21st August, 2009 (FRI.)

Working Man
 テスト時のリリースということで、夜遅くまで頑張っておりました。
 こりゃあ終わるか終わらないか分からないにせよ、その瞬間まではとにかく立ち会っておかないといけないので、結局帰りは24時を普通に回った。普通と言っても、最近は久しぶりのことだし、徹夜や休出もないから、まだまだ文句は言えないね。

Bad Company
 と言うわけで、寝られないのですよ。仕方がないので世界陸上などを使って6時まで起き続ける作戦に移行した。


22nd August, 2009 (SAT.)

Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus/Terror-Instinct
 5:58に最寄り駅の東十条を発ち、次いで東京、そこでひかりに乗る(appenda/090822_1.jpg)。
 とうとう、1年ぶりの再会となるのだ。大阪はTGMでは第3のふるさととなるが、この地に受けた影響は決して今まで渡り歩いた仙台や東京と比べても小さくない。不思議なものである。
 眠気を解消できぬまま新大阪に着いたのは9:30、そして天神橋ABABAに着いたのは10時手前、そこで既にかしわさんがログインしていた。気合い十分である。
 エントリーカードを受け取ると、気合いが漲っている反面、体が起きているのかどうかが定かでない状態でテトリスに手を付ける。例によってShirase(C)とDeathを交互にやっているような状態だ。
 そこで、いきなり場が動き出す。Deathの500台そこそこ出るようにが暖まって来だした頃、前半恐らく2'49"前後のプレイだったと思うので、余り良くはないと思っていた。だが、500台に入ってその時に信じられないほど視界が開けた。500、600と続けざまにラインを消して凌ぎ続ける。テトリスこそ無いが、地形がかなり下に感じられるので、ネクストは地形とネクスト欄の両方、判断が間に合ったように見えた。ともかく、死ぬきが起こらなかった。800台ですら、7〜9段目の攻防という非常に好都合な展開で切り抜けると900。力がどうしても入る。Gmを取るにしても、タイムを稼がねばならないと思っていた。970〜980で何とか真下を観ようとした。もしかしたら、と思ったが、そこは踏ん張って地形を読んだ。そしてなんと、本来なら常に1年半周期で出していたDeath-Gmが、僅か8ヶ月で出た! 今までの俺のプレイングを知っていれば、それがどれほどのことか、理解していただけるように思われる。そして、更に自分にとっては信じられないことに、これは臨死プレイなどではない、スタッフロールに対して、凝視を続けた。そして、遂に、30秒は過ぎた。

 初のロールクリアと、記録更新、そして前回の天神橋の雪辱を果たす、
 自己4度目のGm達成。(5'11"03, 155,119pts., ST金SK銅; appenda/090822_2.jpg)

 まだ場も盛り上がらない10:45。一人で仕上がってしまった。後は萎れるのみと、ふっと笑った。もう、無様なプレイだったとは、言う必要もないのだから。本当に、自分にとってはDeath-Gmというのが、生きている間で唯一自分の感情を煥発できるような喜びのように思われる。今回も薄氷にして、記録更新を途切れずに連続することが出来た(実際は前半のタイムから危ういと思われたが、どうも自分は後半が乗ると異常に強いタイプらしい)。本当に良かった。いい土産が出来た……

 プレイの場も盛り上がってきた頃に、待望する者達が突然やって来た。309さんとMSTさんがやってきたのだった。309さんはShirase(C)をどうにか潰そうという気合いが入っていた。異様な雰囲気を自分は特に強く感じた。所謂パワー型といえばいいのか、そういうものを得意とするプレイヤーが4人もいる異様な光景。最近の下入れに見惚れてしょうがないかしわさんと、大阪のワンツー、そして、午前中にピークを迎えた自分。高レベルの下入れが筐体にブロックを埋め尽くす時に、ぞくぞくとした感情と、汗が込み上がってきた。俺も下入れがしたい。兎も角速く駆け抜けたい。フリープレイなのでもう箍は外れている。
 熱気にやられた俺はたちまち前半で燃え尽きるようなプレイを連発した。足切りの最高値は2'40"2、他にも2'42"が2回も出るなど余りに内容がハイペースすぎた。
「下入れが速くなりましたね」と309さんに言われた。一見して無謀で空疎な自分の努力が、やっと救われた思いである。でも、やっぱり締めは「Deathはやっぱり難しいですね」「ええ、難しいですよ、本当に」。しかし、その難しさと言っているものが、2人の間では異なった解釈であったことを、明日知ることになるとは思う由もなかった。

 その他の記録: TGM: 9'39"73(194,049pts.; appenda/090822_3.jpg)、Doubles: 5'49"61(appenda/090822_4.jpg)。他はいつも通り近所の子供の方が上手いです。
 今日の見所は、TAP-Master。ANNさんが7'40"切りのGm橙を出していたこと。橙があっさり出せる人は本当に凄い。Masterが出来そうな台でなかったので、本当にモード別でレバーの相性がピンキリな自分に呆れる。かんさんも28万点のGm橙、インパクトはかなりのものだった。
 TIではSAIさんがMaster(W)の裏GM達成。1度目はみんなで見てて盛り上がったが、2度目もあったとは知らなかった……。

Accidents
 例によって笑いながら飲んだ。途中、TDSで世界ランカーや名うての面々に殺されたりした。NOAHガチさんとか、TDSで出会った人達って、今何やってるんだろう。
 と、夕飯後も精を出そうと頑張ったが、なんか腕よりも頭が重い……どうかしたんだろうと思ってふと気づいた。そうだ、俺は新幹線の中で不完全な2時間しか寝ていなかったのだということを思いだした。そのまま腕が動かず、店内でも半居眠り状態となって完全に死んだ。テトリスさえやらなければ頭が回るので、酔いを覚ましながらemaさんのところで匿って貰うことにした。

Games -- FITS
 TRPG仲間の方々と「FITS」(Ravensburger作)をプレイ。ペントミノの扱いには正直慣れていたつもりだったが、4人対戦で普通に2位だったぜ、最終ラウンドに泣いた(泣)。かんさんはこの一件でボンブリスのカートリッジを見たら投げつけたくなる病気が出ないか心配であった。ペントミノ鬼畜。十字とか。
 非電源ゲームなのでぐぐると英語かドイツ語のインストラクションに出会うだろう見たら、どんな鬼畜なゲームかを思い知ると良いと思う。


23rd August, 2009 (SUN.)

Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus/Terror-Instinct
 今日は、昨日のせいで俄然調子が上がらなかった。まあ、燃え尽き症候群ということで自分については諦めることにしよう。だが、昼からやってきた309さんの様子が、15時頃から突然変わった。
 まずはこともなげにDeath-Gm、5'10"31と俺のタイムよりも速い物が出た。10秒切りがそろそろ出そうなんてことを言っていたが、本当に規格外だ。明らかに一線から離れているはずなのに、殆ど人間を寄せ付けることのないタイムを、平気で出す。更に、5'07"、5'17"と固め打ちされた時には意識が飛びそうになった。あの動画は普通にやばいことになりそうだ。3日間見続けても飽きないことだろう。それぐらい、凄まじい後半の安定と、見かけと裏腹の攻めだった。この記録をまずは倒さない限り、壁は高いままだ。
 今日も腕より先に頭がおしゃかになった。こんな思いはDeathをやり続けていて初めてだ。

Foods
 大阪のたこ焼きは中がとろとろ(appenda/090823.jpg)。食感が面白かったが、熱かったー。

 更にお土産のお菓子も買ってきて、用意は万全。自分向けにわらび餅ときんつばも買って、東京へ戻った。ドッと来る疲れがこの旅を締めくくった時には、いつも通りだな、と頭の中で思った。

Sports/Casual Glance
 明日は予備の休みを取ったので、やり投げをやっているのを見た。そこで、あの日本初の偉業の光景を見たのであった。村上は日本投擲競技界で遂に世界に渡り合う力を付けたのか……もう、色々悪い要因の中でその呪縛を断ち切ったことは、本当に頭が下がるとしか言いようが無くって……満足して午前中は眠れる。


24th August, 2009 (MON.)

Working Man
 今日は本社での打ち合わせもあるので18時までで。やっぱり、萎える話だよねー。

Foods
 ソウルフードを入手した(appenda/090824.jpg)。
 しかし、1袋にカルシウム3,654mgって……どんだけ骨を硬くすれば気が済むんだ。


25th August, 2009 (TUE.)

Accidents
 突然、風邪のような悪寒に見舞われ、身動きすらままならなかった。数年ぶりにこのような病をこじらせてしまっては、急な休みの連絡を入れるだけに終わり、そのまま半日床に伏していた。残りの時間はなんとか医者に行く時間を作ったり、必要な物を幾つか買い揃えた。
 夜もずっと悪寒に苛まれ、眠るというよりは、朝が来るまでの時間をやり過ごすような感覚を覚えた。
 もう、何もかも酷い。


26th August, 2009 (WED.)

Working Man
 なんとか僅かな悪寒と偏頭痛を抑えつつも勤務に就く。しかし、今日の仕事も容赦なく降りかかってきて、風邪で懇親会を辞することになったのは良いが、それから22:30までだったので、もうね、一言で言えば「ダヴォールの気持ちがよく分かった」。

「ダヴォール、このエルフらを吹き飛ばせ」「ダヴォール、この軍勢を移動させろ」まったく、今日は私の誕生日だというのに、誰も気にしてないんだから。
(《Carnival of Souls/魂のカーニバル(USD)》より)

Accidents
 ケーキでも買おうと思ったが、それすらも能わなかった。


27th August, 2009 (THU.)

Working Man
 テストの時が刻一刻近付いてくるが、一向に終わりそうな気配がなかった。こちらのチームだけは何か知らないが相変わらず浮いていて、障害をいくらか片付けるだけで済みそうだが。

Accidents
 風邪はインフルエンザの疑いを思わせる症状から、一気に喉や鼻の普通風邪に戻った。なんというか拍子抜けだった。しかし今度は喉に激痛が。


28th August, 2009 (FRI.)

Working Man
 あれ、俺のやる作業が結局土曜にずれ込んで、俺が小平で大会に行くつもり満々だから……他の休出フラグを立ててしまったなりよ(俺が悪いんでしょう、多分そういう場合は)。
 色々あって、仕事が無くなったかと思ったら全く大嘘で、予定通りの23時までばっちぐーでした。

Accindents
喉の痛みが酷くなってきた。そろそろ入滅の覚悟をしなければいけませんか。


29th August, 2009 (SAT.)

Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus/Terror-Instinct
 22日に予定されていた大会が大阪遠征で反故になったため予備日に開かれた今回のMasters。参加者は非常に高レベルの人達が揃った。sub-30のプレイヤーがなんと6人になりました! (そこに俺が入っていることが本当に謎)
 更に新規参戦者も3人と、非常に面白い顔ぶれとなった。残念ながら敗者復活戦#2で破れた俺はまた決勝なにそれふーん、みたいな状態でした。ま、TGMとかMaster系は本当に下手糞で近所の小学生以下としか思えませんからな、今の俺の実力は。

 それはおいときましょう。とりあえず、片手GMを11分以内に達成してみました(10'50"18, 179,752pts.; appenda/090829_1.jpg)。だんだんスコアが上がってきています。良い傾向。

 それから、あの糞ゲーとして前々から俺の不興を買っていたTIですが、ついにShirase(C)で……ご先祖様と対面しました。(1166Lv.-5'14"75(4'55"53認) 222,908pts., ST銅SK銀; appenda/090829_2,3.jpg)

 しかし、俺が初めてS10を越えたことを知らないとぬかした若造が何名かおりましたので……

Bad Company
 309さんのビデオをみんなで閲覧して渡されてエンコ試みようとして寝る。あれはやばい。


30th August, 2009 (SUN.)

Tetris: the Absolute Plus/Blaze-Up
 本来休みをしっかり取りたかったこともあり、明日の半額を休もうかと思ったが無理だったので17時から参加。結局金がねえよ。
 今日は、もうなんというか昨日のShiraseが良かったせいで全滅でした。折角の半額奉仕のご褒美を頂きながら、いつもあんなむかつく思いしかしません。レバーが血に染まる。くそ、何もかも破壊の限りを尽くしたい。

 こんなことなら動画の編集でも粛々と進めておくべきだった。全然時間が足りないので明日に持ち越し!


31st August, 2009 (MON.)

Working Man
 今週は喉の調子に託けて、色々なことをやらないといけないので早めに仕事は上がるウィークで行きたい。今日は21:45、初回としてはまあまだマシな部類に入るな。

Tetris: the Absolute Plus
 無事上がった。Descriptionは当然全部英語になった。日本語書くのが面倒くさくてさー。英語考えるのはもっと面倒くさいけど、だからといって手抜いてもしょうがないし。

 もう、全てがおかしいと断言できる。最後のゲームを除いて、後半のセクションに26秒台というおよそ他のプレイヤーには出来そうもないような加速が成し遂げられている。そして、目を瞠るのはROメダルが面白いように点くあの驚異的回転入れ。マスターしなければ立ち向かう気さえ失せさせる。それを、たった1日でこれだけ成し遂げる309さんの研鑽には、本当に恐れ入ってもまだ足らないものがある。
 動画提供をこの場を借りて深く感謝申し上げたい。