1st May, 2006 (MON.)

Home Key
 約1ヶ月ぶりに家へ戻ってきた。やっぱり自分の部屋があるとは素晴らしい。しかも、絨毯や机も新調されていた。ありがとう、ほんとに
 しかし、昨日一睡もしていないので今日の楽しみは殆どありません。残念でした。

Games
 ということでダウンロードサービスの「くるけし!」です。所謂陣取り型のHexicみたいなもんだと思われますが、この手のパズルは得意ではありません。じっくり考えるのが先なのに時間制限に迫られて熱い、という感じです。12星座がモチーフになっていて自キャラは誕生日に依存、そして順々に対戦相手が変わるので、自分の1個手前の星座がラスボスになるようです(俺の場合は獅子。シャカとアイオリアの対決はいかがなものかと)。
 その次に、ノーミスクリアを目指してみたわけですが、更に一言「むずかしいモードが選べるよ」
 俺を殺す気かあああああ(可及的速やかに電プチ)

Tetris DS
 鬼のような伝播率を誇っている件について。全くテトリスの関係がない巡回先にも流布していたのは恐ろしい。
 俺以上のやり込み(http://www8.atwiki.jp/konsent/pages/264.html)。そりゃあ体も変調を来すというものです。俺が最高でやり込んでも4月16日の263試合ですから。
 なかなか時間が取れずすいません(http://marie.saiin.net/~scudelia/diary/archives/2006/04/20060430_2350.html)。こんな私でもご入り用ならば一応問い合わせてみてくださると助かります。それにしても、俺は力で押すタイプなので戦略もへったくれも無いから対クッパで4割の勝率なんてあげられません。このかた20年は1人用プレイヤーでしたから

 今日の仕合はそこそこ。途中、「はんにんはヤス」とかいう7,200台の人が現れて吹いた。ちょっと苦戦しました。
 まあ、いろいろな試合を行いまして、今日は控えめに。
 結果……2人戦:[85]73-12/[2,512]2,073-439(82.52%)、プッシュ:4勝/100勝、レート:7,664
 私がなんとか土俵を取り戻したところで、ランキングのトップが1ヶ月ぶりに更新され、結果きっかりカンストを達成したjin8氏が帝王です(さあ、三原の人をボッコにしてレートを9,000台に押し上げるんだ)。
 

Onto the Line/Something Weird
 ま、テトリスDSスレで被害にあったりしているからなのでしょうが、それにしてもこれはねーだろw(appenda/060501.jpg)
 300アクセスとは私も聞かされていません。ほんとに。


2nd May, 2006 (TUE.)

Tetris DS
 ちょっとばっかり。勝率は9割に乗ることが多くなったので、通算85%を目指すことにしよう。しかし、連勝だけで勝率85%を目指すには、約350連勝しなければいけないのでその領域は某J氏にも越えられません。無理です。じわじわと勝率を上げてくれる!!
 2人戦:[84]76-8/[2,596]2,149-447(82.781%)、レート:7,756。ついにElite Lv. 4まで昇格したが、恐らく1日で陥落する見込み。連勝は皆さんが想像する以上に、非常に難しいのです。
 ところで、私がお気に入りのモードは意外にもキャッチとミッションなのですが、キャッチは20Lv.から始めるとどう考えても無理な量のピースが落ちてくるので絶対やりません。500万点いけるかもしれませんが、たぶんメテオスの時のように数千回のリセットを重ねないと無理です。
 それから地味にミッションのマラソンで20Lv.ノーミスクリアを目指していたのですが、なかなか難しい課題(特にS字縛りの5ライン)や青3列と橙3列などといった切り返しが効かず、やきもきしていました。でも、今日はやっとこさクリアできました。更に、タイムアタックもやってしまおうと言うところでやってみた。そしたら(appenda/060502.jpg)。

 どう考えてもラッキーパンチだろ一番上

 問い合わせは厳禁です。


3rd May, 2006 (WED.)

Accidents
 昨日の昼2時頃からWi-Fiに接続が出来なくなった。兄に頼み込んで接続の一式を改めて確認して貰ったら、1日ぶりに復旧。  そのゴタゴタのせいで、フレンドコードが変わってしまいましたので再告知です。
 SQR@Tohoku: 751937-361671 (名義もスコープを広く取りました)

Tetris DS
 TODAY'S BGM: ♪SERIOUS! SERIOUS! SERIOUS!(沙羅曼蛇2/1996)
 連休中は偏に寝ても覚めてもこればかりである。怠惰なこって……。
 昼の部:ついに、越えてはならない一線を越える(appenda/060503_1.jpg)。7,500台のプレイヤーであるK*氏と遭遇。一度腕を見てみたいと思っていたが、そこそこ出来る相手だ。しかし、こちらも負けられないので9-1で撃墜。危ない橋を渡りつつ終了。
 夜の部:俺には、一つの問題──「節制(テンパランス)の問い」が用意されている。三択で答えをいずれか一つだけ選ぶというあれだ。

 Q. レート7,800に突入した! 維持できる確率は……?

  1. ハンサムな俺様はMaster(R=8,000超)に昇格する方法を思いつく
  2. 相手がなあなあで済ませてくれ、現状維持する
  3. 即7,500台陥落。現実は非情である

 このままじゃあどう考えても原作通り「答え − 3.」(3回繰り返し)になってしまうという不安もあったので、2,200勝まで何とか無傷で乗っけようと思いました。マッチングの相手は7,250台の強敵。正直自分の身を呪いました。ポイント上は格上ではないながらも、このランク相手に取りこぼし無く連勝することは、今までの私には不可能と考えられていました。
 戦いが始まり、私の体調は、どんどん臨死状態に向かっていきます……一戦するごとに感じる胃の中の悪寒、舌に溜まる舌苔の不快感、そして緊張で支えられた眼精。五感のいずれかが一瞬でも途切れることあらば、それは死。それでも、絶対にやらせはしないと己を強く律した結果、何とか土を付けずに立ち合いをこなしました。待っていたのは自己ベと2,200勝(appenda/060503_2.jpg)。

 ……不思議なことなのですが、こんな気持ちでテトリスをプレイしたのは初めてです。"serious"じゃなかったんです。"grave"でした。T. A. Deathを制圧した時の重圧など比にもなりません──いや、TGM系では絶対に味わうことの出来ない、対戦だからこそ起こる恐怖感だけがそこにはありました。4月から嬉々として海外版を手にし、感情の赴くまま猿のように2,000戦以上をこなし、今や「老害」にもなりつつあるこの私が、「もうWi-Fiはやりたくねえ」という気持ちにまで追い詰められました
 ──この試合で得たのは、試合運びの抜本的な改善でした。私は力技に頼るタイプのプレイヤーであることをお話ししたかもしれませんが、それでありながら所謂基本的な攻撃形態である「8段待ち+水色ホールド」に最速でも10秒程度、通常時には13秒前後の時間が必要です(高い相手とマッチングすると、その緊張から更に時間がかかるか精度が大幅に下がります)。大概この「8段」を2度組むことによって瞬殺を計り、うまくいかなくとも、9段の送り込みにトリプル以上を定期的に加え、総合的には12段以上を乗せて相手を破壊するのが攻撃的TGM系の戦術になると思われます(より込み入った考察をお持ちの方は、奮ってご意見下さい)。
 しかし、これでははっきり言って世界ランカーには太刀打ち(勝率3割に乗せるだけの力がつくぐらいが基準)することはまず不可能です。所詮私の腕では、30戦に1勝をもぎ取るのも奇蹟と言ったところでしょう。それに、ハードドロップの暴発いかんによっては勝率に影響が出て、結果取り返しのつかない死になることは想像に難くありません。そこで、今回の戦いでは、攻撃を止めて防戦に出ました。とりあえず8段を組んだ後は、定期的に複数列の除去に勤しむものの、決して死なないプレイ(灰色を止めるプレイ、RE金が点くようなプレイ)を最重要視しました。自分の積みを遅くすることは、このレベルのプレイヤーにとって恐怖を感じると思います。実際、手が遅れていると「自分は死ぬのではないか」という切迫感に包まれることは、数知れずありました。しかし、置きミスの方が遙かに致命的なのです。如何にリカバリーの寵児といえども、それを修復するロスは計り知れません。相手のラインを待つ。それを利用してトリプル以上の積みに派生させる(橙や青を利用でき、さらに3列消しからテトリスを撃てる環境を作れれば猶良い)。相手のライン修復に合わせて場合によっては相殺を行い防御的に場を牽制する、etc., etc....
 こうして2人戦での戦い方が、何となく見えてきました。改めて8,000台のお二人は、今まで戦ってきた経験上、攻撃のペースを乱すことなく相手のラインを作ることが出来る天才的素質を持っているのだと思いました。あれこそ戦場の最前線に立ち続けた者だから為せる業で、対戦に特化した経験など丸でない徴集兵の私にはまだ尚早です。マシーンとしての性能を体得するために、多方面での努力が肝要です。そもそもどのような時どのようなタスクにおいても、自分の退路に崖を構えることで得た物は、ほぼ間違いなく真実であるのです。
 7,900台は夢のまた夢。でも、そこまで立てると喜びはまた違ってくるはず。栄光は決して遠くで眺めているものではないのです。

 今日の結果、2人戦:[54]51-3/[2,650]2,200-450(83.02%)、レート:7,837
 もうこうなったら、同じ7,800台の人にボコられた方が気が楽ですね。


4th May, 2006 (THU.)

University -- To Do
 連休中の休みを返さなくちゃと奔走中。

Home Key/Foods
 初めて知ったことがある。どうやら、俺が家に帰ってくると特別な期日として「肉の日」と「寿司の日」が追加されるらしく、そういうメニューがたらふく食べられる日になるらしい。たまにしか帰ることが出来ないため、俺が来ると大盤振る舞いをしてしまうというまあ親馬鹿からきているものだが、こういう光景を見るたび、兄弟一同で「この家は金がないのではなかったか」と復唱する日々である。
 我が家はごく小さい集合ながら、その限りにおいては戦争やごたごたと無縁な平和な世界である。

Magic: the Gathering -- A. E.
 1ヶ月ぶりにCotDの更新とか、後ろから刺されるんじゃないかと思う。《Transguild Courier/ギルド渡りの急使(DIS)》のコメントとか、本当に腹立ってきた。んな内輪話を晦渋な書き方して公の記事に持ってくるなと。俺が訳せないだけだよちくしょう!

Tetris DS
 キャッチの890万弱(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20060504/p3)とか本当に人間じゃねえ。MasterVもガンガン取りまくってるし。
 んで、俺の方は俺の方でしこしこレートを上げる作業ですよ。1回負けたのが功を奏して、1回しか負けなければ、連勝でこんなにレートを上げるのが楽なんだということが分かり、結局最初は51-1とかいう人外の成績で通りました。強い人に当たらなかったというのがあるし。んで、とりあえず自己満足の領域に突入したわけですよ。
 ──ハンサムな俺様路線まっしぐらか、というわけでは全くありません。よく考えれば、雑魚敵でレートを稼ぐというのは、実質喩えて言うと「片手で数える程度しか車を運転していないのに優良免許を取ってしまうペーパードライバー」の様な心境なのです。その証拠に、その後の深夜の試合で勝率がガクッと落ちました。あの後55敗も喫するとか、頭(あと親指)が悪すぎます。死んだ方がいいと思いました。本当にじり貧になったんです。色々対戦してて思ったこと(一人の相手と戦う中にも相性の変化があるとか、一体どうやって8段積みを最低でも平均15秒で組めるスタミナを維持するのか)はあったんですが、それ以上にレートが減って中々増えなくて腹が立つってことばっかりなので……
 2人戦:[229]173-56/[2,879]2,373-506(82.424%)、4人戦:3-0-0-0/[59]42-12-2-3、レート:7,750(瞬間最大風速7,902)
 悔しいです。でも、7,900も達成できたのですから、8,000へどうやって安定させるかが鍵です。とりあえず、Elite Lv. 4は「鉄板」みたいな状態なので、次の目標が7.8維持、次が7.9……とか上手いことやっていけるといいなと思います(この前までは7.7なんか絶対に維持できないと思っていたことを考えれば、素晴らしい進歩です)。でも、勿論うまい人とは戦いたい。俺をぎゃふんと負かすぐらいの人が、今までで5〜6人は見つけたけど、全世界にいくら少なく見ても15人はいると思うのです。いくら1人用で鍛えているからと言っても、対戦自体はこれが初めてという俺が世界ランクで甘く判定が出ているのがおかしいわけでありまして。


5th May, 2006 (FRI.)

Home Key
 父の仕事の同伴。ちゅうか、同伴だけですから。防犯協会の方で地元のビラ配りと巡回をするだけですが、隊服の帽子がバランス悪すぎ。

University -- To Do
 On the Double Object Construction終了。次はAoun & Li(1989)ですお楽しみに。

Foods
 寿司の日終了、この家の割りにはよく頑張った。寿司って見かけ以上に量が多いんですよね、そのせいで余計なおかずを作りすぎて残存というケースは数知れず。お吸い物が旨すぎるせいだ。

Tetris DS
 昨日のショックを引きずっていたというのもありましたが、まあ、考えてみればレートが下がるのは当然だったと思います。寧ろ、7,750を安定して維持できるようになったらすごいことじゃないかと自分に言い聞かせて張り切っています。問題はTGM教徒が上位陣が大船集会でどういう話をするかですが、私にはそんな旅費を稼ぐことが出来ませんので、動向を見ておくだけにします。
 Tiとバイトヘルの経験を生かし、目下TDSでも急先鋒のjin8氏ですが、とうとう全プレイヤーが注目する中statistic sheetが公開されました(http://tetris-holic.at.webry.info/200605/article_4.html)。

 なるほど、99.6%ですか。 それとも何か、言い方を変えれば負け率0.5%未満ですか。
 そんな人間を止めた吸血鬼にとっても、Legendary Creatureへの道はまだまだ遠いようです。彼が負けることはないと思いますが、あと200も稼げる対象がいるのかどうかが心配です。三原の人が一矢報いようと思えど本懐が遂げられぬのも、道理のような気がします。

 一方の私は心の傷が癒えぬうちにキャッチしてます。613さんが「19から始めた方が楽よ」というアドバイスを呉れたので、10回ぐらいリセットを繰り返しました。20レベルでやるよりも遙かに生き延びやすかったです。とりあえずメールでスコア報告をしておきましたのでどうぞ(7,628,440pts., MDSA=53, appenda/060505.jpg)。最大爆破面積も更新です。どっかのアメリカのランキングでは64という記録がありましたが、613さんにはそっちのベストも後で教えてくださいますと有り難いです。もしかして70越えてるかもしれん。
 500万は人間としては及第点でしょうが、少なくとも800万点を取らないと人間の領域から外に出られないと思うんで頑張ります。このゲーム、ちまちまとブロックを作って生きた方が速いですね。10秒の間にどれだけ組み込みを使えるかが鍵です。待ちは広く、って言ってもあのゲームの待ちようはないですから迷惑な穴を作らないことが鍵になりそうです。さて問題は、20レベルイニシャルの方が基本点が高いものの、そうすると生存率に影響が大きく出るという点です。とりあえず、私もちょこちょこ攻略の糸口を探りつつ、共に1000万点の道を模索したいと思います。
 一人用はキャッチ最高ですよ。このおもしろさが分からないなんてどうにかしている。サムスのお陰でテトリスポイントも25,000台オーバーしたし。

Sports -- Yakult Squatters
 7回の館山にひやひやさせられた。本当に終盤のいいところで失点が多い。結局ワンサイドゲームをただのダブルスコアまで引き下げられてしまったのは痛い。ただ、木田という制圧力の高い投手が中継ぎにいるのは大助かりです。打撃陣も今日のように好調で、9回のような戦略的な加点が出来ればAクラスと遜色のない勝負が出来ると思います。とりあえず勝って良かった……

Casual Glance
 PRIDE無差別級の1日目。藤田に戦いた、ただそれだけです。こんなに打撃のKOがシーン・メイキングだとは思わなかった。コーナー近くで膝蹴りを受けていた時は危ないと思わせただけに。


6th May, 2006 (SAT.)

Tetris DS
 SQR@Tohokuのレートが最高値のまま変動してねえな、と思っている諸侯、旅に出ていると思いねぇ(今日の日記は三原先生のエキスが憑依していますが、気にしないように。あの顔文字は偽登録商標なのでTi-Master以上のプレイヤーしか使えないようです)。
 まあ、実際俺は目に見えるだけでも最低3人の阿修羅に追われているわけで、当初、対戦回数で俺を抜く気満々だった人(http://www8.atwiki.jp/konsent/pages/270.html)やら、キャッチで930万は出るみたいよという人(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20060505/p2)やら、星の比7:1だ、負ける気がしねえ、もっと強い奴に逢わせろ!、と余裕の人やら(http://noriten.fc2web.com/)。
 ただでさえ8,000台の威光を間近で見てひれ伏したい気持ちなのに、後ろからこの大攻勢、逃げたいです(笑)。

 ということで今日も現実逃避してしこしことテトリスポイント増幅に一直線です。
 で、最近熱が蘇ってきたキャッチですが、613さんの1爆破足りないのに910万点とかいうとんでもない記録を見せられたので、俺もちょっと頑張らなきゃ水をあけられっぱなしと思いこんだわけよ。そしたら、上手いところ避けとキャッチが決まって、あれよあれよと言うままにこれまでの最大チャージ点数が飛んできました。なんと、60万点台後半ですよ……? 信じられません。後で結果を見たらMDSAが60とかいうとんでもない値を叩き出していたようで。そのうちにこれは記録に期待がかかっているわけですから、900万あたりで確信しました。しかし、いつレベル20へ移行する(これが、あと2回のサイン。レベル19から始めるとこのような恩恵がある)のか冷や冷やしていたのですが、あっさりと1000万の大台を突破。しかも、カウンターは未だ回り続けているようで、やっぱり8桁あって良かったと思います。メテオスの桜井の時のようなへまを任天堂本社はやらなかったようで安心でした(しかしカンストが残らない糞仕様は糾弾しなければいけません。外人がいつNintendo sucks!と怒鳴り立ててくれるか心配で仕方ないです) さあ、ゴールが見えてきた、エネルギーは十分、いざ、最後の爆破に向かってがっつけー!!

 おいでなすったぜ10,928,970pts.(appenda/060506_1.jpg)

 正直、快哉を挙げるかと思いました。このプレイも決して全てがうまくいっているわけではないので、1100万点は当然視野に入ってくると思います。かの人がどのような華やかなる返礼をしてくれるかに一存するのですが、1200万点までは何とかしてくれるのではないでしょうか。ただ、1爆破平均30万点を取るというのは至難の業です。例えば20万点で止まってしまったりすると、その分40万点以上で返しを決めないといけないので、どのように仕込みをしていくかが実に重要になってきます。攻略についてはこの辺(http://game10.2ch.net/test/read.cgi/handygame/1146810506/630)が明るいです>えす氏
 ついでにMDSAの証拠(appenda/060506_2.jpg)。しかし、テトリスポイントは他の要素でも上がっています。結構やり込んでしまっていますので。つーことで今日のタスク列挙:
 Mission: Marathonで1,176,131pts.とか、トータル5分切りを達成(Lv. 3までは1分切れるね)/Touch: Lv. 1で21,400pts.。世界には3万点台を出している人もいるようだ。
 なお、これまでの成果として得点の附表をDS Wikiに寄稿しておきました(http://tetrisds.moero.info/index.php?%C6%C0%C5%C0%CB%A1%C2%A7)。いや、キャッチの点数を調べていたが、出来た4×4の個数を見当するもんだと思っていたらただの2乗だったことに気づいて爆死。

Home Key
 所謂最後の晩餐。明日は仙台だ。


7th May, 2006 (SUN.)

Home Key
 本当の五月病に襲われそうになりながら仙台に。まあ、16時まではアパートの掃除で目が回ってしょうがなかった。
 結局要らんと言ったはずのおかずをたんまりと買いそろえてくれたりと、両親に頭を下げて終了。もうちょっと頑張ってきます。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 久々にやると駄目だなあ。上位陣の壁を未だに感じる。うん、やっぱりキャッチモードのやり過ぎだろうか。

Tetris DS
 とりあえず1000万点への道に名乗りを上げる人が3人くらいいたので、俺としては驚きを持っています。で、俺はと言うとMDSAの新記録を出したのみ。信じられないことに65とかいう値が出ました。しかし、NOAのTetris DS forumにあるハイスコアスレッドの最高MDSAが66なんで、もうちょっと頑張りたい。しかし、この領域に来ると、とうとうチャージスコアが80万点を越えてくるため、アドレナリンが過剰に分泌される余り、変な凡ミスをやらかして死ぬわけです。その理由は欲に目が眩むからであって、なるほどそれではスコアも伸びないうちにこうなるわけだ。
 ほんと、キャッチの人気が全然ねえ。極めれば面白いゲームなのに、何故分かって貰えないのだろうか。

University -- To Do
 いわゆる「予習」って水曜以外にやること無いよな。


8th May, 2006 (MON.)

Accidents
 そういや、昨日修理のためExpert Mouse 5とZen Touchを持って行ったのだっけ。EM5は水平方向の効きが悪くなり、ベアリングを読み取る部分が悪くなったのだろうと考えられる。また、Zenの方に至っては、ホールドのつまみが外れてしまい、ホールド状態のまま動かせなくなるという前代未聞のクソっぷりを発揮なさった。こればっかりは死んだ方がいい

University -- Incidents
 読書会でえらく絞られた。横着しないで「チョムスキー理論辞典」(研究社)買ってきやがれヴォケという主旨でした。すみません。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 酷い話もあったもので、大船の結末については随所にまとめられています。やっぱり驚いたのは現地でHanabi1,400台を持って行ったMOMさんや、Shirase-500通過が1'47"というAYAさんのことでしょうか。彼らが今間近で見たいテトリストの2人であるわけですが、実際にお目にかかったら失禁しないか心配です。613先生が最近MVを出すようになったのも、ああいう人達を普段から目にしているためと思われます。ああ怖い怖い。
 俺の方も一念発起して頑張ったら、Death-300の通過が1'50"までなりました。今までは51ぐらいで回っていたので、結構進歩したもんだと思った。mは取れないがね

Tetris DS
 本当にWi-Fiのやる気が起きなかった時期があり、4日ぶりに復活したら、驚きの下手さになっていた。もう、自殺も考えたくなるね。コメント不能。
 結果──2人戦:[205]167-38/[3,084]2,540-544(82.361%)(appenda/060508.jpg)、プッシュ:2勝/102勝、レート:7,634(-116)。ついに3,000試合と2,500勝を達成したというのに、全くおめでたくないこと。やる気無くす

 あと、こっち死ぬほど凄いよ、というか発狂した。(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20060509/p1)
 なんだ1400万点って。馬鹿みてえじゃねえか、俺。


9th May, 2006 (TUE.)

Negligence
 DSでの大敗で不貞寝していた。いや、あれは腹が立つのを通り越してるなもう。

University -- Incidents
 4限の授業が楽でよかった。おかげで寝坊しても余裕で予習が出来る。まあ、宿題をやったのが夜中のことだったが。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 今日の俺は、やたらと調子がいい。まあ、肝心なところはいつもだめなんだがな。979Lv.死亡でm7とかいうプレイがあったなあ。惜しかった。
 今日の俺の速さは我ながら神懸かっていたような気がする。例えば、Death-300の通過で自己ベの1'45"が出たり、更に別の回では39-36(1'15")-34(1'49")-30(2'21")-35(2'56")とかいう鬼回りがあったけど、結局490死亡というケースがあった。この記録から、今の俺の前半タイムは、全国順位でも高い方に位置付くことが出来る可能性を示唆していると言えるが。また、別の証拠として、Shirase(W)の500通過タイムが目算2'30"台とか。持ちタイムを何秒更新したことだろう。とにかく、これで真の足切りタイムまであと2秒。まあ、運がよければ2'20"まで視野に入れるつもりだけど、後半が遅いからなんともならんな……
 とりあえず、Deathで309氏を目指す。それぐらい高い目標があれば、この先負けやしないだろう。

Yakult Squatters
 乱打戦を制してパリーグの首位西武に打ち勝ったヤクルト。予想は出来ていたが薄氷の勝利だった。いつもと違ったホームラン攻勢になどならなければ、負けていたろうに。
 ま、今年も中日が星を取れてないのが気にかかるわけだが。ヤクルトの動向がセリーグの順位表に影響するとは考えにくいし。

Tetris DS
 レートがあがらんのでふくれっ面。
 2人戦:[67]57-10/[3,151]2,597-554(82.418%)、4人戦:1位1回/[60]43-12-2-3、プッシュ:17勝/119勝、レート:7,675


10th May, 2006 (WED.)

University -- Incidents
 まあ、一般人にはDeathのムービーを見せても分からない(興味を持って貰っても困る)。私は常に孤独でありたいと思った。
 D3の先輩が、htmlの編集とアップデートができんと嘆いていたので手伝い。結局FTPのパスワードがわからないので頓挫してしまったが、D1の人がてこ入れをしたのでなんとか事無きを得たらしい。よかったよかった。しかし、そのD3の先輩、妙に過剰な感謝をするもので、俺としては大したことをしなかったつもりでいたのに800円分の菓子類をプレゼントされる事態が発生する。しかも俺はこんなに貰って申し訳が立たぬと言うのに
ああ、金曜は飯おごるからね、よろしく
 立ててはいけないフラグを立ててしまったらしいぜ! ビバ研究室!

Tetris: the Absolute Plus
 昨日の話は邯鄲の夢だったとさ。どうやったら1'50"切りとか出たんだ、昨日は。ほんとうにわけがわからん。

Negligence
 それにしても、今日はもう駄目だ(21:30-26:30までシャットダウン)。

Sports -- Yakult Squatters
 ラロッカの暴れっぷりにワクテカ。最初速報で1-0だったんで、これはちょっとまずいと思っていたのだがね、これはまずいよな。1イニングで2桁とかなかなかお目にかからない。