21st September, 2005 (WED.)

Games -- Meteos
 あまりのあんまりな記録集。あんまりすぎるので点数以外はコメントを割愛する。
 サードノヴァ(388,010pts.)/ジオライト(555,700pts.)/アナサジ(528,780pts.)。特にサードノヴァはもう好き好んでなどやりたくないと思った。

Home Key
 家でここまでうまい豚汁が味わえるとは思わなかった。明日からいよいよ夏休み返上サービスだよ。

Fact Sheet/Yakult Squatters
 勝率5割でげんなりしている場合ではなく、若松監督が退任という話。巨人の堀内監督も予定調和の通り原監督にシフトという方向性が濃厚となったが、こちらの古田監督兼選手という話はどうなるか。実のところ余り歓迎しているわけではない俺。


22nd September, 2005 (THU.)

University -- Incidents
 よく分からないがおみやげを研究室に置いておいた。
 で、オーラルレポート向けの紙の校正。3回でとりあえず全部うまくいく模様。予行は1回目の授業以降。

Tetris: the Absolute Plus
 Masterカンスト(S9緑, 8'20"33, ST銀SK銀(スコアは見る価値もないので知りません))で喜んでいられないほどDeathの意味なし。mも取れねえとはな。
 今日からはなぜかレバーで擦ってしまう左薬指対策として、母から譲り受けた指サックのようなもの(れっきとしたスポーツ用品ですが、指サックというと語弊がありましてね、その……)をつけて挑んでます。

Games -- Meteos
 昨日のようにはいきませんよ?
 まずは長い間記録を少しも伸ばせなかったラスタル(438,890pts., appenda/050922_1.jpg)。ここまで来るには余りに時間がかかりすぎたかな。ドッキングがうまくいくと絶望的な状況からこれだけスコアが伸びるのか。それからメテオス復讐完了とか(529,100pts., appenda/050922_1.jpg)。思いっきり遅延プレイですが何か? それから、フリーザムは相変わらず私を失望させてくれる(494,090pts.)。また50万点前で足踏みかよお前さん。最後、一番ビビったビュウブームですよ(471,130pts., appenda/050922_4.jpg)。これもドッキングから全列つなぎがうまく決まりすぎてどっかん。4分と2/3も耐えてたのかと思うと汗が出る。ということは、ラスタルとビュウブームは似たような難易度にまとめることが可能か。いや無理だな、根本的に攻め方が異なりすぎる。高速ジャゴンボみたいな芸当が出来るのと出来ないのとでは全くメテオスというゲームが違ってくる。
 なんとちまちまと積み上げた努力のお陰で、これにて5800万点。さあ、あと200万点弱を埋め合わせるには何が必要か。メックスか。それともヒュージィか。ちなみにどっちもそっぽ向かれてるよ。100万オーバーなんてそう簡単に出るかクソッタレ!

Fact Sheet/Something Weird
 「紛らわしいので呼称を変えましょう」;「脱法ドラッグ」を「違法──」へ(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050922-00000222-kyodo-soci)
 いや、気付けよ。気付けと単に言うよりももっと穿てば、間違った解釈を生みそうな語はあらかじめ使うべきではないと思うのだな。
 解説によると、使用者側にとっては(麻薬・覚醒剤に対して)「合法」のものであるが、依存性の懸念から「脱法」と勝するのが望ましいとされてきたそうな。でも実際は製造・販売の面で(薬事法)違法だったので「違法」と読んでも差し支えないとの話。「脱法」というのは、薬事法無違反であったにせよ境界線すれすれがぼけている感じの語に聞こえますなと思っただけ。


23rd September, 2005 (FRI.)

Tetris: Terror-Instinct
 TAPやClassicの成績が完全に止まってしまった中、Worldは無人の野を行くが如く伸びる。まあ、それだけぬるいのである。
 とりあえずMasterのセクションタイム(appenda/050923_1.jpg)。正式に御殿を解体しました。それから後はShirase-458ってことでS4(2'31"63認, 2'54"61, 25,853pts., ST銅)に。しかし9秒で42レベルも埋まるはずがないのでこれは足切りですな。棒グラフの伸びがちゃちいし。でもClassicの記録を超えたのでやっぱりぬるいって事ですな。ClassicはMaster-600/700から難しいんだもの、全然違うものをやっているようだ。

Games -- Meteos
 ランキングで10位以内に入ってない惑星は、やっぱりプライドのために潰しておいた方がいいですよね。ヒートヘッズとサードノヴァは無理そうだけどね。ところで今回はスターリア(507,770pts.)。左端の列がタッチ効かなくなっている現象が起きていて、それで死亡。DS壊しかけた。しかし、タッチパネルを酷使したせいでかすかながらも実際に悲鳴を上げてるのが分かるな。まあ、325時間程度のプレイなのでこれで音を上げていただいては困る。

Something Weird
 あー、銀行とかにも行かなきゃなー、とか思っていたら、なんか金曜なのに土曜みたいな雰囲気……何かおかしいと時計に付いたカレンダーを見てみると。9月23日……

 しまった休みじゃねえかぁぁぁ

 よくあることだよな。ハッピーマンデーのせいで休日の法則性がめちゃくちゃだし、本当に腹が立つよ。なんで、アーケードでやってた交通安全のキャンペーンみたいなものを傍目に過ぎていった今日である。


24th September, 2005 (SAT.)

Tetris: the Absolute Plus
 久々にDeathで600越え。集中力がかなり高くなったと思うコイン十数枚目。最終は683。急いで写真に収めようとしたが、間に合わず……(湾曲)
 しかしそれでもあれだけ500が場のいい状態で回れたのだから、700くらい越えないと知り合いに笑われると思う。それから、ShiraseがDeathと比べてそんなに極端にAREが短くはないことに驚いた。

Tetris: Terror-Instinct
 わ、Worldはやっぱりぬるかった! Classicの壁に例の通りぶつかってしまって、ふらりと浮気してみる。ちなみにWorldのプレイ回数は106回だかその辺。Classicが約560回なのでかなり少ない。Masterは無駄に時間がかかるので面倒だからShirase一本に絞ってみた。そしたら何よこれ。
 2プレイ連続で500足切りを食らう図。(appenda/050924.jpg) しかもいずれも3分一桁秒。おいおい、Shirase(W)なんか50回とプレイしたことないのになんでこんなに500が簡単なの? 温すぎるにも程がないか? やっぱりそのけしからんうわなにをするやめろ

Sports/Fact Sheet
 アメリカ予選会、宮里が2位諸見里が3位通過というのも十分面白いのですが。
 ヒール横綱が海を渡る(http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050924&a=20050924-00000150-kyodo-spo)
 ブルガリア人びいきの話です。日本でもはじめ朝青龍はヒール扱いされていましたが、そのうち目の聡い連中なら掌ひっくり返したりするんじゃねえの?、と信じてなりません。 それよりばあちゃんのコメント「(朝青龍の写真を見て)この顔を見たら、勝つのは簡単ではないと思うね」が渋すぎて笑えました。この人は達観してるぜ。

Games -- Meteos
 http://nin10.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/nr.cgi/meteos?mode=rankall&no=34&b=4
 今まで確認できる限り、僭越ながら私が全一を取っていたサボンですが、ついにその座を奪取されました。天狗じゃ、天狗の仕業じゃ……なくて……ピストン本舗には勝てる気がしねえ。Tiの件といい、ハイスコアを余りに簡単に諦めすぎていたことが分かったので今度から三度気を引き締めねばなるまいね。


25th September, 2005 (SUN.)

Bad Company
 テトリスで巡業がてら久々にtondekeさん。ポップンにしてもドラムにしても観てて卒のないプレイだと安心する。俺にとって門外漢のゲームであっても、大体それがどれだけやり尽くされた結果なのかは少しばかりですが見て取れますし、「うまい」プレイは精神を純化させてくれます。流石に「ポップ君が20Gで降ってきたら俺も無理」と冗談めいてコメントしてくれましたが、「そもそも落ちてない」ということを改めて力説しましたさ。てか、Shirase-500と比べちゃいかんぐらい腕の立つお人だぞ彼は。
 ということで明日飯を和みながら食べようという話にこぎ着けました。てなわけでよろしく。

Tetris: Terror-Instinct
 そうだよ! これがきっとテラーインスティンクトなんだよ!
 廃人への第一歩。驚く無かれ正真正銘、初の「足切り」です(S5(500Lv.), 2'31"90, 43,500pts., ST銅SK銅)。昨日辺りからなんかShirase熱に浮かされてしまって、Masterはからっきしで相変わらず600台の下入れが出来ないヘタレなのだが、Shiraseの下入れは気持ちいいとかあらんことか麻薬に手を出してしまったような気分です。これが変な話ですが、300-400台の下入れは、Deathのそれよりも遙かにリズムよくやりやすいんです。恐らく、回転自由度の向上と、横ため量の待ちの差(Deathは重たい気がする)とが原因にあるのだと思います。とにかくぽんぽんと置けて、ミスしてもそれを重ねることはあまりなくなったり、そんなこんなでタイムを狙える段階だと悟ったのが450Lv.付近。音楽が消えたときは流石に厳しいなと思ったけど、なんとか足切りラインまで持って行けてよかった。
 それから、飽きたらず夜の部では、World-Shiraseを重点的に。昨日はあと2秒で涙を呑んだ足切りをぶっ倒そうと闘った結果、最後のプレイで漸く光明が。私のプレイングはかなり「滑らせ」が多く、無駄な移動をクラシックの倍以上やって埋められるところに埋めるという基本的な戦法からタイムが遅くなりがちですが、いくらか300台でも多段が決まったりと調子が上々だったので、そのまま通過。実にそのタイム3'00"66。上々の滑り出しで500を通過しましたが、場の具合が悪かった(俗に言う「城」が表面に多かったのと、12段目辺りで500を迎えた)ため、ライジングの3回目を待つことなくして死亡。しかし、112クレジットでついに新記録。S5(560Lv.), 3'22"20, 36,985pts., ST銅。やっぱりそれを考えるとWorldは温いと思うのだが、ただ温い温いと愚痴をこぼしているばかりでは失礼な話だと思う。というのも、Classicで足切りまで到達できたのも、Worldの記録に触発されたところは無視できないと思うからだ。

Games -- Meteos
 今日はルナ=ルナのみ([Chr.] 341,160pts., appenda/050925.jpg / [2min.] 148,820pts.)。一朝一夕で記録が伸びないのはこっちの方だったとは、余りに短い先だけに気を取られていたのだ……!

Sports
 で、ブルガリア人とモンゴル人の関係はよくないものとなった模様です。しかし、1敗を守りきれなかった琴欧州を、見事に追い立てて勝った。その後は薄氷の勝利に「ますます稽古しなければ」と言う辺り、やっぱりわかってんなあ朝青龍。「人間くさい力士が増えていいじゃないか」という意見もあるしなあ。


26th September, 2005 (MON.)

Games -- Meteos
 なんだかよく分からないうちにメガドームの記録が7桁をスレスレのところで越える(1,018,390pts., appenda/050926_1.jpg)。7桁はこれで12個目の達成である。3列の塊を40次ぐらいまで飛ばしていたところでそろそろ押し下げが強くなるところで限界が来て、結局塊全部を炭にしなければならない状況に追い込まれる。やっぱり点火次数の少なさがネックになるということであろうか。うーん、もっと素早い判断力と手首があれば。

Tetris: Terror-Instinct
 しかしWorldは面白いように記録が伸びるね。これもある意味面白い話だね。MasterはとりあえずS9でちょっとヘボめの記録で終わったが、Shiraseで何回かのうちやっと1回通過。恐らく3分台の足切り。500までに足場をクリアランス出来なかったので、結局体力勝負と言うことになったが、600台でAREが速くなったのを体感すると思わず「こ、これ速ええよ」と叫んでしまう。あの時は回転が全く追いつかんので全然よくなかった。とりあえずS6(616Lv., 3'34"81認)を確保。3'40"31, 55,614pts., ST銀SK銅[1][2](appenda/050926_2,3.jpg)。
 友達に(昨日の伝より)飯がてら結果報告。男5人で洋食屋とはなかなかいい侍根性を見せてくれたものです。

Magic: the Gathering -- Ravnica: City of Guilds
 た、大変大変! とりあえずSortable Spoilerで絵師だけ抜き出してみたら、とんでもない人達が復活してるのよ。Mark PooleにRobert Bliss。すごすぎる! 特にPoole師匠! なんとTempestの《Mountain/山(TMP)》以来の復活です。あのプロモ《Ancestral Recall》が伏線となったのか。一方のBliss氏(Mirage/Tempest/Strongholdにて登場)は《Keening Banshee/叫び回るバンシー(RAV)》のみだが、懐かしい感じの絵がここに蘇ってくるとはなんとまあ! 俺はあの絵大好きだけど、みんなはどうだろう。
 しかし、俺はもっと気になる相手を……そう、《Dark Heart of the Wood/森の暗き中心(RAV)》を誰が描くのか? ……たいしたことのない絵だったら旧来のイメージを持っている俺としてはげんなりなのだが、その心配は最早無用だった。なぜなら、最早俺の崇拝対象とも言えるあのMark Tedinが描いているからさ(→Gatherer画像

 や、やっべぇー これは集めずにおられまい

 はい、募集します(キッパリ)。勿論The Dark(Christopher Rush)版も集めるからな。


27th September, 2005 (TUE.)

University -- Incidents
 そろそろ卒論の「題目」を出してくださいという話になっている。題目は実は広い内容でいいと院生の方も冗談交じりで話しているのだが。「もう"On"ではじまる論題は教授にやめとけと言われたけどね」とか笑い話。危機感を持っているのは俺だけではなくて安心した。

Books
 またカルト気味な意味不明本をあさる。「校正記号の使い方」(日本エディタースクール)/「わかったつもり 読解力がつかない本当の原因」(西林 克彦著, 光文社新書)/「新独英比較文法」(三好 助三郎著, 郁文堂)。あー、この脈絡の無さが。

Tetris: Terror-Instinct
 熱い! Masterなんかよりも断然熱いぜShiraseモード!
 そう、今日もまた、最後のプレイで地獄を見たのだ。Shirase(Classic)の記録が2分半を割ったS5(500Lv.), 2'29"56, 36,013pts., ST銅SK銅(appenda/050927_1,2.jpg)。実は100以降が全然よくなくて、がたがたで今回は遅いだろうなと勘繰って流してみたら、実はそんなに後れを取っていなかったどころか2秒以上の記録を更新していた。ありえなーい。
 中毒症になったことをうけ手招きをされて吃驚。ひ、彼岸だ! 向こうは間違いなく彼岸だ!(だが彼岸を渡らねば神は屠れません)
 それから、最初の画像を見て分かるとおり、Master認定試験のS9には今日やっと合格(2連続の2回目)。久々の認定。

Games -- Meteos
 高いピストン度を誇る惑星達が相手です。
 メックスは1.5Mオーバー(1,579,670pts.)。91次。どうせなら100次行きたかったですね。それから、ブビット(3,283,860pts., appenda/050927_3.jpg)。お遊びでやってみたらまた10万点伸びますね。本当はもう100万ぐらい伸ばさないとノルマがいい加減迫ってきているので拙いのですが。
 今日の居残り授業:アーニマ、33万、ムリ。


28th September, 2005 (WED.)

Tetris: Terror-Instinct(ゆっくり読みませう)
 もうMasterなんかに金を費やすのが馬鹿馬鹿しくなってきたSQRです。今日は本当に辛かった。午前中は記録が出ないし、午後はなんか613御殿が改修工事されてたり、挙げ句の果てShiraseでとりあえず1000+とか(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20050928/)。すれ違いで合わない間にさんざんWorldでボコられましたが、そんなことでくじけている場合ではない。
 今日の最高傑作は……これです!(appenda/050928_1.jpg) ……
 ……

 ……

 あと0.5秒とか納得がいくわけねえだろーー!!(魂の叫び) と、ただでさえ英世が2人半KOされているのにもかかわらず、せかせかとShirase(C)のためだけにコインを投げ入れる。俺は越えることが出来る、それだけを信じて。
 そして、ついに勝負のプレイ……ここで、自分でも信じられないくらい恐ろしいペースでレベルを上げつつ場を制することが出来た。100台で起きた完璧なまでの凡ミス修復、序盤は余裕のSK点灯。しかしまさか、300台までこの調子が続くとは思わなかった。丁度このレベル当たりから、「これは足切り越えるんじゃないか」と高嶺が現実味を帯び始めた。実際、300台というそれまでの鬼門にあっても、本当に面白いように多段消しが決まるのだから、今までの追い込まれるようなプレイの質とは断然違った。躓きそうになった400台も、しっかりと補填が効いて、トリプルを狙ったり、きちんと狙った通りの効果を得られた。そして、音楽が止まるのに気づいた時には、もう最後の1ラインを刺すだけだった。ついに、

 ──2'23"に500Lv.達成、Classicの足切り規定を通過──

 「(500台に)入った!」そう息巻くや否や、早速次に迫ってくるだろう高速の拘束に備えて下入れを減らし、なるべく狙いをつけた積みを心がけたが、予想通り450-500での傷が深手だった。さらに迫りゆくライジングで、足場を揺らされれば、事切れるのは時間の問題だった。しかし、その死は躊躇無く受け入れられるものだった。S5(2'23"38認), 577Lv.(2'46"88), 52,837pts., ST銀SK銅。僅か25秒のあの音楽の瞬間。このために、3千円の出資は今漸く報われたのである。たった一つの足切り通過と死体の山なんかも、それを物語っている(appenda/050928_3.jpg)。こうしてついにただの中級者を越えることが出来た喜びは、テトリス歴17年でも過去最高の積みの1つ、と言えるのではないだろうか。自分でも(ナルシズム補正が入って)誉めそやしたいほどの出来だった。本当に、初心を貫く力は有難い。この日があって、Tiをやってよかったと思う。そして、まだ見ぬ強敵を倒すには、この実力を果たしてコンクリートに出来るかということがある。まずは足切り通過の明示的証拠であるS6へ、照準は定まった。

Bad Company
 ということで仙台に戻ったばかりでほやほやのYukiAさんを捕捉してしまったので、喜びの報告をしつつ、まったりしながらプレイを拝んできたよ。
 via 空洞紳士でプレイのおさらい。人前にしては上出来だと思いますと言うかShiraseは何も考えずに金だけ少しつぎ込めば編に力まなくてもよくなりました。自分でも感動する。

Magic: the Gathering -- Relations
 2点。

 (1)11月末より、横浜でMark Tedin先生に会える可能性を失念していた。情報源のあいしゃさん(http://www.geocities.jp/moonlit_white/diary/diary0509.html, 2005/09/06より)、ごめんなさい。即答すれば学務蹴っ飛ばしても逝きたいですが、事実どのような状況に置かれるか私も分かりかねるので、下手すると「我が魂(=凝縮体はデスバインダー)を託す」なんて事になりかねないと思います。でもあまり大きすぎる借りを作るのは望まざる事ですから、出来れば這ってでも逝きます。そもそも生でお会いして"You are a real abomination!"と師匠からお墨付きを頂かねば何の意味やあらん? (万が一そんなことを言われたら「日本のドトールで新作をいつも待ってます」とかジョークで応えたいね)
 それからレイモス組の皆々様が《Dark Heart of the Wood/森の暗き中心(RAV)》もコレクトに協力していただけるとのことで、かねがね対応の早さに頭が下がるばかりです。

 (2)所謂「ハイハイ既出々々」問題が発火してとんでもない事態になっていたが、気づくのには余りに遅すぎた。はっと気づいたら対岸の火事を眺めていて、所詮対岸かと思っていたら風の影響で俺にも延焼しそうな情勢。
 同じゲームの下に起きた6年来となる奇縁のonline-友人のなした今回の選択は、尤もと感じると同時に多難な事情の帰結であり、非常に複雑な気持ちだ。
 言われてみれば、昔の半ば冗談オリカも混じったスポイラーの頃から自分達(特に能動的な)受け手には、余り罪意識がなかったのかもしれない。俺は俺で、新しいルールに関する展開性や戦略上の新規点について考えを巡らしていたし、他にそうした人は一人だけではまさかなかろう。だが、ふとした時期からスポイラーの正確さが増していき、ここ最近のスポイラーは製品版と違わぬ先行情報と言えるまでになった(まあ俺にとっては、絵師が不明であるだけで十分楽しみは残っていたが、多くのプレイヤーはそんな問題で腸の中を抑えやしないのかもしれん。実践的な内容として採用するプレイヤーも少なくない)。「あちゃー嘘情報だったか」という遊びも無く、ただ情報が流されるようになったというその違和感が、今回の騒動でやっと突きつけられたのである(Ravnica: City of Guilds=日本語にローカライズされたExpertセットの27番目にして)。
 騒動噴出のファクターは、一隠遁者の俺が可能性を列挙するだけでも多い。総合情報サイトの盛衰、特にカードリストやルールに関するサイトが、近年ネット上でも活動できる有志により目を瞠るほど整備されてきたこと。情報の波及が情報化の流れから加速、個人の力では歯止めが利かなくなったこと。スポイラーの異様な正確性向上。情報の高速な波及によって起きた、諸異状に対する対策要望もそうかな。実戦を重ねている現役組なら、もっと思うところはあるかもしれない。事情はともあれ、現在は事態が爆発し、結果考えられる対策が謳われ実践に少しずつ移ろうとしている。この流れがきっと(公式)スポイラーの有り体を越えたリークを打倒する方向に繋がると信じたいものだ。
 ただ最後に、情報を提供する側には惜しみない感謝が必要で、ますますの発展を祈りたいことは皆さんもおおむね同意していただけることを、再確認として尋ねたい。リストを作ることに飽き足らず新しい情報を取り入れることって、(自分の挫折を踏まえ)簡単に言って終わりにしちゃあいけないんだと何度も訴えてきたが、懲りずにその訴えを改めてかざす所である。

 嬉しく酒が飲めるかと思って矢先がこうだから気分がおかしくて、何よりまとまらない。まあ、でも、こんなどうでもいいことをべらべら垂れ流すぐらい、俺は引退者なりにMagicを好いているのだ(明るい話題もあるしさ!)。かつて贔屓した物にきびすを返してケチョンケチョンにするよか、合理的だと思ってるからなあ。


29th September, 2005 (THU.)

University -- Incidents
 論文の題目を相談に行った。教授の話で、いったい何時間棒立ちにさせられるかと息を呑んで待っていたら、なんと、10分程度であっさり終了。拍子抜けだと研究室にいた面々に表明したら、笑われてしまった。そんなもんらしい。俺も、決まってないようで決まってるからいいんじゃねーの、という話だそうだ。
 教授からは特に、「今からやることを絞り過ぎんな、柔軟にコースを変えられるようなアウトラインを作っておくといい」ってことを中心に言われた。どうしてもやる、と踏み切ったが最後視野狭窄に陥るのが俺の有様なので。他のみんなはそういう悩み方をしないというのだから、羨ましい。

Tetris: Terror-Instinct
 Shiraseの挙動がよすぎて、Masterに感じた違和感は、(旧Deathっぽい)硬めの挙動が原因だったかもしれない。今やShirase-300台も下入れ中心に攻める自分でさえ、Masterの600-700の下入れはできない(一番600がきつい)。とりあえず、無理をしないで攻める、生き残るためのテトリスを展開して今回は無難にカンストした(appenda/050929_1.jpg)。今回のロールは消えなかったため、気をつけて耐えきる。今回の結果は前よりも1つ上がってm8に(appenda/050929_2.jpg)。6'55"15, 172,509pts., ST銀SK銅。しかし、m8ではあまり嬉しくはない。大体ガレッガイズムに屈してしまってはこれ以降のランクが心配だ。今まで6分半近いタイムで回っていたので、20秒も遅いといろいろと困るのである。どうにかならんかなあの中途半端な速さ。

Sports
 阪神が勝ってしまいました。随分静かな勝利だと思ったのですが、深夜の某所が気になって仕方ない。完封じゃなかったのはあれだけど、実に強さを感じさせる。攻撃は兎も角、中継ぎ〜抑えの盤石さがあるわけだな。JFKなんて略称が付くぐらいだし、安定度が高かったのが全てかな……


30th September, 2005 (FRI.)

Games
 昨日友人の薦めがあった「鉄腕アトム アトムハートの秘密」(2003/セガ, ヒットメーカー)を買う。曰く、「『ガンスタースーパーヒーローズ』の前に絶対やっとけ」。とりあえず飯も忘れて6時間ほどやさしいモードを終了。ボリュームの多さにびっくり。むずかしいモードはゲージ上限が3つなのもあり、真骨頂ですね。いや、全てが手塚キャラを借りたガンスターの色でした。シナリオが吃驚させられました。

Tetris: Terror-Instinct
 一気に行きましたね。Shirase(W)。500台に向けて場を均しておいたのは正解ですね。速度的余裕も見て取れたのですが、今日はS6(647Lv.), 3'48"80, 63,500pts., ST銀SK銅(appenda/050930.jpg)。700以上はすぐに行くのでは、と思います。

Fact Sheet
 YukiAさんに書き込まれて気づいた。JUSTSYSTEM、松下相手に逆転勝訴とのことです。まあ、めちゃくちゃな判決でしたからなあ。いや、よかったです。
 まあ、それよりもJASDAQでの株価の暴れっぷりが面白くてしょうがなかったのですが、今回の勝訴がどれぐらいの材料になるかは見物です。