1st June, 2009 (MON.)

Working Man
 いつの間にか6月となってしまっていた。だが、俺達の闘いは終わらない。
 またしても画面の製造を続けていた。

Sports
 最近、職場でテニス経験者の方と全仏の話が盛り上がっている。昨日、あのナダルが敗れたというニュースは、テニスを少しでも知っている全ての人々の背筋を震え上がらせる出来事だった。ジョコビッチも敗れてクレーでの勝利に立ちはだかると思われた相手が全て消えたフェデラーにとっては、千載一遇の機といえる。そのフェデラーが、速報でまさかのタイブレークを落とすなど2セットダウンを取られると知ると、また背筋が震えざるを得なかった。家に帰るまでやきもきしていたが、帰ってみると、速報は驚くべき結果を示していた。またしてもフルセットマッチに持ち込んでの逆転勝利。最後まで勝ちきれなければこの男を倒すことなど不可能なのか、という絶対的な壁。
 波乱の全仏の無情な結果に、これから目を背けずに見られるのだろうか。


2nd June, 2009 (TUE.)

Working Man
 オフィスの近くの寿司屋は評判なので、メンバーにみんな勧めている。それはよしとして、とにかく今日は調査だらけ。昨日も遅かったので、結構疲れてくる。でもこの程度でへこたれてはならんな。また仕事を終わらせた。

Games -- Geometry Wars: Retro Evolved 1
 Evolvedで500万にどうしても手が届かない。少しずつ勘は取り戻しつつあるが、まだ800万という遙かに高いスコアは見えてこない。


3rd June, 2009 (WED.)

Working Man
 そういやドキュメント作ってないや、という事に気づいて、なんとか1日で書き上げることになった。ふう、これが又難しいのだ。分量的な難しさ以上に、何と言っても罫線がばりばり引かれた表に目をやると恐ろしいまでの催眠作用があるということだ。二三度死にかけて、人生を諦めてしまうところだった。

Games -- Geometry Wars: Retro Evolved 1
 1のスキルが少しずつ上がっている。上手く敵を引き付けられるようになってきて、1プレイで30分以上堪えられるようになったのを実感して凄く興奮している。スコアの上では580万、とまだまだ進歩の余地がある(5,801,260pts. / 945th; appenda/090603_1,2.jpg)が、主に次の点に渡って向上できた。

 一方、逆にこれらの点はまだまだ詰めが甘い。

 プレイの反省を上手くやれば、自己の目標を次々立てることの出来るゲームなので、出来るだけ頑張ってみて欲しい。


4th June, 2009 (THU.)

Working Man
 画面の仕様はやっぱり、奇を衒わない方針というか、一つだけ新しそうな浮いた技術を要するため、このように差し戻されてしまったのであります。落とし込みのイメージトレーニングだけやって今日は終了。

Games -- Columns
 TAPの調子が余り良くない(T. A. Death-777Lv. in 4'11"43)ので、偶にコラムスにしてみた。この前惨敗したけど。
 魔法石に上手く来て貰ったので、今回は手強い場面を何度か切り抜けられた。連鎖消しは出来に越したことはないけど、なにより精神的に余裕がないときついねこのゲームは。後半はちょっと尿意との勝負だったし。
 とりあえずパズルが苦手な俺としては、あまり無理なことは考えなくて(勿論仕事帰りだし)、100Lv.行ったら終わりにしようと思って終えた。まあ、普通に99の辺りで盤面が死亡確定だったという落ちなんだけれども。コラムスは向かないな俺。
 2,482,532pts., 100Lv., 3,353 jewels(appenda/090604.jpg).
 ま、でも、個人的には大満足です。これ以上に望む物はありません。

Geometry Wars: Retro Evolved 2
 休みますが、フォーラムで突っ込み所満載の記事について横から苦言を呈するところ(例によって拙訳、強調も著者による)。

1の頃から、どのモードだろうとボムを使わないんだけど。
ボムを使うってさ、なんか、もうボムらないと死ぬ場面を仕切り直しするみたいでチープな感じがすんだよね。
えぐい状況をボムるよりショットで切り抜けるとやったぞって感じがするんだけど。
それにコントローラーもレバー2本で済むし、ボムを無駄撃ちしたなんて心配しなくて済むのに……
他にやってる人いないの? それとも俺だけかな?
(Source: Does anyone play without bombs?)

 俺はこの主張について、1でノーボムプレイをやった事ある立場からの意見が出来ると思うので書くけど。
 1については、Retroで有れば絶対に正しいように思える。あれは自分側も物量のゲームなので、全然他と趣が違うので比較してはいけない(あれはバランスという点では崩壊しているが、プロトタイプということを差し引いても断然面白い)。
 Evolvedについてはどうか。俺としては、k4rn4geさんのノーボムプレイ505万、というのが示唆していると思うよ。つまり、ノーボムならここまで行けるという最低限の指標がある。最近では、ノーボムで全実績取る変態もいるから、このスコアは結構伸びると思われるが、それでも、ノーミスノーボムが無理なパターンがどうしても1つだけ存在する。それが四隅Spinnerの最高ランクである(四隅Mayflyの最高ランクではない。あれに比べればまだ攻略と運による救済の余地がある)。四隅Spinnerだけは、四隅からの出現時間が一定の値を超えると、まあTiny Spinnerに引っかかってRIPになるというのは皆さんもよく知っているだろう。少なくとも奴の存在のためにノーボムで行くことは非現実的であり、更にそのパターンが75k(自機エクステンド)の間に2回以上出たら残機が当然マイナスの収支になる。そうすると、出現法則の運ゲーになってしまうという予測は、ある程度つく。経験者なら。勿論、ボムを無くす代わりに残機を18機支給したらいいじゃないという馬鹿な考えが、意見としてあっても良いとは思うけどね。
 次に(Waves, Galaxiesを経て)2のGeom systemを採用した方は更に問題がある。ボムがないと全く点が変わってしまうからだ。しかも上手い人ほど得点の跳ね上がりが起こる。それぞれのモード(つっても3つしか無い)について考えるが、Deadline, Evolvedの二者は、自機で飛び込むというリスクが(特にDeadlineの場合)桁違いになる。Deadlineが3分間のモードなので、ボムの重要性については多少据え置きという点もあるので、一筋縄ではいかず、余り手短に語れないのが残念だが、Evolvedの場合はそれよりまだ分かり易いので触れる。
 2のボムは、薙ぎ払うと敵がgeomに変わるため、自機損と等価の関係にない(だから、75k, 100kという別途エクステンドの方法を取る必要性はない)。これが"cheap"かというのは、全く異なるように思う。つまり、その方法が用意されている以上、最大効率で倍率を稼がないというのは、甘えているのと同じだ。例えば、自機で死ぬことをリスクとして考えるのは、敵の数が余り少ないのに追い詰められてしまった時。逆に敵が多ければ、ボムでチャンスを作り攻勢に転ずるべきである。不用意な死に方を避けるという前提で行けば、これが効率の良い進め方になるが、実践は非常に難しい。上手い人は、敵の出現を考えてボムを計算する。日本のシューター勢なら実体験している/いた人が多いと思うけれども、下手なうちは本当にボムを惜しんで、抱え落ちが多くなってしまう(俺は現在進行形で体感しているところ)。そういうこともあって、ボムが一つの方法として使用を促されている以上、それを敢えて断つのがうまいというのは間違っている。寧ろ、下手だからボムを使えないという考えが、少なくともアーケードで鍛え上げられた連中には通ずる主張に思われる。
 ──ボムのバランスに対する主張の判定に最も適した方法は、残念なことだけれども、ボムらない時のスコアを見ることだね(笑)。投稿者がボムがcheapというのなら、ボムれば超高得点が得られてつまらない、という意見で納得する。
 で、結果は、お前が言うなだった。下手糞の内からボムがチープかどうかについて一家言持つということ自体が誤っている。k4rn4geが「ボム無しのプレイも面白いじゃないの」つって通るのは、彼が圧倒的に卓越したプレイヤーだからである。弱者に言葉無し

 次のリスナーさんいってみよう。

6月6日(土曜)に、24時間耐久チャレンジをやろうと思うんだ。参加したい人は、手持ちのGW2のゲーマーカードをリンクしてこの記事に返信頼むよ。当日になったら、新しいゲーマータグを作って、自分のスコアが見えるようにして欲しいんだ。この大会では、7部門のチャンピオンが誕生する予定だ──各部門賞と、(順位合計を足し合わせた)総合チャンピオンだ。
(Source: 24 Hour Challenge)

 余計なことするんじゃねえよバカタレ。その日だけしか使われないゲーマータグがランキングのゴミとして放置されるって事か? ランクの信憑性が下がる上に、もしもお前らのような極めて高度なテクニックを持った連中が軒並み企画に参加したら、ベスト10の意義が崩壊して中級者が真実を知って涙目になることぐらい想像できないのか。そういうこと分かってやってんのかな。

(註) 6/6当日の追記:直前でオリジナルのタグを使いましょうということになったらしい。どうやら、ベテランさんのYourExWife氏による意見があったとのことで、流石ベテラン、周りがよく見えてるぜ、と思った。


5th June, 2009 (FRI.)

Working Man
 画面と闘って、「貴様、この仕様はこの方が正しいのではないか?」というクレームを若手の方に厳しく糾弾された。やっと俺も半人前になったと思えばじーんとくるものだ。

Foods
 今日は飲みだよ! やっぱり楽しいよ! で、俺も地獄の仲間入りになるのかな、みんな手ぐすね引いて待ってるよ、という上司の弁に引き攣った笑いを浮かべながらも、自分だけが独立して楽をしているという金玉握られ具合から、どうしてもしょうがないと納得する。
 でも、やっぱりみんないる方が良いというのも、事実だな。俺だけ落ち零れ度が大幅アップしているのは否めない。

Sports
 フェデラーとデル・ポトロの試合がまだ終わってなかったので、仕方なくIBMの速報(意味不明な英語ラジオ放送付きでね!)で聴いていたよ。しかしフェデラーの調子が上がらなかったのか、僅差で詰め寄られた。このままだとソデルリング戦がマジで胃が痛みそうになる。
 デル・ポトロ強くなりましたね。皮肉にも日本から久々の有力選手となる錦織戦から認知度が高まったように思えますが、1年がこうも分厚い壁になるとはね(更に1年上にマレーがいる。本当に世界戦はえげつないよ)。


6th June, 2009 (SAT.)

Materials
 色々見て回りたかったのだけれども、靴とか。結局出来たのは家の近くにある床屋を開拓しただけだった。十分だって? 確かに。
 それと銀行もやっぱり新しい口座を作った方が良いかな、なんて話になって。代休はそれのために使うことにした。

Games -- Geometry Wars: Retro Evolved 2
 とりあえずそれまでで得られたことは何にもなかったですね。


7th June, 2009 (SUN.)

Sega Tetris/Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus/Terror-Instinct
 小平の月1に参加。
 という前に、実はかしわさんが人間やめそうな動画を見つけて(http://www.youtube.com/watch?v=ZO-iBzKDv7I)、なんか俺の存在意義がまた根底から覆されてきそうな気がしてきて、恐怖の余りまたDeath stackに手を出してしまったのですよ(お陰で中指に水膨れが出来るのだ。もうレインボーフィンガーの基本技はマスターしたかな?)

 Deathについて本懐が遂げられないばかりか、糞な記録しか出ないし、Masterは7'46"40というお通夜状態のmしか出ず、もう駄目だと思った。

 しかし、TGMで意外なまでの好記録が飛び出したので目を疑った。9'25"73, 213,515pts.(appenda/090607_1,2.jpg) 仙台で出した28秒の時も感触が良かったが、後半で鬼神の如き強さを発揮できた。前半の入りが4'54"とまずまず(決して万歳ではない)だったのに、よくここまで伸ばせたものだ。今回は動画を撮ったので無事に上げてみる。初めてのTGM動画なので今までよりは人口に膾炙するようにしておきたいものだ。
 そして、驚きは何と言ってもセガテト。60万点ぐらいで死ぬプレイがあったので、ちくしょーと思ってやり直したら思いの外上手く行ってあんぐり(CS with 671 lines; appenda/090607_2.jpg)。勿論電パは無し、全消しも無しです。以前の初のオールカンスト(→2007/06/16)から、何と269ラインの更新(註)。どれだけ当時下手だったかがよく分かるんじゃないでしょうか。

(註) 910ラインだと思ってたらもっと酷かったことに気づいて、計算間違ってました

Foods
 2つの自己ベストを片手にしたので、飯は3ヶ月以上ご無沙汰していたマジスパに。普通にアクエリアスをぺろっと食い、普通に店員からはアクエリアスと高橋名人の話を振られるというセットメニューだった。ここまでの一連の過程が、いつも通りのことである(偶には新鮮なのも欲しいね)。

Sports/Fact Sheets
 フェデラー、悲願の全仏を取り、生涯グランドスラム達成者に遂に名を連ねる(http://sankei.jp.msn.com/sports/other/090608/oth0906080059001-n1.htm)
 この大会では敗者ソデルリングについても触れるべきであろう。スウェーデンのテニス・プレイヤーが殆ど上位から消え去った中の唯一の希望。その希望が(手負いとはいえ)全仏で一度も土の付かなかったナダルを退け、ダビデンコ、ゴンザレスなど強敵を打ち破っていった。フェデラーの不調から、これは決勝戦、もつれ込むか、あるいは彼が王者にまで勝つ可能性が高くさえもある、という論調が見られたのも事実だった。それぐらい波に乗っていた人物だったし、これが準優勝であったからといって、何ら曇る物はない。キャリア初の4大大会決勝進出は、大きく重い財産となる。ブレークをさせなかった第2セット、そして第3セットの彼は、まさに今後のテニス界での版図を大きくする期待が高まる。
 一方、強敵が消えたはずのフェデラーには、己という史上最強にして最悪の敵が襲っていた。不調の様子はセット運びからいっても明らかで、モンフィスとこの決勝以外、らしくなくもつれる闘いが多かったので、フェデラーが何らかの不安要素を抱えているという報じ方が先行したのもやむを得なかった。
 それでも勝った。ストレートで締めて王者の新しいタイトルを得た。これ以外に何の言い方があろうか。本当に凄い。キャリア・グランドスラムを達成できて、本当にほっとしている自分がいる。

 心配なのはナダルの怪我が思わしくない様子であること。ライバルが減ると、闘いの面白さが殺がれてしまう。一刻も早い復帰で、また華麗なフットワークを観衆に見せつけて欲しい。今は喜ばしいことに、マレーやデル・ポトロ、そしてソデルリングのようなまだ見ぬ急成長プレイヤーが多くいるようだから、暫くテニスを楽しんで観ていられそうだ。

Games -- Exelinya BURST!
 ひょえー! 紹介されてるー!?(http://d.hatena.ne.jp/DK_alpha/20090605) た、たすけてー!!
 「軽薄短小で100時間は余裕で遊べるフリーゲーム」とあらば両足突っ込むプレイを行わずにいられない俺の病気がまた認知されてしまいました。なんというフリーゲームあらし。(管理人は炎のコマ風味に回頭閃骨殺を喰らい即死)


8th June, 2009 (MON.)

Tetris: the Grand Master
 上げた。ニコニコは7285057、YouTubeのミラーもいつも通りある(http://www.youtube.com/watch?v=wqp7tD44Hgo)。しっかし、900台の頭の悪さは異常。普段はもっと酷いので、勝ちきれないわけだ。それでもこのタイムを出せたことには、様々な方面に対して感謝しなければならないと思う。
 音声に異常があったのだが、リッピングソフトが悪いのかまたしても上手く解決できず。動画編集は失敗すると時間を湯水の如く食うので、俺は好きじゃない。

Materials
 月曜に休暇を取ったのを良いチャンスと思い、新規口座の通帳を作った。地方銀はもう終了した方が身のためだと判断。

Negligence
 しかし、それ以外のことが物理的に出来なかったという。ゲームもやれませんでした。


9th June, 2009 (TUE.)

Working Man
 仕事は相変わらず。昨日のクッションのお陰で、より酷い能率になるかと思ったが、それは流石に免れた。でも、1に2をかけても2なので、1.5に1.5をかけるよりも低い。

Tetris: the Grand Master
 昨日の動画に対して、9分20秒切りいけるだろ、という旨のコメントが流れたので、確かにそう考えると普通に行けるような気がして、なんとなく申し訳ない気持ちになるのである。行けるな、と思っていることがあると、その分無駄も多くなるが、逆に今回のように上手く行くこともある。後者の機会を、なるべくなら逃したくはない。


10th June, 2009 (WED.)

Working Man
 夕方は部会の準備に追われる。緊急のトラブルや、胸を潰すような出来事もあったが、今日は生き延びた。明日はどうなっているか、知らん。

Games -- Geometry Wars: Retro Evolved 2
 帰ってきた頃に、何故か丁度メンテナンスが入っていたのか、Leaderboardsに繋げなかった。悔しい。