21st September, 2009 (MON.)

Materials
 色々買う予定のものがあるのだが、まずは携帯電話かなー、と思っている。ということで、他の本などを買うのと合わせて携帯電話のパンフレットを見てきたが……魅力のないラインアップだった。酷すぎる。

Home Key
 旅行帰りともあって、体が疲れていてしょうがなかった。とりあえず飯だけは食ったなあ。とりあえず外で焼くことになったので、秋刀魚と烏賊と帆立を網焼きし、更には焼き蕎麦と肉……残念ながら今日も1人2人前オーバー余裕でした。


22nd September, 2009 (TUE.)

Negligence
 休日は当然として、午前が一気に消えたよ!

Foods
 今日はピザを焼いて……あれ? 厨房以外のところが2日連続で稼働しているんですが?? おかしいですよ? おかしいですね?

 あれ? 夜のお酌に親戚からお土産で頂いた「ますのすし」? これもおかしいですね?

 我が家の結論: 食卓ではどのような場面でも驚くことは無い。


23rd September, 2009 (WED.)

Home Key
 結局携帯電話は諦めたり、昼まで食べてたおはぎが思った以上に大ダメージだったり(胃の容量という面で)、やっぱり我が家は何もなくて平和だなあと思った。平和なことが、必ずしも良いこととは言えないが、得難きものであることは間違いないわけで。夕食を食べると、また新幹線に乗らなくてはならないわけだから、あの生活に戻らなくてはならない。

Tetris: Terror-Instinct
 最寄り駅に戻ってからは、平和に済むわけがないので、Masterを出して終わった(Master橙[-SR], 5'39"55, 208,744pts., ST銀SK銀; appenda/090923.jpg)。800台でCOOLを落としたのでやる気が無くなった。


24th September, 2009 (THU.)

Working Man
 容赦なく仕事だった。昼飯はパスタ屋がかなり混んでしまったために串鐵。きじ丼は久々に食べると滅茶苦茶旨かった。
 それにしても容赦無さは自重した方が良い。なんで連休明けに22時半まで仕事しなきゃいけないのか(管理人は連休中も出勤した方々の怨念により呪殺)

Tetris: the Absolute Plus
 あまり成果はない。最近、TAPよりTIの方が上手くなったような気がして複雑な気持ちがある。


25th September, 2009 (FRI.)

Working Man
 最近の拘束のされ方が酷くなってきたので、すぐにでも帰りたい気持ちになっていた。やー、もう22時とか23時とか見るのが嫌になってきた。仕事に対する愛想が尽きてしまう。
 いや、そんな贅沢なことを言っている場合じゃないんだけどねほんとは。

Tetris: the Absolute Plus
 なんかますます下手だな。


26th September, 2009 (SAT.)

Tetris: the Grand Master
 記録とかまず出るはずが無いんですけれども、それでも行くのが小平というものでしょう。ということで第16回の大会だったんですけど、何を間違ったか決勝にストレートインしちゃいました。このまま優勝したら東京は雪に覆われる予定でしたが、そうは問屋が卸しませんでしたね。爆死とかほんとワロス
 というのは冗談ですが、本当に攻めるのが難しいゲームだなあ、というのがTGM。守ることは幾らでも叶うが、それは緩やかに死んでいるのと変わりがないのがこの生き残り戦である。
 今回は3位に甘んじましたが、決勝に残ることも不可能ではないと分かったのは大きい。

Foods/Books
 久々に、というよりもかなりのペースで行っているような気もするが、らっきょでまた飯を食っていたら、面白そうな本が書棚の上にあった。「ニッポン カレー大全」(小学館・水野 仁輔著)とな。中身を読んでみると、面白そうなコラムが並んでいるような感じで、50個のカレー店、カレーにからんだ食品、そして文化的なアイテムなどを紹介した本のようだ。これは、店で全部読むのは無理だろう、とブラウズして思ったので、一気に買って、一気に読んだ。
 面白い。こんなカレーに関するコラムだけでこれだけの深度(密度)と、一般へ配慮した分かり易さを持った本は、中々書けない。こういう庶民的な文化であるからこそ、なおさら書くのは難しい。しかも、取り上げた内容についても、語りたくとも語れない内容が自ずと偲ばれるほどの厳選されぶりだ。
 この著者、「渾然一体」という語を頻りに使いたがる傾向があるようで、なんでも渾然一体と言っていればいいんちゃうかという嫌いがあるのだが、よく考えればカレーというのが日本で食された歴史を含めて考えた時に、「渾然一体」というのが将に当て嵌まる物がそれではないか。ヱスビーの「赤缶」のエピソードより、

 赤缶には34種類のスパイスが使われている。クミン、コリアンダー、ターメリック、カルダモン、シナモンなど、単体では強烈な個性を持つスパイスたちが、ブレンドされたとたんに「カレー」というひとつのシンプルな香りを醸し出す。この現象がボクには不思議でならない。 (p. 42)

 渾然一体の語は、カレーにとっては名刺そのものである、ということか。


27th September, 2009 (SUN.)

Foods
 マジスパで購入してきたカレー鍋つゆを、どういうもので盛り上げてやろうかと色々買ったのだった。結局は肉も野菜も魚介も全部入れてしまおうと、色々買い込んでしまった。
 カレースープが甘めだったのでそこが納得のいきにくいところだが、素材の味がかなり染みてくる。野菜のお陰でかなり甘いので、出来ればハバネロなどで爽やかに通る辛さも付け加える。
 ビールも一緒に飲んで、買ってきたウィルキンソンジンジャエールでシャンディガフにしましたとさ(すげー異色の味になって逆に吃驚した)。

 半年間付き合ってきたワインとの戯れも終わり。今度はまた別に赤白ワインのセットにでもするか……いや、どう考えてもサンシャインまで毎月ワインを取りに行くのが面倒だから!

Games -- Geometry Wars: Retro Evolved 2
 Wavesのスコアが3700万とか。更新できそうで無理。なんで当たらずに5000万とか7000万とか行くんだようちのフレンドは……


28th September, 2009 (MON.)

Working Man/Blaze-Up
 なんか、23時まで拘束される羽目になって発狂仕掛けたよ!
 会社用のドキュメントも書いて大体煮詰まってきたし、後はボスを当てにしたりしなきゃいけないところとか、色々残ってはいるんだけれども、とりあえずやることがないので、別の事務所からの疎通確認を末は目になってこんなことになってしまった。しかも結果が失敗で帰ってくると、殺意が沸きますよね。
 破壊衝動まっしぐらです。俺のテトリスとかGeometry Warsとかやる時間を返せ。


29th September, 2009 (TUE.)

Working Man
 例のドキュメントをそろそろ仕上げ。
 その前に、本社に戻って次の仕事の面接があるって言うんで行ったんだけど、同行したサブリーダーが「これじゃ前の案件と同じ悪夢を見ることになるよ」って感じが濃厚になって、もうそれが営業の話からひしひし伝わってくるわけだから、これはKICKするのが当然なわけですよね。当然よね!
 正直面接は落ちることが確定していると思っているが、それで正解だと思っている。

 さて帰宅後は、ボスから報告書の赤入れの如きアドバイスが返ってきたのを確認。リーダーの威光に頼りっぱなしだな俺は。


30th September, 2009 (WED.)

Working Man
 最終日だったけど、仕事は普通の状態でして。ええ。
 結局雑事を幾つか残したまま、13ヶ月のお参りは終わり、後は客先の相手と芽生えた真の友情が残っただけだった。そして、その先のプログラムとかつて呼ばれていた物体は、知る由もあるまい。

 帰ってきてはまた別の飲み会で、結局死に向かう運命を避けることは出来なかったわけだ。