21st February, 2008 (THU.)

Home Key
 昨日もまた荷物の整理に追われていたんだが、右往左往していただけだね。

It Is Cold in Space...
 雪を掃いたが、その雪が絶妙に湿った黄砂混じりの雪で、スノーダンプに載ってこないのだ。そのために雪をかく回数は余計多くなるし、なんだったんだあれは。酷い雪だった。

Games -- Geometry Wars: Galaxies
 とうとう、制圧する日がやってくるかと思ったんだがね。結論から言えば無理だった。
 700万点到達時に自機9ボム8だったので、これはいけるかなと思ったのが災いしたのか。携帯電話+スタンドではなかなかプレイに集中できないというトラウマがあったので、初めのうちは心配があり、大方の予想通り残機をいくつか落としている。それでも、視界を遮る携帯電話をどうにかそこからスクリーンアウトしてプレイしていた。上手く行ったプレイもあったし、やばい場面にもいくつか遭遇した。特に、エクステンド1つでも取れなければ終わるという場面での緊張は計り知れなかった。ボムさえあれば何とかなるとお思いの方もいるかもしれないが、それが決して正しくはないと言うことは、後で特設の記事を書く機会にでも紹介したい。簡単に結論を先取りすると、「ボムには価値の変動がある」ということだ。以前述べたクソボムはその中でも最低の価値であり、ボムを頻りに連発したりボム直後に死んだりということは本来一番避けなければならないことなのだ。
 結局、890万点付近で底が見え始め、ボムの数量が底をつきかけたところで俺の精神力は終わった。900万点を辛うじて越えたところで。(9,065,775pts.; appenda/080221_1.jpg)
 この成長は、本来驚くべき伸び率だったのである(appenda/080221_2.jpg)。だが、それ以上に、8桁を逃した心痛が我慢ならなかった。携帯で撮影したという不利な条件もあったろうが、そのせいばかりでもない。明らかに集中力が切れたのだ。X360版よりも簡単になっているとは雖も、か。
 700〜900万点の推移を録画したプレイ映像を下に。(約19分あります; http://www.nicovideo.jp/watch/sm2397661)


22nd February, 2008 (FRI.)

Negligence/Home Key
 俺の仕事をしようという幽かな目論見も打破されてしまう。というのは、家に代理店からの書類が届いていたからだ。ハンコとボールペンという慣れない武器を使って、更には父の協力も得て無事に書類の全てを書き終えたのだった。

Foods
 次兄がコンビニでけったいな物を見つけたという。「グリコのCollonが長くなったんだってよ」というので、まさか、と話をしていたが、おそらくこれのことらしい(http://www.ezaki-glico.com/release/20071220/index.html)。値段も100円位らしい。買わねば。巷では恵方巻きにちなんだロールケーキなど、狂気の沙汰としか思えない商品も存在する。スイーツとか笑ってる場合じゃない、喰い殺すんだ。

Games -- Geometry Wars: Galaxies
 Retro Evolved動画は2分割してYouTubeにも上げておきました。ニコニコ版は「達人」でYT版は「ガンヘッド」というなんか間違ってるようで間違ってない組み合わせです。とりあえず作曲家陣にリスペクトを隠せない人達だ。
 今日:3,421,875pts.(ノーボム)。折角300まで溜めたのにRepulsor+Mayflyが連続できたせいで全部パーでんねん。

Bad Company
 こいつは俺が死ぬフラグであるに相違ない(http://d.hatena.ne.jp/YukiA/20080221#p2)
 デルタアタックとは高度な技を使いやがるな。1人足りないけど気にせず、また振り向かぬことだ。で、どんなスペルがかかってくるかと思ってリンク先を見てやれば、妖精さんの注文が明らかに俺に無理を言ってやがるわけだ(http://geocities.yahoo.co.jp/gl/typrp943/view/20080221)。「ネタを見つけるのは大変ですし」、とは仰るじゃねーか! しかも落ちが完璧だ。基本を1題出してすぐに応用問題をノーヒントノータイムで出されたら、全員死ぬに決まってるじゃないか。これだから超人……いや超スピリットの相手は嫌なんだよ……!
 人間何でもいいから見下げたり穿った書き方でもしなきゃ面白い記事なんてまず書けないと言って良いんだ。世の中の所謂「ネタ」記事だって、何かを犠牲にしてるんだしな。そういう意味では「ユーモア」(自分を笑う調子)と「エスプリ」(他を笑う調子)の違いくらいしか幅はないものか。その二元論を打破する上で「天然」とさり気なくいい着眼点をとるのがうまいけど、これは俺の手に負えない(経験論上、これだけはハッキリと言える)ので無視する。で、この2つの傾向から選ぶとすると、結局人を貶めてもろくな記事にならない上に恨み辛みを時間で買うなど浪費の極みアッーなので、けちょんけちょんにするなら自分が一番楽だということになるし、自分の弱みや失態から話を延ばすんだから、マンネリ防止などの匙加減が難しいけれども一定の効果もある。俺も無意味に死んで無限増殖を繰り返しているわけではないことを、心の片隅でも置いておいて頂ければ。ということで、管理人は日記を閉鎖しようにも肝心のコンテンツの中身自体が閉鎖的だったという落ちで以後の話が展開できず凍死。


23rd February, 2008 (SAT.)

Home Key/Accidents
 出掛けるついでに書類を佐川急便に出してくれと言う話で意気揚々と書類を持っていったはいいのだが、間違って返送用のではなく保管用の書類を持ってきてしまいのっけから死亡。
 母にみっちり怒られ、書類の送付は長兄に代わって貰ったという。情けなくて泣ける。

Foods
 「福亭」のラーメンがある程度救ってくれた。もやしラーメンがあんかけスープの熱々で美味しさ満点。味の濃いチャーシューもしっかりしている。塩も旨い。これで行くには十分となった。

Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus
 今日は嬉しいことが2つもあったので日記が長い。1つ目を簡単に紹介する。
 新しく建ったアパホテルへのチェックインを完了させ、いざ暇つぶしへ馴染みの街へ繰り出すと、KANさんから携帯宛に届いた一本のe-mailが飛び込んできた。何のbreaking newsかと思ったら、それは俺にとっては大事件で、とても嬉しい報せだった。「CT(colour_thief)さんがDeathのGmを達成した」(http://www.tetrisconcept.com/forum/viewtopic.php?t=928)と。
 なんということであろう! カナダのcolour_thief氏は、私がDoubles-DPの動画を上げてから頻りにコメントを下さるようになった人物で、自身もTGMの片手GM達成者であるところから意気投合したらしく、現在もYouTubeでのコメントをやりとりするに至る。スキル上の話をすれば、フランス勢のjagorochi氏・Amnesia氏と並んで、西洋TGM界の3巨頭と考えられているところの人物であり、Master-mも近日達成した。しかし、Deathについては自己ベ975Lv.を持っている(上に専属のコーチがえげつない)jago氏が先に達成しそうに思われたが、まさかの差し足。
 動画については明日確認することにして、今はその嬉しさでドキドキしている。

 これに触発されてプレイしてみるも、mは初回の8'15"のみで振るわず。しかし、適当にやってみたDoubles-DPが嬉しい誤算。200以降の下入れも決行できるようになったのが強みになり、マスタリングタイムを3.5秒程度更新。ロールは死んだが少しずつ3位は動き出す(5'53"83; appenda/080223_1,2.jpg)。
 2月26日に仙台で唯一TGMが残っているダウンタウンまでもが閉鎖に追い込まれるため、やり納め。しかし、レバーが相変わらず嫌いで、ドリーム追悼以上にしょっぱい別れとなった(10'19"91, 166,546pts.; appenda/080223_3.jpg)。ウンコのようなスコア。TGMを一度でいいから激重セイミツでやってみたいです。

Bad Company/Musics
 「The Recmute」のライブです(写真があるので「digital Firmament」より; http://firmament.jp/article2008_293.html)。
 呼ぶ人数と言うよりも、キャンセル予定の人数を想定し間違えたという話に対し、「10人くらいだった」という話に「それは16進数の話か?」と定番のボケで返す。定番過ぎてアカン
 なんか興奮の余り、あと酸欠の反動で何故か凄いことになってまして、ギネス記録に1時間で流れ出る汗の量で申請することも出来そうだなと思った。顔なじみの友達や、このバンドを好きな余りに駆けつけた人達に囲まれることとなって、もうこちらも平静装ってますけど、全然駄目なんですよ圧倒されて。お陰で血行が良くなったのか知らないが、俺がもう寄る年波で取り戻せないかと思った寒冷地仕様のアビリティを再装備できるようになって、雪の中でも2枚で歩けるようになったよ!(ライブ後はいつもそうなんだけど、今日はまして異常だったな。訝るのも当然だと思います、そしてそれを真面目に指摘してくれる常識人が多くて良かったです)
 備忘録を見て23曲ですか、やったの? これは流石に8進数ぐらいで良かったのではないかと思います(あんま変わりない)。でも、みんな暴れたいのだから仕方がありません。お陰で私の寒冷地仕様スペシャルは益々パワーアップしました(吹雪が効かない!? そんな馬鹿な)。
 さて、この後私達はお誘いを受けてしまったのですが、実はその誘いを受けると「Click here!」とかいうリンクを踏む羽目になるんですよ、と吹いたら何故か、うん、その……多くは語らん。

 上手かったし、旨かった。それもいいけど、なんだか暖かいよここは。みんながやんややんや、言いたいことを適当に言ったりしておいて、それで成り立つ縁。こういうのは、10年、100年と続けていきたいけれど、人間は限りある命と、限りある束縛関係のために、それを続けることが出来ないのだ。だからっつって同月同日に死なんとかいう野蛮人の発想も駄目、刎頸の友とは言うけど。そういう時の繋ぎ目に苦しむから、楽しいことといったら楽しいのだろうな。
 他人の力を感じずにはおれない一日でした。本当にみんな大好きだ。メンバーも言っていたけどね、もうただっただその通りです。俺のような場違いの極みの19世紀枠にも親しく接してくれる仲間達がたまりません。気がついたら27時になっており、ホテルに戻った時には大浴場が閉鎖されていました……まあ、泥のように眠り、朝入ればいいだけさ、ね! 再結成はいつでも歓迎だし、飛んでくるぞ!(今後の仕事を見て、休みが取れるのなら)
 おまけ:なんだかどこかで見た記憶があるけれども(appenda/080223_4.jpg)。大好きこういうの。そしておいしい。優しいね。


24th February, 2008 (SUN.)

Tetris: the Absolute Plus
 CTさんのGmビデオにお祝いのコメントを残す(6'25"16, 160,554pts., ST金; http://www.youtube.com/watch?v=slgTfzEOZ_4)。なんでSKもつけずに16万点なんだー(俺涙目)
 解析上がりの理詰めのテトリスをやると、こうなるのかということを思い知らされた。例えば6列目の死守、死亡回避、リカバリー、手抜き工事をやらかして死んでしまいがちな自分の手法とはどれもかけ離れていた。テトリスが多くなくともスコアを上げられるし、安定に専念できている。900台からは鮮やかな復帰(899のストップ中に青が出た時は「勝った」と思ったらしい)、そしてロール耐久だった。
 私のやり方が拙いということがハッキリと分かった。Deathの平均下地が500前後で止まっているのにたまたまのまぐれでGmを2回も取ってしまっているので、こういう安定型のプレイというのが全く分からないままにしてしまっている。反省も思い知った。
 私がCTさんから"You will persevere."というコメントを貰ったことがある。persevere(v.i.)とは何か苦しい状況を耐え抜き、やり遂げることを意味する語で、このコメントで初めて知った。「やればできる」「継続は力なり」というのは実に単純な金言だが、実際に成し遂げることの難しさを語る人は余りいない(いたとしても、その重要性が振り返られることがない。大概はどいつもこいつも、出来もしないで{非難/避難}しかしないのだ)。そういうわけで私はなるべく実際の結果でだけ語ろうと思っているけれども、とりあえず無事にDPをクリアできた時には、彼の言葉に適ったことで漸くほっとしたことを覚えている。一方私からの方では、欧米勢に関しては、「露骨に待つポーズを決めなくとも、いずれ誰かがやってくれるだろう、勤勉だから」と思っていたが、いざその時になると、どうしても興奮を抑えられなかった。この時も、いくつか単語を書きかけては消し、表現にかなり迷ったのだが、結局、最後には教えて貰ったこの言葉を、返そうという気持ちだった。率直な気持ちを、よりにもよってYouTubeのコメントに載せたのは少し恐縮だ(筆舌に尽くしがたい部分を割愛したのもな)。

 Again, congrats c_t! You persevered in it!

Home Key/Accidents/Fact Sheet
 ムービーを見届けて帰ろうと思った矢先の出来事であった。朝風呂を満喫して二日酔いをmarch offしながら、駅へ向かうところに電話がかかってきて、母が「駅でバスの時間を確認してきてね」と言ってきたので、やけに心配過剰だなと思った私は、「わざわざ電話しなくとも、11時に行けば大丈夫だろう」と高を括っていた。それが実は、大きな運命に巻き込まれていたことなど知らなかった──騒然とした駅構内を見るまでは。
 台風並みの低気圧が、仙台の外を襲っていた。(http://mainichi.jp/area/yamagata/archive/news/2008/02/25/20080225ddlk06040044000c.html)
 路線情報を待ち続けるが、在来線新幹線共に膠着した(appenda/080224_1,2.jpg)。これによって、午前中の足は全て止まった。だが、米沢に帰るだけが目的の私はまだよい。出張でタイへ向かうために空港を目的地としていた長兄もその足を止めさせられたのだった。両親と連れ添った一行は福島でも足止めを食らい、万策尽きた。家には次兄がおり、路線検索などの連絡口として奔走していた。
 高速バスの全面運休が決まったことを受け、13時に福島行きの新幹線に乗り込むも、今度は倒木の被害で1時間以上の軟禁。発狂しかけたので偶然持ってきていたGeometry Warsで糊口を凌いだのだった。倒木の処理が終わり、やまびこが発車したのは、乗車から約1時間15分後で、福島駅着は14:56であった。
 疲弊しきった家族が待つ車には、結局フライトを断念した長兄もおり、とぼとぼと帰ってきた誰もが、もうこんなのは懲り懲りだと思ったに違いない。まさか、新聞沙汰にもなるような交通麻痺に自分が遭遇するなど夢にも思わなかった。これはしたり。生きている心地がしなかった一日だった。


25th February, 2008 (MON.)

Home Key
 銀行への振り込みを行う。銀行は不便なところで、2007年の法改正により、振込詐欺を懸念して送金の上限が(本人証明なき限り)10万円までとなっている。家族が顔なじみの銀行員さんの案内で無事分かり易く事が進んだ。
 あとは、ちょっとした買い物をしただけ。

Games -- Geometry Wars: Galaxies
 ちょっとTwitterのログを見たり無力の干渉をしたりをしていて悶々としてきて、なんかこのmixed feelingを発散する必要があると思って、Retro Evolvedを再プレイ。
 とにかく、感想を一言で言わせて貰えば、為す術無く死に続ける、ということが全く無くなった。基本的に初期配給の3自機3ボムでも、なんとか次のエクステンドまで点数を伸ばすことができる。75,000点を取るのはそこまで難しくはない。それを阻む壁が唯一Repulsorの位置ランダム生成に他ならない(そしてMayflyと組み合わさった時が、一番酷いと思っていた)。ところが、私が予期していたよりも、Mayflyのコンボは簡単に避けられた。要は、Repulsorを回避・撃墜することに気を取られてMayflyに落とされたり、Mayfly前の出現パターンで残った他のGluntやWeaver、あるいは高確率でTiny Spinnerの餌食になったりということが多かった。しかし、Mayflyが出続ける間は、Repulsorと他の敵の出てくるタイミングが分かれているように思われる。つまり、赤を避ける時は、最初を除いて赤以外に気を取られることなく避けに専念できることが分かった。そうなると、最早反射的な回避が身に付いてきた私にとって、このパターンすらいなすことが容易でしかなかった。
 そして、遂に、点数は大台を超える。

 8桁! 8桁目がとうとう来たよ!(appenda/080225_1.jpg)

 なんとEvolvedの一つのマイルストーンだった1000万点が、この自分の手で簡単に成し遂げられたのである。しかも、残機8は、少しの変動こそあっても、落ち込む気配が知れなかった。こうなると、「どのくらいの点数で止めようかな」というところまで考えざるを得なかった。1000万きっかりで終わるのもつまらないので、もうちょっと先に行っておこうと思い少し拷問を耐えた。終盤に至っては机でスタンドプレイも止めることに。かくして自己ベストが大幅更新され前回の記録から一気に383万点を押し上げることとなった(12,892,500pts.; appenda/080225_2,3.jpg)。
 国際記録は1個上が1500万点というカオスな状況に(appenda/080225_4.jpg)。遂に、達成という言葉がここまで来ましたよ。しかし、こうもパターン化してしまうと、もうこのゲームやる余地が無くなってしまったのではないかと恐れています。そういうことを煮詰めながら考えると辛いので、暫くGW:Gには隠居していただいて、今度は昨年の本題のつもりだった「あやうし! ボムへい」の世界記録奪還を目指したいと思います。宜敷ご声援のほど御願いします。


26th February, 2008 (TUE.)

Home Key
 仕切り直しや、とばかりに今日の天気はほどよい。長兄が一昨日行きそびれたタイ出張へと臨み、成田を経由することになった。16時のフライトは間に合ったらしく、安心。しかし、1週間ほど食卓からは人が抜ける。やっぱり何か寂しい。

Games
 ダウンタウンの閉店については、外部レビュー待ちです。仙台勢なんとかしる

Casual Glance
 「踊る! さんま御殿!!」でエド・はるみ(http://mycasty.jp/haruhappyharuru/)を見てて感心したもんだっけな。マナー学校とコンピュータースクールの講師から(成人式を2度迎えて)転身して芸人、とは随分肝の据わり方が違うな、という覚悟の違いを見て取れる。「笑うことは大切なことだから」とかベタな事を言っても許されるのはこういう努力を無下にする気がさらさら無い人だと思う。そういえば、たぶん木村 陽子の名前で観たことがあるかもしれないが、相変わらず間が掴めんのう。さんまが「パスも受けてよ〜」と振っているのは笑った。しかし、この手の人は、所謂トーク番組に出ても目を覆わなくて安心してよい。同じ出演者のにしおか すみこもキャラクターが素に戻って普通のトークに出てる方がなんかよいな。田嶋 陽子は、すんません、以上も以下もなくネタ要員です。
 偶には心ならぬ頭を無にしてテレビを観るのも悪くはない。1人では壮絶につまらんけど。


27th February, 2008 (WED.)

Home Key
 相変わらず雪が降る。雪かきをしていて気づくのだが、スノーダンプの良し悪しというのが矢張りある。物が悪ければ、仕事も捗らぬということだ。尤も、国道に面している我が家は、雪を捨てに行く場所にいくにしても、車の通り具合で足止めの可能性があり、仕事効率が殺がれるという難点がある。
 今日は家族が早く帰ってきたので、ゆったりと飯に行けた。

Games -- Blocksum
 仕切り直しと思っているが、非常に指の動きが悪い。腹が立つ。5'10"を切ることは、ごくたまにあるんだけど、それが後半で積んだりとかすると殺意が抜群だ。1,451,856pts.という自己ベストが出てしまうが、正直数千点の伸びで、俺を愚弄するな、ふざけるなとすら思った。くそ、ぶっ潰してやりてえ。どうすりゃいいんだ。


28th February, 2008 (THU.)

Home Key
 今日も後片付けに追われる。学校の書類を溜めていたので書庫へ。

Foods
 今日の飯も安心を通り越してしまうほどの旨さ。

Games -- Blocksum
 いつもいつも苦汁を舐めさせられていましたので、今日こそぶっ殺してやると意気込んでいたのですが、なかなか乗らないのが何十回も続いていたので、腹がいい加減立つわけです。うまい上の2名(ヌル助師匠とATT/901さん)のプレイは、なんでそこまでスコアが伸びるのか逆に不思議になってきたわけです。俺の方が組み速度だけなら速いのに、一体何が悪いのか、と。特に2位の168万点のスコアは、5分前半をぎりぎり通って10Lv.だったので、一体何がいけないかという事にますますなってくるわけです。
 で、全然分からないわけです。そりゃ、気がついたら場が綺麗に均されていて、常に上部の凸凹が殆ど出来ていない状況になっているんですもの。なんでだよ、と。配膳が全然違ってくるのでますます運ゲーに思えてきましたが、それでもなんとかやるしか有りません。
 そして、酔いを覚ましながらプレイして、5'25"46で前半。11レベルまでの整地が完璧だったので石が3個来てくれた。さあこれをどうすると思って取った選択は、ガベージ除去→70/100のインジケータだったので時間を取って6を消去→レベルストップずらし成功の後で12消去で。そしたら、1個除いて12Lv.で残ったブロックが全部10組みに使えたんで勝ちました。まあ、こんな感じで18Lv.終了が8'55"程度だったので、後は慣れない市松組みで、ちょっと速度が落ちてるのを感じながら組んでました。でも、結局間に合うだろうと思って後は石から7オールか5オールへ繋いで。最終得点を見るまでは油断が出来ませんので、12分経った後は正座して待ってました。そしてとうとう……

 150万オーバーの悲願達成!(1,552,726pts.; appenda/080227.jpg)

 本当に良かった。もっと伸ばせる余地があるのが分かったのも嬉しかったのですが、何より今まで届かなかった3位の壁を、自己ベ+10万点で達成したともなっては、ガッツポーズまでしてしまいました。ああ、やっとこのゲームからも足を洗えます。ほんとに辛いゲームだった。パズルの皮を被った大嘘つきアクションだったのに、最後の最後に「戦略」を要求されたとは。


29th February, 2008 (FRI.)

Home Key
 代理店に電話をして、引っ越しの準備も整えたいという連絡もした。すると、じゃあ鍵を送るからね、と気軽な口調で返事が返ってきた。超展開もほどほどにしてくれ。母ともども、口をあんぐりしたぜ。

Foods
 スープがうめー

Working Man
 結局やっとメールを送ったよ。身辺整理という言い訳が効いた。でも、実際は五里霧中でやっと結果が出たのを隠していたとは……知っていたかもしれない。
 俺は駄目だなあ、結果が見えてこないと何もやる気が出ないのだから。きちんと出力が出てこないとやる気は出ませんがね。

University -- To Do
 大学の追いコンがあるので、出席。皆さんお手柔らかに。