11th November, 2006 (SAT.)

University -- Incidents
 あいにくの天候に。
 いきなり朝食寝過ごした。本当は5:50にアラームが鳴って起きるはずだったのに、他の3人だけが起きてしまったという最悪な落ち。緊急放送は危険ですね。そして一番起きなければ行けなかった俺が起きられなかったのは大量の酒で自分を追い込んだせいだ
 鶴ヶ城: 会津藩と米沢の関係は決して小さくはありませんので、複雑な思いの去来する土地でもあります。天守閣へ資料巡りするのにも随分時間がかかったものである。秀吉はやっぱり死ねばいいと思いました。もう死んでるとか言わない。
 昼飯: 会津はそばの都だったことを知らない。どうしても、村山の方がよく知っているので。揚げ餅そばウマー
 飯森山: なぜか予定が一個足されてたじたじ。ちょっと苛々気味だが、おみくじのお陰でなんとか持ったようなもの。末吉で今後の先行きも最悪でした。みんなの結果を見ても、他の末吉の結果よりも悪い気がします。
 帰ったの結局19時で家へは20:30。碌に寝られもしないし何も出来まい。


12th November, 2006 (SUN.)

University -- To Do
 突然、明日の読書会が流れたため今週の予習が1個減る。うれしいのやら(普通に気張って予習するところだった)。
 さてと、真剣にParticle ShiftとScopal freezingについてどうにかやっつける方法を考えないとな。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 T. A. Deathで久々に600台(通過は3'25")。これが維持できて40秒台……。そう考えるとまずまずでしかない。で、結構安定して詰むことが出来た背景には、瞬時の反射神経を純化したところにあると思う。Deathは落ち着きさえすればそれ程不意に人が死ぬ速度ではないことが分かったので(Shiraseの600みたいな人の騙し方はしないわけよ)、とりあえず「正しい手」さえ打ち続けていれば死にやしねえ、ってことに思い至った。結局、正しい手を打ち続ける、ここに上級者としての意義があるわけだ。一手計算が狂っても立て直せることも当然素晴らしいスキルではあるが、それは反応時間の関係上、難しい。つまり、正規の手を想定したところに邪魔な4ブロックが入ることにより、十分に今後の見通しが狂うだけの状況がspeedrunにはある。ミスをなるべく犯さないというアプローチの方が俺にはやりやすい。今のところは。そう考えると、自分が果たして純粋な「パワープレイヤー」(MagicでいうJohnnyよりもTimmy寄りのことだな)かどうかはまた違ってくるような気がする。
 Ti-Master(W)で初の消えロール。本当に初めてだったのでやってみることにしたがまるで感覚が掴めず、完全に4手で忘却。ああ、中学校の頃の脳味噌に戻りたい。まあランクは期待してなくてやっぱりm7緑なんでゴミに投げてきた。ああいうのも社会体験だと思って(いや、俺はいらねーと思ったけど)。

Fact Sheet/Games
 転売を話題にするようになったら終わり(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/27352/)
 福岡で支那竹共が並んだとか行列が残していったのはゴミの山とか、そういう事件は閉口を貫くとします。PS3のニュースヘッドラインでは良い話を聞きませんね。そして、やっぱり新しいものを狙って転売が起こるわけです。これはDS Liteとかと同様。例によって転売厨は悉皆死ぬべきです。
 結局蓋を開けてもウンコだった箱の二の舞を避けてPS3も買いませんね(いや、まだ希望は捨てないでおくが、正直、売っ払うったほうが良いんだよね)。どうせメリットになるような話と言っても、結局は「グラディウス」の新作ぐらいしか欲しいものがなさそうですし。それよりゲームのカジュアルさ(一義的ではない)が大分票を集めるようになった今、どうも据え置きの伸びが阻害されるような気がするのです。


13th November, 2006 (MON.)

Games/Something Weird
 Wii Call of Duty 3のトレイラー動画は笑える!!(http://videogames.yahoo.com/gamevideos?cid=1951383593&tab=videos&page=0&eid=-1, Source: Wii版CoD3の操作方法にワロタ@ゲハ[http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1163342529/])
 いちおう、暴力注意な。俺自身はもうFPSなんて敷居が高いやと思っている人間の1人でもある訳なので、まさかこんな驚かされ方をされるとは夢にも思っていなかったわけで。なにより、この外人! 真剣にWiiコンをブン回してプレイしてやんの。そして驚くべきはやはり"KEEP ROWING!"(漕ぎ続けろ)と砲塔・戦車の操作かな。KEEP ROWINGは死ぬほど笑える。見ておかないと損するぞ。この素晴らしいプロモーションを展開したATIVISIONと、鬼気迫るほどの臨場感あふれるWiiコン操作を披露した外人(通称「サム」)は間違いなく神。お陰で煽りスレと思われていたソースが良スレになってしまい、「CoD3でFPSデビューするよ」という妄言まで聞こえてくる始末。そして俺も欲しい。サムめぇ!!
 追記: 2スレ目突入してた

University -- To Do
 月曜日で読書会も休みというのに、張り切っているM1。無理もない、談話会と東北英文学会を控え、気が気ではないのだ。
 まあ、これが健全な研究室の姿であるわけだから、これは実によいことではないか。俺もなんとかコーパスを集めまくる気にはなったけれど。

Accidents
 結局2時まで頑張ったのにも拘わらず、鍵が幽閉されたのに後で気づいて戻ってみれば後の祭りですよ。こんなんで1,500回目の日記を終えなきゃいけない俺ってなんだ。死にたい。


14th November, 2006 (TUE.)

University/Accidents
 驚かれました(笑)。

Bad Company
 軍事介入により、お引き取りリンクが補完されました。みしゅさんの引力操作に感謝(俺は鉄くずなのでいつでも引き付けられるのだ)。

Incidents
 今回はM1のプラクティストークでどうやって良い議論に発展させるかということをやっていた。俺はいつも蚊帳の外。どうせそうだよ、と思いつつ体調が悪いので一度寝直してから学校へ。しかし、その結果として寝るのは29時になってしまう。致し方ないか。なんとなく、俺の頭の中で妄想が浮かんできたがこれを喋ったら殺されそうな気がして誰にも言えない。きっと言うけど。

Tetris: Terror-Instinct
 俺のいぬ間に613さんが頑張ってしまってました。Masterの段位は任せる、マジで
 俺も攻略記事(ってほどのないTIPS)を書きたい年頃になってきました。当然T. A. Deathの。俺のような中級者でも、いずれは取れるということを、なんとしても伝えたい。最近、ミスをしない方法もやっと分かってきたことだし


15th November, 2006 (WED.)

University -- Incidents
 いやあ、忙しくなってきた。談話会まであと10日、忙殺されることは間違いない。
 今日のオーラルでの展開が神懸かり、議論が繁く行われて良い感じを得た。今回はBas AartsのVerb-preposition Constructions and Small Clauses in English(1989)。Verb-Particleの研究としてSmall Clause分析を取りつつも、動詞の主述関係からA,Bの2種類の動詞に分けて構造を仮定するとしたもの。ところが、このオーラルがうまく流れたためか議論に割く時間が増え、更にdiscussantのコメントも面白く研究しがいのあるデータだと教授も絶賛。小気味よく終わった感じだ(私自身もParticleをメインテーマにしていたため、コメントを求められるシーンがあったが、ひやっとしたなあ。いや、僅かに覚悟はしてたが)。
 一体全体どうなることやら、教授がふと「V+Prtの方がどうも基底構造っぽいよなあ」と漏らしたのがきっかけで(神の声)、Complex Head分析に乗り換えるというどころか、俺の中での妄想が稲光を起こした。頭の中で燻っていたアイデアを具現化するために努力してみるものの、今日はD2の先輩のプラクティストークがあったため、冷却される。実際に手動かして考えるのは明日以降。

Tetris: Terror-Instinct
 とりあえずやっておく。だが、なかなか成果は出ない。
 Big Block(C)で景気よくクリアしたと思ったらロール死んでm1になりやがった。こんなウンコモードを作った奴は死ね。

Fact Sheet
 やっぱり話題になったのは松坂のレッドソックス入りの入札額ですね。60億円って正気かよ、と思っただけですが。入札額の高騰はメジャー指向の加速による偏りも含めて問題となると思いますが。


16th November, 2006 (THU.)

Tetris: Terror-Instinct
 非常に意味が分からん。Master(C)でカンストして20万近くで6分台そこらだったのにm6[-SR]とか意味が分かんない。こういうことされるたびTiには幻滅する。

University -- Incidents/Accidents
 色々血の雨が降る予感がします。傘を差しましょう。自分は自分で何事もないかのようにアイデアを垂れ流すのでした。でも、公共の場で排泄するのは良くないと思います。

Foods
 いや、一月ぐらいぶりに料理ってものをしたんだけど。普通に肉じゃがです。自分で食う用なので味はそこそこ、仕事は適当。最近ことに寒くなってきたので明日も持つな。

It Is Cold in Space...
 本当に寒くなってきた。寄る年波のせいでますます寒さへの体勢が低くなっているのでは?、と危惧する一方。親が来たら手袋が欲しいと助け船を呼ぶか。談話会が終わったら実家へ帰りたいです……。

Magic: the Gathering
 バーニィさんがこんなもん栽培してました(appenda/061116.jpg)。なんと恐ろしいことでしょう。蓋を開けてみたら《Uncle Istvan/イシュトヴァーンおじ(4/TSB)》がFoil4枚を含め34枚入っていたという異常な事態が待ち受けていました。恐怖で皮膚が溶けそうです(いや、もうお前は溶けてるだろ!) ありがとうございます。猫数十枚分に相当する返礼がしたくても全然出来ない俺を許して下さいorzorz なんで見付かんねーんだー
 M:tG WiKi: Zoltan Borosのページを追加。俺にはこの程度しかできません。美術的に何派とかそんなの知らねーし。Gabor Szikszaiはszが/s/相当の発音らしいので、そういう風に表記するしかなかろうか。Grand Prix YamagataのゲストMartina Pilcerovaはスロバキア出身のアーティストだそうだ。日本語紹介はこっちだと載ってるのに、ハンガリーコンビは訳が無かった。何て読むかわからねーじゃねーかー。ああ、それと、2人で1ページを割くのかどうかについては勝手に議論して欲しい。俺もわからんからさ(別々に作る方が良いんだろうけど、共作専門なんだよな。なんでGeof Darrow and I. RabarotやGreg and Tim Hildebrandtとは事情が違うんだよね)。


17th November, 2006 (FRI.)

University -- Incidents
 更に追い込みが激しくなり出す。まあ、当然のことなんだけど、学会が明日に控えているとあっちゃあ、誰もが慄々し出すというものだ。俺は来週の談話会だったりしますが、まあ、似たようなもんですね。まあ、ここまで人が死ぬ風景というのも珍しいです。発表者に死人が出る見込みだそうですが、俺らは知ったもんじゃないということです。
 俺? Predicationを出すために悪戦苦闘……一応していますが? 知りません。俺のことは後で良いんです。孤独なのです。でも、Williams (1980)のPredicationは読んどけと言われたので読みます。結構面白いが、後半の方が難しそうだな、気合い入れ直す。

Negligence
 流石に、もう4時就寝とかは慣れましたけど。午前とか知りませんね、寧ろ午前に明るい時間帯が6時間程度もあるなんて知りませんでした。誰か、来週末の談話会が終わったら飯食いに行こうぜ……本当に死にそうだ


18th November, 2006 (SAT.)

University -- Incidents
 東北英文学会。学会というのはあまりいいもんじゃないですね、どうも神経がぴりぴりするもので。3人の発表を聞いてきたが、その他に英語教育でレポートをしてた人の内容が余りにアレ以下だった。概略「みんな英語を使いたいと思っているが、努力はしてない」ということをいちいち統計までして検証したというトンデモレポートだったり。あれでお給料が貰えるならそりゃあ人間堕落するわな、とみんな口々に言っていた。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 今日は案外成果があったようで。
 Master(C): 自己3度目のMasterをマーク(Master橙[-SR], 5'58"53, 204,071pts., ST銀SK銀)。また、消えm9+22万点オーバーも確認m9緑[+SR], 5'59"11, 221,530pts., ST銀SK銀)(appenda/061118_1~3.jpg)。これがコンスタントに続けば一番かっこいいわけですがそうはいかず。やっぱり安定性がないなあ。後で他にもう1回カンストしてますが、18万点台のm6橙[-SR]なんで許して下さい。当分、段位認定の資格は無いな。
 Shirase(W): 相変わらず緑のShiraseしかしてません。だって、荒唐無稽な段位認定をWorldでまでやりたいと思わないんですよ。てことでベストだけ。S11(4'54"10認), 1192Lv. 5'22"38, 225,953pts., ST金(0-100: 24"93)SK金。特筆すべきは、500通過タイムで2'13"台が出てることか。頑張ればClassicにも匹敵するタイムが出るね。でも、1200台の自己最速(2006/10/17参照)には届かなさそうで勿体ない。これでも結構スピードランしているはずだったのにも拘わらず、AYAさんが4'33"台出してしまったらしい(ソースはHOLiCの掲示板, http://www7a.biglobe.ne.jp/~tetris_holic/cgi/messenger.cgi)。いや、もうこれはおふざけの領域が過ぎてるような。俺もいい加減5分台を脱出して戦えるようになりたいんですが、Worldの操作にもっと慣れないと、まず動作の無駄が多すぎて困る。
 ということで、緑のご先祖と(C)のMasterを一日で拝んだだけでは足りず、Deathも600台進入。まあ、これについてはいつものような死に方。700で4分前後という様な予測タイムだったので、相当遅かったな。

Games -- Sokoban Aggressive
 久々にやったなー。相変わらずむかつきまくりだったけど。
 2-2で6"51が出る。新パターンが確立された。これによって、2-3で越えられなかった5万点の壁が越えられるようになる。2-4終了に至っては自己ベの9.1万。何考えてんだ。安定性については2-1の気分次第なので、努力すれば36万点もトータルで行くことが出来そうだ。


19th November, 2006 (SUN.)

It Is Cold in Space...
 寒くなった。でも、歳のせいだと思う。やはり自分の体が日々衰えているものだという前提で戦っていかないといけない。本当に今日は寒かった。気温は正午のアメダスで10.5度、シンポジウムの時間は7度前後まで下がっていた、みんな暖を取らなくてはいけない状況だった。しかし、愕然としたことに、我が愛するふるさと米沢が、アメダスの最低気温ランキングの2位に載っていたのである(正午:1.7度)。親に申し訳が立たないと思った。7〜8月の気温が全国トップレベルで名を上げ、一方で11〜12月には北海道すらも寄せ付けなくなるほど寒くなりうる四季の激しきまち米沢。こんな凄まじい環境に住んでいたのだと思うと、薄ら寒くもなってくる。

University -- Incidents/Something Weird
 はてなんで日曜の午前というこんな時からシンポジウムなど出にゃあいかんのだ、と内心は思っているわけだが、まあただでさえ参加者が少ないのにそうもいくまい。ということで、仕方なく出といておいたが、勿論悪い内容ではなかった。だが、それ以上に携帯電話のアラームを消し忘れて緊急警報試験放送が流れたり(朝のアラームですが公共には良くないですね)、ハンドアウトの例文にどう見ても世界の宮本 茂が現れていた(appenda/061119_1.jpg)ために吹き出しそうになりました。内容としては"spill the beans"(lit. 「豆を零す」から「秘密を漏らす」)の名詞句the beansが既に秘密という意味で使われてしまっていることを形容詞の修飾から論じたものだが、よりによって英語学のハンドアウトにゴッドマーンが出てくるとは思わなかったわけでな。
 多分、研究室の誰に言っても通じなかろうと思ったので切り出しもしなかったが、Dark Fang氏は大層見たがっていたらしいので一部だけアップしておきます。非常に面白かった。

Tetris: Terror-Instinct
 まず、写真をKANさんに最初にメール送付したことを伝えておく必要はあるだろう。この点は後述する。
 Master(C)でついに人生初のSK金が灯った。ただし評価点がまだ厳しかったのか罰ロールで死亡、m9緑[+SR]。(5'42"90, 223,456pts., ST銀SK金; appenda/061119_2,3.jpg) 速度も自己ベストを更新、やはりテトリス連発による恩恵は計り知れなかった。880前後でSK金が灯ったのを確認した後も2度ほどだめ押しをしてたつもりだったので、個人的には見えMKだったらよかったのにと思っていたが、評価点が不足していたか。恐らく棒グラフで足りない950以降のせい。不満なことはこの辺として、やはり、SK金が灯ったというのは、今までの俺のプレイの中では全く考えられないことで、下入れも敢えて完全に放棄してもう1つのブロック(正確にはホールドを合わせて2個とするのか、は俺の直感に聞いても不鮮明な回答が返るだろう)への動きに集中できたことが上げられる。TAP-Masterではタイムにして約10〜20秒ゆっくり詰むタイプのKANさんが、5'10"前後のタイムを出せるのも、当然のことだった。本当にテトリスを撃つのが上手い。俺には下入れがまだ出来そうにないことや、同氏のプレイを生で観て「ああ、下を入れなければ余裕で思考が追いつく時間あるじゃない」と思うようになった(多分に思い上がりだが)。今日のプレイで、やっとその感触のしっぽに相当するものがつまめた。この一歩が漸く生み出された東京遠征の成果であり、これを以て初めて3人の方とプレイを交換しあった意義が出たのではないかと思う。この場でも重ねて御礼を申し上げる。
 Master(W)でも一応自己ベは飛び出したものの、まだ6分を切る領域には至らず。おまけにm7橙[-SR](6'06"28, 184,549pts., ST銀SK銀; appenda/061119_4,5.jpg)の上にSK金も取れずプギャー。やっぱ俺Classicの人間ですわ。

Games -- Sokoban Aggressive
 1週間の封印を経て、蘇った男SQR! もう俺にはこの追求しかなかった。

GAME OVER (Movie Ver)

 Course 2-Score: 367,590pts.(S++) Time Left: 1'46"66 (appenda/061119_6.jpg, http://www.youtube.com/watch?v=f64MxTBTHEY)
 相当ミスが多かったため、自己ベストに限りなく近いのは2-3だけってオチだったのは笑えなかったが、それでも37万点(以降)に望みを繋ぐ一ゲームになったであろう。Course 1-26万点が相当無理の塊なのに比べれば、Course 2-38万はまだ望みがある。正直言って、これでGame Overにさせてくれませんか?>えす氏
 これ以上は、俺のマゾゲーマーの意志を継ぐ者に委ねるとしようじゃないか。


20th November, 2006 (MON.)

University -- To Do
 今週末、研究の中間発表である談話会が控えている。まさにデスマーチ。死ぬか生きるかを占う重要な一石であると思う。
 M1読書会を終えた後も、データの検証が続く。まず、動詞・不変化辞の二者間の結束の高さから階層を作って類型化して表にまとめる(まとめるのは一番楽で、しかも手堅い方法だ)。そして、英語で考えられる2通りの語順についての特徴を「現代英語正誤辞典」(荒木 一雄, 研究社)などで調べ上げる。思った以上に難敵である。想像以上に信じられない現象も発見したが、ひとまずは問題を抱えすぎても厄介なことにしかならないので、出来る限り列挙する特徴は絞る。そして、動詞がComplex Headであるという教授の直観を念頭に置き、このイディオムの連結の度合いが再分析の可能性の高さとして結びつけようという仮定が出された。また、特殊な例としてのドイツ語は、Verb-Secondの要請がPFによるものであることを前提として、このPF要請を盾に、再分析においてもイディオム性の差が影響するのではないかということで話を進めようと思う。そして、ドイツ語のような枠構造が不変化辞を引き離す(一方、語彙的に完全に編入される接頭辞(Prefix)は真のcomplex Vとなり1つのスロットに入ることが出来る)と考えるのがよいだろうか。LFとPFをこねくり回して何やってんだ、とか言われそうだな。まずは、データや諸問題を倒せるようになんとかこの第1に仮定した構造を自分でも弄ってみると共に、諸先輩の直観を仰ぐことにしよう。あと4日。道は長い。

Games -- Sokoban Aggressive
 作者にNINJA呼ばわりされてしもうた(http://d.hatena.ne.jp/nemu90kWw/20061119/p1)。どうする、お二方。
 リンク張られても歓迎というか、そもそもWeb2.0の産物にリンクを張るなというのが無茶な話です。それにしても恐ろしいことは、「真の理論値」を目指そうとすると、まだ1万点〜3万点ぐらいの上乗せが考えられる(註)ということです。パターンゲーの厳しさはそこにあるのでしょう。もう人力に頼ると壊れますので、私は一度手を引きます。

註: 最速値付近で全て繋がった場合を想定した理論値は次の通り。タイムの値は計算の便宜上0.05単位に統一し[ベスト値の切り上げ]、ステージスコアは整数値で切り捨てた。
 Course 1: (3.65, 4.55, 7.95, 7.15, 13.25, 1.65)=38.20 / Ideal Score≒269,280pts.
 Course 2: (8.85, 6.50, 6.45, 11.75, 8.95, 16.05, 19.00, 4.30)=81.85 / Ideal Score≒394,421pts.

Bad Company/Foods
 ゆき先生(http://cheapwest.seesaa.net/article/27910295.html#more)から肉食わない?と誘いがあった。土砂降りの雨だろうが、行かなければそれは食の達人の招きを不意にするという冒涜行為である。断乎として向かった。肉は良いものだ、とM1の友人を説得した。まさにその通りとお墨付きを頂いちゃあ退くことはない。
 1,000円でボリュームもある「お食事セット」が魅力的な「ローズガーデン」さん。概略、「佳い店には必ず戦場を華やがせる女将がいる」という"Triple A's Generalization"はまたも正確な予測を明らかにした。尤も、最近は戦場の女将か気前の良いマスターが存在するという条件になり制限力は弱まったが、それでも強い一般化であることには間違いない、多分。いざ口にしてみるとこれがどうか、肉が旨い! そして俺の泣き所を突いてくる岩海苔のスープ、しそドレッシングとシャキシャキした野菜の組み合わせで2倍楽しめるサラダ、小さい器ながら圧倒的にはみ出る漫画的表現に到達した飯! ああ、だのに1,000円……焼肉屋でこんな値段では絶対に楽しむことは不可能であろう……原価ぎりぎりの戦いで、こんな素晴らしい食事を振る舞うのだ。キノコ好きにも充実したメニューが多いので要チェックだ(俺は知らない。他はどうであれ、少なくともシイタケとナメコとマッシュルームだけは一生付き合うまいと思っているからな)。飯のうまさを満喫し、実は量には満足していなかったという大食いならではの悩みにつきまとわれたが、この店は良い。少なくとも、友達と大挙して食べるには間違いない選択肢だろう!
 そして、異様に腹が減ってしょうがない俺に対し「やれやれのび太君は仕方がないなあ」とばかりに、デザートにはシャノアールのパフェ

 次々来たん\(^o^)/オワタ

 そして今週最後の命の洗濯かと思うと、人間外談義にも熱が籠る(パフェが溶けるほどに)。内容は概ねいつも通りとして省略しますが、1つだけ、どうか書かせていただきたい。
 ゆきさんがかつてKANIMISO(1990/PC98/STUDIO☆FEMY)をノーコンティニューでALLした化け物だということが分かりました
 げえーっ、俺確か27面くらいしかクリアしたことねーぞ! やっぱり親和(お引き取り下さい)は格が違っていました。陰の参謀程度では務まらないことを首領は平気でやってのけるから困ります。とりあえず合掌。俺も息の限界です。