11th March, 2008 (TUE.)

Books/Something Weird
 「休載じゃねーか! 騙された」(http://money6.2ch.net/test/read.cgi/mj/1203337537/105-)
 「近代麻雀」で休載のはずだった「むこうぶち」のイラストが表紙を飾ったとかいうせいで関連スレッドは既にめちゃめちゃだ。「御無礼、休載です」は酷い!

Home Key
 ローカル番組の取材が入った。メインは引っ越し屋の方なんだけど、インタビューめんどい。母は多少なりともマイク慣れしていたので助かった。精神的な疲労の方が余計です。

University -- To Do
 ジャーナルもいい加減書き始めた。

Materials
 カメラの修理。物理的な損傷が保証の対象外となるか否かの問題が怖い。


12th March, 2008 (WED.)

Working Man
 今日ほど冴えている日も中々ないのではないかと思う。とんとん拍子に問題が解決した。
 つっても、まだ完成に漕ぎ着けられるだけの体力がねーな。ジャーナルの方にも力を向けないといけないのが目下の悩みだ。

Something Weird
 山岸先生の最近の折々の記より(http://blog.livedoor.jp/yamakatsuei/)
 これはひどい。特にこの記事(03/12付け「親切で、やさしい人」; http://blog.livedoor.jp/yamakatsuei/archives/51294684.html)。
 時が時、場合が場合なら、できない奴は地獄に堕ちろ位言ってしまってもいいもんだろうに。こういう易しい文で耳の痛いところを正確に突くのが氏のコラムである。子供の内からこう言ってくれる人はもういないものか。

Games -- Wii Tetris
 またウンコ回転則か……おいこれどういう事だ!(http://www.famitsu.com/game/news/1214097_1124.html)
 いや、回転則だけが悪い訳じゃないんだけど、一番の問題は、ダブルス(しかも終わってることに幅20)とかいう舐めたモードが用意されているせいで、あの高いコントローラーをもう1個買わなければならないことである。くそ、テトリス地獄さっさと終われ。


13th March, 2008 (THU.)

Home Key
 髪を違うところで切ってみた。ワックスがけの素人さんが俺を中年に仕立てたので後で何か見舞われても文句は言えないだろう。

Games -- Contra DS
 コナミスタイルで予約していた「魂斗羅 Dual Spirits」がとうとう届いた。俺の劇的勝利。Jake Kaufmanのサントラも良い。但し1ループなのが駄目で、せめて2ループは欲しかった。サウンドテストを出して聞けということか。無理です。あとパッケージのおっぱい軍団も自重すべきだ。
 ゲームの出来は中々よい。しかし2画面の周辺視野がてんでお留守な俺にとってはイージーモードすら地獄。デフォルトの残機が10もあるのにすぐ減って泣ける。最後の2面が削られるので7面まで行けばいいのだが、それすらも叶いません。


14th March, 2008 (FRI.)

 (※ ここから3月18日までの日記は東京引っ越し・一時帰宅後インターネットの再接続時にアップされました。)

Home Key
 最終的に揃える物をまとめて、いわば最後の買い物といえる。それにしても、いつも買ってくる「嘉」は俺達をとんでもない地獄へと陥れるのだ。強いと分かっていて飲む酒なのである。
 これでもう東京へ入るのみ。運送屋さんと家具屋さんには大変お世話になった。

Something Weird
 就職祝いのお礼状を今書くべきだと思ったら、「4月でいい」とか言われ、「それじゃ『四月吉日』じゃねーか!」と父に突っ込んでしまった。

Games -- Contra DS
 イージーモードさえクリアすれば、チャレンジモードをunlockできたのね。で、やっぱり魂斗羅とスーパー魂斗羅は噂されていた通りNES版だった。残念すぎる。ローカライズしっかりしろや!
 今のところ、キャラがプロボテクターになったのみ。ティウーン


15th March, 2008 (SAT.)

Home Key/Accidents
 いよいよ東京へ、と言っても新幹線は大宮まで。兄達の送迎を受け、いざ親子3人で向かうが、新幹線の混み方が異常で、自由席の乗車率は200%か、というところ。とにかく混雑のひどいのを感じれば、京浜東北線はとても楽と言えばなかった。

Foods
 東十条駅から歩いて5分強もいけば私の新居になるが、その近くに食える物を探そうとふらりと見物に行くと、いろんな店の建ち並ぶ商店街が現れた。バリエーションも覚えていられないほどの色んな店だった。お菓子に惣菜、所謂スーパーに、100円ショップ……田舎くささがありながらこの質と量は洗練されており、母の主婦の血はうねりまくっていた。見るのも楽しい──良いところだなあ。
 これなら安心して送り出せるとお墨付きまで頂いたので、とても気が楽になった。

Materials
 引っ越しの荷物を一通り運び終えて運送屋さんが帰った後は、ケーヨーD2とニトリまで遠出し、でフローリングの傷防止の用品やら棚やらを仕入れてきた。
 夜も夜で、冷蔵雇用の脱臭剤と明日の朝餉向けのおかずを買いに行った。

 何もない生活だが、親がいるだけでも有り難い。風呂も気休め程度ではあるが入れるし。それにしても喉がみんな痛くて困っている。


16th March, 2008 (SUN.)

Materials
 買い物の続き。新しい会社へは近くの目印を教えて納得して貰った。突然父の体調が優れなくなりこちらとしてもかなり頭が痛くなったが、どうやら一家揃って風邪らしい。困ったものだ。後で風邪薬でも飲まねばなるまい。
 銀座の買い物は名刺入れを買っていただくなど。感謝々々。
 帰りはお茶菓子となにか惣菜やら油やらの類。道を行くたび少し名残惜しくなった。

Home Key
 父と母が大宮行きに乗るというので、俺もどこかへ行くついでにとホームへ見送りに行った。大宮までは行かなくていいと言ったので、少し心残りになった。いい加減悲しくなりそうなので、神保町へ視察へ行った。

Tetris: the Absolute Plus/Terror-Instinct
 スマイル館を視察。Ti1台のみという時点でもやる気がしないが、レバーが大変なことになっている。確かに言われている通りに重さがあるんだが、バネの反発が来ないので拍子抜けしたような操作感になってしまう。アナログな返りが来るだけでもレバーの感触が違ってくるのは驚きだ。
 Heyはやっぱりその点では特に問題のないレバー。1Pのセイミツ側は愛用している。
 Shirase(W)でとても久々に1200台を拝んだが、5'13"通過というどうしようもないタイムだったのもあり、もうやる気が失せた。
 TAP-Masterも調子は最悪。1クレ100円がここまで痛いとは。新宿にアドアーズ(50yen/dip)があったそうなので、そっちに投げた方がよいか。今日のmは1回だけ。8'10"45, 234,988pts., ST銀SK銀RE銅。

Accidents
 いい加減風邪薬がないとやっていけないので手を出した。


17th March, 2008 (MON.)

Working Man
 役所仕事の手続きと、起こってきた案件・問題の片付けに走った。銀行はわざわざ東京に来たからと東京の口座に変えるぐらいなら他の銀行に移れとか自虐的なことを言われた。そこいらの芸人が無理して作っている笑えない状況よりも笑えないんだからほんと勘弁して下さい。
 ネットの接続も今日が申請日ということで、ますます遅延の予感。あー、ネットが使えないだけで発狂するなんて! ひどい!

Tetris: the Absolute Plus
 いつもの店ばかり行くのもつまらないので、アドアーズ・シオン店に行ってみた。TAPが1回50円と、仙台レートでお楽しみ頂けるらしい。雑音が少なく、隣でコラムスをやっているご老人もいたお陰でかなり邪念がないプレイだった。レバーが少し軽めだが、不快な軽さではなくて良い。本当はF1みたいなのが最高なんだが、あのセッティングを東京で再現するのは無理だと思う。
 ただ、8'05"01とタイムがいいのだがS9なので燃えない。

Foods
 新宿といったら下北沢→マジスパが今までの就活ルートだったので、昨年お世話になったという感謝も込めて行ってみました、マジックスパイス。すると、私のよく知る女性店員が寄って来たりして、久々に見ましたね、なんて話を切り出したのだから感激した。恐らくは来る度にアクエリアスやら虚空200ばかりを頼んだり、高橋名人の話をしたりしたので、顔もついでに覚えられてしまった、というところか。いずれにせよ、好きな店で顔を覚えて貰う・常連になることは、やはり好きな店であるだけに嬉しい。どうでもいい店で覚えられても困るといったら困るのだが、佳い店は違う。Gokochiとか力寿司とかまんぷくとかアレな(仙台ローカルにプレイバックですか? 見苦しい)。東京での就活だけで言えば、支えたのはもしかしたらテトリスの縁よりもこちらの方が遙かに根が深いだろう。東京へ行く目的としてはテトリスの方が遙かに邪悪な香りが込み上げてくるのだが、マジスパが、そして虚空200とアクエリアスが果たした影響はこれほどまでに大きいと知ったのだ。今更、とはまさにこのことだった。今日のカレーはかなり効いた。土手っ腹にはいつも通り効くし、目にも来てしまった。店員さんの眩しい笑顔を見るためなら、俺は身を粉にして働けるはずだ、と不安や雑念をいくらか払えたのだった。流石は就活の願掛けの店である。「神様も粋なお使いを寄越しやがるぜ」って奴だ。

Games/Something Weird
 マジスパへの通り道にあったゲームフリークが消滅してテナント募集中になっていた。軽いポケモンショック(管理人はなぜかポリゴンではなくルージュラが起こした光過敏性癲癇で死亡)。
 家に帰った頃には疲れてる。会社にも行かなきゃいかんし、こりゃあどうなるかわからんね。KANさんにも逢えるかもしれないし、あとはHEY IT'S MEも(やめい)


18th March, 2008 (TUE.)

Working Man
 働いている。9時からというお達しであったから、大体40分と通勤時間を見て行ったので、予想通り間に合ったのである。まあ、実際には仕事ではなく研修であるから、遅刻も糞もないのだが、やっぱりやってることをやるのは違う。それなりに濃密な時間を過ごした。入社後の研修も大概難しくなってくるだろうから、ここでくたばるわけにはいかない。
 どんどん内定者は集ってくる。ぺーぺーの人も当然いる。その中でどう戦っていくかが問題だ。

Foods
 昼飯のコストパフォーマンスが悪かった。不味くはないだけよいが、こんなんで800円も取られては生活のしようがない。

Bad Company/Tetris: the Absolute Plus
 KANさんと個人的に口約束をしていたので、研修に区切りをつけたところで新宿へ向かった。アドアーズのダブルスは、ハッキリと言えば全敗。回転入れで隙間をアミノリピッドのごとく補修するKANさんと、前傾姿勢の東北なまり大阪式の俺では、相性が最悪であることが分かった。jagoさん大歓喜!!(そんなこと言われても……)
 相変わらずの「しゃべりプレイ」も披露して成る程といつもの調子を思わせる。
 その後、飯などにも軽く一緒して、アドアーズを諦めたところで、池袋サファリへ。池袋は僅かに2駅で自宅近くに着くので、とても助かる所でもあるが、わかりにくさも一番。
 そこのレバーの質は最高だった。「もうこれがハマった時は最高にいいんですよ」というそのレバーの感触は、初めはまあまあよいかな位でMasterを終えた。KANさんも緑ラインながらGmへ漕ぎ着けるなど、やはりこのレバーは何かが違うと思った。そのことを思い知ったプレイが次だ。
 Deathを選択。地形をある程度中腹にしたところでプレイが続き、100-38", 200-1'10"台で抜ける。相当下を入れるタイミングが決まっていた様だ。だが、70秒程度なら何度か通ってきたので、それほどは感じなかったが、200-300の動きが俄に良くなってきて、地形が低めに集ってきてから、なにか淡い期待が出た。恐らく1分40秒台前半のタイムで300を抜けてから、面白いように下がまたとないタイミングで入り続けた。回転入れも相変わらず汚いが悪くない。ライン整理が出来てきて、400の通過が2'13"だったのか?、と我が目を疑った。今までのタイムとは段違いに速い。欲が出るのも無理はなかった。だが、欲を無理な下にぶつけるのではなく、あくまでも動かし易い形を目指した。その時、私はまるで自覚もないし、地形すら覚えてもいなかったのだが、KANさんは「(左側の)6列積みが綺麗に出来てタイムに影響が出ている」と述懐したのだった。はっと音楽の消えたのを察した時、まだ時計が2分30秒台の後半を回っていたので、俺はふっと鼻で笑う様な息を吐いて、レベルメーターの500の字を捉えていた。

 足切り通過、目算で2'42"8。

 異常な記録が出てしまった。前のタイムを5秒更新、とハッキリとこの目が見た。その瞬間から、余りにも脳内の麻薬が吹き出、興奮が致死的な域にまで達して600手前で果てた。俺はたった3分しか戦っていないのに、異様な満足感が襲っていた。F1でしか有り得ないはずのタイム。レバーの感触と万能感。ただ記録の喜びに圧され、「SEKIHAN! SEKIHAN!」と叫んでいた。のみならず、俺は住所が北区に移ったと思ったら、僅か3日で大阪になっていた。どれだけ異常な事が起きたのかは、これで多少なりとも感じていただければよい(←元からお前は異常だが)。
 大阪式であることを選ぶ理由を、深く考えてはいけないと思う。寧ろ、選んでいるのではなく、俺達の中には、選ばされたものや、選ぶことなく至ったものもいる。それは、人間の夢見る理想論・最高形でのクリアを目指す道の途中で、選ばれたことを悟り、喜び、そのためなら平気で死地にも赴く本能である。俺はこれを"Obsessive Gaming"と呼んでいるが。しかし、これによってこそ、全国一位へという諦めかけて妥協に終わるかと思われた夢を、又愚直にも追い直せるのかなと思えた、TGM6年目の春だった。
 KANさんには今日もそうだが、これからもいい物を見せていただけるだろう(特に今日全く行かなかったTiとか)。私もそれに感化されるように、自分の伝えられる限りの何かで、盛り立てて行ければと思う。俺の旅は今漸くスタートだ。

 夜が更けすぎるといけないので、十条駅から商店街を経て帰る。風呂はとても熱くて気持ちが良かった。足が痛むなどもするが、まだまだ頑張っていけると思う。


19th March, 2008 (WED.)

Working Man
 やはり研修をしていた。俺の作ったシステムは、拡張性が低かったのが拙くて、その点の改良を迫られた。システムに新しく手を加えるのは、新しく作るの並に難しく、今のやっと試作完成に漕ぎ着けた俺には頭が痛くなる問題だったので、17時で1時間早めに切り上げ。

Tetris: the Absolute Plus
 大分1日1mの公約から離れてしまったので、一刻も早く何とかしないとと思った。池袋サファリは、現時点で俺の知る限り最高の環境ではないかと思う。今レバーが軽くされてしまったF1と比べると、あのセイミツがこんなところに帰ってきたんだ、と思わざるを得ない。
 今日は生憎の雨で濡れ鼠になりながらのプレイ。mは1回だけで、8'00"01, 245,266pts., ST銀SK銀(appenda/080319.jpg)。8分フラットは少しだけ狙っていただけに惜しい。惜しいね。

Games -- Contra DS
 一流の魂斗羅になるために、チャレンジモードの中腹の訓練を始める。ルシアが使える様になったが俺は気に入らんかった。プロボテクターがいい。
 ただただFRIENDLY FIREで湧き出る一般人に殺意が沸いた。ACCURACY系のミッションは凄くパターン構築をしている感じが強い。好みはあるだろうが俺は大好き。


20th March, 2008 (THU.)

 (※ ここから3月25日までの日記はインターネットの再接続時までに書き下ろされました。)

Foods
 大宮から仙台に向かった。昼はGokochiで久々に。流石にスーツ姿ではわからぬか……しかし変わらぬ個性の味が、こんなに離れると不思議に感じる。マスターの「全てがぶれない強さ」なんだろう。

University -- Incidents
 教授の退官式典だった。俺の予想しない様な数のゲストが出席され、先生の影響力が測られる。そして、酒がごくごく中途半端に入った(一番いけないパターン)席で、「俺はこんな凄い先生に習って、だからこそこんなに素晴らしい人選に恵まれた研究室生活を送っていられたのだな」という平素の思いを漸く形になるまでに顕わにした。やはり試験を通じたりして人を選んでいる以上、なんらかの縛りは当然あるのだが、それにしても周りの人々を見ても天の采配と思えるところがある。適材適所に誰かがいる。俺はそんなどこかの1箇所を占められていただろうか。
 先生、おめでとうございます。

Bad Company
 色々と唆されて国に帰ることになった。だって、予定よりも早く終わったんだし、泊まるより米沢行った方が明らかに安いし
 ってことを考えながら暇でも潰すかと思っていたら、613さんに出会す。23日に小平ピアの大会があるらしいが、それにももしかしたら足を運べるかもと言うことを匂わせた。いずれにせよ、東京でもお会いすることになりそうで嬉しい。最近はシューティングばっかりやってるそうで、特にTiに対して何のobjectiveも持てない俺も、そのうちそういう形に移行していくのかもしれない。下手の横シューだけどね!!

Home Key
 急に帰ったので驚かれ?た。そして訳の分からない料理に酒を重ねられ俺壮絶爆死。