21st January, 2005 (FRI.)

University -- To Do
 暫くはレポートに漬かるので音沙汰無くても起こらないで下さい。英文は何とかするにしても、レポート2つを8日で書けるのか? 序盤が難易度高い癖に、難易度の緩い課題ばっかり後回しで、バランス考えろよ畜生!、とぼやきたくもなる。巷に散見されうる糞ゲーの勢いである。

Magic: the Gathering
 Whisperの補完協力、Justin Hampton復活祭、そして《Mistform Ultimus/霧衣の究極体(LGN)》ウィークの壮絶なオチを確認。しかし、動く気力皆無。上の件で不安で眠れないよ。

Tetris: the Absolute Plus
 こっちもゴミのようだ。S9橙, 8'24"90, 207,466pts., ST銀ST銅。全く毛も生えない。Deathに至ってはおがくずのような記録が出ては苛々を助長させる。


22nd January, 2005 (SAT.)

Tetris: the Absolute Plus
 うーむ。S9緑, 8'25"56, ST銀SK銀と似たような文字が並ぶ。なんかアレだなー、全然伸びる気がしない。今度ばかりは枯れたかな

University -- To Do
 結局、Dublinersに関するレポートはやっているのだけれども、全然分量にも達しない勢いである。やっと0時現在で500語程度。うーん、あと250はちゃんと稼いでおかんとどうにもならん。ということで徹夜かな。

Onto the Line
 伝でmixiに入りましたのです。でも、自分の日記があるからmixiやってる人のアンテナをするくらいしか用法がないよなあ。残念ぶってみる。


23rd January, 2005 (SUN.)

Tetris: the Absolute Plus
 いやー、久々に。久々にMaster-m、出るとは思ってもみなかったので、いきなり吃驚してもう頭が混乱して2〜3列消して往生しました。くそー、悔しい。掛かってくるなら来ると言ってほしい。m, 8'24"63, 230,775pts., ST銅SK銀。m記録を10秒前後縮めたので証拠写真もどーぞ(appenda/050123.jpg)。やっとプロフィールの書き足しが出来るゼ。いやっはっはっは。悔しい……orz
 その分も色々当たったせいで結局1,000円ぐらい叩く羽目に陥る。自殺の簡単な方法でした。

Bad Company
 なんで外出しとるのかというと、大学の友人が誕生日を迎えたというので贈り物の方で一つ協力してくれんか、なんてことを言われたので滅多にない付き合いと見て。要するにマイブックものの紙面の編集参与みたいな形になって欲しかったという。ああー、素晴らしい……(天使が見える)

University -- To Do
 あ、4時まで徹夜して終わりましたよ。ダブリンは。結構でっち上げ。
verb-particleの何を纏めようかな、と画策しているわけだ。十分な資料がないとか言わせないわけだから、今回は早めに決めて早めに潰そうと思うのだが、く、これは数時間はかかりそうだな……しかし、やった分に見合う成績はある程度硬く付けてくれるのでやりやすい点はある。問題は文学、こいつばっかりは未知数。だいたい小説一冊なんて付き合えるかどうかね。


24th January, 2005 (MON.)

University -- To Do
 実は文学のレポートのクオータが6,000字であることを聞かされ、死の痛みが襲ってきています。ほんとに、止めて下さい。
 ダブリンは今日提出です。よいキャンパスライフをお送り下さいとは先生の談。

Tetris: the Absolute Plus
 で、儀礼的に俺の不調をぶつけないといけないらしい。すった。やばい、今日で破壊衝動の点数が溜まりすぎ

Musics
 ということで、「みんなのうた」に逃避。「キャベツUFO」(今野 久美, 初出1984)は反則。この歌だったら殺されてもいい。「優しく歌って」は"Killing Me Softly With His Song"(Roberta Flack)ですけど。とりあえずそんなとこ。メッセに垂らしておいたら、いとれ めるり先生(http://www.karmadoll.net/~luke/)の対応が実に素早く正攻法であったのでこれを賞賛する。

Onto the Line
 mixiのコミュニティを数えたらピンキリまで数えて40に落ち着く。


25th January, 2005 (TUE.)

University -- Incidents/To Do
 だんだんと残りの授業が片づいていく。ギリシア語は名残惜しいなあ。しかしいずれにせよ、後かたづけは2月7日かその辺に前後する所までもつれ込むなあ。

Fact Sheet/Something Weird
 2点ネタどうぞ。
 ──15%の中学生が「生き返る」? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050125-00000743-jij-soci
 この統計結果が到底本物には思われがたいのは選択肢に挙がっているものを見れば納得するね。しかし、6人に1人がバーグリア市民とはなかなかサバけてますな今の阿呆達は。
 ──持ち物検査にカチン? 借り物の日本刀を学校に持ち込み中3逮捕 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050124-00000212-yom-soci
 「あしもとを しらべた! なんと にほんとうを ひろった!」みたいなネタにしようとしているな。この手の事件も今の無気力時代に掛かればネタでしかない顛末。やっぱり十手は必須みたいですね梅澤さん。


26th January, 2005 (WED.)

University -- To Do
 お茶のレポートはあと1回。えーと、英語学はどうでっしゃろ、なんというか。これは早起きしてやるしかないのだね。結構面白いんだけど、ね。

Tetris: the Absolute Plus
 神のプレイを間近で拝むという、願ってもないことが起きた。mロール。見ている側もかなり冷や冷やした。途中で意識して渡しか何かをやってるらしい所があって、見えなくてもやっちまうものなのか、とか改めて格の違いを見るばかりである。結局Gm緑だったのだけど、吃驚して、とにかくこれは僥倖だと思った。


27th January, 2005 (THU.)

 (※ ここから2月4日までの日記はPCの再復帰後に書き下ろされました。)

Accidents
 ようわからんが、色々無理させているうちにIEの挙動が鈍くなり出して、こりゃ変だなと思うが早いか、ブルースクリーンが出てしまう。またどうせいつもの病気で片が付くものだと思っていたが、どうも再起動すると"unknown error"を吐く。セーフモードの起動も行えなくなったので、ことが重篤なことを理解した。兄達に連絡を取って得られた結論は、「レジストリかその他の点に問題がある」「実家に戻ってデータ救済後セットアップ」ということに。PC壊れるなんて、よりによってこの時期、きつすぎる

University -- To Do
 この件で一番困るのは何かというと、レポートを編集できなくなることだ! 死ぬ、絶対死ぬ。寧ろ死んだに等しい。溜まっているレポートは月末1本、3日後まで2本、あとはもっと後に1本。

Onto the Line
 つーわけで、メールは完全に遮断されます。学内の環境にご期待下さい。


28th January, 2005 (FRI.)

University -- To Do
 途方に暮れている場合ではない。早速1限のテストもこなして、あとは英語学のレポートの草案を読む。ひたすら読む。

Tetris: the Absolute Plus
 パソコンがない間の唯一の楽しみがこいつなので。本当にTiまで頃無くなってきた。Master-S8緑, 8'27"75, 213,109pts., ST銅SK銀。Death-とりm。(504Lv., 3'07"71)入りは3'10"こそ割ってるみたいですが、3分切りは難しい。


29th January, 2005 (SAT.)

University -- To Do
 ひたすら。話題があまりに広すぎると、この期間じゃ仕上げられないと言うことに気付き、焦点の絞りに掛かる。あとは「高慢と偏見」(新潮版の「自負と偏見」を読んでいるが)。これがなぜか面白くて、小一時間で200ページぐらい読んでみたところ。Mr. ColinsとMrs. Bennettのアホさ加減に滅入りながら。

Tetris: the Absolute Plus
 連続して調子がよいと後が怖いが──Master-S9橙, 8'21"43, 233,758pts., ST銅SK銀。そして、Deathの記録更新。554Lv., 3'25"34, 47,827pts. 400台突入の段数がかなり低かったので聊か効率的とは言えないかもしれないが、そうすると心が穏やかな状態を保てて結構積めたように思う。後は何というか、高い位置でのチキン傾向を避けるトレーニングが必要かも。てーのも、金が絡んでくるので聊か臆病に鳴らざるを得ないわけで、こいつは荒療治だ。

Tetris: Terror-Instinct
 公式ページ(http://www.arika.co.jp/product/tgm3/index.html)出てきたー!


30th January, 2005 (SUN.)

Magic: the Gathering -- Betrayers of Kamigawa
 地元のプレリリース小大会に参加できず残念。同時にデュエル・マスターズの大会もあったりしたのだが、そっちの方が人数が多かったという始末。

Tetris: the Absolute Plus
 500円歿

Onto the Line/Games -- Gradius V
 「さざなみ壊変」の同人攻略誌Road to Vic Viperの注文をしていたのだが、応募したアドレスが凍結されたのでやむなくしてMSNのアドレスから注文をしてみる。駄目だったら諦める。

University -- To Do
 「高慢と偏見」一通りさらりと読了。これでレポートは安心して取りかかれそうだ。男の手紙は格式張った文語調として訳されていたが、そこでもMr. Colinsの滑稽さは群を抜いていた。まあ、Mr. Bennett曰くの「たんまり持ち居るゆえんなり」は名台詞。


31st January, 2005 (MON.)

Magic: the Gathering/Something Weird
 プレリリースに行けなかった代わりに、主催者のDF先生と、戦友の方と共に夜を明かす(寝たの6時だよ!)その際、私が熱望していたBrowning版《Ball Lightning/ボール・ライトニング(Judge Award)》、それからあいしゃさんに送ること前提に拵えたらしい《Dawn Elemental/曙光の精霊(SCG)》を購入できた。2,000円。やったよ。ということで近々送ります。
 結局盛り上がったのはゲームの話を主軸に据えた馬鹿話。この話題を共有できる人間が少ないもんだから、俺には本当に貴重だ。やっぱり趣味の問題は大事だ。それだけはどうしても。

University -- To Do
 3時間ほど寝て、遂に英語学のレポートに取りかかり、4時間ほどで内容を纏めて終了、提出! いや、結構やれば出来るもの。あとはお茶(とっくに死に際)と「高慢と偏見」だけれど、終わってないと心配なのはスコアが0のこいつだけなので。