1st June, 2008 (SUN.)

Negligence
 もう起きる気が起きないんで昼まで寝てました。

Games -- Wii Fit
 16時頃やってた。体重を量ってみたら、なんと危険なことが起こった。-1.2kg?(appenda/080601_1.jpg) ……グラフを見てもありえん変化だ(appenda/080601_2.jpg)。
 その後ウィーボに「体重の変化は時間毎に異なってくるので、測る時間は一定に……」と言われたので渋々計り直したのであった。

Tetris: the Absolute Plus
 えびせんとサファリを少し回ってきただけ。戦果は800-900のST(33"23; appenda/080601_3.jpg)だけ。
 7'55"のm1回で終了って……普通に考えなくても導き出せるよ。下手だな。

 それから、録画機材が欲しい。

Something Weird
 見ない間にゲハが混沌としてましたが……(http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1210834118/)
 有名なコピペが遂に進化を遂げて、最早感動の展開を迎えた件。ひとまず>>32-33は俺の肋骨を返すように。

Foods
 東十条駅近くにあるインド・パキスタン料理店「サフラン」を訪れた。一度視察に行ってみたかったんだ。エスニック料理と言うこともあり、結構高いのかなと思っていたら、カレー(バターチキン)とナンで1,100円。ナンが意外と大きくてもちもちしてる。まろやかで優しい甘みのあるカレーにタンドリーチキンが入っており、流石インドのカレー、奥が深いとこを見せてくれた。しかし、店員に頼んだはずのサラダが来ないので、サラダどうしました?、と聞いたら、すぐ作ってくれて、遅れたからとサービスで大盛りにして貰った。あらあら申し訳ない、と思って食べてみると、
「ガラムマサラって野菜にも合うのか!?」
 と衝撃を受けてフォークを進めてしまった。このサラダ、インド料理では定番のサラダとされる「カチュンバルサラダ」(Kachoombar Salad)という料理で、マリネのように千切りの各種野菜(タマネギ・人参・キュウリ・ピーマン・トマト)をレモン水に漬ける形で和え、更にガラムマサラなどのインド料理に欠かせない各種スパイスを加えたものである。その味は爽やかながら、ガラムマサラの辛さが半端じゃなくていい。俺はこの料理をマスターする必要がある、という義務に駆られた。さて、今度の買い物には野菜をたんまり買うことにしようか……


2nd June, 2008 (MON.)

Working Man
 モチベーションが落ちるのを懸念してか、動きがあった模様。つっても、裏方でしか協力なんか出来やしない件。まあいいや。

Tetris: the Absolute Plus
 久々にHey行ったら、Heyにしてはマシな記録(m, 7'52"95, 249,084pts., ST銀SK金; appenda/080602.jpg)が出た。ロールはあと1〜2秒耐えていればと言うところ。どうして勝ち切れないんだろうな。自分が嫌だ。

Foods
 そういや、ハムがあったのをすっかり忘れてたよ。食わなきゃ。

Games -- Wii Fit
 相変わらず変化に乏しい。というよりも、中々痩せなくて辟易しています。フープでどうやったら300回出せるのか……試行錯誤が続く。星3つしか取れないゲームが多すぎる。向いてないな。


3rd June, 2008 (TUE.)

Working Man
 今日、統括のリーダーから心配を受けてきた。勉強会も開いてるし、今のところは充実感が全くないわけではないのでいいんだが、勿論早く仕事をしたい自分もいてだな。ドンパチやれば、なんとかなるかもしれないし。まあ、色々あるだろうが。

Games -- Wii Fit
 リバウンドが甚だしい。+0.3kgが如何に致命的かを知るには十分だったかもしれない。菜っ葉食いてーよ。
 リズムボクシングの超上級を漸く制覇(1,235pts.; appenda/080603.jpg)。好きなゲームだっただけに良かった。後は、フープでどうやって点を稼ぐかがやっと分かった。明日こそ300点で星4つ獲ってやる。


4th June, 2008 (WED.)

Working Man
 勉強会が開かれて2日目。またしてもオンライン上のドキュメントを殴り書く毎日が始まった。その甲斐あってか、腰に疲労が溜まった。デスクワークはこれだから嫌なんだぜ……。

Games -- Wii Fit
 目標体重に一向に近付かないんで諦めてますが、リズムボクシングはいつも通り続けています。やっぱりこのゲームが一番性に合ってるかも。
 それから女性トレーナーが彼の代理でやって来ちゃったけど、1回で帰ってしまった。帰ってくんの速えーよ男性トレーナー!

Materials
 まずは、驚かずに写真を見て欲しい……(appenda/080604.jpg)

 なぜサファリがもう1本増えているんだ

 管理人は緊急逮捕され、後日警察の取り調べに対し次のように供述した。
「2007年版限定の艶出し黒モデルが並んでいたのが悪かったんだ。サファリのEF・FとMとでは、筆記感が別物だとは聞いていたから、つい1本……とやってしまって気づいたらコンバーターも一緒に買っていた」
 警察は、伊東屋のメルシー券狙いの犯行と見て、捜査を進めており、慎重に容疑者から供述を聞き出している。


5th June, 2008 (THU.)

Working Man
 勉強会に熱を入れすぎてグロッキーになった。非常に眠かった。
 相変わらずデスクワークのせいで体が破壊されそうだ。

Games -- Wii Fit/Negligence
 11日目にして初めてWii Fitのトレーニングをさぼった。体が限界に達していた。

Magic: the Gathering
 Shadowmooreの話も朧気にしか分からないというのに、気がついたらShards of AlaraではMythic Rareとかいう新しいレアリティが採用されるという話(http://www.wizards.com/default.asp?x=mtgcom/daily/20080602)。コレクターには面倒だし、プレイヤーにとってはシングルの高騰が懸念される事項でもあり、喜べないことが多いのかもしれない。何より名前が……。
 と、一見すれば非難されるのも分かりきっているのかもしれませんが、ようは、レア1とレア8ですよね。今風になったとか遊戯王チックになったというのはアホの言い分であり、寧ろ時代が混沌としたあの時期に戻っているとも取れます。まあ、それでも遊戯王がうんたらという話をしている奴にはこういう挿話を聞かせればいい。
「てめーはAlliancesって名前聞いたことあるか? 当時のスタンダードやエクステンデッドはともかく、中には今もヴィンテージで引っ張りだこの目玉カードが入ってるっていうんで、日本に輸入されて馬鹿高い値段を付けたセットさ。12枚入りブースターに1,000円オーバーは余裕のよっちゃんさ。そのセットには、《Kjeldoran Outpost(ALL)》《Lake of the Dead(ALL)》《Thawing Glaciers(ALL)》《Exile/流刑(6/ALL)》のようなトーナメントクラスで使用されたカードから《Balduvian Horde/バルデュヴィアの大軍(6/ALL)》《Kaysa(ALL)》まで、外れもあるが魅力的なレアも多く、購買力に一役買っていた。こいつらというのはレア2と言って、シートに2枚ずつ入っている。一方、このセットにはレア6という、つまり3倍の割合で出やすいレアカードが、1枚のレアスロットの中に入っていることがある。だが、最悪なことにレア6は1枚の普通すぎて期待はずれなカードとその上を行く2枚の価値のないカードだけだ(《Urza's Engine(ALL)》《Whirling Catapult(ALL)》《Sol Grail(ALL)》)。カスレアが3倍の割合で出てくるなんて信じられるか? 仮にこいつらを引いて、かつ《Force of Will》が無かっただけで君の漱石(当時)は無駄死にを遂げる! もしかしたら500円玉も余計に払っていたかもな! いいか、未来志向のレアリティというのは間違いだ。奴らが過去に戻ろうとしていることがこれでわかったろう」

 あの変則レアリティを作るに当たっては、Fallen Empiresのやり方が未だに最強だったと思う。


6th June, 2008 (FRI.)

Working Man
 おそらく、あの板のせいで蓄積した腕の痛みをなんとか耐えながら勉強会に臨んでもみたものだが、全く役に立たずに終わった。全くというのは言い過ぎた、せめて半分ぐらい。
 Javaのフロー制御について素人講釈をやってみたよ! ただ、8ヶ月も関わってりゃ素人でも何でもないがな。

Fact Sheet
 うちのオフィスから大通りを跨いだところにある場所で爆発火災があったらしい。ヘリがばらばら飛んでいたのはそのためだったのか。

Games
 そして、金曜を終えてTGIF、というところで、同僚が3〜4人ばかり話をしていて、そのうちの1人がこれから麻雀でも打ちにいかないかと切り出した。俺は苦手な範疇だからと話を流そうとしたが、1人抜けていい面子が揃ったので、みすみす抜けるわけにもいかない。人間関係の破綻しない程度にレートを持ってみようということで、10年以上ぶりかもしれない、麻雀牌との再会ということになった。まあ、同僚同士で打つのだから、変に雰囲気がギクシャクすることもない。全自動麻雀卓との出会いは初めてだったが、和やかな雰囲気でまずまず楽しめた。問題は、負けが込みすぎたと言うことだけに尽きる。やはりsolitaire以外のゲームはまるで出来ないなと思った。
 「うちの会社の面子でやると役満が出やすいよね」とよく聞く。今日だけで準正だが国士無双を上がった人もいれば、最弱の俺ですらツモり四暗刻を聴牌していたほどだが、三暗・対々の和了すらならなかったという、勝ち切れない雑魚ぶりが如実に出ていて、これは死にたくもなるなと思った瞬間だった。結局5時間ゲーセンでDeathってるほどの額面をすってしまったが、そういう遊びもまた面白い。

Games -- Wii Fit
 やるはずもない遊びを5時間やったせいで、体内時計を戻してからだ測定に入るという邪悪極まりない行為をした。結果は翌日に……


7th June, 2008 (SAT.)

Negligence
 俺は時間の許す限り寝た。

Home Key
 と、惰眠を貪ることすら許さず、家からの宅配便が届いた。仙台の時以上に驚異的な物資の量に、俺は仰け反らざるを得なかった。しかし、それ以上に眠気に耐えられずに寝たのは良い思い出。

Tetris: the Absolute Plus
 今日のベスト(m, 7'45"00, 260,161pts., ST銀SK金; appenda/080607_1.jpg)。他にも1mあった。なかなか7分40秒台から伸びるのは難しいのう。久々にやったので腕が鈍っているのも否定できないし。

Games -- Wii Fit
 ついにあの忌々しいフープダンス(appenda/080607_2.jpg)を退けた。300点を取るのが異様に辛い。最高速にしてすぐに輪っかを供給して貰うのが重要なポイントなのだが、それがなかなか上手く繋がらないのだ。やってみれば分かる。
 昨日の分の体重を繰り下げて量ったら、有り得ないことが起きていた(69.2kg; appenda/080607_3.jpg)。よし! どれだけチート使ってるか、グラフにすれば明確だ(appenda/080607_4.jpg)。ひどい。ひどすぎる。十万石饅頭。明日がデイ・オブ・ジャッジメント(2週間の目標を達成できたかウィーボに判定をさせられる日)。


8th June, 2008 (SUN.)

Fact Sheet
 秋葉原の殺人事件で、7名の命が奪われた。このような俺がゲーム目的で巡っていた場所を脅かす事件は、クリスロードの暴走トラック轢殺事件(→2005/04/02)、およびマーブルロード暴走トラック事件以来のことで、なんと3度目にもなる。ニュース性の高い犯罪を上手くかいくぐって生きていることに、自分の生還の奇跡というか、悪運の強さを感じ、時に呪う。俺のような人間が、家族の元に戻ってきてしまうことも、僅かながら有り得た。
 殺さなければ、殺されなければ分からない人間。生殖以下の下らない目的で他人を殺め、それを下らんスキャンダルに仕立てて喜ぶ畜生もおり(場所が場所だけに)、ネット上で人間同士の破滅を万歳と皮肉る輩の多いこと(これも場所だけに、か?)。
 ──即刻、知的生物の呼び名を返上すべきだ。自分のことでもないのに胃がむかつき、この「一瞬だけ、全ての人間の命を軽く思う気持ち」が死ぬほど嫌で堪らん。初めは「おいおい、大丈夫かな心肺停止って」という軽い気持ちが、ニュース速報の字面やらネット上のトレースを追うたび、嫌気が強くなった。

Tetris: the Absolute Plus
 14時に体が動き出す頃、俺は平和な池袋にいた。そこの駅前は、占いの勉強をしているらしいニート(売れない師)連盟の巣にこそなっているが、まだ物々しい雰囲気を白昼堂々醸せる場所にはないらしい。
 最初の数回で早くも意を得たのがなんとも俺らしくなかった。8分はなんとか切ってフィニッシュすると、そこからロールでぎりぎりの生還劇(Gm緑, 7'51"98, 250,877pts., ST銀SK金; appenda/080608_1,2.jpg)。しかし、敢えなくランクがGm緑に降格。それに対して、読者諸氏のかける言葉は「贅沢の極み」「これが普通の実力」というわけだ。そして、ロール終了10秒くらい前に、かんさんが俺を見ていたことに驚いたのだった。おのれ、千里眼!(きっと全て関係ない)
 今日の写真:久々のDPクリア(6'16"76[-R}; appenda/080608_3.jpg)/かん流Death(appenda/080608_4.jpg): (写真提供有り難うございます)全く22万とか有り得ん。しかし自己ベは24万らしい。ますます人間としてのポテンシャルの差を思い知った。今日はそこまで時間が取れなかったものの良いゲームだった。
 動画で惜しいプレイを観た後だったので、今日の俺が運良く勝てたのは良かった。

Games -- Wii Fit
 目標のBMI=20.54(68.8kg)は、リバウンドのため達成できず。悔しいが、いくらか痩せたのは確かなので、今度は-1.0kgよりも目標を緩めてトライ。69.2→68.7kgへ。


9th June, 2008 (MON.)

Working Man
 予習が必要な項目が多すぎて疲れた。今日は万年筆も携行し忘れるし、なんだか調子が宜しくない。
 勉強会は程々に進行している。記録係が俺の役目らしいが、もはや一冊のノートにしても良いんではないかという状況と化している。

Home Key
 小包を送った。届いたかどうか結果は明日分かる予定。

Tetris: the Absolute Plus
 久々に巣鴨に行ったら重すぎて対応不可能だった。8'14"台とか、おそらくこのコンディションでしか出せない記録だと思う。

Games -- Wii Fit
 笑えないことに、これまで必死で減らした分が全部リバウンドして帰ってきたよ。当然ウィーボから詰問の対象となり、徐に「食い過ぎだな、ただの」という思考がやんわりと俺に耳打ちをしていた。俺終了!


10th June, 2008 (TUE.)

Working Man
 朝目が覚めていざ出社と思ったら、首筋にびきっという痛みが。この日は自重して行動せざるを得なくなってしまうが、俺の不摂生のせいではないことを祈る。
 勉強会の司会を無事全うする。わかってるんじゃろかみんな、と思ったり思わなかったり(でも、端から見て一番心配だったのは俺だ)。

Games -- Gunhed
 6月のPCE予定に、Blazing Lazers(海外版「ガンヘッド」)登場(http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/lineup.html)
 WiiがFitの登場以来最大の輝きを見せている……! おっぱいぱい最強。

Home Key
 昨日のプレゼントが届いたという話で、両親が電話をくれた。母は涙が出たと大袈裟な表現をしたそうだが、こういう風に受け取って貰えるとそれだけで嬉しくなる。
 母には植物図鑑を前から送ろうと言っていたのだが、よくよく考えると、大型の図鑑は趣味のガーデニングにはふさわしくないものまで載っていたり、食虫植物やグロテスクな物体を見せたら普通に考えなくとも引いてしまうことが予測されたので、できるだけ身近な対象の物がいいと思った。値段は随分安くなったがこれはやむを得まい(専門書を買うと財布危うし、襷に長し、なので)。
 父へのプレゼントは何を買うか迷っていたが、結局最近の俺の趣味で拡大した文具を贈ろうと思った。万年筆は流石に会社でがんがん使うには適さない上に、やっぱりその場合は質のいい物を送らなければ駄目だと思って諦めた。俺の届く範囲でせいぜいできるのがパイロットの「タイムライン フューチャー」だった。面白い道具であると共に、独特の佇まいをする機構が、ポケットに忍ばせた時にも面白いと思って目を付けた。少々未来的すぎて落ち着きに欠けるデザインとも取れるが、見た目より若く見える父ならば、老け込んだデザインよりも寧ろこの尖鋭的な感覚の方が優るだろうと思った。
 私の気遣いは兎も角、何よりも両親が気に入ってくれて、使い倒してくれることにある。とりあえず、今日は大安吉日という通り、幸せを伝えられて良かった。

Games -- Wii Fit
 トレーナーとの戦いに全然勝てません。コツを教えて下さい。
 リバウンドしました。そう、幸せは俺の元からだけ逃げ惑うのです。