21st January, 2006 (SAT.)

Games -- Gradius Portable
 俺も情報に翻弄されてしまった。リバーシブルって、全く関係ない幻想水滸伝が表面だと思ってた。

Tetris: Terror-Instinct
 なんだろうな、1日で20回も費やすようなことが多々あって、何の反響もないと、こっちもやってられない。久々にゲーセン出て、「ちくしょー、腹立つ」って気持ちを通り越して、なんかこのままふらっと死にたいなあ、と感じた。2週間、記録が出ていない。今日まともに感じたのは(W)m5認定試験だったが、ふがいない成績を感じてやる気が起きるわけもなく。目はすぐにしょぼしょぼするし、やってられない。自分は鬱に滅法縁がないと思っているが、こういうときはたまにある。
 まあ、少し落ち着いたら回復したが、向こう1週間この調子だったら俺は金銭的にも精神的にもlostしていると思うよ。というわけで、俺のような弱者はマジで死ね、と思う。

Magic: the Gathering -- Guildpact
 完全リストが出た。英名がなんか変だ。なんというか、スペルだぶりの合成語がこう頻繁に使われているセットは久々に見たような気がする。重複を考えて使える語彙が減っているために、難しい学術的用語が組み合わさるのはわかるんだが、なんだparallectricだのschismotivateだのってよ。俺の気のせいとか、他にも合成語ワンサカなセットがあったって言うんなら申し訳ない。
 Guildの方では「やっぱり名前を付ける苦労があるんではないか」とボソリと言ってみたわけだが、実際の所WotCはどう考えているのか。俺も自作カードに精を出していた時には名前がどれだけ付けるの難しいか思い知ってたから、たとえ程度の低いシミュレーションとはいえよく分かるのだが……。
 いや、それを翻訳しろと言われたりするのだから困ったりする。だが、-an系の形容詞形の看過は出来る限り潰して貰いたかったんだが。それだけは、それだけは……。

Fact Sheet
 リスニング試験のトラブルの多さと女子ゴルフのグダっぷりは割愛していいですか? それにしても筆記の英語の問題を見てみたら炬燵で解けるような問題の多いこと。俺も年を取ったんだなあ。しかし、こんなに単純な問題が多かったのだっけか。もっと凄い数のイディオムを覚えろと強要された覚えがあるだけに、肩透かしというか。


22nd January, 2006 (SUN.)

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 TAP:m(8'22"38, 235,863pts., ST銅SK銀)。最近になって、2プレイして1回捨てると次のゲームはm取るということが2〜3度あった。以前m慣れというか、TAP全盛の頃では50秒まで耐えられたこともあったが、その時の感覚が失われている。Ti酔いということもあるか。
 Tiでは最近重点を置きだしたMaster(C)が特に好調。2回のカンスト(内1回は認定)ができた。1回目は消えロールが出てしまい、これはしまったと思いながら半分程度耐える。タイムが思いの外良いが、700台以降が防戦一方になり、攻めがどうも足りなくなる。6'00"95, 173,338pts., ST銀SK銀で、結果はm8緑(appenda/060122_1,2.jpg)。
 次にm2の認定試験があったがこれをパス(appenda/060122_3.jpg)。173,730pts., 6'20"63, ST銀SK銀。グラフのムラがなければ、900台でのフィジカルも落ち着いていたので、この両方の利点を取るようにしようと思う。論文と同じだ、よな。次は認定m4以上、暫定m9を……。
 今回のClassicはShiraseでも740+。昨日の臨死体験は正解だったらしい。こういう事はよくあることである。引退を考えずに、自分が下手であることを感じずに、上手くなれることなど無い。それを十遍、百遍やって、ここまで来ている。今日は、下手じゃなくてよかった。

University -- To Do
 少しずつだが確実に進めている。あと数ページというそろそろ片手でも済む範囲まで来た。射程はじわじわと縮まってきている。いいことだ。そうすれば、何の突っかかりもなく院試を倒しつつテトリス出来る(註:これを主客転倒と呼びます)。

Sports/Casual Glance
 オランダで行われているスピードスケートの「世界スプリント」。加藤や清水の速さを久々に見た。まだなりを潜めているような気はするが。世界は相当レベルが高い。加藤に関しては数少ない地元で誇れる選手でもあるので、余計頑張って欲しいのである。

Magic: the Gathering -- Guildpact
 和訳が更に酷かったことが判明。《Petrahydrox/鉱岩流液獣(GPT)》《Gelectrode/軟体電極獣(GPT)》のルビがひどい。こんなのMagicじゃねえよ、別ゲーだろこれ。訳者が変わって方針が変わったのだと信じたい。8版の枠変更や、6版のインタラプト廃止はすんなりなじめたが、こればっかりは勘弁してくれ。
 和訳のセンス以前の質の問題だが、やっぱり、ローカライズスタッフはもっと増やさないと精度の高い訳が得られないと思うがどうか。


23rd January, 2006 (MON.)

Magic: the Gathering -- Guildpact
 昨日・一昨日に続いて未曾有の大惨事である。更に和訳を検証した記事がGuildにも一つ登場すると、これだけの量には流石に堰を切ったかのように各所で不満が噴出し、スタッフ刷新をとの過激な論調も俄に色めき立っている。それにしても、"ledge"について訳を指摘した人は偉い。"thunderheads"だって、その語を知らなければ俺なんかは確実に見逃してしまうところだ。基本に忠実たらぬ事の恐ろしさというのはこういう点にある。本当にこの問題は考えなければならない。そして、悪い形だったとはいえ、結果的に先行情報の規制についてのみならず、カードリストそのものについてもプレイヤーがかなりの感心を傾けるようになったのは喜ぶべきではないかと思う。
 それに関わって、やはり今回の訳に関してJFK氏のコメント(http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tcg/1136565890/487)を見られたのは胸を撫で下ろしたところ。寧ろ、JFKさんやleonさんがローカライズしてくれればいいのに(サイト持ちに無茶言うな)。まあそんなことしたら俺日本語版買っちゃうよ。それにしても当時から「草の根翻訳家」ってのはすげえな。表に出ないが非常にいい仕事をしてくれる。Guildがスポイラーの公開をやっていた非公式サイトの頃(今や裏側の人間関係からquasi officialという印象ですな)は、相当「信憑性の高い」訳をしていたし、あんかばなり俺的天国なりが素早く安定した仕事をしている(た)という事実も見逃せない。あーいう人達は、もっと報われるべきなんだね。俺も協力したい位。
 あと、Weird(奇魔)って奴らについてもMaRoが触れていた。hybrid elementalのことを主に指すというそうだ。しかるべき時にWikiに追加しておこう。

Tetris: Terror-Instinct
 今日は越えられなかったなあ。思いの他、Shirase(C)-711が最高。TGMとセガテトはそろそろやる気が減退してきた。ラインカンストなんてめんどくせえ。概算30分以上はかかるだろアレ……? それとも俺がへたなだけですか。

University -- To Do
 レポートが終了した。期末はこれを2部提出することになっている。10ページ程度だがこんなところでいいかしら……。フラマン語とかもう見てらんない。

Something Weird
 ああ、MSXグラディウスシリーズの良さを布教してえ。そして俺もやりてえええええ。そしてエピ2のヴェノムの笑い声を頑張って真似できるように特訓してやるのだ。

 ハッハッハッハッハッハッ。


24th January, 2006 (TUE.)

University -- To Do
 レポート提出。教育実習のレポが代わりに送られてきた。
 明日から試験勉強というものをやってみたいんだけど、どうも何て言うのか、テトリスのように戦う動機がないのよね。専門以外がっつく必要はなさそうだから、それは有り難いんだけど。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 TAP-MasterとTi-Masterで1日に3回もロールが消えた件について。TAP1回(m, 8'28"00, 241,909pts., ST銅SK金)、Ti2回(ともにm7緑, ST銀SK銀: (左)5'54"36, 186,366pts. (右)6'05"48, 179,422pts.)(appenda/060124.jpg)。ひどすぎる。よりによってm7の罰ロールかよ、期待させやがって! 氏ね!
 ちなみに、m5とm4の認定試験があったがことごとくカンストもできず死亡。あー、俺が嫌すぎる。

Foods/Bad Company
 「文横カレー食堂 Gokochi」の紹介をありがとうございました。期待の新星佳い店候補!(オープンは2004年11月とのこと。10月の一風堂と似た時期ですね)>ゆきさん
 カレールーは適度なとろみで、「家庭の味」なんだけど、お洒落だしちょっと特別な感覚。ルーは辛さも2段階選べます。ちなみに、普通辛でも「じわじわ来るこれ」ってことだったので、辛さ指定無しでもちょっぴり辛い方かもしれません。しかし、私の頼んだ「さら辛」はさらに辛い! あらかじめ「結構辛いですよ?」と警告を受けただけあって、ココイチでいう5辛以降の破壊力が楽しめます(しかし、それもあそこのように化学反応の味じゃないので、激辛を食べるなら断然こっちに軍配!)。おかげさまで、ハラペーニョのピクルスが全然辛く感じずおつまみにしてしまっている始末であります。また、メニューのスペシャルカレーは格別。ゆで卵に、ビーフ・チキン・なすやトマトなどの野菜にキノコと可能なトッピングを入れた贅沢仕様! お値段も税込み1,000円フラット。俺はキノコが苦手だったので残念ですが、まあそれはそれで、楽しめる人は是非!
 おまけに持ち帰りのブラウニー(231円)もありましたので、こちらも試しに頂いてみました(ドトールにて)。ああ、カレー屋さんでこんなかわいいお菓子が付いてくるなんて! 小振りなスティックサイズながらナッツも多く本格派の優しいケーキです。更に店の奥さん(ここもご夫婦での経営、とのこと)がまたほのぼのしてて、素晴らしい。やはり「いかなる戦場にも、そこには女将有り」、ンッン〜、蓋し名言だな。
 今度はサラダなども一緒につまんでみたいと思いますが如何でしょうかね? 応援するからには、この店にきちんと投資したいと思います。客としてのアレですね。

Magic: the Gathering -- Guildpact
 訳語は必ず直訳1-1対応って話かよ! そんなの翻訳じゃないってかじったことがある人間なら分かるだろうに! 自然言語は生き物同然なのだから、んなチャランポランな話が通用するわけがない(そういや進藤さんは柳瀬氏の本も持ってたと思うけど、仕事にはどういう風に考えてるんだろ)。1-1対応は非常に役に立つ場面もあるし、それに何よりやりやすい、だが応用性に欠け、余りに特殊なコンテクストにおいては、必ずしも正しい描写が可能でない可能性も否定できない。ある一語を見ても、それに対して2〜3通りの意味候補があれば、きちっと1-1対応から脱却していただきたい(註:《Searing Touch/ふにゃふにゃ(TMP)》はそもそも"sear"の品詞を誤った状態であるため、問題として提起できない>某所へ)。大体、考えても見ろ、《Decomposition/腐敗(MIR)》《Decompose/腐朽(ODY)》という2枚のカードがあるが、この英名は品詞が違うだけだ! 本家とて余りにお粗末すぎる。
 改めて言うと、自然言語の翻訳は一般化された規則の適用とは異なるものである。ルールテキストの持っているようなプログラミング言語の性質など存在しない。もし、このような愚かな不文律が度を過ぎて幅を利かせる結果、翻訳の質が想定外の所で下がるような結果となるならば、寧ろ翻訳などない方がいいのである。
 しかし、「雲入道」(http://community.wisdom-guild.net/board/21/2217/38)ってのは単純でもすげえ。目から鱗。この感じこそ、日本語を知っているからこそ出来る芸当だと思うね。英語には英語なりの良さやセンスがあるから、それを出来る限りくみ取り、可能ならば日本語で味のある表現で狙えるところを狙う。こんなことが毎度出来れば最高なことはないのに。
 やっぱり翻訳はおもしろいのですよ。面白くなくては翻訳ではないのです。


25th January, 2006 (WED.)

Magic: the Gathering -- Guildpact
 あらかじめ:反体制の旗印のような役割が最近の日記にあるコメントの目的ではありません。訳の洗練は勿論大事ですし、誤植などのヒューマンエラーも無くさなければならない、というそれ以上でも以下でもないわけです(引用者(http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tcg/1138079383/91)は好意的にコメントされているので、誤解は少なかろうと思うが、正直晒されるのは戦々恐々するし、それ以上にすずけんさんの記事(下記)と並列されたのは恥ずかしすぎる)。
 ──それにしても、スタッフを叩きたいといった好戦性が先走り、JFK氏の日記のコメントに突撃するという輩も見ましたが、今回ほど誤訳を叩く風潮が過激になったのは誤訳そのものにはないはずです。スポイラー問題、誤訳問題と双子の問題が鬱積して爆発する気持ちも分からないでもありません。しかし、ひとまず落ち着いてください、というか、正しくても言われぬままが良いこと、言ってはならぬこともあるはずです。
 まあ引退者∩ド素人の半ば与太話より、現場を知っているすずけんさん(http://members.jcom.home.ne.jp/0940540901/top.html)のおっしゃることが最も簡潔で冷静な外部意見としてまとまっていますのでそちらをご覧になるのが正解でしょう。

 (個別評つづき)"ledge"、ほんっとうに、難しいですね。確かに緑のカード、岩を渡る絵、尖塔ネズミ(spire rats)という表現からも岩礁という候補として削除可能でしょうが、だったら他に当てる語彙は何か? というのが問題ですね。側壁渡りといっても、梁渡りといってもどうも変だ。JFK氏の「岩棚」はなかなか良い、難のない当て方をしていると思います。しかし、訳が報われるのはせいぜいカード名として呼ばれる時のことであり、「このネーミングかっけえなあ」(例えば《Haunting Crossroads/逢魔が辻(MMQ)》とか)という評判が得られるのでせいぜい精一杯です。必要以上の意訳もいらないとする直訳志向も、また一理あると思います。
 狂喜(bloodthirst)はわからない。私には超訳に見えるが、コンセンサスはある程度は寛容に得られている(というか、相対的に見て叩く方じゃないと考えたかもわからんけど……)。
 翻訳の難しさというのはありますが、コンセンサスが得られるということは大事なことで、それから完全に逸れてしまうのは困ります。それだけのことです。事件性のあったセットであるGuildpactばかりが酷い言われようですが、他に私がどうしても一つだけ許せないカード名を挙げろと言われたら《Stag Beetle/雄鹿クワガタ(ONS)》ですかね。別に「クワガタムシ」(あんかばリスト傍訳には「雄クワガタ」とあり)でよいと思いますが、強そうなのに、とギャップか誤解を恐れたのか、「格好悪い」(Wikiの記述より)でしたっけ? そんな理由で嫌ったのかは私にも分かりません。鹿とクワガタとの関連性は最早潜在的なものです(角が牡鹿のものを連想させるため"stag"と名が付いたとのこと。部位としての角のことを"stag"と呼ぶともあるらしいので、直訳が完全に間違いではないことは附すべきところです)。それこそhybridみたいじゃねえか、とつっこんだ人も多々いて返した口実に見えたものでした(ということでうまく"hybrid"の話題におさまってループ、ウロボロスが頭を噛んで、お終いとしよう)。

 ところでオチ:《Grotesque Hybrid/怪奇な混種(TOR)》の方ばかり名前がでるので、元々俎上にいたカードの名前が《Shrieking Grotesque/金切り声の混種(GPT)》である、ということをお忘れになっていませんか? 俺は全く抜け落ちてました。ギルドがオルゾフであるということも。前者の方が一人歩きしているんだもの。《Teysa, Orzhov Scion/オルゾフの御曹司、テイサ(GPT)》の方が忘れ去られていることも備忘(本当の恐怖はこれだけ)。

Tetris: Terror-Instinct
 俺の本業はMagicではありません……無念です。
 Master(C): m4試験にPass。しかし、ちょっとShirase(C)を挟んでから、よーし休憩がてらにMaster再開しようと思ったら、今度は更にm6の試験が!! 連チャンでカンストなんて受かるわけねーよ!(appenda/060125.jpg) っと、なんか認定時の五角形がきれいですね。
 最近は400発狂と本当にご無沙汰している。これが無いとm8以上の暫定段位の障壁になってしまうのだが、なかなか狙って出来ないということ(300までに迂回をしないといけないことも度々、駄目だよなTAPでは解消したのに)が駄目だと思う。因みに、今日は613さん@ブログに全国区プレイヤーが入れ食い(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20060124/p1)(そして俺だけ当然のようにレベルが低すぎるので息をお引き取り下さい。有名人は違うね!)の1200台を間近で見られました。音楽聴いている暇無し! 地獄だぜーッ。あの積みと攻めでもm7にデグレードされることもあるとか、酷すぎる、酷すぎるねTiッッッ!!
 (外部)だめぽの人Shirase(W)6分切り(公約達成?)おめでとうございます。これは口で言うよりも遙かにすごい!

Materials
 ビオレUがない! 詰め替え用はダイコクドラッグで買わないと高すぎて始末に負えないので、必ず今日こそ朝起きて(少なくとも寝るの面倒くさがらず、4時に寝なければいいんじゃないか?)、予約した「えいご漬け」も一緒に購入! これで試験勉強にも時間が割けて一石二鳥だぜ!(さあ、最後はどれだけ実現されるでしょう?)

Fact Sheet
 「ザ・ワイド」でライブドアショックについて各国の反応はどうか? との煽りが出た。そして、中国が余りに普通な締め方で面白くなかったので、今お笑いブームが熱い韓国の反応を見ると──。まず、ニュースの主題として「一躍有名になったライブドアの堀江社長が商取引容疑で逮捕」云々といった、冒頭のフリを言うのは普通だ。しかし、証券取引所の特派員に回った時のコレだ:「堀江氏を総選挙で擁立した小泉総理は、彼が逮捕された事実を重く受け止め責任を取らなければならない
 やっぱり韓国はそれでこそ韓国。ここまであからさまだとテレビの前で笑い転げるしか方法はありませんでした。ガード不能技連発されたら勝てねえよな!


26th January, 2006 (THU.)

Magic: the Gathering
 翻訳は可能性の広がりを見る楽しさがあるからこそ、その自由度に比例した難しさを覚えるのだと思う。やっぱり、翻訳物として見るMagicも大好きなんだ、これは間違いない。久々にEmpireでは記事の交わし合いをしたけど、こういうことに心が躍る俺がいる。話し合いの内容は縦しんば言うだけ不毛に近く誤りが含まれていようとも、事件から反省と同時に出来る限りの建設性を導こうとする動機そのものは、純粋だし、少なくとも悪ではないと思う。というのも、ここまで多くのプレイヤーが訳などという風味づけ(プレイヤーには大概「風味」などに興味がない連中が少なからずいるという偏見は、正直に言うと俺にはあった)について真剣に考えた機会は、いままででも初めてだと思う。手法が弁護の余地無く悪かったが、啓蒙の試みとしては結果論ながら「成功」といえるか。
 翻訳スタッフには、本当に張り切って仕事をして欲しい。とことんポジティブな意味で。

Materials
 ビオレUの詰め替え、やっと買いました。ド忘れはほどほどにしたい。

Games -- Eigozuke
 「英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け」(任天堂/書籍等原案プラト)。翻訳の話を饒舌にしておいて、なぜお前がえいご漬け!、と思われる人もいるし、俺の周りでも「お前は英語学専修だろ」というつっこみもあったが、俺は聞き取りは大の苦手なのだ。意思の疎通に欠陥があるのではお話にならない。いくらTOEICの一発目のIPテストでやったリスニングでは345点だったといえ、全く話にならん点数だし、点数が信用に繋がることは断じてない。だから恥ずかしくもなく買った。
 だが、もっと酷いことに、修理に出したDSは3週間の時を経て今も猶帰ってこない。まさに、バッドエンド時のデイヴィッド・バートン状態である。さらに、DS Liteの公式ニュースリリース(http://www.nintendo.co.jp/n10/news/060126.html)まであったとしたら! ああ、馬鹿げている! 馬鹿も程々にしてくれ!!(でも、メテオスはノーマルの銀DSでガリガリやりまくってやる、あれじゃないと絶対ドカ置きは無理だしね)

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 ほんとうにどうしようもねえな。Shirase(C)-736が一発出た。700台は相当手強い速さを感じた。600台でなんとか生き延びていたのに……やっぱり、一時の失敗も許されないモードは厳しい。Deathもそれに近いが、かなりの壁の厚さだ。
 Masterもm9が見えたのに、900手前でm5死亡。これはとても悔しい。

Foods/Bad Company
 YukiA兄さんに、「佳い店認定試験」のお願いを。貴重な時間を割いて貰って有り難いばかりです(俺は人間を一刻も早く辞めたいので時間の概念は浪費に足ると思っています。ヒデェ)。
 イエス、いざGokochi! そして一昨日来た客ですから、当然顔は覚えられていたさ。

 一昨日の日記に書いた通り、グリーンサラダを頼んでみようか?と提案したのですよ。2人前以上におすすめということであったし。野菜分が欲しい私の意向に話はまとまり、めでたくして735円のサラダがお出ましですよ(appenda/060126.jpg)。

 ……やったああああああ!!

 簡単に言うと、(サイズ比較のタバコ箱からして)取り分けにはもってこいということですね。野菜の種類もそこそこ豊富、カレーのお供にはやっぱりサラダ!、を実感させてくれました。大盛りでチキンカレーも頂いたですが(実は辛口にしようと思ったものの私が紛らわしい注文の仕方をしたため普通のになったが、まあ結局、本当のカレーの味が分かるじゃないってことで)、元が旨いのは言うまでもなく、福神漬けとの相性の良さまで計り取られていたことを知りました(福神漬けは好きじゃないんだが、旨いカレー屋なら試す価値もあるという奴だな)。
 そして、「ナイチン(ゲール)」(ほっとするんですよ、これが)な奥さんの印象があった同店ですが、シェフの旦那さんも、今日のサラダの折半にも応じるそぶりを見せたりと、きさくでいい味を出していました(結局735円は割り切れないので、形の上では一方の支払いにして頂きました、本当にすいません)。ナイスシェフ!
 以上認定試験ですがあっさりパスです。グリーンサラダの時点で勝敗が決してさえいました。まだ2回しか来ていませんが、これは「佳い店だ!!」(二人、定型的に斉唱) これから足繁く食べさせていただきます!

 昨日見た道、har-kさんと遭遇(あれ、24時間以内ですよ?)。この調和は並でない人間でも驚きです。例の如く部活や音楽の内輪話を立ち聞きしたり、変なゲームで人を倒したり、やたら汗をかく運動を監視したりと壮絶な一日でした。おやつ時に1度目のミスドで黙々と勉強をしたからいいのですが(註:2度目が3人)、お二方にとってはまさに想定の範囲外だったことでしょう。本当に申し訳ありません、カタストロフでした。
 これで俺の睡眠が27時半か或いは28時にでもなろうが、相応の罰ということであろう。試験日に人間の時間で起きられなくなっても自業自得、自己責任である。二人にはありがとう。ということで俺は寝る。

Something Weird
 [内輪]これじゃまるで俺が書記官みてえな顛末じゃねえかウヘァ(笑いに噴き出した先から大量の煩悩)


27th January, 2006 (FRI.)

Tetris: Terror-Instinct
 Shirase(C)では1日(平均投入数は全部くるめて15回くらいかな?)に1回ぐらいはS7が出るくらいにまでなっている。さて、これからはどうしたらいいものだろうか。

Foods
 他の友人たちにも、(最新の佳い店認定を高印象でパスした)Gokochiを布教中です。tondeke先生は存在こそ知っていたそうですが、店前の看板の位置に籠絡されて見逃したということです。あまりに不憫なのでピラフを食いに行こうぜ、と無理矢理口約束に持ち込みました。流石にフォールは速いぜ。

Magic: the Gathering -- Guildpact
 明後日がプレリリース。さて、オルゾフに胸でも高鳴らせて実際には何故か《Niv-Mizzet, the Firemind/火想者ニヴ=ミゼット(GPT)》引いちゃったとか悲嘆するおもろいシールドがやりたいです、安西先生。


28th January, 2006 (SAT.)

Materials
 一本の昼下がりの電話から、衝撃が走った。
 「ヨドバシカメラです。お客様から預かっているゲーム機の修理が終わりました」と一本の留守録メモ。すぐさま店へリダイアルし、開口一番に「DSが修理から戻ってきたということでお電話を頂いたのですが、修理費はおいくらになるかを確認したいのですが」と問いかけたが、電話を替わったゲーム担当の店員から聞いたことには
 「修理費はかかっておりません。0円です。」
 「わかりました。それでは今から取りに伺いますので云々」
 「宜敷お願いします、失礼します云々」

 (通話を終えて)な、なんだってーーーー!? Ω ΩΩ

 いくら保証期間内ぎりぎりとはいえ。ともかく、ついに……3週間の時を越えて、あの男が帰ってきた!!(appenda/060128.jpg) 勿論、正体不明機(ヴェノム艦? というか俺だな)により大きな傷を受けたはずのタッチパネルも、ワープ機能時のシールドよろしく、無事蘇りました。
 デイヴィッド帰還せずなんてことにならなくて良かったです。これでやっと、やっと「えいご漬け」に「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 もっと脳を鍛えるDSトレーニング」(ここを略さないのは仕様だ)に加えて、「メテオス」まで出来るんですよ! これは人生の革命ですよ!? (同時に人生の引退でもあることに注意が必要だ)

Games -- More Brain Training/Eigozuke/Meteos
 つーことで日課ゲーからがしがしやったぜ!
 もっと脳:とりあえず初脳年齢。じゃんけんは間違えないようにと慎重にやったら32歳でした。やっべー、今回は難しすぎるぜ。名曲演奏がこれどこの音ゲーですかと思った。タッチペン操作が難しいので気をつけてください、としか言えない。

 えいご漬け:バシバシぶっ倒してやると思ったら、最後の7問目だったかで"The price includes tax."が出現。何遍やってもpriceの時点で聞き取れず、聴くボタン5回+残り15秒でクリアしたらランクが落ちた。まるでTiじゃねえかこれ。断言する、れっきとしたゲームですよ!! ということで、初回判定はC。非常に屈辱だ。しかし、書き英語でしか慣らしていないことを考えれば当然の結末といえよう。次はB取るのです。とりあえず、ウォーミングアップの問題とマラソン関係を全部潰して本日は終了。これは俺の火を付けてしまったようだな。あと、急いで書くと母音(半母音のyも)の認識が悪いな。特にiとo。なぜか。他に認識が悪くなるのはgとかmとか。どうしても急がば回れになってしまうな。だが、ちゃんとしっかり書けば認識される上、もっと教授の漢字認識力を見るとシャレになってないので、任天堂も相当苦心した跡が見られるのは確かです。

 そして復活のメテオス: 再開したら腕が鈍ってました。ジオライトが40万越えません。どうひいき目にみても見てもクソだー! 終わっとるー。勘を取り戻したところでアーニマで36万ぐらいで死亡。つーか、相変わらずタッチの誤作動が多すぎ、やっぱり太い奴は持ちがいいんだけど当てにならんかもしれん。824と825の狭間で再び行き来しそうな悪寒。しこしことプレイ時間はやっと410時間を突破。

Magic: the Gathering -- Guildpact
 明日の費用2,500円も地味に確保。これで明日は戦闘態勢だな。


29th January, 2006 (SUN.)

Magic: the Gathering -- Guildpact
 やっべ、プレリ寝過ごした。危うくデッキも構築できずに死に至るところだったよ。
 なぜ《Glare of Subdual/制圧の輝き(RAV)》引いたのに白抜いたのか分からん。というか、そもそもデジャ・ヴュ飽きた。Ravnicaなんて数パックしか向いたことがないのに、なんで見たことあるような面しかいないのか。そして追い討ちのネフィリム。結局デッキは「わがままを通した白以外の4色」になってしまう。ようは何でもやりたいんですよ。まあ、1-3で思いっきり記念大会でしたが非常に面白かった。
 打ち消しの味に目覚めた。昔は青が強すぎて猫も杓子も青を使っていたというような状況で俺も目の敵にしていたが、いざ数年ぶりに使ってみると、打ち消しの楽しいこと楽しいこと。リミテッドだからこそ打ち消しは楽しい。《Convolute/巻き込み(RAV)》《Induce Paranoia/妄想の誘導(RAV)》といった優良なカウンターを用意でき、ちゃんと引いてこれたのが大きい。主力は《Golgari Grave-Troll/ゴルガリの墓トロール(RAV)》と《Borborygmos/腹音鳴らし(GPT)》。思いっきり力任せです。そして、前者はかなり有用でしたが後者が役に立った機会など一度もありません。図体がでかいだけでかくて役に立ちませんね。青のインスタントが無茶苦茶面白くて使いやすいことが今回の収穫。《Telling Time/時間の把握(RAV)》はポスト《Brainstorm/渦まく知識(5/ICE/MMQ)》だけあって使いやすいし、プレビューカードの《Repeal/撤退(GPT)》は地味にやりおる。だから、後で《Ogre Savant/オーガの学者(GPT)》入れたら良かったのに、と相手の1人に言われたときは、「あちゃー」と思ったわけだ。自分の使い慣れない色を使ってみるのは面白いね。人をダークサイドに落とすことの意味がよくわかったよ。

Games -- More Brain Training/Eigozuke/Meteos
 脳:今日の試験は「符号変換」「最大数字」「記憶加算」。符号変換では「々」が「ゑ」に何十回と誤認したので苛々した。まあ、それでも後の立て直しのお陰でようやく26歳に回復。トレーニングの難易度も前回より高いので楽しめますなあ。
 えいご:今回は問題が3問しか出なかったが、なぜかBに昇格。あれ? これはやっぱりTGMシリーズですか? トレーニングの内容が一通りコンプリート出来れば、まあ楽々Sは出るようになるでしょう(入ってる問題のデータはたかが知れているだろうし)。マラソンは運ゲー。
 メテオス:フォルテ2分で772,310pts.。久方ぶりにいい記録が出た。それに比べてメックスは無理ですね、70次点火に乗る気がしません。

University -- To Do
 選抜試験が今週の水曜日からはじまるよ! ……

 もう、知ったことかという気分でしかない。


30th January, 2006 (MON.)

Tetris: Terror-Instinct
 1日おいただけでも久々のような感じさえしました。なんということでしょう。
 613ムビ:現実的な線ではないかと。今回のはちょっと慎重型というか悪く言えば遅いとかあるが、落ち着いていれば後半でもテトリスを自在に撃てるようなことは分かった。やはり1200台への勾配ですね、これが一番酷いと思われます。

Games -- More Brain Training/Eigozuke
 脳:現年齢まで回復。今日の内容は順に「後出勝負」「連続減算」「最大数字」の3つ。後出勝負は苦手です。Shirase-1300クラスの反射力があれば、45秒を切ることが出来るのでしょうか?? 60秒台に全く手が出ない。連続減算は104から9を引きまくる。これは俺の得意分野だ、とばかりに13秒で仕留める。伊達に小学校の頃からくだらない暗記をやり込んだ手筋は生きてないぜ!(かけ算の3.14の段とか、2の累乗とかそういうくだらないかつ中でもマイナーな部類をやり込んでいたよ。友達にまで暗記させていただーッ) 「最大数字」は前回と同じくらい。
 トレーニングの「聖徳太子」がかなり難しい。成績が良かったからと難しいモードを出されても困るのである。
 えいご: 認定試験レッツゴ! 調子が良くて7問あたりまで来た。最大で2回まで聴き直した問題があったが、割と馴染みのある言葉も出てきて、最後は"forgotten"に苦しみつつ踏破……
 え、Sキター!!(appenda/060130_1.jpg)
 くそう、ただの基礎ドリルのくせに、取った時には無茶苦茶嬉しいですよ。たしか"Make the hay while the sun shines."みたいなことを言われてこちらも上機嫌。それにしても、2回までの聴き直しがOKならだいぶ寛容な条件付けといえますね。まあ所詮は英語の中級程度のオーラル力を付けたいドリルと、人間を辞めた廃人しか最高ランクの取れないTiとは全く別物です、すみませんでした。しかし、次の認定試験はいきなり難しい問題が来るそうなので油断は禁物。Sを数日保つことが出来れば、もう問題はなく、後は偏りのある語彙力を正常な方向に修正すればいいだけのこと(聴いたことのない単語は実際に多いので、最後までしゃぶり尽くせばいい)。あと、やり込みようその一つ、クロスワードはただでさえ少ない楽しみのため1日1問ずつしか取ってません(じゃないとすぐに飲み干して終了)。
 さて、マラソンのコーナーですが、やはりタイムアタックのダシとして使われているようです。ハーフは26:32、フルマラソンはハーフは48:21というベストが出ています(雰囲気上は分・秒のつもりを、実際のタイムは秒・フレームに変換されていると思われます)。頑張らなきゃ。

Meteos
 どうせチャレンジの記録は諦めていますので、2分アタックを延々と……。
 ブビットがキター!!(891,990pts., appenda/060130_2.jpg) なんと、約15万点ものスコアアップですよ! やっぱりメックスに匹敵する伸びがありますね。動きさえ緩慢でなければウドーもこれぐらいいきそうですが、この記録も50回程度は最低でもリトライしているので相当時間をかけてやらないと厳しいですね。これで2分のトータルが9,260,360pts.と、全く音沙汰のない3位を100万以上突き放す。やっぱりこのモードに限ってはガチっぽい。ラルさん以外にチャレンジャーがいないのが泣ける。さて、メガドームとヒートヘッズを訓練しないと平均30万(960万)は難しいよなあ。それから万が一の話、フォルテもメガドーム戦法が使えるのではないかと画策しているが、そこいらはまだ不明の段階(35次あたりの切り離しで、「浮上生き残り」になることがある)。もしこれが功を奏すると90万点も視野にはいることになるが、あくまでも皮算用の範囲なので……。

Bad Company
 ハイセンスリコンストラクション中(http://zum.mond.jp/)。応援しております。デザインの方向性が洒落になんねえ。いい仕事してますねえ。恥ずかしいので現場でのコメントはまだ控えておきます。

Something Weird,... or What?
 hamekoさんにて、話題沸々らしいが全く興味のない「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」(バンプレスト/ガスト)の問題の場面(cf. http://news4vip.livedoor.biz/archives/50457204.html)とやらが動画で上げられてしまっていたので、結局怖い物見たさで観てしまった。いやあ、口からイオンリングの代わりにUP LASER吐くぐらいヤバいな、終わっとる! これじゃあ巷で言われているとおりリアルコンテクストで「これ何てエロゲ?」が使えるわけだね(しかし12指定)。よく見ると読めない(日本語の表記をなんとかしてください)「ピンクスゥイーツ 〜鋳薔薇それから〜」(CAVE, ロケテ情報http://www.cave.co.jp/gameonline/pinksweets/locatest/)(そしてやはり興味の欠片もない)といい、最近はこういうのが幅を利かせる機会が増えたのですかね、機会均等法ですか? 真の平等を目指すなら構いませんが。
 まあ、俺はさっさと黙認(というより見て見ぬふり)してメテオスやっとるわ。明後日は試験だし、邪念はいろいろと良くない。今日見たことは全て忘れて、MSX「魔城伝説」(コナミ)でも見て気分をリフレッシュするわ。


31st January, 2006 (TUE.)

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 TAPでMaster-4'37", Death-2'58"で抜け。抜けただけ。もう数秒欲しいところだ。Tiは足らぬ。まだ人間の血が邪魔をする。

Games -- More Brain Training/Eigozuke
 教授:出た「最近撲滅」。年齢の推移は一緒。算術記号は難しいがえぐすぎるのでスタート乱打ですよ畜生。
 えいご:最後の問題に躓きAAA転落。トレーニングは地道に最初からやって1-2までを終了させた。どうやらそっちの方が遙かにイベント上重要なので、クロスワードはさっさとぶっ潰そうかな、片手間で。面倒臭いしね。

Bad Company
 ここであったがゆきの人。結局夜はGokochi。相変わらず佳い店に力を全て捧げることは立派な決断であります。もうちょっと立ち話もしておきたかったが、次の(元祖)佳い店でということでひとまず。御計らいありがとうございます。国語学と英語学の話題の相互交換でも役に立ったので面白かったです。

University -- To Do
 ああ、起きられるか心配なので親にモーニングコールを依頼した。俺って割と図太いんでね。
 寝る前の1.5時間ぐらいで鬼のように3年分の過去問を総復習する。だから言ったろ、俺は追いつめられて牙も爪も抜き取られない限り真の力は出さないのだと。……すいません、本当にすいません。求むるは和文英訳が簡単であればということだけか。

Something Weird
 「アルトネリコ」の話題が各所に上がっているのはどこの差し金か。俺の場合の情報源は(グラV関連の巡回で)アゴトランク(http://saart.sakura.ne.jp/)ということになるのだろうが、今回まさか動画がUPされる事態にならんかったら一生取り上げなかったわけだしなー…………ほんとどこなんでしょう、差し金とはげに恐ろしや。