21st April, 2008 (MON.)

Working Man/Grouching
 仕事の捗らない余りにノイローゼ気味になって帰った。
 参照の概念が難しすぎてx=x+1が理解できてもどうしようもない事に気づいた。時既に遅く、死す。

Tetris: the Absolute Plus
 600台の記事が書かれていたので全部のページを修正することになった。いやほんとにこの雛形は便利だ。ただ、俺を殺す気なのが分かってすこしげっそりした。

Contra DS
 チャレンジモードを全てunlockしたにもかかわらず、命からがら辿り着いた9面の序盤の中ボスでブッ殺されるなどDSを半分にしてやりたい状況は続く。俺はNormalすらクリアできないのか。


22nd April, 2008 (TUE.)

Working Man
 恐れていた面接の演習があり、ついつい戦場慣れしていないという馬脚を現し、死にたくなる。どうも今週はこういうものらしい。ああ、首でも吊って楽に慣れればどんなに良いことか。
 まあ、昼の漬け丼が400円ぽっきりで食えたのでよしとする。いや、しなければならぬ。余りに感動的なので柄になく昼はスイーツである。あのMen'sプリン。

Tetris: the Absolute Plus
 8'06"台のS9とかいうウンコをやらかしてきた。やる気が失せる。8分は最早タイムとして認識していないので越えたらゲームオーバーぐらいで丁度良いのではないか。

Contra DS
 死因が分からなくてやっぱりDSを半分にした。


23rd April, 2008 (WED.)

Working Man
 仕事は無事6時に切り上げた。というのも、技術報告会で新入りが使える状況ではなかったためである。まあそれでみんな6時に帰る羽目になったが、仕事は覚束ない俺がいた。

Bad Company
 久々に元仙台メンバーと、そのお知り合い(2親等なんて友人同然だぜ! HAHAHA)と面会するも、ますます毛色の違いに俺はたじろぐ。初顔が3名もいらっしゃるぜ。今日はどう攻めたらいいかと酒の席で必死に考えていた。だが、思ったよりも打ち解けてしまった。まあ、これで誰が首謀者かわかりそうなもんだが、それにしてもいいセンスの友人ばかりだぜ、俺の周りにはどうしてこんなに愉しい人達(いつも「人の皮を被った……」と言っている類の)が揃っておいでなのか。
 こんなに酒が旨いなら、いつでも飲みに行ってやるのに、と思った。

Tetris: the Absolute Plus
 T. A. Death: 相変わらず糞っぽくて連コインするたび泣けてくるが、今日は0-100を初めてぎりぎりながら37秒台を割るなど、速さが狂っていた。流石飲酒運転、事故死はお手の物。
 といってもそれほど意識に来るほど飲んだわけではないので、Masterはrun-of-the-millな記録で。m, 7'55"15, 237,910pts., ST銀SK金。


24th April, 2008 (THU.)

Working Man
 今日も早く終わるつもりでいたが、演習が長引いてしまってそこまで想定していたほど早くは帰れなかったよ。残念。

Foods
 食べ物屋のレビューは久しぶりだな。ということで、東十条と言えば何故かインターネットでも大人気の店が多い恐ろしい場所なのだと知ったのだが(マリオンラーメンだってそうだな)、駅から1分の「みのや」へ行ってみた。そう、初の東京上陸で両親も驚いた行列の店だ。いわば、この店も例に漏れず、肉体労働者への賛歌のような素晴らしいB級グルメだった。
 とんかつ定食(appenda/080424.jpg)だ。これを選択する以外に逃げ道はほぼ無い(ポテトサラダで定食という地獄巡りもあるらしいが)。意外と量があって驚いた。味はそこそこだろうと思っていたので、とりあえず食ったが、この油分も嫌いじゃない。それになにより、キャベツづくしの中でこれでもかというキャベツを煮込んだ豚汁の甘みが優しい。その甘みに反するように唐辛子を掛けて食べるのもまたよい。豚汁をこの世の汁物の中でも一二を争うほどこよなく愛する俺は、まさにそこに神を見た思いである。そして豚汁を飲み終えて会計をすると、本当にこれが500円なのである。そう、大盛りを仮に頼んでも600円か! 600円なのか!? 嘘だと言ってくれ!
 素晴らしい店だ。行列が出来るのも仕方がないと思った。さて、ところで、帰りに雨脚が強くなってきて、傘を持たない俺には困った仕打ちだった。すると、おかみさんが寄ってきてすっと傘を差し出し、
「随分強く降りますねえ。これ持っていって下さい、差し上げますから」
 ──忝ない。佳い店に、いい女将有り。


25th April, 2008 (FRI.)

Working Man
 実は初給料日である。保険料等の控除が少なかったので、恐らくこれが更に差っ引かれる見込みと。うーん、複雑。でも、就職祝いのお返しぐらいは出来そうでよかった。早速だが俺はその中の5,000円を抜き出し、明後日の小平に向けてぶっ放す予定だ。

Foods
 飲み。本来は1次会で済んだはずなんだけど、俺はたまたま11月の内定式でもお話をしていただいたある部の部長さんを囲ったメンバーと付き合うことに、なりゆきでなっちまったわけで。正直なところ、こういう話は余り得意でないんだよな……まだ新入りだからどういう人がいるかだって全数把握できていない(基本的に会える人は限られる)。でも、仕事に関する話なら、俺にも分かる。俺、他人は別に好きでもないけど(そりゃー一番可愛いのは俺だぜ?)、他人の汗は滅茶苦茶好きなんだな。そういうものだ。しかも、汗の光り輝き方の一つ一つを評論し出したりするようなフェチズムでもあるのか、そんなのだろう。とりあえず再会を祝した酒というのはうまい。少しなりとも興味が沸いた。

Accidents
 やべえ、帰りの電車で蕨まで寝過ごした。次々来たんは、深夜の蒲田行き最終電車に乗って、事無きを得たのだった……(その後喉の渇きに苦しんで買ったアセロラドリンクを抱え込んで死亡)

Bad Company
 ハハハ、ちょっとした内輪向けの基本問題ですよ(http://d.hatena.ne.jp/YukiA/20080425#p2)。
 いや、なかなか友達と打ち解けるのは難しいものです。しかし、たまたま打ち解けやすそうな方が同席しているというだけなのかもしれません。真相は闇の中の方が面白い。


26th April, 2008 (SAT.)

Tetris: the Absolute Plus
 明日の予行ではないが、打っておかないと気分の悪いという類のもの。m, 7'54"91, 268,325pts., ST銀SK金。2回目のmを出すのに950円(=19 dips)もかかるとは、死んだ方が良い。Deathもヘボい。

Sports -- Formula 1
 すまん、アロンソが格好良すぎた。ルノーのマシンをこれほど速く扱える男はいませんな。

Materials
 かれこれ1年来(→2007/04/29)付き合ってるのか離婚してるのか分からないTypeWellなんかをやってみる。腹を立てながら結局、国語Rで唯一SSランクが出ていなかった(SA=56秒台止まりの)カタカナ語が漸く56秒を割ってSSコンプ。しかし、どうやって出したか分からん記録ばかりしかない。本当に「ベスト中のベスト」のレコードばかりが並んでいる。オリジナルなんかは理解不能。才能の差なのでタッチタイプを止めました。


27th April, 2008 (SUN.)

Tetris: the Grand Master
 今日は寝過ごしたため、何も食べずに昼から小平へ向かった。今日も今日とて大会が開かれるというお誘いを受けたのである(http://pier21.sakura.ne.jp/pier/2008/04/gm.html)参加しないはずが無いじゃないか(勿論ソルダムも)。初給料から絞った貴重なエッセンス(金)を元手に挑む。
 今日のハンデ戦は6人で激突という奇妙な構図。誰が一抜けするかで実況が入ってプレイ中も気になるなどやりづらい?(和気藹々としていたが)状況。途中、2P側の表示が見えなくなるなどのトラブルがあったが、なんとか無事に試合は終えられたようだ。
 ルールは純粋なタイムハンデ戦のクリアタイムマッチ(ピアのページを参照)で、形式としてはは6人×2組の予選を経て、各組上位3名がまた同じ形式でプレイして3名に絞られて決勝となる。
 予選は意外にも横並びの展開が続く中、10'21"位でトップ抜けを果たす。準決勝では決勝へのノックダウンが行われ、しかも3人しか残れないことになったので俄然緊張した。しかし、自己ベストが10分弱の私は、そのアドバンテージで無事に通過し、決勝を迎えた。しかし、決勝でまさかの80台につまずき、100通過が70秒を越えた。最早、選ばれたプレイヤーが残った中で、このミスが手痛く響き、今回優勝されたもりもとさん(俺よりも9秒速いタイムを持っていた)のプレイ(と口三味?)に追いつくことが出来ず、10'13"とタイムは上げてきたが、2位に甘んじることになった。ちなみに、3位は俄然トップタイム保持者の777さんだったが、自己ベスト換算のハンデが大きすぎた。そもそも俺が20秒落ちでも、求められるのが9'16"という人間外のプレイとは涙目になるに決まっている。ともかくも、いい緊張感の中プレイでき、3連続カンストという有り得ない記録の達成に成功しました。また同じ形式での大会が1ヶ月後にも開かれるようです。有難うございました。また次回もお願いします。(詳細はPier21のページが更新したらまた)

Tetris: the Absolute Plus
 で、時間外営業の方なのだけれども、これが全く冴えないんだわ。本当に投げてて投げてて嫌になってきたよ。8'00"11のmが出るまで、カンストすらS8とやる気が萎えきってしまった。これじゃあもう駄目だろうと思っていたところ、気がついたら夜もとっぷり更けてあまいけタイム。脂ぎった物は危険と判断できるので、今日はたまたま残っていたネギトロ巻きで元気を出した。
 今日は本当にMaster専門で行くほどがつがつやった。しかし軽いレバーの挙動がなかなかうまく制御できず、右1左1の頻発は当たり前。回転で過去を弄ったりすることも。とにかくこれまでの道程は散々だった。mも出ないので諦めかけていたのが続いた中、久々にロールが消えた。タイムは、8'04"05。悪いタイムだが、文句も言っていられない。もう置いた瞬間から、ブロックを見なければならない。だが、思ったほど見えないということがなかった。ブロックは必然というか、寝かせる形の欲しい形になっていたのが助かって、そのまま平たく置いたり、180度回転の形で置くことが多くなったために、その都度ラインが消えてくれることが多かった。本当に、シングルやダブルだけで中盤をやり過ごす事が出来たのが、一番大きかっただろう。DIRECTOR: HASHIDATEという終盤見える文字列が、大体8〜9列目の消化時に見えていた。「次は三原(PRODUCER: MIHARA)でロゴか」と思った時に、油断は出来なかった。いつも、50秒を消化しながらに死んだことが数知れない。だが、高さは中腹、確認をするかのようにブロックを入れていくと、そこでラインが消えている。ああ、地形が何となくではあるが、本能的に把握できている。私には明確なイメージで地形があるのではなく、恐らく次がこれだろうという思いつきのような形で迷路の入り口を探り当て続けていた。待ちに待っていたアリカのロゴを、まさかこの高さで拝めるようになるとは──これはGmだ、早く判決を!

 5年4ヶ月に渡る苦しい戦いが、終わった。(8'04"05, 231,836pts., ST銀SK銀; appenda/080427_1.jpg)

 "YOU ARE GRAND MASTER!"──この言葉が、Masterモードでの自分への祝福になると、誰が予想していたろうか。いや、1人けしかけていた人はいたかもしれないが、こうしてやっと自分の手で終止符を打つことが出来て、本当にほっとした。感慨の余りに、勝利を叫び、記録の証拠写真を撮り、そして遂にネームエントリーで痕跡を刻む。流石に筐体の記録は7'45"のGm橙が末席だったので、記録が残ることは無いのだが、それでも、自分の名前を刻む価値を、手に入れたのだから。自分のスコアネームを入れて、ゲームを終えた。ランキング画面に、その栄光が復唱されるのを、俺と、ギャラリー化した参加者の方々は待っていた。

 しかし、それを見るべきではなかったのかもしれない。この当事者であるはずの俺も含めて、ランキングが表示された瞬間に、見た全ての者が衝撃を受け、嗚咽とも取れかねない声を挙げた。無理もない。

(appenda/080427_2.jpg)
 記録の後に引かれたラインは緑ではなく、橙だったのだから。

 驚愕( - PANIC - )が襲った。3ライン以上の消しはしていないし、よくある仮説での一定ライン数以上を消すというものの、基準に至るとは考えてもみなかった。「初めてのGm、初めての緑ライン」を漸く取れたと思って安堵していた矢先の裏切りに、余りに計り知れなかった衝撃を受けた。確かに、初Gmにしては整然とした地形だったが……嘆くかのように痛む俺の左手首は、今度は恐怖に呻きを上げ出した。理解できないような喜びと、しかしその一方で「何故?」という強い疑問を抱きながら、俺は階段の大事なところを一段抜かしで走り切ってしまったことを、やっと悟ったのである。もう、顔の綻びは止まらなかった。過程が不明であれ、自信を持って消えロールの最期を迎えたことは確かだったのだから。これは、ある意味一大事でもあり、俄に騒ぎが出来始めた。しかし困ったことに、「貴様どういう事だ」と詰問されても(実際、された)、俺自体が説明できないようなことなのである。Gm橙の取得者は良くて2桁オーダーだろう、というそんな偉大な一席を突然設けられようものならば……。
 今、日記を認めている自分に襲っているのは、ひたすら「恐怖」である。こんなランクを取ってしまった以上「永遠の中級者」という一種の免罪符を発行する権利を失ったことになる。今、自分がどうして上級者として指針を出してゆくのか、決めなくてはならない。これからは、更にタイムを縮めたり、Deathの全一記録のために己の体を捧げたりすることもあろう。そうした時に、頼る物が減る代わり、後押しする力が増える。それを悟った上で、しっかりとしたストラテジーに基づき、いわばプロ意識を発揮する必要がある。そして何より、競争の大切さを、しっかりと喚起し普及することを忘れてはいけないと思う。どのレベルのプレイヤーでも同じだ。どんな小さな、うまい奴らには馬鹿にされるような達成でも構わない。常に自分を良いところへ持っていくことを忘れないこと、それは全体をよくする事にもなるし、相乗効果を得る契機になるだろう。忘れるはずはない、「こんなの越えられるわけがない」という壁を越えた時のあの気持ちを。これを別に奇跡と呼んでも構わない。TGMのプレイヤーというのは、自分の中で奇跡を起こし続けながらachievementsを積み上げている。ではその奇跡の火種は? ──それこそが競争だ。

 これからも一心に競っていき、記録向上の喜びを分かち合えればと思うので、宜しくお願いします。国内外を問わず、テトリス特にTGMに関係する全ての方々、ジャンルの垣根を越えて自分の知己となっていただいている寛大な皆様方、そしてこんなゲームで戦っているのを半ば黙認して貰っている俺の家族に、尽くしうる限りの感謝を申し上げたいと思います。本当に有難うございました。

Sports -- Formula 1
 コバライネンが大変な事故を起こしていたらしく、無事と聞いて安堵しただけだった。アロンソがポール取ったのに残念な気持ちになった。青いルノー時代のアロンソは好きではなかったが、今ルノーにいるアロンソは好きなのは何故か。


28th April, 2008 (MON.)

Working Man
 昨日の就寝時間を考えれば、仕事に影響が出るのも当たり前か。いくつかの課題をこなす作業に当たり、憔悴した。まあ、こればっかりは覚えるほか無いのだろうね。同僚がサーバーの立ち上げか何かに苦慮していたらしく、これは酷いと頬杖つきながら思ったものである。終業を早くして席を譲ったのだった。

Games -- Geometry Wars: Retro Evolved
 Geometry Wars REとBoom Boom Rocketのランキングが閲覧可能に(「neue cc clip」04/26付; http://d.hatena.ne.jp/neuecc/20080426/1209175567)
 これは盛り上がる。だれか箱を下さい。TGMAなどではなく矩形のために買います。

Tetris: the Grand Master
 まあそういうことらしいて前々からあったんだけど(http://mihara.sub.jp/top/blog/sb203/log/eid152.html)
 少なくとも俺はガチで殺り合い出来ればそれでいいです。縁のある方は宜しくお願いします。


29th April, 2008 (TUE.)

Negligence
 カレンダーから合法的に休みを貰ったはいいが、役に立つのかこれは(命の洗濯において)。

Tetris: the Absolute Plus
 またしても凡(m, 7'51"30, 238,648pts., ST銀SK金; appenda/080429_1.jpg)。どうも7分50秒の壁も切れなくなってきている。どうもしょっぱいタイムでしかmが出なくなるという類の呪いに引っかかったのではないかと思う。
 消えロールについて自分の実力を再確認する目的で積んだが、てんでなっていないことが分かってまあ当然と思った。最初のシングル6回については、非常に完璧な記憶だったが、欲をかいてstackingした結果が散々だった。複数ライン消しはしないのが無難らしいが、それはTIで致命的な事になるので、一刻も早く何とかしたい状況である。大船の大会も恐らくTIベースの予定なので、今のところどちらで行くか不明。正直、高速域は全く積めないので(C)で行くのを止めようかと思っている。すると申請名はSQRではなくS9Rになるな。KJUさんに面倒をかけるから控えよう。

Foods
 地元ではとても有名なうどんのお店である、「すみた」へ足を運んだ。関東一円では比類する物無く一番旨いと自負し、また多くのうどん好きが太鼓判を押す、期待せずにはいられないお店だ。その評判は検索をすればすぐに見付かるし、公認のファンサイト(寿庵さん主催; http://www5a.biglobe.ne.jp/~juan/89996337/)まであるほど。
 有名なのは、うどんの他にも、天ぷらやおでんだろう。それぞれまずはオーソドックスな物を頼むことにした。
 かしわおろしをぶっかけ(温)で(appenda/080429_2.jpg)。おお、この揚げ具合もたまりませんよ! ぶっかけうどんは讃岐うどんブームの影の功労者じゃないかな、と個人的には思うのだが、決して自己主張が強くはないこのぶっかけだしが、本当に奥深い味を出してくれる。大根おろしのなじみ深い風味と、熱々のかしわ天(=鶏肉の天ぷら)が心をくすぐる。そしてこの麺。流石は「これが真の手打ちだ! その舌で体感せよ!」といわれているだけのことはある。お見事でした。
 さあさあ、これをおいしく完食したら、少し心残りなので、おでん(牛スジと大根)(appenda/080429_3.jpg)も頼んでしまいました……。この満面に盛ってある芥子は、それほど辛くはないのでご安心、たっぷりつけて頂こう。甘く優しく独特なおでんの味は、つい一杯頼んでしまいたくなり時間を忘れるにもってこいの一品。
 うどんが750円という、本格派の割にはお手頃に食べられるのが良いですね。おでんと合わせて1,000円でこんなにおいしく頂いてしまった。大満足。


30th April, 2008 (WED.)

Working Man
 危うく遅刻するほど朝の準備がトロかった。
 OracleSQLの課題は1日で簡単にクリアできたが、エディタの調整に死ぬほど手間取って力尽きたというのが答え。あと、ファイルの同期を取ることになったのに正常動作しなくて目の前のパソコンぶん投げたろかと思ってしまった。仕事で疲れてしまったのだろうか、邪念がものすごい。俺は絶対こんな人間にはなりたくなかったのに……
 今日は残業不可なので早めに帰って死ぬ思いでクリーニング屋を訪れた(死ぬほど急いでも、閉店は5分前。無情なる営業時間なり)。
 4月の研修が漸く終わった。

Tetris: the Absolute Plus
 TETRiS-HOLiC(http://www7a.biglobe.ne.jp/~tetris_holic/)のTAPランキングのデータについて、週末に復旧作業を試みるらしい。久々に順位が拝めることになりそうだ。ぱんぱん(二拍)。
 Club TGM側の要望に従い、Avoid Incendiaries(この日記)のindex.shtmlにもリンクを張っておいた。うちは所謂ツールとしてのblogではなく旧来のhtml手延べ日記なのが現状ですから、これがなんとかできる限りということで、ご了承をお願い申し上げたい。気がついたら日記が2,030回くらいになってるので、それにいちいち200個もリンクを張るのは俺が死ぬし、何よりリファラを元に申請する手続きもひたすら煩雑になるだけなので……
 個人的な希望になってしまうのですが、親ディレクトリと子ディレクトリ(abomination.jpとAvoid Incendiaries[焼夷弾を躱せ])、あるいは並列した2つのウェブサイト(emaさんのema logTetris Logが例)の両方にリンクを張ってる時は、同じ管理人の管轄だなということを分かり易い形で示していただければ有り難いような気がします。(いや、なんというか、2つも独立して私のサイトに画面を割いて貰っていると、売名行為っぽく見えて気持ちが悪いんじゃないかという変な後ろめたさを感じてしまって)

 反映有り難うございました。わざわざすみません。

Sports/Casual Glance
 あれ、広島って意外と強くないですか? そしてもう取ったと思っていた阪神戦がショボーンな結果になったのを受けて今の日記は書かれています。