1st January, 2008 (TUE.)

Onto the Line
 今年も「焼夷弾を躱せ」(現在第4装填)を宜しくお願いいたします。今年も改装を予定していますので、blog化(多分アンテナ捕捉用のRSS導入)における知恵を募集中です。

Tetris: the Grand Master/Games
 2006/12/25に紹介した2007年度のTGM目標をおさらいすることも兼ね2008年の目標を垂れ流してみます。今回は現実的にいきますが、特に太字は気合いを入れたい物です。

 Ti-Masterには特に興味はないです。というより、TAPでのケジメをつけない限りは、どうしようという気が沸かないからというのが今の所の答えかもしれません。まだ、当分楽しめるしなあのゲームは。

 他のゲームの目標は、特に見付かりそうな物もありませんが、今のところはやっぱり「あやうし! ボムへい」の世界記録奪還が見所でしょうか。どのゲームにしても、若造には負けておられません。自分より若い世代を侮って死んでいく老人を見るのは、いつでも虚しいことです。

Biohazard 4
 のっけから初笑いにマジゲーマーの鈴木 史朗氏(http://www.youtube.com/watch?v=8DPw1nMCU20)
 「レオン!」「クラウザー!」で加山 雄三先生と双璧を為すバイオプレイヤーの片割れが実演だぜ!
 「焼きます」「ぶっ殺します」「ちきしょう」などの卑語をも辞さず、今までのイメージを華麗にぶっとばす闇史朗が美技を披露した。70代ゲーマーの皆様方におかれましては、こういうゲーム脳(無能)論者をどんどんぶっ殺して欲しい所存です。私も微力ながら焼きます。俺も還暦でDeath-Gm取れるように頑張らないとな。

Home Key/Foods
 年越しそばを食って疲労困憊の我が家に、未曾有の危機が襲いかかる(お前の周りはいつでも未曾有の危機か、使い方に注意されるぞ)! 実家だ!
「さあ、たらふく食べていきなさい」「さあ、酒を飲んでいきなさい」  それは良いだろう。許す。だが、あの「白い酒 フレッシュ東光」ってのは何だー!!(註) あれと嘉に殺された。そして僅かに残った俺のターンも従兄弟達(特に一番下のやんちゃ盛り)に分捕られた。くそ、まさか現実に死(=酔い)を見ることになるとは思わなかった。でも毎年こんな感じの始まりなので特段気にしてはいない。飯も旨いし。

(註)小嶋総本店による紹介。アルコール度数が14-15度の濁り酒。原料は「はなの舞」。


2nd January, 2008 (WED.)

Home Key/Negligence
 箱根駅伝を見ることもないほどだらけてました。観たテレビといったら「世界記録工場」ぐらいなもの。

Games -- Geometry Wars
 何か知らないがローカライズすらされていない「ジオメトリー・ウォーズ」(Geometry Wars: Garaxies)の話題で、Twitter組が楽しそうにきゃっきゃしてるので羨ましい(爆発しろとか言っちゃ駄目だ、「鈴木爆発」(2000/PS1/エニックス)を延々やらされるぞ)。Xbox360で当然名前は聞いたことがあるが、実際のプレイ動画を観たことがないので観てみた。

 あ、あああああ、このうごきらめぇ! なにこのくすぐったくなるきもち……!

 管理人は購買意欲をそそられた気持ちをポロリし、さらに「買ったら猿になる」と某S氏に予言を食らいご無礼(年始初死亡)。これで海外版ソフトはMeteosに続き2本目になってしまうのか……小さなロムでリージョンフリーは本当に良いものだ。


3rd January, 2008 (THU.)

Home Key
 基本的に出歩かない、を鉄則にしている年始の暮らしです。が、今日は飲み会とあって、いい物を着てこいと扇動されて行った。

Bad Company
 久々の集いだが、揃う面子はいつも同じの地元飲み(小学校時代の友人のものです)。なんだかんだで飲んできてしまうから困る。
 ──結局は幹事とmixiで接続するに至る。お互い、業の多さに労りたくもならぁな。

Games -- Puyo Puyo 2
 くまちょむこと服部氏(http://www.kumachom.net/)の日記で、動画が公開されていることを知った。なんで俺が知っているんだとか聞くな。たまたま見つけたのだから。
 この動画とコメントのテクニカル・タームの畳み掛けによって、俺は、もうぷよぷよなんか二度とやる気になるまいと思った。パズルゲームなんか嫌いだ!! でも、ダブルスDPで20Gを捌けるようになったら、「凝視」の概念が理解できるかもしれないと思うのだった。


4th January, 2008 (FRI.)

Games -- New Super Mario Bros.
 最近動画の撮り方を忘れてしまうくらい酷い状態ですが、「あやうし! ボムへい」それでもやってます。今日の自己ベは9,403。久々に6周目行ったので吃驚しました。まあ、現実は4周越え以降まるで安定感がないんですが。それどころか4周目の途中で平気で終わります。

Foods
 天ぷらに見飽きた感がしないのがすごい。それが我が家だ。

Books
 珍しく「家の光」なんか読んでいたので父に不審がられた。偶には活字も読んだ方が良いという話をいつもくどくどとされて、本も最近呼んだ物を紹介してくれる。俺も何か薦め返しておきたい所存である。


5th January, 2008 (SAT.)

Home Key
 なんだか時間を失うために我が家に来たのかと思うぐらい、年末年始は平和だった。喧噪に揉まれているのが羨ましい。

Materials
 インナーの次はズボン買った。6,000円程度の出資もやむなし

Books
 「翻訳者はウソをつく!」(福光 潤/青春新書)って本が、M:tG Wiki(《Now I Know My ABC's(UNH)》)で紹介されてた(http://mtgwiki.com/Now%20I%20Know%20My%20ABC's)んで、確認だけすれば必要もないものを買ってしまった。まあ、これを取り上げてくれた著者への感謝ということにしておきたい。中身は些細も些細な「トリビア集」だったので、もっと濃いものをいっぱい用意されていたかと思いましたが……。ちなみに当該のページは、pp. 92-94です。それにしても、特許翻訳出身の方がよくこんな本を書こうと思い立ったものですな、意訳や誤訳とは程遠い世界にいる人が首を突っ込んでくるなんて大変なことだと思うのですよ。

Onto the Line/Games
 情報操作と言ってる割には、こういうのもまともに見過ごせない俺がいる(http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1075715.html)
 ゲーマーという括りだけで趣味が160度くらいは違っている集団と一緒くたにされるのを不愉快に感じている人も、そもそもこんな争い興味ねーよこっちに首突っ込んでくんなと思っている人も、この手の信者論争に辟易しているのではないでしょうか(ピックアップの内容も糞塗れですが、コメントがもう宗教戦争丸出し;ある一派は紋切り型にテロ教団なのか騙りなのか)。この話題の増え方が手詰まり状態なので、私のようなスコアラーはやっぱりゲーマーを簡単に名乗らない方が、却ってスッキリするんじゃないでしょうか。妥協の一手としてゲハの中には「どっちかっていうと、スコアややり込みを重視する人ってアスリートじゃない?」っていう意見も見受けられましたが、そもそもやり込み(自動詞)とやり込ませ(他動詞の使役形)の区別の付いてない阿呆が多いこと、そしてプロゲーミングが幾らスポーツ的要素を含んでいるとはいえ、所謂アスリートと比較するだけの土壌がないことから、この区分ですらまだ十分には感じません。
 少なくとも私が面白いゲームと考えている類のものを保護するには、ゲームという区切りが邪魔になってきて、このままじゃ同族嫌悪というパターンに終わってしまうんではないかなと思うのです。もともと言葉自体は何でも受け入れる広義のもののはずなのに、個々の人によってその区切りが驚くほど針の穴のように小さく細分化されてしまっている──命名の呪いです。定義づけも満足に出来ないのに、名乗ったってしょうがない。ゲームという言葉を私達は気軽に使ってしまっていますけれども、その何処の何が何故良くて、その上で何が何故悪い(課題な)のかを話すというスタンスがまるで取れません。口喧しく扱き下ろせば批評になると思っている輩はまず高等教育を受けるべきです(ネットを繋ぐ裕福さがあってそれが出来てないのはよほど劣悪な教育環境でもない限り自分の責ですからいずれにせよ電源切って下さい)。俺定義で陣取り合戦する時間が一番の無駄です。
 「俺の好きなものに宗教戦争を持ち込んでくる奴らは即刻消えて欲しい」というのが、ゲームをひたすら消費者として楽しんでいる管理人の意見です。この点は絶対歪みません。いつもいつも、日記の1ヶ月に1回くらい必ずこんなお題目を唱えなければいけないなんて、この世はOWATTETA(p.p.)\(^o^)/ (そして、同じこの時代に生まれている管理人の頭は、既にお通夜だ)

Tetris: Terror-Instinct
 反動で明るい光明を持ち込むのが今の私に唯一出来ること。出来れば人を貶すよりは誉めた方が良いので。てことでZABさんの修行風景(http://www.youtube.com/watch?v=xRqA1n50XBo)。
 俺はやっと自分のゴールが何かという回答を引き当てられた。俺には、このような鬼気がまるで不足している。殺しに行く姿勢が無ければ自分が殺される。全国のレベルが引き上げられると、下手をちょっと撃っただけで、自分の首が繋がっていない。だから、一撃一撃を本当に殺しに行くように振るわなければならないのだ。攻めないのは何故か? 何故、不可能なのか? そして、疑問の回答をした上で、それを実践するには何が必要か?
 この回答に近接しない限り、高速域の修行は何一つ意味を持たないことを自覚すべし。


6th January, 2008 (SUN.)

Home Key
 悲しみを振り払って仙台に戻る。まあ、戻ったところで何をすると言うわけでもないが、やっぱり大事なのは引っ越しに向けた家財類の整理。生活に必要のない書籍やCDから先に片付けることにした(ゲームどころかMagicのカードよりも需要が低いものなので)。

Tetris: the Absolute Plus
 Tiが駄目っていうか私は本当に苦手(MasterはSect. COOLがなんか知らんけどぽんぽん落ちるし、Shiraseは手首デストラクションだし、どうしろと)。
 TAP-Masterを2発だけ。Death-mも取れなかったので。まず初カンストがmなら上々。(m, 8'09"58, 234,608pts., ST銀SK銀; appenda/080106_1.jpg)/譜が良かったので8分は切ったがS9乙(S9橙, 7'57"51, 240,951pts., ST銀SK金; appenda/080106_2,3.jpg)。

University -- To Do
 そういや、あの集中講義のレポートの締切って何時だっけ?

Onto the Line
 ストリーミング生電話で爆笑したので以後は回線を切ってお楽しみ下さい(管理人は今日取り付けたばかりの炬燵に潜ると、中から得体の知れないものに引きずり込まれて死亡)


7th January, 2008 (MON.)

University -- Incidents
 久々の学校に行ってみると、普通にM2がactivate状態になっていたので驚いた。そりゃそうか、俺みたいな駄目学生じゃないからね……
 先述のレポートの締切が明後日(9日)と分かった瞬間に匙を投げたくなった気持ちが沸いたのは憎らしいことである。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 TAP-Master: m2回。50秒くらいまでは初手がよいと堪えられるが、残り10秒に必要なのはいったい何なのか……!? テトリスを組むために地形の右側を注視していると、左側のトレースが疎かになってしまう。困った。
 Ti-Master(W): 消えMaster。当然緑ラインだけどね! しかしよくよく考えてみると、500以降グダグダなのにテトリスのためにセクションCOOLが出てきたので、基準がまるで分からなくなってきた。やっぱり、+2秒の制限があるのだろうな。消えロールは初手で運良くテトリスになったからだろう、Master扱いは。
 肝心のスコアを見てみると、5'47"03, 189,410pts., ST銀SK銀……オワタ!

Games/Fact Sheet
 なにがQWiinだよ! なにが!(http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200801/sha2008010802.html)
 エリザベス女王が出したボウリングのスコアが気になる諸兄は何万といるはずだ、たぶん。宮内庁に空気を求めてはいけません。
 ところで、「Wii Sports/はじめてのWii/Wii Fitでフィニッシュです」という層の話をよく聞く限り、ゲームをやる人口が実際に増えているとは思えないという危惧があるようだが、危惧と言うよりも寧ろそれが答えではないか。ゲームがバブルを迎えたエンターテイメントでなくなったというのはあるのだろうが、ある時期から「一人遊びへの代名詞」に変貌し「人口に膾炙した競技」でなくなった、その熱と楽しさ(ゲームの奪い合い、なんて聞いたことがないよね?)が完全に抹殺された長い暗黒期への報復のため、今になって「最大限に概括化された競技」の姿に戻ろうというある種のマクロな懐古コンセプトに基づいてるんだろう。そんなことは誰もが思ってるだろうがね。
 実際に考えてみると、「ボウリング他4種のスポーツの疑似体験ソフトがあるよ」「ポインタを使った射的があるよ」って言っただけでゲーマーがすぐ靡くはずもない。でも実際にゲームがただの玩具に戻ってくれた方が、人は寄ってくるのだった。俺達の競技は、ゲームという神格化されたものではなく、ただの遊びの延長だ。
 明日にはGeometry Wars: Galaxiesがやってくるのでがんがんぶっ殺すぞ。俺の時間を


8th January, 2008 (TUE.)

University -- Incidents
 授業がとうとう最後になってしまって、私はアジアの小都市をずっと彷徨い続けるという苦行に身をやつすことになりました。まあ、もしかすると東京への下見へ行くことになるかもしれませんが、学割が1枚も取れなくなっていたことに絶望です。

Games -- Geometry Wars: Galaxies
 ある夜、管理人の元にゆうパックが届きました。Geometry Wars: Galaxiesキター!!(appenda/080108_1.jpg)
 やっぱり輸入品故か6,000円弱ほどかかりましたが、それでも1年間ぶっ殺し合いが楽しめるゲームとあっては黙っておられません。Xbox360を買ったにも拘わらずやらなかった己の愚かさを悔いつつ、プレイしてみたいと思います。
 まず、操作系としてやはり特筆すべきはタッチペン。スクリーン中心からの位置を取り、アナログで発射方向を指定するスタイルを取っているので、実質右スティックの肩代わりをしてくれます。左手を自機の操作に使うのはいいのですが、Lでボムは少々どころかかなり押しにくいので、緊急回避の時に使えなかったらどうすんだボケ、って感じです。これは改良の余地があっても良かったのでは(Wii版だとZがボムに割り当てられてるらしいので楽だね、羨ましい)。もう一つ文句をつけるなら起動直後のクレジットデモを飛ばせるようにしろということです(ただでさえデモもムービーもないからなんでしょうが……)。
 内容は、箱ユーザーにはお馴染みRetro Evolved(Retro単品はない、残念)とメインのキャンペーンモードであるGalaxies。前者の説明は割愛して(箱版の動画見とけ)、後者を紹介。Geomという通貨に当たるアイテムは、買い物のためだけではなくゲーム中でもエクステンド/ボム追加の重要要素になっており、アイテム集めは無駄でないことが示されている(ただし、アイテムを集めることを強要するため、既存のルールとはかなり変わってくる)。新しく登場する敵や色んな形のプレイフィールドのバリエーションでステージに変化を与えているようだ。好みの惑星を見つけてみるのがいいか。次にGalaxiesの追加要素で重要なのはオプションに相当するドローンの存在。ドローンは攻撃やサポートなど色んな行動から1つの挙動(behavior)を選ぶことが出来、それによってどういうプレイスタイルをするかが変わってくる(勿論、10レベルにするのがベストだろうが)。お勧めは手頃に買えるCollect(収集)タイプ。近くのGeomsを拾ってくれるので、点数の乗数(multiplier)が復帰後に上がりやすくなり、買い物以外に重要なエクステンドにも欠かせないので、余り自信のない方はこれでやってみてはどうだろう。
 あと、CLAEISで早くも処理落ちという情けない現象が発覚。そんなこと言ってもゲームは面白いけどな!

 さて、例によって管理人記録と行きますよ。だらだらやっていると、ルールと操作の骨を意外と覚えていくものです。しかしボムの位置には難儀しまして、最初のステージの結果は3回やってハイスコアは9.58M(appenda/080108_2.jpg)。それからALPHA惑星の全ての面を、一通りゴールドまでプレイしてみるとこのようになりぬ(Evolvedの点数付き)。1,300位オワタ! Evolved50万すらいかないオワタ! だって赤自機(Repulsor)が強すぎんだもん。エアーマンが倒せないじゃなくてRepulsorに倒されるだよ……ほんっとひどい。
 はあ、しかしこのゲームを薦めたりやり込んだりする人は本当に狂ってますよ。難しくって普通の人間はまず投げっぱなしジャーマンするもの。点数の価値が分からない奴らは門前払いという潔さが堪らん! 余りに危険なゲームなのでDSを隔離することが必要です(管理人は早速Repulsorの処理を誤って死亡)。

Tetris: the Absolute Plus
 tetrisconceptをROMってる方々は知ってる人かもしれないが、解析屋で知られるjujubeさんがDoubles DPをクリアしたらしい(http://www.youtube.com/watch?v=4PlGRQKA0kc)。
 特に、8分を切ったところはそこそこ良くて、それ以上に両方の回転を使いこなして上手い対応を見せているのがすごい。いやはや、外人の方が日本人より勤勉になってるな。


9th January, 2008 (WED.)

University -- Incidents
 レポート出しに行ったよ。あとはビジネス英会話の纏め。1日ででっち上げたなんて口が裂けてる。
 明日は寝よう。

Games -- Geometry Wars: Galaxies
 やばいゲームだよな。テトリスやりに行く必要がないほど熱狂するゲームとか
 基本はGalaxiesそっちのけでEvolved(960,500pts.; appenda/080109_1.jpg)。ちくしょー、くやしー。こっちがやっぱりみんなと比較しやすいモードなんだけども、X360版の動画を見ると、少なくともやっぱりDS用だと違う部分が2カ所かあるみたいだ(他にあったら教えて下さい)。

 まあ、後者も数の差が激しいとあって、やむを得なかったのかもしれないと思うとこの微妙な差異は寂しいですね(素点の最低単位が5点じゃなくて25点になるとか、Mayflyの数がそれ程多くないのでMultiplier上げに使ってもX360版ほど効果が得られないとかね。大事でしょ?)。携帯機にあの派手な構成のゲームを突っ込むのは無理があるんでしょうねー。まあでもDSでも出来るようにしてくれてとても有り難いと思っているし、面白いからいいけどね!
 続編。2惑星目をクリアしたので、グランドトータルがここでもう1億超えるんですね。でかいのを割るのとテトラミノの破片が動くのが厄介。サバイバル(名称の接頭辞が"SUR-"の惑星)は危険なので休憩を取った後に慣らし運転してから本プレイされることをお勧めします。

Working Man
 データを送ってくれって言われて修正前と修正後のデータを送る羽目になっていそいそと送ることの出来るような形式に直そうとしてたらファイルを誤って消すとかもう踏んだり蹴ったり。復元ソフトを使う羽目になった。死にたい。


10th January, 2008 (THU.)

Negligence/Foods
 眠かったので思いっきり寝て、メールが来ないのをぷいっとして、久々にテトリスやるのと、スープカレーを食いに行くこと。

Tetris: the Absolute Plus
 クリアまで20クレジット以上かかった。畜生以下。まーでも8'14"00のありがちなmですよーだ(254,147pts., ST銀SK金RE銀; appenda/080110_1.jpg)。見慣れない銀メダルがあるのでおやっと思うかもしれませんが、実は最近REメダルを取る練習を積んでいます。つまり、自分の恐れがどこまで抑制できるのかというチキンレースを繰り広げるので、普通のプレイにも俄然緊張が沸きます。どうもREを狙いすぎて死んだってのが殆どの模様。すっかり忘れようという時に限ってRE銀もmも取れたりするから困る。
 Ti-Master(W):またしてもMaster、今度は見え橙だったが700でCOOLが突かなかった時点で興味なし。

Games -- Geometry Wars: Galaxies
 惑星探索ほっぽり出してEvolvedやるのが常識だろ……
 「100万はあっさり取れますよ」とSCDさんにけしかけられたのでやってみた。頑張ったよ俺。あの赤い物体に負けそうになりながら何とか単体なら100%消せるくらいには成長したようだよ。そしてTony Thai版F-ZEROアレンジをBGMにプレイしていたらやっと記録が出たぜ! 1,107,800pts.だとさ!(appenda/080110_2.jpg)
 よーし、これである程度の筋は覚えた、いざ駆り出すぜ、と思ってやってみる。今回は俺もX360版にあった実績をチャレンジしてみる。写真は、ボム9個に成ったことがないのでQuartermaster、あとノーミスで54万のぶっ通し結果(Survival 500k)(appenda/080110_3.jpg)。ハイスコアは何故かインフレして1,447,250pts.……。やっぱり本家より人口が少ないなー、つってもまだ発売2ヶ月半位(発売は2007/11/27)だからこんなもんだろうか……他にも、タッチペンとボタンの扱いではやっぱりうまくいかないし、更に時間当たりに付き箱よりも得点が伸びないというのも(昨日触れたMayflyの項を参照)、一因かもしれない。