1st December, 2007 (SAT.)

University -- Incidents/To Do
 先輩の談話会。俺は久々に、話題においていかれる気持ちを体験してしまった(関係節には馴染みが浅いだけに、やはりそれだけ噛み砕くにも時間がかかる。汗顔の至り)。
 コピー代の管理に関する表計算を任されていたのだが、手続きをずっと見ていくと、何件かミスがあることが発覚しており、それを最終的に修正し、カウンタの数字だけで簡単に管理できるようにならないかと頭をひねった結果、少しはマシなワークシートが出来た。簡単な計算と雖も、表計算を侮ってはならない。

Bad Company/Foods
 tondekeさんが飯に誘ってくれたので、久々8ヶ月かぶり(→2007/04/11)の訪問となる「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」へ。  やはり、よくばりセットはいいもんだ(appenda/071201_1.jpg,appenda/071201_2.jpg)。また、野菜とチキンの2種のカレーからなるWセットも垂涎もの(appenda/071201_3.jpg)。Web上で何かやりたいねという話を聞かされて、出来れば俺も協力したいつもりでいるのだが、何かやるにしても適したシステムを探すのは難しいもので、こういう裏の仕組みを知っていれば分からぬこともないかなと思ってみたりする。Webデザインも真剣に勉強しておけば、こんな事にはならなかったはず。はずです。

Tetris: Terror-Instinct
 寝ようかと4時頃見てしまったTETRIS-HOLiCが拙かった、最大の誤算だった。5分どころか4'41"まで迫ってたらしい(http://tetris-holic.at.webry.info/200712/article_1.html)。俺はこの人に対して今までにない恐怖を覚えたのだった。

Fact Sheet/Something Weird
 ウェールズ旗がユニオンジャックをレイプ(http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1061497.html)
 当然ウェールズの旗はデザイン知ってて、「きっとこれは破滅的な内容になるか、あのドラゴンがださいという話になっているに違いない」と半ば上からの目線で見ていたのだが、内容が面白くて負けた。一応、シュールスレです。

New Super Mario Bros.
 5周目への通過率すら減ってて泣いた。一人泣いた。
 一応、記録はあるよ:第4位: 9,694pts.(appenda/071201_4.jpg)


2nd December, 2007 (SUN.)

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 眠かったー。14時起きにも負けずに頑張る(その前に頑張ることもあるだろうに)。
 Doubles-DP: 久々に自己ベストに近い記録(6'21"38; appenda/071202_1,2.jpg)が飛び出して俺自身も吃驚した。うーん、6'20"が大きな壁になってきたね。頑張れば、100で2分前後(もしかすると切れるかもしれない)までは行けるわけですよ。そこまでに20回は積みミスを犯してしまっている。片手でレバーとボタンを両方対応させると、細かいところがお留守になると言うのはあるのかもしれないが、頻度が酷すぎる。こんな精度の低い腕、潰したろかと思いたくなるわけよ。ここを何とかしないと、10秒縮めようと言っても無理なわけです。最後のセクションでどうしても牛歩を迫られざるを得ませんから。
 Shirase(W): 俺が思っていたことを、漸く達成できた形というのが、これなのかもしれない。5'15"68S13緑。これで、口先だけのプレイヤーと言われ続ける誹りも免れるのではないかと思う。最近は某スレも心ある人達ばかりが来るし、個人的には居心地が良くなった。
 ついでに今回また懲りずに動画を上げ直す際にもSTの計算を概算でしてみた(http://jp.youtube.com/watch?v=mTcWpN2Tzv8)。20秒切りのセクションが1個もない。これだけはどうしても評価できない、酷すぎる。
 Master(C): (認定段位が実はm6まで)落ち込んだりもするけれど、わたしは元気です(Qualified to m8, 6'05"90, 193,524pts., ST銅SK銀; appenda/071202_5.jpg)。しかしスキルがめちゃくちゃ下がってたぜ。


3rd December, 2007 (MON.)

University -- To Do
 一昨日編集したコピーの管理台帳について、1件の確認を取った。後は修論の謝辞欄と、明日の予習の確認。やることは多い。

Bad Company
 みしゅ先生がなにやら後輩の方と話し込んでいる。あれはマリオ2の人(→2007/02/04参照)ではないか。随分と久しいなと思ってloginすると、話題が急にカオス化した。しかし、3人で振り返った次の瞬間!
「どーもー、親知らずを抜いて参りました」
 遊牧家族先生が颯爽と登場! こ、これはもしかして……4人揃えば!

 う〜〜〜っ、ょすみ〜ん!!(cf. appenda/071203_1.jpg)

 管理人は、自分のプライド、レーゾンデートル、他全てをょすみんしてしまい死亡。後は、一切答えてやらないからな。ただお引き取りメンバー公認証明が発動されるのは、時間の問題と見て間違いない。

Working Man
 いまいち私には、マルチタスキングの手段がわからんとです。こんなことなら、専門の勉強をするという手も、馬鹿にしないべきだった。それでも大学行くのは正しかったと思いますが……

Games -- Super Mario Galaxy
 久々にトライアルサーフィン(58"30; appenda/071203_2.jpg)。57秒台にすら辿り着けぬ有様。今の最速動画がそれを平気で切ってたのが、どれだけ恐ろしいかが分かるだろう。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 走行下手糞になってました。TAPがお通夜気味。まあ、私は私でバイオリズムさえ掴めればどうにかなると思います。

 613さんから、突然メールが届いたので、思わず歓声を上げたのですが、日記も着弾のようですね(http://d.hatena.ne.jp/har-k/20071203/p1)。ほんとにおめでとう、後でたんまり(略)。
 自分の記録が出たという時には、勿論喜びはするけど、(殆ど大台ということが無くて)素直に喜べないことの方が圧倒的に多い。本当に心の底から喜べたのはDeath-Gmの最初のカンストだけだ。思えばあれも2年前の出来事となったのか。しかしながら他方では、人が何か目標を達成したというと、どんなことでも手放しに喜べてしまうし、俺はお節介焼きなのでついつい「おめ!」と書き込んでしまうことも多い。私もどうやら大分歳を取ったのか、そこまでは知らないが。
 私が氏と面識(ビッグバン)を持ってもう3年にもなろうという所もあるし、特にSRS中心のテトリスの発展に関する陰ながらの貢献の大きさも、期待に表れていたのだと思う(少なくとも、私はWorld RuleやTDSを真面目にやる「動機」が無かったら、全く興味の無いままで終わっていたに違いないと思う。そう──Shirase(W)の2強対決を約20〜30秒後ろから傍観していられるのも、詰まるところは彼のお陰なのだ)。その苦労が長いのもあって、努力が報われることには一段と喜ばしさを感じたのだった。
 Tiの稼働から2年半が経った。更なる歓喜を求めて、新しい仲間と好敵手をこれからも貪欲に募っていきたい。スコアやタイムといった評価を競うゲームならば、競争相手がいなければ何の価値もないからだ。


4th December, 2007 (TUE.)

University -- Incidents
 授業後梱包作業。研究室内にも随分と段ボールが溜まっていることを思うと、気が滅入ってしまう。

Foods/Bad Company
 学校から帰ってメールが届いたので、ゆきさんと飯。ご無沙汰の組み合わせでGokochiに行ってきた。久々に野菜カレーを食ってきたが、あんなに野菜が旨いとは恐れ入った。
 その後ドトール経由俺んち。土産物まで頂いて有り難いことです。というわけで、バリバリ食うぜ!

Games -- Super Mario Galaxy
 エイに兄弟対決を持ち込んでみました。トライアル: 57"91, チャレンジ: 50"80(appenda/071204_1,2.jpg)
 因みになぜチャレンジの方でペンギンコーチが出ていないのかというと、お察しの通りカミカゼゴール。まあ、ここまでやれるほど(http://www.nicovideo.jp/watch/sm1544478)ウィットには富んでいないということで一つ。


5th December, 2007 (WED.)

University -- Incidents/Foods
 2限ですぐに終わらせてしまったので、友人に誘われ飯を食いに行く。この前、休日で食えずに終わった「あじやま」へ。昼のランチにトンカツが食べられるという幸せな話である。
 トンカツがレア気味で、肉の柔らかみが出ている、この旨さは他では味わえそうにない! なかなか市販や外食でも、旨いトンカツというのは探すのが難しいが、よく見つかったなあ。
 しかし、財布を開けてみると、俺の財布の中でぴんぴんしていた英世が……ない……!?(∴管理人は無銭飲食の危機を無心により切り抜けて死亡)
 宮城県民ならお馴染み「貸借は友を失う」の原理によって即日返却。ほんとうにすみませんでした。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 T. A. Death: 久々に790とかが出た。4'20"だったので、普通に行ってる限りでは、5'20"を切るか切らないかのぎりぎりの線だと思うな……。
 HさんがST金をがんがん点けまくっていたので、大阪に取り憑かれたのだろうと冷静に見ていた。それよりも、俺は恐ろしい光景を見てしまったのである。Deathの3'26"とりカンとか……人間の成長曲線じゃねえ、とじわじわと恐怖が迫っているのが分かった。早く何とかしないと殺される……

Games -- Super Mario Galaxy
 兄弟対決、続編。現在の最高記録(http://www.nicovideo.jp/watch/sm1508548)であろう動画を参考に、かなりタイムを縮められた。コーナリングのちょっとのミスが大きく影響するので、ベーマガのMUTE CITY Iトライアルの如き状況になってきている。ダブル一点読みに相当するのは常時縁走行か(appenda/071205_1~6.jpg)。
 トライアル:ルイージが57"71で昨日のマリオを抜き去る。対してずっと伸び悩んできたマリオだが、40人前後の犠牲を払い、一気に57"58で勝利した。
 チャレンジ:50秒台の壁に苦しむ。先に壁を破ったのはやはり緑の人気者(49"85)。しかし、マリオは神風ゴールで49"75を達成、しかも更に貪欲に記録を伸ばそうと奮起、生還しながらに1F短縮(49"73)
 以上、「兄を越える弟など存在せぬわ!」とジャギの如き勝利を収めた赤い配管工でした。
 すっかりゴール後に存在を忘れられているペンギンがいますが、いいこと言ったぞお前。そう、一体何百匹のマンタロウが犠牲になったことか。しかし、この恐るべき配管工達は、きっとスピードランの未知の世界へと飛び込んでいくのでしょう。そのためなら、いくらでも自分の屍を積み立てよう。I can fly!!

Smash Bros. Brawl/X
 まさか、これが予言の発端だったとは……!?(→2007/11/27)
 スマブラに田中 宏和参戦で話題に出した「X」ですが、なんとクラブニンテンドーでもサントラに収められたあの曲が、高濱 祐輔アレンジになって帰って来よった(http://www.smashbros.com/jp/music/music16.html)!! なんということだ! ずっと高濱のターン!
 感動の余り死んだ。そして、この曲の作曲は田中氏ではなく戸高氏だった模様。俺の中でとたけけが神になった。ちょっくらK. K. Sliderのサイン貰いに行ってくる


6th December, 2007 (THU.)

Home Key
 宅急便から、滋味のある食料が大量に送られてきた。涙することこの上なし。

University -- To Do
 重い腰を上げてやっと書き始めた。しかし、後で同僚達を謝辞に書き加えてなかったという事実を知り、青褪めてしまったのである。謝辞欄に血を流す男、スパイダーマ(管理人は苦々しい後味に耐えられなくなりスパイダーストリングスで首を吊って死亡)

Games -- Arkanoid DS
 あんがー氏が居合わせるという都合の良い陰謀で「アルカノイドDS」(2007/NDS/タイトー)を買った。当然パドルコントローラつきでな。ダイヤル式でガチガチ言わせるもんかと思ったら違って、すーっと回転してがらがらと鳴る形でした。アルカノイドのダイヤルなんか触ったこともないので、想像と違う物が出てきたわけだな。
 ブロック崩しは相当苦手な管理人、左端ルートのノーコンティニューを目指すも敢えなく撃沈する。D-2が滅茶苦茶むずいよ……ということで、初期のバリア数を1から泣く泣く2にして(ノーミス時の1,000点違いが痛いのよ)リトライした結果、28万点を漸く越えたところ(Round 30[P-5], 286,070pts.; appenda/071206.jpg)。P-5はもっと難しかった件について(初代アルカノイドの面に配置だけ同じようなのが有った気が)。いやー、だからアルカノイドは苦手ってあれほど言ったのに。
 全消し/特定の色を全消しするタイムを競う対戦モードも搭載。Wi-Fiでは無駄にレーティング付き(勝敗数はフレンド対戦でしかつかないことに注意)。もっとやる人増えれば、これが役に立つのに! みんなでやろうぜアルカノイド! のぶ代師匠も見守っています!(管理人は「手間ぁ取らせやがって」と正確な反射角でのぶ代氏のバウスに処理され死亡)

Sokoban Aggressive
 更新来たぜー!(http://d.hatena.ne.jp/nemu90kWw/20071206/p1) なんと待望のリプレイ機能も搭載で、近々40万点オーバーの映像が見られるはずだ! よーし、技を盗んでみせよう。
 それにしても俺の嫁ことスーパーイチゴまんじゅう子が可愛すぎる。わざとやっているとしか思えない(勿論、俺はわざと殺られているよ)。

Working Man
 結局丸投げじゃん、と絶望したら、朝の5時だった。修論と同棲生活なんてイヤン


7th December, 2007 (FRI.)

University -- Incidents
 家の飯で切り盛りしながら元気を回復した俺は、授業の後の後始末に精を出すのであった。11日にまた引っ越しがあり元の研究室に戻れるというのだから、致し方がない。

Foods
 ラ・フランスが好評であったので、やはり驚いたのであった。おいしいことはよいことだ。だが、今まで持ってきた中で一番旨いと言われた時は、「ほんまかいな」と思ってしまったのも事実なるかな(お前の持ってくる頻度が高いので上書きが働いてるだけだろ、とセルフ突っ込み)。

Bad Company
 613さんが、「ダライアス外伝」(1994/AC/タイトー)を1コインALLしたというので、喜んで迎えたのであった。そして動画のサポート。
 のぶ代を布教したところ、「頑張って再現している」とのこと。「しかしマゾすぎてこれはないわ」とのこと。残念ながら同感である。

Games -- Arkanoid DS
 P-5の元ネタは、初代のRound 30です。マゾすぎ。結局初期バリアは2として進んだところ最初の壁であるD-2でノーミス通過。そこから暫く飛んでP-5まで到着。バリアを結局最後まで失ってしまうものの、なんとかリベンジを果たし、30万点も目前と迫った。最終ゾーンはZ'で、これは狭いところに入れるステージを除きほぼ問題なく善戦。最後にうつーじんを救い出してゲームエンド。完クリで380,860pts.(appenda/071207.jpg)。次は40万点台を目指して別のルートへ行こうと思う。ポイントざくざく。


8th December, 2007 (SAT.)

University -- To Do
 修論は、1日5ページ。このペースでぎりぎり70枚まで漕ぎ着けられるか? (8割生還の法則を適用すると、80*0.8=64ではありますが、まあそれが許されるかどうかというのはおわかりでしょう) イントロダクションで筆が進まない時点で終わってますが?

Games -- Arkanoid DS
 アルカノイドDSには気にくわない仕様が多いのですが、その中にはゲームシステムの好みもあるでしょう。バリア制よりは残機制とか、やっぱり長方形じゃないと気分が悪いとか、そういうのが色々と。でも、ネタバレになるかもしれませんが警句を発しておきたいのです。一番アホなのはランキングですよ。難易度によるボーナスも糞もない(ま、EASYにしたところで速度上昇を気休めで緩めるくらいしかできないのですが)上に、一番ふざけてるなと思ったのは「中断セーブ」機能で、CLEAR GAMEを途中で止めて、その後でそのステージと開始時のスコアを保存した状態で再開できるっつーシステムなんですよ。ただし、残バリア数とボーナスはそのまま残るというオチ付きで。のぶ代先生がこれを知ったらスタッフの前で黒ドラになってるはずです。ミスしたら(しそうになったら)中断を使って進んでれば、下手でも40万点オーバーが楽に取れると聞いた時は、タイトー本社を投げつけてやろうかと思いました。幾らゲームが面白くともきちんとスコアを厳密に管理できるようなシステムをつけてなければランキングはただのゴミです。所詮コンシューマーゲームの限界と割り切ってそのことを考えていない輩の多いこと多いこと。
 俺は正攻法でクリアしましたが何か(426,830pts.; appenda/071208.jpg)? 今回はC以外は全部左のルートを通ってVエンド。Wi-Fiランキングでも3位になったが、後で44万点の人が出ていて4位後退。悔しい。潰さねば。このルートが一番点数稼ぐのが楽そう。バリア0で行ければ余裕で全一だろうなあ、と思いながら、次に一個右のルートに行ったら、M, R, Wの全てのゾーンがピンホールステージ内蔵で、いい加減DSを半分にしたくなった心境。お陰様で32万点乙。やっぱりVルートが鉄板だな、という思いを明らかにしました。

Foods
 疲れたのでウイスキーをがんがん呷って寝ます。


9th December, 2007 (SUN.)

University -- To Do
 一応少しずつだけれども、進んではいるよ。まあ、このページ進行を10日以上も続けなきゃいけないわけだから、相当きついのは仕方がないのだが。それでも8割生還には厳しい見方が為されているので困る。

Games -- Meteos
 懐かしい! 懐かしすぎて涙出ちゃった!(http://www.nicovideo.jp/watch/sm1634634)

 よーし、懐かしいので俺も!、というのが上の動画。オートフォーカス忘れてボッケボケの俺涙目。というか、DSの画面をキャプチャするツールを誰か早く出せ(インテリジェントシステムズ? 業務用は値段の上でもオーバースペックだろ)。全盛期はこれよりも2.5万点以上点数伸ばしてたんだから、頑張りすぎというほかないだろう。まあ、2分12万点(→2005/11/21)が出てたんだから、それぐらいは出来てても不自然ではないんだろうがね。

Arkanoid DS
 右のゾーンはDSをへし折るフラグにしか見えない件について。Xクリア(421,810pts.; appenda/071209.jpg)。遠目から見なくてもHと区別の付かないフォントはやめれ。


10th December, 2007 (MON.)

University -- To Do/Working Man
 少しずつ進んでいる。本当に少しずつですみません。まー、そんな日もあるでしょう。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 今日のテトリスは程々。銀行に出掛けるつもりで行ったんだが、時既に遅しだったので(というか営業時間も把握していない管理人は、いっぺん死んだ方が良い)、仕方なくという感じ。
 Doubles-DP: ミス置きが相変わらず目立ちすぎる中、いたたまれない記録が出る(1P: 295/2P: 287, 5'48"30; appenda/071210_1.jpg)。これじゃあ6分にかなり近付いてるはずなんだよなあ、勿体ないのでクリアするまで粘着してみる。
 出やがった。(6'05"00[-R]; appenda/071210_2.jpg) ランキングもご覧の通り(appenda/071210_3.jpg)。やっぱりこれ6分切れるな。序盤の100-100が大体2'03"(1Pが105位まで行ってたはず)、片方の100通過だけなら目測1'54"とかなり速まっている。このゲーム、どうやったらタイムが縮まるか、とか色々一応は考えているんだけれども、やっぱりミスしない、4列+4列は低速域で維持し続ける(具体的には、170Lv.まで)、この2点が大事だと思います。その後で、Bを使い始めるなどの高等テクニックを身につけていくとしても、遅くはないでしょう。最近はDPのプレイヤーも増えてきて非常に嬉しい限りです。

Blaze-Up
 遺憾ながら、また良貨の駆逐がなされました。(i)日本国内のみ、(ii)かつ、セールスポイントに掠りでも言及する(他の、端の所はお咎め無しのようで)という2つの条件にそうものに限り、草の根宣伝の一切も許さないという、こんなdisjunctive conditionは素人考えでもおかしいのではないですか。ほんと、虚言癖と二枚舌は人間の言葉の操り方の中でも、とりわけ最低の組み合わせですよね

Onto the Line/Grouching(久々の長文注意)
 二重の燃料のために寝るのが5時間も遅くなった。この話題を5時から絶賛追記してしまった!
 はてブで賛否が二分されたという記事に対しての、明確化(「コッペパン好きのブログ」; http://d.hatena.ne.jp/waseda23/20071210/1197270243)だってさ。
 もともとは梅田 望夫氏の著書「ウェブ時代をゆく」(筑摩書房)にあるという「好きを貫く」「けものみち」という一本槍の嗜好が今の世にそぐわないことを、ポストモダンの失敗の観点を含めて主張して、私には、人生で一緒に心中するほど好きなものは存在しなくていい、ということを言っているらしいエントリ(「分裂勘違い君劇場」12/09付け, http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20071209/1197232409)がありまして、でwaseda23さんの最終的な位置づけとしては、梅田さんと劇場さんの論じてる「好き」という状態を示す閾値が全然違うじゃあーりませんか、って話ですね。あと、「ステーキの喩え」が変とか誤読のもとだとかは幾らでも言われてることですので、前提にして省いちゃいましょう。
 私は、後者みたいに「あれもこれも全部適当でいいや」という行き当たりばったりの生き方をしていますから、「馬鹿になり過ぎるのも馬鹿らしい」という考えが、社会人ではないにせよ、自分の手元の範囲での理解は出来ます(どうせ、才能のない、私のように「降る袖のない」人は凄い人の後ろを追っかけることしか出来ないのが人生だろう?、と思ってしまうからです)。私にしても、職業や学歴を探すところのはじめのはじめの場面からして、一本槍の戦法に旨味がないことは分かってます(子供の頃は、勉強も好きでしたが、結局大学に入ってから、いかに怠慢と緊張のバランスを取るかという易き考えに流れてしまったのは反省……)。しかし、残念ながらたった一つ、テトリスに関してだけは、前者の考えに属しています。
 「好きを貫く」場合の好きとは、まさに文字通りの万難を排する場合にしか当て嵌まらない希有なケースのことを言っているのだろうだと思います。なので、コッペパンさんとこのコメント欄でリードしてくれたコメントは、非常に価値がある物だろうなと踏んでいます。

 ──私が一番好きなもの、そう私にとって、テトリスはなんなんでしょう?
 正直に言えば、テトリスに関わった人達には、疑問を持っているどころか、苦虫を噛み潰したような表情を作るに決まっています(でも、ゲームへ魂を吹き込みたいその熱意はプレイしててもとても伝わってきます。だからこういう価値の追求をする才能が、世界でも有数レベルなのは否定しません;「拘り」の旧来の用法に近い)。また、もっと余計な広さでゲーム業界を見ると、なにやら自分の理想で大風呂敷を広げては他の会社を婉曲使いまくりで罵っているのに、いざ頼みの胴元が劣勢だと持論をひっくり返しちゃうような周りのクレーマー(異物)が目に入ってきて、この業界に目を遣らない方が良いんじゃないかと思ったりします。そしてトドメですが、ハイスコアラーなんか私の周りに数百人も集まってるから多いように見えてるだけですが、実際は絶滅危惧種レッドデータにでかでか載ってるような方々ですからね(私は社会的には別だが、貴重な存在なんだー!、と奇声を発する管理人はダックハント死)。ある意味趣味の領域の中でも障害報告が追いつかないものです。
 それでも、私は自分の不甲斐なさという最大の強敵と、それとのシャドーボクシングに付き添ってくれる素晴らしいプレイヤーとのためなら、そんな内や外の些細な苦しみすら忘れられるのです。テトリスのために死んだり、還暦なってもDeath-Gm獲ろうというのは、身体の無理が及ぶ限り本気です。自分がスランプに落ち込んだら、もうテトラミノを摂取もしたくなくなることがありますけど(≒ステーキを食べたくない状態)、その苦しんでる自分を、ボコボコに打ちのめして変えてやろうと、バイオリズムに頼ってみよう!、と思うのが私のテトリス観であり、そのバックボーンのお陰で、1枚のフロッピーを父から貰って間もない頃から18年半以上もお付き合いできたわけです。
 そして万が一、私がテトリスを遊ぶ気にならなくなるのは、ゲーム(娯楽)の基本中の基本である「誰かと争う・対話する・共闘する・誰かを傍目で楽しむ」といったような、人との間接的な繋がりが消えた時テトリスユーザーがこの世から完全に消滅した時だけなのでしょう。
 2番目に好きなものは、何かも知りませんが、恐らくそれにはまるで及ばないでしょう(仕事をする上では、こういうものを相手取った方がよい。適度な見切りや休み癖がつくから)。数学の先生に言われたなあ、義務じゃないから、自由に振る舞えるって。傍観者にも物好きにも、どっちにも転べるって。primaryという言葉の重責について、暗に示唆していたのでした。

このエントリから言えること(オフレコ)
 ネット上で論争に巻き込まれて血を見るなんて、碌なことにならねーし自分に利にならねーことはやりたくねー、ということを言って、参加する自由を盾に逃げてしまうことがありがちな筆者でしたが、自分の身に切実に関わるようなことは、何か一つくらいは抱えておくべきだなと思ったのです。弁論型・社会派というのかよく分類が分かりませんが、そういうことに身を置くことが常だと思ってる人達は、立ち振る舞い方を知って利になるところだけを獲りたいという、それこそ一本槍に長けてるんでしょうね。話題も多岐な中から選べるから、食い飽きが起こる可能性は低いしね。
 感傷的になってごめんなさい。修論前なので、この程度の自制が恥ずかしながら限界でした(管理人は「だったら朝の5時に日記の追記すんな!」と鉄ハリセンで殴られ埋葬)。