21st November, 2005 (MON.)

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 Ti、左隣にTAP、更に左隣に連ザ×4という状況で筐体が並んでいるのがプレイランドF1の現状である。なので連ザに人が溜まられるとこちらもちょっとやりにくい。まあ、溜まってるだけなら傍目でそいつらのプレイを見たり、連ザのプレイヤーがたまにこっちを見てきたりするのでそれはそれでいいのだが、たむろする余りTAPの席に座るの止めろよお前、と。厨房死ね
 まあ、小物は小物でいいのですが。今日もDeath日和じゃないし(まあ、自己ベ出してからまだ1週間経ってないことに気づいて吃驚したのだが)。
 ところで、隣にWorldプレイヤーがいた。仙台では珍しいことに認定m2を取っていた人なので、それもあってかそこそこ今後に期待の持てそうなプレイヤーといえる。まずは8分切りのカンストが出来ればいいと思う。
 で、その人に触発されて一発でMaster(W)やってみた。おっと、クリアしちゃった(appenda/051121_1.jpg)。主な内容としては、200以内にCO銅が出てきたり、400台でAC発動したり(なかなか意識的にCOを出すというのは難しいんだよな)。700以降はグラフの内容見てもぐだぐだなので無視してください。あとロールで死にました。嗤え。で、肝心のランクはm5緑(appenda/051121_2.jpg)。プギャー
 Result: m5緑, 7'26"68, 171,143pts., ST銀AC銅CO銅SK銅。もうすぐデコレーションが5,000溜まりそうです。やっぱりフルメダルアルケミスト(違)のせいだな。結構窮屈です。

Games -- Meteos
 ところでこっちも面白いことになった。ヘブンズドア2分(119,940pts., appenda/051121_3.jpg)。もちノーレアメタル。これで全一への道が少し近づいてきましたね。人類最高の栄誉ノーポーズ20万点までは何とか踏ん張りたいものだ。他の所はもう気力の勝負になってきて正直ついて行く気がしない。何回もやるとダレるのが難点。

University -- To Do
 今日は外国語の試験がどれだけ難しいか小手調べで解いてみることにした。とはいえある程度問題を一瞥してあるため、少し本番とは趣が違うと思うが、やっぱり無の状態で解くのは難しい。辞書を引く手もかじかむし、手がつるつるしていると困るな。なんか伝票捲り用のクリームみたいなのが欲しいのかもしれない。メクールとか(珠算の影響だな)。で、100分の試験時間に対して平成11年度版は50分足らずで解けたが、昨年春期のは80分近くかかった。やばいなこれ。しかも一問は理詰めというかやたらお堅い話なので余計苦労した。まあ、解けないというまでではないけど、時間に余裕は無いと思ってかかった方がいいだろうね。
 論文は夕方の日没も遅く図書館も閉まるため読み損ねたのでまた今度。


22nd November, 2005 (TUE.)

University -- To Do
 卒論の方だが、いかんせん反故になりそうな気がする。なんか、まとめてて気持ちよくないんだよなあ。やっぱりデータを先にして後から先駆者の論法を載せるという順序がまずいのかなあ。うーん、よくわからん。

Bad Company/Teaching Practice
 遅聞きになりましたが、地元の教育実習で現役合格者が1人出ました。うん、これは誇っていいことだ。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 Death: 704, 717。Shirase(C): 2'29"3で切り。ベストが見えてこないかな。早く出ないとまた貯金が引きずり下ろされる。ホント何とかしてこれ

Games -- Meteos
 チャレンジはもう何も伸びない。増えるのはDSの線条痕だけ。誰でもいいから伸びそうな惑星教えろやゴルァ
 つ「ヘブンズドア」 (※これは本当に事実です。本当に、七賢以外に伸びる期待がない)
 2分アタックの調子が相変わらずいい。当たり散らしてばかりのヒュージィ(206,210pts.)とアーニマ(194,980pts.)がそれぞれ1万点ほど伸びた(ヒュージィは前の記録がレアメタル1個)。なかなか悪くないポテンシャルしてるじゃないか。ただ、アーニマの20万点は余りに無理すぎるな。調子がよく感じられても、実は19万手前だったということもあった。さて、あとはヒートヘッズが伸びてくれるといいんだが、いかんせんメガドームといいあの手の惑星はこつがわからない。

Fact Sheet
 ジャンカルロ・フィジケラが「子供が発熱」急ぐあまりにスピード違反検挙(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051122-00000506-yom-spo)
 フィジコが「違法なストリートレースに参加するなよ!」というDQN共へのアピールをしていた矢先らしい。148km/h(制限60km/h)で走行していたらしいが、これでも彼にとっては流し運転なのだろうか。ふと気づけばよく事故を起こさなかったものである。イタリア人のだらしなさは流石のものだ。そう考えると某ヒゲオヤジの一卵性双生児はイタリア人っぽくなくて困る。それより同じイタリア人レーサーであるトゥルーリが心配になってきた。

Materials/Accidents
 前々からユニットバスの排水溝の詰まりを何とかしようと色々試してみたが、てんで意味をなさず風呂でシャワーを浴びているとまた元の木阿弥、という状態が何ヶ月と続いている。やっぱり、本格的な詰まりなのだろうか。そう思って、ユニットバスの排水溝に関して検索を行い、それに従って排水溝を開けてみた。もう一段階の「防臭キャップ」というものが取り外せると知り、それを取り外して、とりあえずそれだけでも洗ってみた。だが、防臭キャップの外側に手を触れた時、嫌な予感に襲われた。

 か、髪の毛が! 貞子1人分ぐらいは堅い程の、髪の毛が周りにびっしり!

 「ぎょえー」と思いながら、なんとか取れる限りの髪の毛は素手で除去。理髪店(髪の毛だらけだしね)の匂いに汚水を混ぜたような感じ。しかし、排水溝の外の円は指では入りにくく、取れるのも上方の一部のみ。そう、奴らは将に《Drift of the Dead(ICE)》となって私の前に襲いかかってきたのだ!!
 これで憎しみを抱かないわけがない、パイプユニッシュなどにつぎ込んだ俺の金を返せ! と毛髪絶滅計画を思い立つ。そして、徹底的に調べ上げた結果、「ピーピースルー」という医薬部外劇物が存在することが分かった。主成分は水酸化カリウムで強アルカリ性。毛髪などの有機物を強力に分解するため、詰まるところ毛髪等が配管に詰まるのには絶大に効くのである。4,000円程度もする上、劇物指定品なのでただのホームセンターでは取り扱えない代物(勿論使用時の取り扱いが重要なのは言わずもがな)だが、これ以上悩んでいる場合でもあるまい。購入を決意する。通販に注文を入れた。
 しかし、今日風呂を使ってみたら、さっき取った分だけでもかなり詰まりが解消されているらしく、少なくとも逆流することは完全になくなったようだ。なんだ、結構取るだけでも効果があるな、とは思ったが、やっぱり完全な除去をしなければいずれこんな事になるだろう。学生などで新しくユニットバス付きのアパートに定住する人は、恐らく学業やアルバイト、サークル等の活動で家事とりわけ清掃に割く時間もそれ程無いと思う。忘れた時にいざ配管が詰まって悩んでしまうよりは、これの購入を検討してみるのもよいだろう。値段が高いが、その分の価値があることを祈る。ま、その時は使用時の雑感を後日に書くのでそれを参考に。


23rd November, 2005 (WED.)

Games
 朝っぱらから何を考えたか、ヨドバシへの視察に出掛ける。「おいでよ どうぶつの森」がどれぐらいの出足で来るかどうかが興味深かったため。しかし、玩具コーナーが人で溢れかえっていたのはどうか!、と思った。警備員と最後列のプラカードが出てくるという滅多に類を見ない情勢に。後で聞いた話によると、「たまごっち」の新バージョンか何かが販売されたという点と相乗効果が起こっていたようだ。
 ゲームソフトの主要な動きは、中高校生の男が連ザ、女がぶつ森という二層がよく確認された。ただ一店舗の20分程度の様子では何とも推測にも至らぬ所だが、明日のデイリーの展開は気になる。ぶつ森のポテンシャルの高さはうすうす感じられた。さあ、肝心の大穴Xbox360(次世代機もといTGMA機で唯一指名買い)はこの先生きのこれるでしょうか。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 朝の部は調子がよくない。Shirase(C)-589なんかを出したりはしているが(2'25"61認)。
 そんで、結局夜飯のネタが思い浮かばずに安直に外食に走ろうとし、そのついでにまた1日2回の服用をやらかす。こんな事しなければいいのにとは毎回思うのだが。そこに我らがhar-k/613兄さんが。寸貨を惜しんで訓練中のようです。早速何の気無しに隣でDeathる。
 最後の1回に何かが目覚めた。500台と600台の動きが安定していたと思う。とりあえずよく見られるような過去のいじりも無く、赤や青のIRSも余り取りこぼし無く進んで、調子よく風車に。その後は細かなミスも祟り、上半分での戦いになるが、兎も角メリハリのついた動作を心がけることに専念し、ついに自己ベストの804を抜き去る。このままどこまでいけるかという根比べは、残り6〜7列という所に迫られ、粘るも甲斐無く落ちる。
 しかし、これまで1週間の潜伏期間と高い授業料を経て、なんと71レベル前進!(appenda/051124.jpg) 875Lv., 5'36"78, 110,747pts., ST金(SKはなかったみたいだ)。ついに、見えてきたか? 変電所まであと少し、頑張るぞ。それにしてもここまでテンションを保ったことは無い、久しぶりだった。これも613後光の影響だと勝手ながら思います(その後Shirase(W)-1055を出してくれました)。
 ついつい嬉しいのと、飯を食べていなかったこともあり、ミスドにてゆっくりしないかと提案。「そこなら大歓迎ですよ」と快諾を受け宣戦布告に成功

Bad Company
 その後、2時間以上の総力戦に持ち込む。話題は完全にゲームの話であり、主にテトリスとMagic、シューティング全般を初めとした内容に終始する。ゲーマー同志の話題が、やはり私には一番熱がこもる模様(端から見て何者だと思う程度がいい)。しかし、一番印象に残ったのは最後の10分ぐらいで立ち話気味に寄ったJALECOの話だったことは何ともはや。
 ジャレコまとめ:(1)バントでホームラン (2)似非DDR(Stepping StageとかStepping Selectionのこと) (3)謎の似非ビーマニ?ことVJ(Visual Jockey)…… せっかく「じゃじゃ丸くん」とかの名作もあるのに!、とフォローしたにも拘わらず余りに擁護がない(返ってきたのは「最早似非しかない」というクーデグラ)。……ただの屍のようだ。
 ──バルスのノリで「ジャレコ!」と叫ぶことについて、今ならきっと両人の一致が得られると思いました。詳しくは彼の日記に任せようかな。妙な場面でバイト前に引き留めて失礼しました。

Onto the Line
 やけにオフのみの友人をよく見かける。母校の高校コミュニティに同年の者がかなり多いことに気づいたのである。
 今が早いので釘を刺しておくが、私のネット上での言動と趣味など各種性情について、多少なりとも幻滅の意図や実像との乖離を感じたとしても、諦めるように。元来変化を嫌う性分故に、「もとからこうだった」ものは変えられないし、変わるつもりはないと思う。
 それから、正直オフだけの友人は「やりにくい面」もある。傾向に関しては一切合わぬもの食わぬもの、と端から決めつけているし、どうやらそれはかなり正しいようでもあるので、そこは実生活では隠している(まさか研究室内でゲーム好きがいないのに、話をしてもしょうがないのと同じ。それは気心の知れた仲間内でのみ適)。一応秘密裏の領域に該当するので、そこに入ることを敢えてあからさまに拒絶はしないものの、気をつけてとは言っておきたい。
(世の中には、説得の便を苦慮して挫折したか潔癖が理由かのいずれかで、リアル友人のネット日記閲覧を拒絶する人も少なからずいる。その気持ちが、篤と分かるようになった)


24th November, 2005 (THU.)

Tetris: the Absolute Plus/Bad Company
 昨日あれだけのスリムドカンが出たので、今日はそこそこの数字を出して終わりかな、とのっけから悲観的なつもりでいたが、今日は割とよかった。4回で半分600以上の通過。ベストは782Lv., 4'58"58, 95,238pts., ST金SK銅。恐らく通過は3'15"前後だったと思うが。やはり6分はオーバーしそうな回りだったが、結構300台の下入れも悪くはないように思えだした。600台での死亡時には3'05"台が出た。俺ってこんなに速かったっけ、って我ながら吃驚した記憶がある。積みが良くなった(たまたま良かっただけかもしれないが)のは強みだな。まあ、まだ油断はいけないので明日も700以降にいけたら何か考えておくよ。ワイン買い込みとかさ。
 なによりも、行き当たりばったり的な好調じゃなくて、本当に良かったです。これで涙のロスタイムにおゆき登場(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20051123/p3)も浮かばれますよ。
 ──ちなみに俺はUPLの原作を移植した「忍者くん 」(1985, JALECO/UPL)しかやったことが無く、他に兄達が持っていたのはじゃじゃ丸の2作目「じゃじゃ丸の大冒険」(1986, JALECO)である。前作は友人から借りていた。UPLなんて会社、今日の今日まで「宇宙戦艦ゴモラ」(1990, UPL)以外知らなかったわけだが。なんでそんなの知ってるんだ!、と言われるかもしれないが、1年前ぐらいにホームのゲーセンに置いてあったんだよ! (訳の分からないラインナップがあったり恐ろしい場所だったんだよあそこは)
 ああ、ジャレコから話が逸れる。ところでその「じゃじゃ丸君」シリーズにまで、実は「似非マリオ3」なんてのがあったんだよ……その名も「忍者じゃじゃ丸 銀河大作戦」(1991, JALECO)。悪名高いというか笑劇の「まじかるキッズどろぴ〜」(1990, ビック東海)と「ロックマン」シリーズとの関係とパラレルだ。

 ごめん、やっぱ、その「ジャレコ!!」(とばっちりでラヴニカが全壊する)

University -- Incidents
 論文あさりを20分ほど。それから若干量打ち込み。ほんとにこんな構成でいいのかなと首かしげだしたけどいいか、別に。教授ならきっと的確なアドバイスを俺にくれるはずだ。「君はここにもう来なくて大丈夫だ」とか。いや、実際ありそー

Casual Glance
 「奇跡体験! アンビリバボー」では、映画「シビル・アクション」(The Civil Action, 1999)にもなった弁護士の戦いを描く実話を紹介。2chの実況で、案の定逆転裁判扱いされていた。ジャンが0を2つもつけてしまうシーンや「異議あり!」では盛んに囃し出したりジャンの盛衰に反応したりと、なかなか茶目っ気たっぷりの聴衆の方が面白かったです。

Materials
 明日辺りかな、ピーピースルー(劇物)届くの。


25th November, 2005 (FRI.)

Tetris: the Absolute Plus
 Death-774。今日の足切りも180秒台が飛び出る。やっぱり、3分切りは目標の一つに据えていても差し支えないものと見た。

Materials
 ついに、「ピーピースルー」が届いた。劇物。フレーク状。そして匂いがアワワワワ……。使ってみたところ、反応は普通でした。すぐに効果がぱーっと現れるようなものではありませんが、いつの間にかきれいになっていました。棒で突っついても何の反応がないようだ、これはだいぶきれいにしてくれたらしいぞ。指が入っていかないような深い場所に髪が密集する都合、現実に目に見える形で確認が出来ないのが悔しいものの、間違いはなかった模様。これでしばらくは安泰な暮らしが出来そうです。さすがは配管用のアンチドート、ラストリゾート!

Onto the Line
 mixi用の画像に目配せをするにつけ、やはり懐中型のアナログストップウォッチに興味がわいてしまう。オークションでは、なんと1/100秒精度のセイコー製品がかけられていたり(入札済みだったのが残念。消えると困るんで画像保存した(appenda/051125.jpg)。商品情報の詳細をご存知の方、ひとつ教えてくだされ。恐らく現代ではなく近代の代物のようだが)。やべー、この世界に入ったら死にそうだ、だって1/100単位で針が回るって書いてあるんだぜ? 1/10より速い、まして1/5なんて光速拳の前では止まって見えるよ。頭がおかしくなる。電卓といい、なんでこう数字は俺の頭を狂わせるんだぁーっ
 ……てか、余りに高速で回りすぎて脆くないか心配になってきたよ。今更。


26th November, 2005 (SAT.)

Tetris: the Absolute Plus
 難しいなあ。600-700台あたりの低迷。まあ、これで低迷、というんだからたいした進歩はしているのだろう。

University -- To Do
 さてどうするか。明日までにアウトラインを発表できるような状態にしておけと言うことである。アウトラインならいくらでも呉れてやる。んだが、問題はそこではないのだ! アウトライン以上に構成自体のアドバイスが貰えればと思う。一人で悩んでも始まらない。悩みを公にして聞いて貰える機会など、丁度いいじゃないか。

Sports -- Sumo
 地元山形県(尾花沢市)出身で現役最年長記録を有した琴ノ若 晴將関が引退。引退試合の内容はナントモ……というのもあるが、前佐渡ヶ嶽親方の定年によってやむなくということもあり、煮え切らなかったものがある。それでも幕内89場所連続の出場という(歴代4位の)長寿記録を獲得した。ひそかな人気者として名を馳せた名関取に、感謝。
 外人勢が強いなあ。なにか国内にも台頭する動きがほしいのがやまやまだが。

Accidents
 俺の鯖、MySQLの基礎付けが申請できないんですが。blog作れねー……

Games -- Meteos
 ランクサイトの方へ>敢えて書き込むまでもない、どうみても詐称に決まってんだろ。俺がサボンで210万取ったのがどれだけの試行錯誤を繰り返してるのか理解しているか、と当の卑劣漢(かただの荒らし)に告げておく。
 これだからアーケーダーの精神に悖る輩は困る。


27th November, 2005 (SUN.)

Bad Company
 知り合いが煩った喘息が入院沙汰にまでなってしまったことはブログ(http://blog.livedoor.jp/anteres1029/)で知っていた。悪友俺を含め5人で見舞いに行く。悪友同士だとどうしてもネタの調整が必要になって俺もやりづらいが、とりあえず彼はそんなに辛気くさくしてないようでよかった。そうでないと困るからな。
 あと、また別の友人にRavnicaのドラフトやらないか、ってお誘いがかかったんだけど、いかんせん面会前だったから、3時間以上かかる予定では難しいと判断した。申し訳ない。千載一遇のチャンスだったのに……

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 病院訪問前に744を出しておいた。帰ってからも訪れてみると、仙台の双璧が久々に一堂に会していた。Shiraseも2回だけやっといたがプレッシャーに腕が動かないものだ。彼らの構築スピードには見えない壁のようなものを感じる。その先はまた、何が? よくわかんないけど、仙台でもいい腕のプレイヤーがいるってのは誇るべき事だ。最低でも山形県のTGMプレイヤーとして、俺も見本になれるだけになりたいものだ。TAP-Master8分切りm/Gm、Death-Gm、Ti-Master暫定M、Shirase4桁……こうしたタイトルが1個でも取れれば、故郷に誇りをもって帰れるのだが。初タイトルというのは、俺にとって、そういう意味がある。

Casual Grance
 「TEST THE NATION」(テレビ朝日)。今回はたまたま開始から居合わせたのでほう、やってみるかねえ、とExcelを開きトラックボールを握る。
 ちなみに適職診断といったが、あまり当てにならないのである。いや、当てにはなっているかもしれないが、分かり切っていることをという感じだった。左左Bです。IQの測定値については20-34歳が一番低く出るというのが難である……。
 各ブロック得点:(1)15/15, (2)12/15, (3)14/15, (4)11/15, (5)7/10, (6)10/10、計69/80で、算出IQは128/152(全問正解時)。間違えた問題番号は20, 24, 29, 34, 57-60, 63, 65, 70。典型的な左脳野郎であると確信した証拠は、ブロック4の3種目目、ここで顔写真のカードの順番を覚える問題で、1問しか正解できなかったことだ。ひどい、ひどすぎる、あんなの解けるわけないよorz (人の顔をぱっと視覚的に認識するのは難しいことなのだ。特に私はどうしても、人の記憶に対し、どうしても名前を先に頼ってしまうのだ) 分析と判断は完答出来て良かった。想像力が人の顔のせいでいまいちな結果に終わりながらもテトリスに向いているのは何故かと考えた時、ああ、人の顔じゃなくて7つのテトラミノだから問題ないんだよ! と後光が差し込んできたのである。IQ値はちょっと低かったのでもうちっと人間力に注意してみないとなあ。絶対的な自信も大事かな(一度聞き返されて困るような感じではなー、Shiraseの300以降でこれを3回やって見ろ、死ぬから)。

Sports
 ゴルフの賞金王やら相撲の千秋楽やらいろいろと大勢が決する時期に。不動と大山はかっこよかった。バレー男子のメダルが取れないのは……


28th November, 2005 (MON.)

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 結局逆戻り。Shirase(C)ではかなりいい場の締め方が出来たのに、1秒以上足切りをオーバーする。最近は速くかつ美しく、の基礎力が地道に付いてきた気がする。それだけでも過去の俺からすれば立派な収穫であるといえよう。
 jin8さんのS13橙MasterV認定、おめでとうという以上にコメントは必要だろうか? ところでMasterけしからんの次はVか、……ヴァカ言ってんじゃないよ、ってところか。

University -- Incidents
 中間発表会。俺も何とかそれなりのものを仕立ててきたが、みんな不安と言っておきながらやっぱりそれなりには出来ているじゃないかと零しそうになる。大学生ともなると、不真面目を装いつつ真面目なのであるから始末が悪い。まあ、それだけ頑張る余裕もあるということか。ちなみに私は真面目に見えて不真面目という駄目な立場の者です。
 とりあえずまた自分の出した内容に認可を貰って終わると言うだけのものだったが、今日一番重要だったのは"evidence"が不可算名詞だと言うことを知らされたことだった。私の奇行はいずれ後生に正しく伝えられ、二度と私と同じ轍を踏まぬように、私を踏み台にするように、そう祈るのであった。
 明日からは集中講義であります。それなりに何かあると思います。4日間のこの激流をどう生きるかが鍵。まあ、久々に真面目に取り組むから授業のノリを維持して論文にちょくちょくダメージを加えられるといいけどな。進捗率下書き15%。


29th November, 2005 (TUE.)

University -- Incidents
 ぼやんとした雰囲気で集中講義がスタート。徐々に加速のつきそうな、幸先の良さそうな1日目である。4日目に試験。その授業に使うテキスト代を落とそうと思って、4,500円を郵便局のATMから引き出したら、なんと愛・地球博の500円玉が。これは、運がいいのか、なにかのいたずらか。まあ、テキスト代に使ってしまったので何とも言えません。運が悪いんだ多分。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 644。Shirase(W)もたまに手をつけてみようかと思い4回。600すら行かず。もうだめだな。

Negligence
 何も書くことがないのですよ最近。ダブルタスクでやっているとどうも良くないらしい。

It Is Cold in Space...
 とうとう仙台に-7/-7の修整がやってくる! 寒いのが恋しくなった私には良い限りです。もう12月だものね。


30th November, 2005 (WED.)

University -- Incidents
 集中講義も半分終了、随分と過ぎ去るのは早いこと。
 昼間、けっこう太い虹が顔を覗かせたので研究室からパチリ(appenda/051130_1.jpg)。写メールに興じる院生達が印象的だった。
 今回は主題として、Unaccusative Verbの日英での類似性について。今度、ドイツ語でも調べてみようかなと思う。イタリア語がavere(have)/essere(be)の助動詞どちらを取るかの差で非対格性が出るとの話だが、ドイツ語のhaben支配/sein支配も当然そうなると予測するだろう。とか思ったらやっぱりぐぐったらトップにありやがったねそういう資料。
 のっけから先回りされてはつまらんのでThere構文にターゲットを変更することになりそうだ。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 Deathは今日も600程度。確変が終了してしまったようだ。情けない。
 今日は気晴らしにSakuraでも。ベストはとりあえず19ってままでは恥ずかしいため、EX6まで終了(appenda/051130_2.jpg)。うーん、クリアできそうな時間は十分だったはずなのに、やっぱりツモ順の調整をあそこで妥協したのが災いだったか。7'36"81。2回目には捨て、3回目にはEX5までで足切り(20面まで5分以内だったら5秒遅れてた)。
 一方(appenda/051130_3.jpg)。(W)ではこの始末(17St., 93%, 5'36"71)。やっぱりWorldが唯一誇れるのはこの鬼のようなSakuraの理不尽度(やめれ)
 緑ラインが付くのってEX1以上だったっけ? あれ、3から? それとも5から?

Fact Sheet
 死の接吻およびアレルギーの恐怖、カナダ・ケベック州(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051130-00000067-jij-int)
 まさに死の接吻ですよ。ピーナツアレルギーとはおそろしい。アレルギーのような病気が後に解明されたらそれはまさにノーベル賞何個あっても足りませんね。実はこれこそが最も油断ならず、最も苦しい病ではないだろうか。