11th June, 2006 (SUN.)

Negligence
 12時だ。そして雨だ。憂鬱だ。

Tetris DS/Grouching
 昨日の状況が笑えなくなった。上が入らねえ。どう考えても上が押せねえ。たまに押せるかと思うと、0.5ないし1%程度の確率で暴発(二重入力)になる。こんなんじゃあ、いくら勝っても勝ってもレートが上がらない。明らかに格下相手に置きミスで負ける。こんなのが続いていると、流石に俺も苛々してきた。有償修理コースは御免なので、これ以上テトリスDSはやらない方がいい。
 精神的に問題だ。全てが歪んできた。自分の怒りを、もう止められそうになくなる一戦を越えたらまずい。4,000戦を越えたので、もういいんじゃないか? こんなんじゃゲームにならない。勿論、俺だって修理の時間も代金も惜しいが、これ以上焦っても逆に精神が崩壊してしまうのではないか。せっかく昨日親が来たというのに、変わり果てた姿を見せられるわけがない。
 とにかく、言いたいことは一つだ。もうこんなのじゃあだめだ。
 結果──2人戦:[117]79-38/[4,043]3,293-750(81.449%)、レート:7,359(-278)

Sports -- Yakult Squatters
 くそう、さすがに3タテはやらせてくれないなソフトバンク。それにしても、巨人、しかも李相手の誤審にこっちが残念な思いをするとは思わなかった。なんたる皮肉か。


12th June, 2006 (MON.)

University -- Incidents
 3限が休み! 飯食って待避

Negligence
 そして寝てしまう。orz

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 昨日、プロフィールのスコアシートの欄に変な物が書き加わりましたが、忘れてください。あんなものクリアできません(私信)。
 DeathもShirase(C/W)もMaster(C)も相変わらずすぎます。Deathはやっぱり400以降の下入れが無理です。入りません。普通にテトリス狙った方が早いです。

Sports -- World Cup Germany vs. Australia
 前半1-0で安心したのが一気に崩れた。日本オワタ。素人目からしても全然攻撃してないし。川口と宮本がいなかったらここのディフェンス陣機能してんのか、と思うぐらいザル。ケネディに翻弄されまくりじゃねえか。しかも、結果をよく見たら3失点だったというオチ。やっぱり日本には期待しなくて正解だったな。0/3の《Wall of Woods/木の壁(2-4)》クラス、或いは言い過ぎなので《Shimmering Barrier/ゆらめく障壁(USG)》かその辺か。まあ、《Castle/城壁(2-7)》(「川口がアンタップ状態である限り〜」)がついてたかもしれないが、川口がタップ状態で1点クロックやられたのが皮切りだったからね。
 こんならまだ朴セリに敗れた宮里の方がマシです。

Magic: the Gathering
 2点。
 1) Dissension Fat Packのギルド診断、俺もやっておきました。和訳のあいしゃさんに感謝。で、捲ってみたら……俺がボロスだった点について(5-5-3の13点、点数は質問の番号が若い方から順に掲載)。しかも次点がアゾリウス・ゴルガリ・セレズニアという全く脈絡のない組み合わせ(点数に一番偏りが無いのが適正と考えれば真の次点はゴルガリ(4-4-4)。あとはアゾが5-5-2、セレが2-5-5と、各12点)。以下、ラクドス(4-3-4=11)、シミック(3-4-3=10)、オルゾフ(5-1-4=10)、ディミーア(2-4-3=9)、グルール(3-2-4=9)、イゼット(5-3-1=9)。
 残念ながらラクドスを除いて、好きなギルドほど《Abomination/忌まわしき者(4/LEG)》に破壊されるという悲しい統計結果が出ています。しょ、ショックが隠せないぜ……!
 2)http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tcg/1149574309/
 俺のサイトは関係ねえだろ!! いやほんとにすみません石投げないでください。Card of the Dayのせいってオチはないですよね? ということで全てを鴨屋さんに託して俺は夜逃げします。寧ろ俺に多言語の人名の読み方を教えてください。


13th June, 2006 (TUE.)

University -- Incidents
 みんなだれておる一方で、オーラルレポートの内容を決めないわけには参りませんよ、とばかりに力を注ぐ。
 結局、Heidi Harley and Rolf Noyer (1997)の"Mixed nominalizations, short verb movement and object shift in English" (NELS 28)やることになった。Distributed Morphologyというえらい難しい枠組みが絡んで来るという話らしいが、解説があるんでやってみれということであった。

Magic: the Gathering
 今日は研究室に殆ど籠っていたので、外界の情報が断たれていたわけです。そんななかCavotta先生の記事。なんと、Jeremy Cranfordがアート・ディレクター辞めちゃうらしいです。つっても、MirrodinでのRebecca騒動に浮き足立って彼をどやしつけた狂信者にとっては、目の敵という印象しかないのだろうけど(Unhingedでの哀愁誘うネタには涙も浮かべたくもならあ)、Cavottaが紹介している新アーティスト達を引き抜いたのも、彼の違った目線が為せる業だったことを思うと、有り難いことである(Zoltan & Gaborも、彼がいなけりゃ絵を描いてくれなかったのだよ?)。RebeccaがKamigawa Blockまで温存されたのは当然穏当だったろうし、それよりは物質的な絵に強みのあるDonato GiancolaやDavid Martinのような人を引き立てるのもまた至極当然であった。
 しかし、後任が現役絵師のJeremy Jarvisか。いや、現役絵師と兼任の人の方が歴史としては多い印象を受けるんだ。今度、Daniel Gelon, Jesper Myrfors, Sandra Everingham, Dana Knutsonらといった、ディレクターの立場を経験した絵師さん、という立場から絵を見てみると面白いんではないかと思うんだ。Gelon先生みたいな柔軟な画風の持ち手も面白い。さて、名前の一致は偶然の一致として、Cranfordより受け継いだバトンを見事名手綱に変えてみせるか、腕の見せ所。本人の作品と共に注目したい。

Tetris: the Absolute Plus/Something Weird
 笑えるほどにクリアしちゃいました。(TGM+ with item: 11'33"63, 175,439pts.; appenda/060613.jpg)
 こりゃもうアイテム運だけね。NEGA FIELDを低い位置で受け止めたら勝ったも同然。但し、900台の猛攻までに場を崩されないようにだけは注意。ああ、ここまでいくら金が飛んだことか……!!


14th June, 2006 (WED.)

University -- Incidents
 水曜の課題が1つ終わった。ヤレヤレといったところ。

Tetris: the Absolute Plus
 久々にMasterやってみたらうまくいきそうだった。それも前半だけと言うことが分かってSQR死亡プギャー

Sports -- Yakult Squatters
 日本ハムにリベンジはしたものの、やっぱりロッテと勝ちが平行して1差が埋まらず。なんとか勝率を上げて欲しい。いや、まあ、直接対決で勝ち越さなきゃそれまでなんだけど。

Magic: the Gathering -- 10th Edition
 「10th Editionを選ぼう!」が始まってやがった。結局、アーティスト選びが一番苦労した。
 選んだ方:《Earthquake/地震(2-7)》/基本地形:Ravnica: City of Guilds, Invasion, Urza's Saga, Mirage
 絵師:下のリスト見れ。最近の絵師は流石に疎い人もいる。反省する。
 Lord of the Pit: Tom Baxa, Jeremy Jarvis
 Fountain of Youth: Zoltan & Gabor, Mike Sutfin
 Howling Mine: Terese Nielsen, Dan Scott
 Might of Oaks: Matt Cavotta, Dave Dorman
 Story Circle: Daren Bader, Ralph Horsley
 Nekrataal: Aleksi Briclot, Vance Kovacs
 Vampire Bats: Chippy, Christopher Moeller
 Incinerate: Anthony Waters, Dave Allsop


15th June, 2006 (THU.)

It Is Cold in Space...
 雨が降ったりと憂鬱な季節に。

Sports -- Yakult Squatters
 今日は雨で中止。一方でロッテが盤石の足腰で勝利し、3位の阪神が楽天に1点差負け。やはり、最後の敵はロッテになりそうだ。ロッテが直接対決で勝ち越しを決めると、交流戦連覇が決定する。一方でヤクルトが勝利するには、消化試合を含めて全てを疎かにしてはいけない。どちらも「流れに乗った」チームだが、5月から急激な躍進を遂げたヤクルトか、それとも序盤の混戦に揉まれながらはい上がって交流戦では首位の礎を確かにしたロッテか。今回の3連戦で、全てが決する。無論、目先の交流戦勝利のみならず、今季のヤクルトを占うという意味でも。

Tetris: Terror-Instinct
 まあ、感傷的な部分については渾天ぽらり。の方にまとめた。
 ということで、経緯はこっちで話す。
 久々にMaster(C)をクリアしたわけだ。まあ、成績もあまりよくなかったし、見えロール。今日はこのロールが上手く組めたので、テトリスが5発ぶち込めた。攻めすぎず守りすぎず、6段程度の高さで終わった。まあ、これでm8、あるいはもう一寸背伸びしてプギャー(m9)かな、とか思っていたわけだが。

 なんとセガマスターシステム!!(appenda/060615_1.jpg)

 意味が分かりませんでした。しかも、グラフ(appenda/060615_2.jpg)を見せつけられて猶のこと意味不明(5'56"36, 191,869pts., ST銀SK銀)。嘘ではありません、嘘だと思うなら、ランキングも見ていただくべきです(appenda/060615_3.jpg)。なんてこった。ホームの2位じゃないか。ふざけてる。お引き取り下さい。
 ということで一人祝杯を挙げてやった。これからの目標については、上のblogの記事でも述べたつもりである。記録を伸ばすことの難しさを知る諸プレイヤーには無謀なことの多いこと、と思われるかもしれない。いや、これは俺も分かり切っている。だが、それを見て逃げるだけなら、誰にでも出来ることだ。
 学校のことを友人よりお気遣いいただきましたが、木曜は休講でございますので。ご心配有り難うございました。


16th June, 2006 (FRI.)

University -- Incidents
 4限で無茶苦茶意気消沈した。詮方なくて逃げるように帰った。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 まあ、あんなことをしでかした直後でもあるので、Master(C)の様子が気になったというのは事実。珍しく2度もやり込んだ。結果はm1/m5であったか。認定試験が合格できれば今年の目標は終わったに等しいので、なんとかこぎ着けて欲しいという希望があるのだが。
 そう考えるとMaster(W)は理解できない。Shirase(W)の方がまだ理解しやすい。
 さらに、T. A. Deathでも少し記録が伸びる。通過が「秒台」目算で1'49"(300)-2'51"(500)になった。あと2秒というわけではなく、出来ることならもっと欲しいのだが。そろそろいい加減にこんなことは辞めてGmを獲るべきだ。Masterは8'07"台のS9橙で終了。CO銀はおまけ。未だに8'06"の壁は厚すぎる。
 実力は相応についてきている。やはり、安定度が低すぎることを実感するだけである。

Sports -- Yakult Squatters
 ロッテの出鼻をくじいたのは偉い! 中止になって消化していない試合などのことも考えれば、無論、3タテ以外に「勝つ」方法はないといえよう。古田はペナントの行方しか意識していないとも言うが、Aクラスとも差が近付いてきた。首位とのゲーム差も4、まったく現実的な値だ。
 それにしても、Bクラス相手への勝ち越しも2連続で決め、阪神をも立て続けに食らった(そして今日は巨人を下した)楽天の勢いは驚異である(6月は半分が終わり、8-6と勝ち越している)。うちの研究室はそのローカル性から楽天ファンも多いので、夜の盛り上がりは一際大きい(逆に俺は思い入れが殆ど無い)。これまでは同情票の形で応援しているに過ぎなかったが、だいぶ勝ちパターンが出来てきたのだろうか。「また負けた」という声が聞こえなくなったかのようだ。フェルナンデスやリックら優秀で堅実な外国人打者がチームを牽引し、最近は全体の打率だけに終わらず繋がりが意識されて得点力も爆発的に上がり、お陰で投手陣の打たれ弱さも解消されてきたような印象さえ出てきた。最下位楽天と馬鹿にされる風潮には、汚名返上での有終が来つつある。前年に続く絶望的な出だしから、ここまでで勝率が1/3を越えたということを簡単に考えてはいけない。最終的に勝率が4割程度まで戻っていたなら、楽天の再生は大成功だろう。

Onto the Line
 著者の都合により、日記の校正作業を行いたいと思う。困ったことにログが4年分あるので、暫くお待ちいただきたい。内容はタイポや差し止め材料もろもろ。人生の恥部に立ち戻る機会というのは全く恐ろしいものぞなもし。


17th June, 2006 (SAT.)

Sports -- Yakult Squatters
 連勝! 中盤に追いつめられたが、救援で逃げ切り。ついに交流戦の勝利に王手がかかった。最後の試合に向けて気を抜いてはいけない。ヤクルトは前年の交流戦でも上位につけたが、結局後半戦で気が抜けて不甲斐ない成績に終わった。そう、「絶対にヤクルトに勝つ」!

Tetris: Terror-Instinct
 m6緑で終了。難しいもんだ。

Onto the Line
 何をやっているのか? ──日記の整理である。

 さて、今までの日記を振り返ることは二三度あったが、タイポを見つけられる自信はあんまり無い。しかも恐ろしいことに、記事の数を見て貰いたい。なんと、日数から換算すると、更新が1,350回を数えていることが分かったのだ! それもそうか、本来は2002/04/01より4年以上も継続し、日記の更新できない日もなるべく3〜4日以内にデータを補完して、結果として不休の記事が出来上がったのである。今考えると、自分の飽きっぽさからすれば1日ぐらい間を空けたりして結局更新をしなくなるというのがオチだったのだろうが、他の分野でそういうへまは何度もやらかしたため、もうこれは最後の砦とばかり、今もなお無休を守り抜いている。今もblogなんかいらない、とさえ考えている。
 容量も計算してみたのだが、現在abomination.jpの容量が全体で46MB使用されている。しかし、その中のdiaryフォルダのみを計算したところ、約24MBの画像ファイルが含まれている一方で、テキスト自体も約2MBという莫大な量になっている。2MBというが、テキストという媒体を考えると、異様なことである。
 この勢いが続くかどうかは分からないが、どうか2,000回を数えるまで無事に過ごしたい。2,000日の生存記録が、ログとして残ることは実は難しいことだ。どんな短い書き置きであれども。さらに記事を書き続けたいと思い返した夜である。作業は2003年6月程まで終了、今もなお続く。

Fact Sheet
 新庄のカンスト記録は8'10"(http://www.nikkansports.com/baseball/f-bb-tp0-20060617-47413.html)
 200ライン(バット1本で1ライン換算)でこのタイム、これはひどい。それにしても北海道への寄付は2千万円か、えらく儲かるな。


18th June, 2006 (SUN.)

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 Deathの600台の通過が3'27"、さらに700台で3'59"。直後窒息。概ねよくできている。後半で32秒のペースを維持すると、5'36"という驚異的なタイムを得ることが出来る。仮に36秒かかってしまっても5'48"とまずまずの出来だ。後半戦でははっきり言って考える暇もないので、如何に洞察を巡らし、最善解に行き着くかを一瞬で検討できるような積み方とperceptionを心得なければならない。上側でずっと耐えていたからと言う理由もあるのだろうが、今までよりもDeath-500が「見えるようになってきた」。最早Shiraseの1200台でもない限り、"hard to perceive"ということはなくなった。いける。少なくとも、テクニックが未だに上達していることを実感している以上、まだまだモチベーションが下がりそうにない。
 Master(C)は認定段位が出なかったことで既に失敗。超高速域の安定度を上げないと俺には縁がない。
 Shirase(W)だが、先述のことを痛感せざるを得ない。1236Lv.で死亡(appenda/060618_1.jpg)。S12, 6'19"13(6'07"96認), 247,388pts., ST金(1100-1200)SK金(1100台)(appenda/060618_2.jpg)。
 この遅すぎるタイムについては全く弁明の余地がなかったとはいえ、1200台で為す術無く死んだ。1100台でSK金を取得し、最高の回りを見せて26秒台で折り返したが、1200台に入った途端、硬直の速度が上がり、反応速度を圧倒した。TGMの超高速域は、一度致命的なミスに見舞われるとそれが連鎖的に反応を狂わせ、盤面を破壊してしまう。ことにTGM史上の最少猶予時間を持ったこのレベルでは、死の境は僅か数フレームの出来事のうちである。前回到達した2度の1200台がどれだけ成功を収めたかは思い出されるが、成功例で大差のないレベルとなれば、この領域は「ちょっとした成功」を斟酌してくれるものではないことは自明だ。
 全くの下手糞だ。だが、これと言って活路があるわけではない。解決は時間に委ねるほかなかろう。途方もない時間がかかるかどうかは、残念だが本人の才気に聞く他が無い。

University -- To Do
 今週予定されているオーラルレポートを読むのは勿論のこと、明日の予習が気がかりである。feasibilityという言葉に何が含まれているかを考慮せねばなるまい。チョムスキー理論辞典に当たって、やっと解決の糸口が見えていることに気づいた時が既に遅かったが、それでも後もう少し、なんとかなるだろう。

Onto the Line
 日記の校正とタグ植え付けは残り2005年分の364回のみということになった。結局2日続きで日記を書くことになった「合併号」は5回あることが分かり、数えるのに少し面倒を強いられそうだ。1,000日目の日記が1,000回目ということではなくなるわけだからな。そして、一昨日述べた1,350回とは、そのまた1日前の06/16の日記だったことが分かった。これを調べるのも随分時間がかかった。
 そして、今後の予定として、日記の1,500回目は2006/11/13に、そして記念すべき2,000回目は修士課程を無事に終了できればいい時期の2008/03/27にやってくる。記念にはなかなかいい時期を持ってきたものである。とりあえず、合併号が作られることがない限りはこういう日程でやっていく。絶対に休載しないし、出来る限り早く脱稿できるように尽力するつもりなので、何卒応援のほどを……。

Sports -- Yakult Squatters
 里崎に満塁弾を許したことで勝負あったが、7-8まで結局追い上げて接戦。それでも肝心要で負けるのがヤクルトクオリティ。
 未消化の交流戦が2試合あるため、連勝が必須ですが、今後のペナントのことを考えると、休養が他球団に比べ十分に取れないことが難しいです。これも全てヤクルトの試合ばかりが中止になるからです。けしからん。


19th June, 2006 (MON.)

University -- Incidents
 だいぶ予習で押さえていただけあって、なんとか痴態を免れるには至ったが、解釈が難しいことは依然として変わりがない。あと、眠い。

To Do
 でも、オーラルレポートの文章は読んでおかないと流石に困ってくるので。

Negligence
 それでも、寝る方が大事です。おやすみなさい。(16:00-19:30)

Foods
 業務用のバンホーテン・ココア買ってきました。なんか目についたので(笑)。貧乏なんでちまちま飲みます。夕飯の麻婆豆腐用に挽肉を拵えたり。随分買ったな。

Onto the Line
 今週が予定で腹ん中パンパンなので、日記のモディファイは無理な気がしてきた。眼精疲労が辛い。でも、やらなくちゃ恥をかく。

Tetris: Terror-Instinct
 珍しくMaster(W)なるものでカンストしてきましたのですが、m4とかいう激しく時代に逆行した記録なので提出は見送りです。
 Shirase(C)は751。下手な下入れをしなければ安定する。Classic系の高速域はそれで行っても罰は当たらない。人間の領域を越えて吸血鬼を目指さない限りにおいてはso far so good。

Sports -- Yakult Squatters
 最後の最後に楽天に負けた……。ロッテが負けてヤクルトが勝つと同率優勝になるが、正直なところあんまり嬉しくない。勝って迎えたかった。
 楽天は冗談抜きで強くなってしまったようだ。


20th June, 2006 (TUE.)

University -- Incidents
 来週が忙しくなるので今週を擬似的にサンドバッグにしなければならない。
 今日の授業も予定通り眠かったぜ!(駄目だこりゃ) しかし他の院生ですら眠さを隠せない状況だったから仕方がないと割り切れる辺りが流石に凶悪な院生である次々来だぜ

Games -- FLIFLIXX
 ギコパロ5でも紹介した「隔離の巣」さんのFLIFLIXX(http://isolations-nest.hp.infoseek.co.jp/flash/fliflixx/)にはまってしまっておる。はまっていると言うよりは、片手間に全クリしてやるという「邪な感情」である。しかし、覚えゲーと呼ぶべきなのか判じがたい。いや、覚えゲーの箇所と、これは運というかテクニックがちゃんと噛み合うといいな、っていう場合の2パターンがある。特に、運が絡んでくるのは2-5(最初の難関)、3-7(細いエレベーター内)と4-2(細長い通路)。細い通路、特に3-7に限って言えば、運ゲーにしか思われない。安定して抜ける方法論が定まらず。覚えゲーは諸処(典型は1-n全般, 2-5, 4-4など)。
 覚えを駆使してなんとか4-7まで到達したが、あんなシールド破れるわけがねえ……作者のステージメイキングに於けるブチキレっぷりに感動。いずれ絶対クリアしてやる。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 今日は駄目。まあ、これまで成果を出し続けてきたのが異常なくらいだったからいいか。

Tetris DS
 強い人のいる夜の部と、雑魚しかいない他の時間帯でレートがあっさり変容してくれるのは何? とりあえず、そういう人達との勝負は後々
 成績──2人戦:[42]40-2/[4,085]3,333-752(81.591%)、レート:7,613(+254)

Fact Sheet/Sports -- Yakult Squatters
 セギノールオワタ

Onto the Line
 日記の改装が8割方終了。少なくとも、タグ埋め込みの問題は解消。あとは、Yahoo! ニュースのヘッドラインのデッドリンクがあるため、それをどうするかが目下の問題。