11th May, 2006 (THU.)

Trifles
 休日を活かしてやったことは高々二三と言うもの。掃除に洗濯(クリーニング含む)、あとは郵便局の残金の確認とか。今日はとことん羽を伸ばさせて貰おう。

Tetris: Terror-Instinct
 TiのClassicに限り、Masterをやることにしている(あとは専らShiraseと、T. A. Deathしかやっていない)。
 で、Masterのプレイングレベルが少しながら上がってきていることにも個人的に注目。400発狂がザラになってきた。今日は1回はクリアできそうということでしてみた。ロールが珍しく見えていたが、余りに散々な出来で結局生還したのにm8橙(appenda/060511.jpg)。よさそうなチャートなのになめとんのかと。5'58"88, 189,227pts., ST銀SK銀。
 今まで苦戦していた600〜700台が結構楽になってきたような気がする。Deathの異常なトレーニングのお陰で、随分楽な印象を受けるものである。Shiraseはもっと異常なのだからやってられない。
 その前に、Death-mでもいいから取ろうよ、と自分に言い聞かせる俺。

Tetris DS
 なんか、スランプだ。自分でも勝てる気がしねえ。3,000戦をやり込んだ男の姿は、今や面影もない。いくら自分より圧倒的に強い相手が20人前後しかいないからと言っても、明らかな格下相手に、確実に星を落とすようになってしまった。勝率が82%台で成長抑制されている状態で、なんとか微増を保っているのは数値のマジックである。酷いのはレートの下がり具合で、数日ぶりに7,200台を下回った。もう、Elite Lv. 3から陥落しているようじゃ続ける気も起きない。稼ぎやすい相手ばかりならいいんだけどもな。
 都合よくDSもLRボタンに明確なガタが来たし、見切りを付けるか。いずれテトリスどころじゃないし、きりがいいってもんだ。
 本日──2人戦:[145]124-21/[3,296]2,721-575、4人戦:[5]3-1-1-1/[65]46-12-3-4、レート:7,437(-238)

University -- To Do
 夜飯は空けておくこと(昨日のVIP待遇が累積している恐怖)


12th May, 2006 (FRI.)

University -- Incidents
 東北大学英語学研究室のページを更新した。俺好みにテンプレを確立したいと思っていたのだが、「他の人でもホームページ・ビルダーを使って更新できるようにしないといけない」とD1の先輩(旧〜現HP担当)が言っていたので、スタイルシートなどの書式は使えないようだ。一般に知れ渡っている簡単な書式によってページを形成しなければお話にならないと言うことである。まあ、レイアウトを一度練って書き直してみて、容量削減にも貢献しておこうと思った。暇があれば。
 D3の人からおごって貰った飯は旨かった。その際、4限で助手と教授が論争していたことも話題になったが、やっぱり教授の方が正論を唱えているのではないかということに収まった。

Tetris DS
 仙台近辺にちょっとしたサプライズというか、なんか座頭市がプレイしているという噂を(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20060513/p2)。上画面が壊れた状態で戦うプレイヤーってどんな奴なんですかねえ。
 今回は、有名プレイヤーとマッチングする機会が得られた。
 NOAHだけはガチ氏、めそ氏は本当に強い。三原氏にも引けを取らぬのではないか。ただし、彼らのような腕をもってしても、8000台を維持するのは難しいようである。まあ、俺に負ければ一気にレートを吸われるからな。とりあえずフルスロットルで、序盤12秒で8列を作る基本戦法に忠実に従ってからは、運とフォローの速度で勝てない限り無理。まして8列を失敗させれば論外。NOAH氏は3-18、めそ氏は2-9。はっきり言って勝てたものではない。勝たせて貰ったに過ぎぬ。
 プッシュで初の敗北を喫する。初めて土を付けられたMillartime氏は2人戦で大体勝率7.5〜8割取れる程度の相手だが、俺以上にプッシュをやり込んでいたらしい。1,300勝オーバーってどんな神経してやがる。底を埋める戦法でしか勝てないので、溝を作られると非常に苦心します。プッシュに関しては互角か、その辺まで勝率が落ちます。jin8氏はプッシュとは両立が難しいと言っていたのですが、その言わんとするところも分からなくはない気がしました。
 結果──2人戦:[147]98-49/[3,465]2,839-626、4人戦:3-0-0-0/[68]49-12-3-4、プッシュ:[11]8-3/[130]127-3、レート:7,445(+8)


13th May, 2006 (SAT.)

Tetris DS
 さらば。修理に出す前に7400台はやっとられんと気張る。22戦で20-2(通算:[3,465]2,839-626(81.934%))。まあ、レートの回復量は107で、結果7,552。
 それではテトリストの皆さん、ニューマリで逢いましょう

 しかし、海外はもとより所謂大船勢とか都市の強大な勢力の構成員とも対戦という形ではありますがプレイすることが出来るって素晴らしい、そう改めて思うわけだ。人の技術を盗むのにも役に立つし、まあT. A. Deathとかのコンテクストでは無意味だけども、攻撃が防御とどれだけオーバーラップされるかと言う点は、煎じ詰めればイデアルな積みを求めることになるわけで。
 まあ、操作系やシステム、あと下らん仕様で慣れない部分はあるものの、それを小異と笑い飛ばせるような状態になれば大いに役に立ってくれる。全ゲームの勝利数が3,000を越えたので、最悪「blogに記事を書く資格」は得られたかもしれないな。

Tetris the Absolute Plus/Terror-Instinct
 上の倍くらいだめ。

Accidents
 夜中の2時頃、アパートの真ん前で警察車両が来るような事態が起きた。0時頃から防犯ブザーのような騒音がけたたましく鳴り響くこと数時間と続きそうな気配であったため、ついに誰かが通報したのだろう。俺にとってもも邪魔ではあったからな、やっぱりこんなことになるとは思っていた。で、結局車の持ち主の不注意ってことが分かって事無きを得たんだが、その持ち主が近くの部屋にいる小童だったわけよ。こういうことはせんといてくれ、と。

Musics
 頭の中で最近「サンダークロス」(1988, Konami)の曲がループしているわけだが……ムービーを観たせいだな。「Gloidential Mechanism」(特にイントロ)が頭から離れん。

Games -- Gikoparo 5
 思い出したように「ギコパロ5」をやってみる。やり込みという次元の奴は4ヶ月ほどご無沙汰だったわけだが、何を思い立ったか一発で90万いったよ(906,079pts., appenda/060513.jpg)。やっぱり、ようかんベルで10,000点を3面の途中まで繋げられたのが大きい。あとは無理をしていないので止まっているが、95万点も無理ではないかもしれん。これに関しての詳しい記事は01/12あたりをさかのぼっていただきたい。


14th May, 2006 (SUN.)

University -- To Do
 ビジネス英会話のWriters' Workshop原稿を終わらせる。明日が締め切りなので、すぐに投函してくる。あとは、明日で何とかやっていくとかの場合が多そうだ。

Tetris: the Absolute Plus
 7'58"台のGm緑プレイを見つめる。やっぱり、本物、生は迫力が違う。Tiの消えロールとも、趣は全く異なる。たった2手しか読むことの出来ない状況で、手探りの展開を進める最終試練。ラインが緑なのを確認すると、その人は可もなく不可もなくといわん顔をしていた。あそこのTAPの筐体記録は3位が8'30"台のGm橙だが、彼の記録に変わってしまうのも時間の問題やもしれぬ。
 一方俺の方は、Deathで1回だけ記録。499Lv.-2'52"91。しかも、何故か300以内でRE銀が点灯(笑)。上段でのフォローがとてもうまくいっていました。

Sports/Casual Glance
 ゴルフの男子戦とか、そういうのを色々観ていたりした。F1スペインでのアロンソ熱風だったり、千代大海の全勝崩壊だったり、……。ネットで放心しているよりはましだな、たぶん……

Sports -- Yakult Squatters
 まあ、交流戦成績が現時点で単独トップだったりする。6試合とはいえ偉いですね、古田監督。

Bad Company
 ワインのないこと(http://cheapwest.seesaa.net/article/17743727.html)には一言Tipsするつもりでいたのですが、体質のために(詳述はリンクで)ワインを控えているということを知り、ええいやあ涙しております。ポリフェノールの影響だそうですが、それでは巷で羽振りを利かせているカカオ99%も駄目ということですね。残念……! 色々残念です。


15th May, 2006 (MON.)

University -- Incidents
 なんか読書会が読書会じゃなくなったのだが(笑)。
 ようは、M1の卒論or現在関心のあるトピックの発表になったわけだ。D1の人の思いつきで90分まるまるそうなってしまったが、4人の内2人が、自分の話題について発表する機会を持って、俺も「あー、こんなんやってんのか、面白いよな」と感激してしまったわけよ。でも、俺はニッチ。そんな俺にも発表をさせるなんてむごいわっ。
 言語学が終了した途端にYukiA先生。後ほど別刷りで。

Tetris: the Absolute Plus
 俺にとって3分切らないmはmじゃない、ただのゴミだ。しかも安定度がそこまで見違えるほど違うというわけでもないし(悪あがきの度合いは高いが)。

Bad Company
 飯。久々のGokochiでございました。うまいよなあ。
 コーヒー。まあ、菓子の類を見舞ってみたのですが、どうも弾幕の張り方が薄かったのか、ルマンド部隊が一刻を待たずに全滅しました(appenda/060515.jpg)。今時こんな理不尽なRPG(訳、「食われる側の身にもなってみろ」ゲーム)はありません。まったくどうしてしまったことでしょう。
 ということで、結局やることもなく人の日記巡りとなるのだが、俺の書いている日記はつまらん。内輪向けの話題を除いてはゲームの記録が多すぎる。これは最早公開してもどうなるといった手記である。まあ、blogが結局タグを打つという宿命から逃れられず差別化を図れないために手延べ日記の独走が続いているわけだが、ここまで暫定的なネタ不足はどうかね。だからと言って体質を改めて妖精さん(http://geocities.yahoo.co.jp/gl/typrp943)になれようものなら喜んでなっていますが(本当ですか)、まあ現実はカレコレ。まともなことを書けば「お前は頭でも打ったのか」と馬鹿にされ、ゲームの話題をいつも通りつづればテトリスDSで得られた集客効果を維持するだけのことは可能だから別に苦にもならないし、こんな日記でよければどんどん来てください。いつも口を酸っぱくしていっていますが、F5は(少なくともアクセスカウンタにとっては)無駄な抵抗です。これでは口が酸っぱくなる前に酸で溶けてしまいます。

Negligence
 寝るのはいつも3時! 地獄、地獄


16th May, 2006 (TUE.)

University -- Incidents
 健康診断。183cm台を回復したことだけが何よりもよかった。あの去年の測定法は完全に誤りだったと言うことが証明された。1cmの差は大きなものです。しかし、どう考えても体重は嘘をついていると思いました。嘘をついている、味だと。
 頭が重くて授業中は殆ど頭に入らなかった。本当に入らないのは拙いんである程度詰め込んではみたけれども。

Books/Blaze-Up
 今回の「ビジネス英会話」のWriters' Workshopの問題文は酷すぎる。「週刊エコノミスト」の記事から抜粋したものだということだが、この文章がとてつもなく劣悪で、課題文の選択としてはお粗末すぎる、というものであった。このコーナーを開いて読み始め10秒で吐き気を催したのに、あまつさえそれを英訳しろとほざく頭の悪さだから始末に負えない。ああ、この頭痛には、誰か南極から氷嚢を持ってきてくれないかなあ(ペンギンとか)。この据わりの悪い段落ばかりが気になったため、たまらず4限の授業前後に院生数名にも意見を求めたのだが、「この文章はおかしい」との共感で一致が得られた。これだけ言われるのだから、衆人遍くこの過ちに気づいていただかねばなるまい。よって課題文のはじめの3文だけを抜粋する。なお、これは本文の内容が悪いといった問題ではない、ということを予めお断りする(下のマージンは答えをすぐ見せないための姑息な手法なので悪しからず。また、括弧書きの文番号および省略記号は引用者による)。

 (1)いま日本企業の海外進出は、猫も杓子も中国へ──と思われがちだが、必ずしもそうではない。(2)低コストの生産拠点であり、かつ巨大な市場でもある中国を、日本企業は無視できない。
 (3)しかし、その一方で、 [...] 日本企業が古くから進出してきたASEAN(東南アジア諸国連合)にも注目が集まってきている。

 一見流れのいいような文章には何となく騙されてしまう人もいるかもしれないが、お節介を承知で2〜3度読み直していただきたい。そうすれば気づくはずである。なんと、第1段落の文(1)の主旨と文(2)の主旨の関係が、明らかに矛盾しているのだ
 「必ずしも中国だけが海外進出の拠点ではない」という命題に対し、それを受けるべき文章が来る前に「日本企業は中国を無視できない」という──(1)の主旨に反する──主旨の文(2)が筋違いで飛んでくるのである。私がこの文を削除せずに校正を図るならば、文(2)の冒頭に手を加え、「たしかに〜否定できない」としたい。さもなくば、譲歩(? 或いは、単なる断定の回避?)用法の「たしかに〜であろう」などの標示も無しに、このクッションの存在は受け入れられず、(2)は寧ろ削除すべきだ。更にそれだけではなく、(1)の主旨を受ける文(3)(=「中国以外に、ASEANが台頭した」)が次の段落に変更されているというへまがあったことで、更に段落のまとまりが薄くなり容認度を下げる結果をもたらしていたのだ(以上は、研究室有志の見解も含む)。
 それにしても、このような基本的な論理性の欠けた文章が雑誌に見られてしまったということ自体私は驚いたし、「ライターとしての資質を疑う」と酷評されるのも無理はない(尤も、ライターだけに起因するものか校正者も同罪なのかどうかという点はあるが)。問題の選別者もどうか。どうも過去の経験から、「わざと難しい頭をひねるような問題を作ろう」と意気込んだのが裏目に出て、このような駄文を引いてしまった、という憶測が俄に色めき立ったが、真相については興味もない。ただ、この文は悪文であり、直されるべきであったということしか、関心がない(ライターを非難したところで、間違った文が正しく出力されて戻ってくることは、ないのだから)。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 Shirase(W)-939とかいらない子。今回は1000くらいいけそうな気がしたんだが、油断というか速さにばかり念を込めてると駄目だな。Deathは悔しいんで3分以内の通過は目指すけど。


17th May, 2006 (WED.)

Accidents
 いきなりの頭痛に悩まされる。午前中はお陰で全く動けそうになかった。
 頭痛の原因はおそらく不摂生による突発性のあるダメージであろうが、昨日ブチ切れた悪文のせいだと思っている(責任転嫁)。

University -- Incidents
 ということで2限をやむなく捨てて、なんとか出られそうな午後からは取っておこうと思った。まだ、読んでないのも多すぎるし……。しかし、人は病気の時ばかりは優しいものですね。研究室にちょっと情が移ってしまったよ。油断大敵だ。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 613さんがMasterOを出した(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20060517/p1)と電話口でいうので、こっちも負けていられるか(まあ、明らかに負けてるよね)、と深夜の辛い体に鞭を打ちつつ数ヶ月ぶりの英世マルチプル死亡(やっぱりコインケースは無くなるね、ごめんなさい)。なんとかDeathの正式なm通過タイムとして自己ベスト2'52"台を叩き出す。他、600台まで通ったのは2'54"(500)-3'26"(600)など。これまでずっと「3分間に命を懸ける」作業を通してきたので、その成長の度合いが少しずつデータとなって現れている。特に500-600のセクション間32秒は、崩れやすい後半にしてはそこそこ優秀。このペースでずっといければ5'34"と、大幅なタイム更新が期待できそうだ。前半の300は運や操作系の相性によっても大きく左右されるので、そこだけに拘るよりは300-500で如何に距離を伸ばすかを勝負したほうが得なように思う。500以降は下入れしなくとも、テトリス中心の美的な戦法を用いることによってタイムの短縮を図った方がリスクが少ないと考えられる。その際、出来るだけ迷わないこと。
 やっぱりTiよりT. A. Deathの方が面白いと思う俺は所謂「2作目原理主義者」です。なお、Master(C)はロール突入時点で意気阻喪してたので捨てのm6。同じゲームのはずなのにモチベーションの差がひどい。

Tetris DS
 俺はパズルゲーム嫌いというか苦手だから、期待はしないで欲しい(http://d.hatena.ne.jp/chari0t/20060515/1147710202)
 註:テトリスはパズルゲームなどと呼べる代物ではありません。キャッチはぎりぎりアクションパズルです


18th May, 2006 (THU.)

University -- To Do
 おとなしくEdward L. KeenanのTowards a Universal Definition of "Subject"を読んでおります。
 あと、研究室のパソコンから転送してきた「お気に入りファイル」を移動。しかし、頭が重くなってしまった。邪魔なので一つのフォルダにがんがんサブフォルダを詰め込むとかしか方法がないか。

Sports -- Yakult Squatters
 なんとか楽天に3連勝。パのチームはどこも実力の拮抗した強敵なので気が抜けないぞ。とりあえず1試合だけでも完封勝利が出たのでそれだけでもよかった。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 Shirase(C)-S13橙(5'08"71)の動画が上がっていますね。私はもっと速いタイムのを出してくるかなと思ったのですが、ちょっと拍子抜けしました。普通のテトリスと異なった大道芸的側面を出すというのもTGMの特徴付けとしてはいいのですが、本来はタイムのためのゲームですので(この辺はパズル性以外のものが働いているよな)、そういうお茶の濁し方は勘弁して欲しかった。Deathのムービーもあの人のポテンシャルなら5'30"台ぐらいは出るのになあ。もったいない。
 あと、今日の俺は筐体デストローイ

Something Weird
 今日じいっと見ていたのだけれども、2chの言語学板が面白すぎます。個人的に興味深いのは日本語の交ぜ(混ぜ)書きの可否とかそういう堅物の好みそうな話題と、造語系ですね。前者は日本人としてというのもありますが、無教養に対して陰口を叩くような感じの嗜みとしても興味があるので、どうしても目を通しがちです。まあ、それ以上に、自分にとって馴染みのない発見をすることが多いので逆に縮こまってしまうのが落ちですが。後者は、翻訳などを意識している以上避けられない習性だと思います。
 結構日記で打っている文章は身構えて作っているつもりだが、タイポが避けられないのはもとより、文章として綻びがないかと言われると非常に困るわけです。まあ、多少は頑張っています。ちなみに混ぜ書きは嫌いです。音素が少ない日本語では2〜3音節の語で同音異義にならざるを得ない物が多く出てくるので(組み合わせにすると可能な2音節の語は10,000語前後になるのだろうか? 結構、少ない数のように思えてくる)、漢字が視覚的に区別を容易にしてくれる(あと、語源尊重も兼ねて)ということで、最近はテロップにもルビも付けやすくなったので非常によい方法であるとか、数年前から思っているのですが。総ルビ文を読んで昔の先生達は難読語に慣れたという話も聞いたことがありますし。
 日本語は好きですよ。確かに英語を「表面上は第一の」研究や興味の対象にしてはいますけど、日本語は面白いですから。こんな小さな島国にたった一つだけ残された母国語ですし。


19th May, 2006 (FRI.)

University -- Incidents
 せっかく予習を備えてきたにも拘わらず、俺の担当分の手前で終了してしまう。来週のっけからってのもプレッシャーかかるんだぜ。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 Shirase(C)-691。意外と上段でも粘れることが判明した。それから、今回もDeath-mの通過で2'53"台が出る。そんなに力んだつもりはなかったのだが、急ぐ意識を一寸傾けてやるだけでこんなにも速さがついてくるのか。最早、3分という目標は過去のものである。問題は400以降の積み方が未だに急かされているせいか下手糞だということ。そこだけ何とかなればGm出まくり、ウハウハですよ。とりあえずいろんな人を目標にしよう……手当たり次第。

Grouching
 検索キーワードで"So Dark the Con of Man"で検索してくる輩が多い。多いというのも、異常な数に上る。これではうちのサイトの検索エンジンの意味が無いのを露呈していると思うと腸が煮えくり返りそうだ。それにしても不気味だ、なぜこんなキーワードが、と思い立って検索を試みたら、全く関係のないはずのAbominable Empireが勝手にYahoo!のトップに出てくるという話だったのだ。なんということだ。このキーワード、どうやらDa Vinci Codeの一節だそうだ。こんな取り扱いもしていない部外者が偉そうな面をしているのは癪だから、6語のうち何かを削らなきゃいけないわけだが、まず前置詞と冠詞とsoは駄目、となるとどれもメニュー名や著作権表示の一部だったりするんで消そうにも消せないという話。流行で飛んだ被害を受けてしまうとは思わなかったよ。いったいこれがどういう感じか分かるだろうか? 勝手に広告も立てていないのに「1番目のページに出てくるのに、この内容が一切載っていなかった! 責任を取れ!」とまくしたてる輩に毎日つきまとわれるようなもんだろう。冤罪による風評被害と何ら変わりない。Yahoo!のロボットは死んでしまえ。
 プロフィールの小項目名の英訳が変わったのはそういう影響だ。まさかこんな外部の影響に屈するとは思わなかった。悔しい。

Bad Company
 ゆき先生とtondeke先生が俺を待ち伏せていました。部の後輩と待ち合わせていたのでしょう。しかし、何故かマリオで。tondeke先生の手の動きが、「あいつは(SMB2の)C-4のクッパに違いない、そんな勢いでマリオを屠っている」という気持ちにさせられました。
 いや、C-4をファイアマリオで抜ける、程度では拷問にならないのかもしれません。なんせ、二人ともスペシャリストですから。泣けるね


20th May, 2006 (SAT.)

Negligence
 起床時間が一桁台の日が全くと言っていいほどありませんが何か?

Tetris: Terror-Instinct
 Shirase(W)のセクションタイムをちょこちょこ伸ばすぐらいしか出来ることがない。200-300台で23"40, 700-800台で23"73なんてタイムが出ているようだが。こう断片的にしかタイムが出てこないというのはいただけない。
 Deathが不調だったのが予定外。

University -- To Do
 Keenan読了。明日は死なずにSvenoniusのOn the Edgeやります。いや、やれたらいいですね。

Tetris DS
 アクセス解析見たら愕然とした。こう言うのは本当に勘弁して欲しい(http://tetrisds.moero.info/index.php?%A5%C8%A5%C3%A5%D7%A5%E9%A5%F3%A5%CA%A1%BC)です。どう考えても俺が一番格下じゃないですか。間違いなく100人がみて100人がそう答えますね。リストに掲載された人については、caffeine氏とCRAIGSS氏以外全員やりましたけど、勝ち越した相手は一人もいませんからね?(あとチート野郎とも当たってないな。そいつが出没する時期にはDSの故障が原因でやっていないんで……)
 まあ、現状上の人達は一時しのぎのレート上昇には繋がると思いますが、結局ベースの勝率が高くならないことには高レートが全く安定しないので意味がないんです。それに、負け越しやの明らかに格下相手にゲームを落とす方がショックでかいしね。ということで、二重の意味で彼らには及ぶところがない。
 やり込みという見地に照らせば、試合数も少ない方なんで誇れるのはミッションのタイムアタックぐらいです。といっても、jin8氏の記録が諸事情によって公開できないという以上、俺のタイムは軽く足蹴にされている可能性が95%はあるんだよな。あの人は「苦手なジャンル」といいつつ平気で最高水準のやり込みをしそうな人だからなあ。キャッチも危ない。
 個人的には削除した方が彼らの名誉のためではないか。

 削除されました。