11th June, 2008 (WED.)

Working Man
 存命です。今日は悔しいほど雨が降らなくて良い気持ちです。しかし、俺の首筋の痛みはもう限界を迎えてしまっており、気になって仕事にも支障が出る。自由に首を動かせないのがこれだけ辛いとは……

Tetris: the Absolute Plus
 Heyに行ってますが、やっぱりなんかこのレバー変ですよ。8'02"台で終わった。TIは、うん、言わない。1回ミスっただけで終わりのゲームはつまらん。

Games -- Wii Fit
 昨日だけで+1.5kgもリバウンドしたのに、今日も+0.5kgとか……板を半分にしてやりたい気持ちに……。しかし、それ以上にリズム踏み台が殺意沸き立つゲームです。


12th June, 2008 (THU.)

Working Man
 張り切ってクールビズを励行してやったら鬼のような雨が降って俺を懲らしめてしまった。許せん。お陰で風邪をこじらしたのか早めに帰ってしまった。
 Genericsが難しすぎる。あんなもんを作ったSunに恨みが沸いてきた。

Negligence
 風邪が酷いんで仮眠とったよ。Fitも今日は体重測定のみでお休み。


13th June, 2008 (FRI.)

Working Man
 Genericsの挙動は、俺にとってどうでもいいことが分かった。次は二分探索のメカニズムを勉強してその結果を知る番だ。
 もしかしたら、来週からREAL BATTLE PHASEに入るかもしれないな……来て欲しいと思ったものが、来る段になった時に恐ろしく感じる。

Bad Company
 先週の報復試合で申し込んだ麻雀を打っていた。気がついたら、1人が終電を逃したので8耐になっていた。この前の借りは返そうと思って打ったが、まあゲームの負けはゲームで返すという同僚の弁を見事に果たしたということで今日は良しとしよう。点数上は±0に近い値だったが、まあそれで済んだのが一番良かった。尤も、俺がそれ以上に辛かったのは徹夜麻雀を完遂するのに体力が必要ということか。脳味噌ばっかり使ってたので、手足の痺れを覚えてきたし、下手するとこれは言語障害にもなりそうな緊張である。
 打つ上で俺が感じているのは、もし不遇な役があったら狙っていきたいという邪な考えである。三連刻(一色三順とも言えるが、三暗刻になってた)も三色同刻も聴牌まではするが中々決まらない。そして全帯系といったら、ますます不遇なのではないか。本当のマイノリティゲーマーならばこういう役こそ愛しなければならん。しかし、降りながらも攻めを崩さない方法を考えたり、歓談という牧歌的な面に殺伐とした戦いの意識が織り込まれるという雰囲気上のものからも、面白いものだな麻雀は、と思っている。先にテトリスに20年近くも嵌っていたのは幸いだったかもしれない。下手すると財布が泣きを見る虞だってあるからな(それでも、solitaire以外受け付けない俺の性格上、すぐに止めたかもしれないな)。


14th June, 2008 (SAT.)

Negligence
 京浜東北線の朝からの運行に助けられ、なんとか1人の同僚と帰ったが、座席で俺を待っていたのは死体になったスーツ姿の男性が向けてくる首だった。その場は笑って済む問題だったかもしれないが、田舎者としては初めて、東京の朝の恐ろしさを痛感したのだった。このような状況に耐えるのが精一杯だったので、10時間寝て気がついたらお八つ時だった。

Foods
 珍しく近くのミスドがポイントを2倍にしていたので思う存分チョコレート類を買った。カリーパンが無いのは淋しい。

Tetris: the Absolute Plus
 今日のMasterT. A. Death(m, 7'47"68, 251,381pts., ST銀SK金/842Lv., 4'38"91, 108,181pts. ST金; appenda/080614_1.jpg)
 まあまあ。Masterは大体7分45秒前後を推移するのがいつもかなと思うことに留めて、Deathの躍進についてはある程度複雑な気持ちを持っている。躍進と言うよりは、久々にクリアラーらしい精神を発揮してみたらこうなったというだけ。勿論、俺の頭の中では500以降の通過はかなり流していたつもりだった。尤も、ダブル以降が全く出ない状態だったんで(メダル無し、10.8kという異常に低いスコアからも察していただける通り)、ゆっくり積んでも汚い点は幻滅したい。だが、大体は1年前に獲ったGmとほぼ似たようなタイムの推移をしていたので、「ああ、普通に積んでも5分半割るぐらいは当然の義務なんだ」と俺の中では了解した。
 これで、1年前の俺にはまだまだ実力が足りなかったことが分かったので、少し安心。

Foods
 池袋のPALCOの7階にスープカレー屋の宣伝があったので足を向けざるを得なかった。マジスパでも行ってやるつもりがあったが、こちらに。「YOSHIMI」というお店。月替わりメニューのトムヤムクンスープカレーを食べてみたが、5番でもまったりと楽しめる辛さ(註:俺の判断は人間ではありません、予めご容赦を)。しかし、それ以上に衝撃的だったのが、「ライスのおかわり自由」だったこと。大盛りに値段が無いどころか、そもそも頼む必要がないなんて、なんて恐ろしい店だ!、と驚異を味わった。ライスが命のカレー屋でこれはなかなかやれない芸当だ。カレーに相当の自信がない限りは(普通の大衆料理屋のランチとかなら、当たり前に思っちゃうけれども)。1,500円までの価格帯で満足に食べられるかもしれないというだけで評価すべき。
 卓にスパイスが添えてあったので耳かき一山分くらいかけたが、適当なかけ方をしたので却って味を落とす。絶妙な調合を邪魔するなということなのだろう。やっぱりスープカレーは難しい物なのだ、甘く見ていた。もっと辛い物は料理人に相談させていただくことにしよう。


15th June, 2008 (SUN.)

Tetris: the Absolute Plus
 小平のフリープレイに行っていた。あんまり調子が良くなかったんで、殆ど画像はないけどね(ソルダムが110Lv.付近で終わったり、大変だったよ)。
 今日のMaster(7'51"50, 265,652pts., ST銀SK金; appenda/080615_1.jpg) 指摘通りスコアは高い。スコアは。
 兎も角メダルが沢山取れて良かったね、の図(appenda/080615_2.jpg)。いつにもまして酷い。
 Deathは相変わらず「考え中」の状態。いや、本当に考えてるかどうかというのは凄く怪しいけれどもね。

Accidents
 最近寝付きが悪い。やっぱり、原因として考えられるのは気温の上昇と湿気対策で除湿器を掛けている分猶暑くなることか。寝汗が酷くて全く睡眠が取れん。


16th June, 2008 (MON.)

Working Man/Accidents
 なんか熱があるのか頭がふらふらしていたのか。とはいえ勉強会は平気。唯一Web上でドキュメントを書いたりしているのが楽しくてならん(仕事か?)。
 面接の話が出そうで消えたっぽい。がくっと体調が崩れて、そのまま帰ったら微睡んだ。

Negligence
 仮眠っぽくなって目が覚めたら午前2時ぐらいになっていた。あーあ、ますます生きる気を無くしてしまった。タイガー・ウッズの試合でも見ておくべきだったかもしれない。


17th June, 2008 (TUE.)

Working Man
 今日も生殺し〜

Games -- Gunhed
 「ガンヘッド」が版権の都合で配信不能になった代わりに海外版のBlazing Lazers(一応指摘するがこれで正しい名称で、タイポではない)が配信されたので、即取りした(appenda/080617.jpg)。縦シューティングで、恐らくスターソルジャー以上にプレイしていたのがこの作品。まあ、ヘタレなプレイヤーにはこの程度の難易度が丁度良いわけですよ。後半はシールド、で所々ホーミングミサイルを連続取りしているとかなり助かる。これは何処まで点数を稼げるかって言うゲームとしてみればなかなか縛りがあって面白い。
 今日はHARD HUMANをクリア。クレジットに東宝・サンライズの名が残っていた。

Foods
 今までずっと食べられずにいた「LEE」の30倍+ジョロキアを買ってきた。というのはあの忌々しい原材料に始まる。原材料に入っているマッシュルームが、俺の激辛への挑戦を阻害していたのだ! しかし、とうとう歩み寄りが図られたのだ、そしてとうとう原材料名からマッシュルームが取り払われた環境で、俺とのマッチアップが実現したわけだ。
 30倍を口に入れたら、まあ予想通りの辛さが来たので、ジョロキアソースをかける。うむ……これはただ破壊力を求めただけのカレーか。ココイチの10辛を連想させる。しかし、ある程度やり過ぎてしまうと、カレーを食べているのではなく、辛い成分を食べているという、なんだか本末転倒な気持ちになってしまう。辛いのはいい。挑戦的ですこぶるいいのだが。


18th June, 2008 (WED.)

Working Man
 生殺しでお預けを受けた件が次の人に回ってしまったらしい。なんという横取り40萬だろう。どうせ、いいんだけどもな。今日も寂しい自慰が続く。
 職場が色んな意味で慌ただしいんですが、冷や汗をかくようなことだ。

Games -- Wii Fit
 運動貯金の合計が10時間を漸く超えた。最近は運動もしてあげられる時間がないので、ウィーボとの語らいも減り気味。寧ろ、俺は言い訳を言わされ続ける日々が続いて敗北感を覚える。

Something Weird
 某所で話の出た「脱衣テトリス」ですが、俺が小学校低学年程度の時に楽しんでたテトリスのクローン「ヌギリス」(Nugilith)しか知りませんな。10in1ぐらいのフロッピーと共に入っていたよ。BPSの方のテトリスと取っ換え引っ換えやっていたので、私はどんだけエロいんだと思われがちですが、結果を裏切ることに幼少のみぎりから二次元のおかずには興味が無く、僅かに6桁のスコアしか眼中になかったようでした。まあ、その時は子供でしたから、悪い教育には打って付けの品々も幾つかあったようですが、結局PCゲーで覚えがあるのは「カタリス」と「蟹味噌」などといった、マゾい気質のゲームしか有りませんでした(これは間違いなく昨今のフリーゲーム凝り性に影響している)。ヌギリスはブロックがなんか宝石っぽくけなげな装飾がついていたことしか本当に記憶に無い。
 ま、脱衣テトリス程度の物でひいひいいうのはどうかと思います。

Tetris: the Absolute Plus
 すごい(http://www.youtube.com/watch?v=_MufNKT8F1E)。
 間違いなく才能に溢れているプレイヤーだ。俺のようなただの老人にも分かる。言い過ぎることはない。16ヶ月でMaster/T. A. Deathの両Gm取得という、俺の存在意義を限りなく極小化するようなプレイを続けて公開しているのだが、1年半も満たず、ここまでの安定性を体得しているというのは尋常ではない。後半でもテトリスをしっかり獲って得点を伸ばしていることから、いわゆる安定志向で「積みが失敗しない」(TIで開眼した人にその打ち筋の人物が多い)。TAPはどちらかというと泥臭さや気合いといったアブストラクトな概念が高めに評価されるゲームなので、効率重視の戦法を醸成するのには向かないと思っていたが、全くの誤解。恐れ入った。それにしても、かくも連続してこれだけの実力を見せられると、俺もうずうずして止まってはいられない。今現れた勢力は、いつも俺の血を高速に循環させ、心をときめかせてくれる。
 本当におめでとうございます!


19th June, 2008 (THU.)

Foods
 「ペプシ ブルーハワイ」が不味すぎる。パイナップル分が飲み飽きを加速させる親切な仕様になっております。親切。

Working Man
 今日明日で勉強会が終わる模様。Threadのオーバーライドのせいで、俺の大事な3日間程度を棒に振ったことについて、未だにインプレスの解説の説明不足と7章から始まった手抜き編集を根に持っている。

Games -- Gunhed
 Blazing Lazers3日目。SUPER MANIAがクリアできないことに衝撃を受けた。それどころか、1面ですら容易にミスる。やっぱり俺縦シューティングは生理的に無理なんじゃないかと思えてきた。9面乙。あのアイアン・ベリオル抜けた後の地帯でその場復活が無くなるとどうしようもない。無理。どうやってリングブラスター1個でサンダーブレスまで抜けろと。


20th June, 2008 (FRI.)

Working Man
 体調が優れず、電車にも乗れず終いだった。明らかに不快指数でやられているのか。腹まで痛み出している。
 だが、今日を何とか切り抜けて終わらせたいものだ。少なくとも、1週間は乗り切っておかないとな。

Bad Company
 結局いつもの同僚組で麻雀の面子を組んだのだった。最早3周目にもなると、習慣化しているな。
 「今日も十三不搭が来ないかな」と明らかに誤りだらけの法螺を吹きながら戦っていた。それが俺だ。それに乗ってくれるどころか、競技としては間違った方向に行くのが俺達だ。
 しかし、何がおかしくなったか、いきなり1戦目で箱点。死んだ。序盤に-50がつき、更に次も3位で沈んで最早勝負にも鳴らないと思われていたが、俺は荒れ狂わずにはいられない! 親満の3連発などで場をかき回して一時6万点台に乗せたこともあり、+54で順位点を一気に戻した。しかし続く第4戦もジリ貧で飛ばされ続ける展開が続き、信じられないことに2度目の箱。諦めてはいないが、最終局、東場の展開は最悪で、3位か4位か、に甘んじる選択を迫られていた。だが、ここで沈むのは男ではない! ふとしたロン上がりでドラ爆を炸裂させてしまい、俄に浮上してから調子づき、トップとは1万点ほどの差が開き絶望的だったところで、リーチに行ったら、一巡後に一発ツモで、薄氷の大逆転!、2ケツを2回の1位でぎりぎり取り返したので、総得点自体はほぼイーブンの-7で終了した。
 難しいものだね。競技という形ではやりたくない。こういう適度に強制されない緊張感がいい。