ人です。参りました。軽く紹介するとY氏、彼の先輩さん(以上経験者)、他大よりお越しの紅一点の方(ここでコードネームは中禅寺先生)、あと私(ここまで未経験者)。ビリヤードは初めてなのですが、案外やってみると面白いです。ベーシックなナインボールで2時間を過ごすことになりますが、終わってみると随分(夜中の)2時間は早いですね……
 1)7番がみんな何度やっても落ちないジンクス。一つのボールが落ちないで進行を妨げるのはよくあるらしいです。で、随所で中禅寺先生の憑き物落とし(註)が炸裂するのであります。「7番を落としたら負け」という冗句は彼女に衝撃的であると思いました。
 2)妙なプレイが続出。色々あるので書きませんが、9番玉を1番ポケットへ入れる所が、クッションを2〜3度起こして6番ポケットへズコーンで有り得ない勝利条件を満たしたり、難しい盤面で緊張しているのにいざ打ったら手玉がFULLジャンプしたり、私を何度床に転がすつもりですかと。
 3)流行語は「地球に優しくない」(自分の番でひどい盤面が回ってくること)。子供の頃からの謎だが、俺はなんでこういう微妙な名付け親になることがしばしばあるんだろう。
 こんなことをやって2時間を満喫しました。それで一人頭840円というのが驚きです(もっと料金取られると思っていたので構えて掛かってたよ)。正直にこんなに燃えたのは久方ぶりで、なんというか私が文明化したような気さえします。こんな面白いものを放置するなんて

 あ! まるでKensingtonのトラボと同じだ

註: 翌日追記……熟考したら誤字。正しくは「撞」の字ですね

Materials
 つーことで、トラボ用に2番ボールを注文。俺、馬鹿でー。でも注文したのはしょうがない。

Sports -- Super Mario XP
 4分切りキター!!(237.1sec, appenda/041029.jpg)
 (あとは運の問題です。これ以上のタイムは出ないとは言い切れませんが、まず実力無しに、そして運が悪くては出ません。がんばれ)


30th October, 2004 (SAT.)

University/Bad Company
 俺の友人の2人が所属するバンドのライブに行って来た。朝9時半のスタートだったのだが、ビリヤードが効いて4時まで寝る能わず、起きたら9:27という始末。お陰で1曲聴きそびれた。
 "Sunny Bridges Never Strike the Moon"という、メンバーの一人が作ったムービー(http://www.geocities.jp/tyjnw031/kakosakuhin.htm)のにも使われたタイトルの曲もあったが、個人としてこのフレーズが気に入っている。この憧憬は思いついた彼に軍配。

Tetris: the Absolute Plus
 Deathくたびれ気味。Master-S8橙, 8'34"98, ST銀SK銅。SK銅っておまい。今の力ならミスさえなければ8'15"切りは可能なんだろうが。それよりDeath伸ばさんと生きている心地がしない。

Magic: the Gathering -- Relations
 M:tG Wikiで実在の人物欄が出来てしまった。あれ、補完するの無理だぞ、きっと。John Avonらの有名所は資料が結構見つかると思うが、Kristen BishopとかOmaha Pérezとか、誰が調べるんだ(とりあえず思いつく限りのマイナーな1枚だけ絵師)。Darbury Stenderuって人もいたな。あれ、CotDで服飾デザイナーだって紹介されてなければ記憶の彼方だったような。そんなところで。


31st October, 2004 (SUN.)

University -- Incidents
 んっと、俺、学祭とか関係ないし(友人のライブぐらいだぜ)。
 ということで、反逆精神たっぷりで企画展「江戸の数学 −いま、和算がおもしろい!−」の記念シンポジウム・記念講演にのったりと登場です。実は我が東北大学の付属図書館は、和算に関連する歴史資料がずば抜けて膨大で、22,000件近くあると言われています。東北(主に、宮城北部〜岩手南部)にも高名な和算家達が多数存在し、それほど目の向けられなかった学術分野でありながら、その文化的側面に見逃せない要素が満載、ということだそうです。なんと、俺が3年前に東大落ちたのは偶然じゃなかったのか(その通り、必然です)。
 シンポジウムには岩手の一関博物館の学芸員さんや、宮城県図書館の司書さん、一女(=宮城県第一女子校)の講師の方々などが参加され、講義には「江戸のモノづくり」という江戸期の文化再評価プロジェクトの中でも和算分野のリーダー格である電気通信大学助教授の佐藤 賢一氏、和算小説というジャンルを描く作家の傍らデンソーのエンジニアでもある鳴海 風氏の2名。有り難く含蓄深いお話を伺った。
 楽しかった。行って良かった。学祭も重なるのであまりこういう経験は人には勧めにくいが……、やっぱり行くべきですよ、和算マンセーな方は

Materials
 あのビリヤードの2番球、注文して二日で来ました。むちゃくちゃ速い、休日なのに容赦しない。あの一昨日お目に掛かった花子ランドでも使われていたビリヤード球とまんま同じです。おそらく、アマチュア用というか人グレード下がったセットなのだろうと思います。
 さて、装着してみましょう? (appenda/041031.jpg)
 この重めの操舵感は純正とも趣が変わっていい。ただ、大きな移動には慣れが必要。ますます先が見えないKensingtonのEM5の未来に乞うご期待(もう普通にPC環境に溶け込んでますね。いいことだ)。