21st November, 2009 (SAT.)

Tetris: Terror-Instinct
 蕨の大会に参加してきた。例によってSHIRASE大会であったが、今回の参加者は結局は18人まで膨れ上がった。非常に面白かったのが、新たなプレイヤーを知るきっかけとなったこと。ネット上ではご存知であったDzag!さんと、大船勢の一人HENさん。Dzag!さんのACE仕込みの積みの力はすさまじく、HENさんは今大会の大物食いが目立ち、個人的にはMVPを差し上げたかった。ちなみに、決戦の内容自体は、ZABさん対jin8さんという状況であった。
 俺? 出たマッチはチームが負けるような疫病神を呼ぶな

Tetris: the Absolute Plus
 ということで戦い半ばでやさぐれた私はDeathばっかりやりまくっていた。ZABさんと、どうしたら伸びるかなあ、ということを話していた。実はまたも自己ベストを更新していたらしく、俺のタイムはあっさり破壊されていたということを聞き、途方に暮れた。話を聞くに、前半で2'37"通過という話を聞くと、そんなことができるのか!、と奮起。
 そして、10回程度の投げやりな試行に光った一発、200-66.5秒のような、信じられないセクション通過を見せ、400台を克服したときのそのタイムが、今まで見たことの無い次元まで迫った。2'37"台。壁を2秒割り込む、言った通りの記録が出たじゃないか。心の中で赤飯を一升炊くと、ダブルプレイでも好記録(5'44"73; appenda/091121.jpg)。
 なんだかんだあって実りがあった。

 夕方の飲みは相変わらず、しかし店の運営が色々酷かったので、屋敷ごと鍋にしてやろうかという気持ちや、シャノアールのパフェでも食おうかなという、まったく関係の無い色気が鎌首をもたげて終わった。

 明日は大船の集いというが、私の中でDeathの何かを掴む機会が必要と思って敢えて参加せず。やることがたまっているのに、新しいタスクなんて。


22nd November, 2009 (SUN.)

Tetris: the Absolute Plus
 今日は小平で4時間ほどT. A. Death撮り。流石に体力の衰えもあるが、知力の衰えのほうが顕著であったように思う。目だった実績も無かったのは、いつも通り。
 ただし、自分の中で、また基礎力が上がったという実感はある。そこそこ悪かったとしても、2'43"は出るようになった。かつて1年半ほど前は、そのタイムでの通過に赤飯を炊きたい気持ちが強くなったものだが、今はそれがごく普通のプレイでしかなくなってきている。速く積むことと、そして速く消すことの大事さが思われる。特に、0-300のdullな区間を如何にすばやく攻略し、300-以降でターボをかけるか。その切り替えと、400以降の生き残りの戦術、これがやっと線として認知できて初めて勝負となる。
 負けるわけには──ここまできたら、いかないであろう。

Foods
 昨日の労いと言えば、やはり高田馬場を途中下車したららっきょになってしまう(appenda/091122.jpg)。11月は忌々しきキノコウィークのため、シーフード40に岩海苔。岩海苔こんなに豪華でしたっけ!?


23rd November, 2009 (MON.)

Negligence
 勤労感謝の日なので、勤労に感謝して寝てました!

Tetris: Terror-Instinct
 蕨でカス以下の扱いをされた俺の屈辱を晴らすべくShirase(C)の特訓に励んでいたが、思うほどでもなかった。いつも殺される600-700台での訓練の成果が少しだけ出た(849Lv.-3'37"20, 133,986pts.; appenda/091123_1.jpg)。しかし、それでもなお20秒の壁は厚かった……(appenda/091123_2.jpg)。

Games -- Ikaruga
 3面がぜんぜんわからないです。


24th November, 2009 (TUE.)

Working Man
 週始めということで4日しか平日は無いが、勤務日のほうはいざ知らずということです。異様に体調の悪い状態が続きまして、そろそろやばそうだが、実装のほうが今日からやっとうまく行き始めて大喜び。やっと真面目なところを見せられるかな、といったところ。

Games -- Ikaruga
 2面のチェイン稼ぎもやってみなければと思うが、全くCランクから成長できず。


25th November, 2009 (WED.)

Working Man
 今日は問題となって今まで引きずっていた機能がようやく完結という日の目を見た。とうとうやりましたよ。後はやることが無くて23時ぐらいまで呆けてしまっていたよ。こんなことも無かったものでね、達成することは喜ばしい。


26th November, 2009 (THU.)

Working Man
 仕事に空きが出始めたので、別の受け持ちを貰うことなどをしていた。
 午前中にいきなり避難訓練が開始され、我々も敵わず逃げ惑うことになった。そのまま飯に雪崩れ込みマグロのかま焼きを食べて仕事中の眠気に悶絶した。

Games -- Honyapeke
 と、mixiを見てみたらなんとアプリの紹介があって、「ほにゃぺけ」(小山 達矢氏)の作品であった。残業帰りに疲れた体を起こして1時間ほどやってみて、3.8万点が出た。酷い虐めであるとは誰も言及しなさそうなのでよし
 重箱の隅のような不満(?)点だけを述べておくが、くっついた時の再判定の条件が無いため、このゲームは点数の稼ぎ方が「本当にいいの?」と思っちゃうことがある。更にそのことが、お邪魔キャラである「むにゃぺけ」(色が無い状態)が接合すると10万ドルポンとくれたぜ!、ってことになると、もう加速度的に得点を伸ばしてしまうわけだ。ちなみに1回横着してこの程度なので、うまくスペースでのクリア機能を生かせば無限に続けられると予測できるため、考えることを暫くして止めてしまった。
 しかし、こういう風にゲームを発表できる機会があるというのはよい! それにやってみて面白いとか、ああなんかいいなあと思うことが存分に言えるし! そしてゆるキャラはやっぱりずるいよね。


27th November, 2009 (FRI.)

Working Man
 仕事についてもある程度一段落してしまったため、やることがなくなってしまった。休日出勤も必要ないらしい。なんだか申し訳ない気分だ。


 夜は定時前後で上がり、飲み会を行った。しかし、さすがに月末の金曜日とあってはなかなか店も見つからない。と、二手に分かれて店を探してようやく見つかると、そこは世界各国のビールが飲める店だった。ちょっと高そうだが、偶の機会しかないのだから、奮発も悪くない。ベルギービールでは飲んだこともあるDuvelをはじめて例のグラスで口にした。みんなで話をしたが、酒も入ったし盛り上がりもすごかったよ。余りに酔ってしまってどうにかなってしまいそうだったよ。こんなところで飲むのは初めてなので(せいぜい仙台のあそこぐらいのものだが、あそことはまた赴きは別だ)。帰りにこれほど幸せな気持ちになったことがあったろうか。思いっきりぶっ倒れた。


28th November, 2009 (SAT.)

Negligence
 昨日帰ってから即座に死に、12時ごろに目覚めて銀だこをふにゃふにゃ頬張って出かけました。小平ですよ。

Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus/Terror-Instinct
 そして、14時ごろ着いた時に、(私にとってだけ)悲痛な話を聞かされたのであった。というのは今回、うれしいことに先週の蕨参加組も多数小平にお越しいただいており、その中にはZABさんの姿があった。私の姿を見るや否や、大事が起こったというので、「何かありましたか?」と聞くと答えはこうである。
「さっきZABさんがDeathで5'00"18出したって」
!?
 何を言っているんだ、この人達は、と思って小平のリーダーボードを見やると空席が開いており、さらに777さんが撮っていたリザルトを見せてもらって、ついに私の世界は暗くなって、思わず一言「……くそう」と負け惜しみを吐いただけだった。

 目の前でどんどんと強くなっていく好敵手を前に為す術も無いまま立ち尽くすのは、Geometry Warsの時と全く同じである。最後の差し足に破れ、また敗者となるのか、という絶望が強くなった。しかし、諦めて終わるような俺とも思えまい。諦めの悪さなら日本一であろう、と思わないと、勝負にもならん。それに、他人の記録は、自分にとっても糧である。

 大会に早々負けたので、とうとうすることがなくなってしまった。さて、新記録のほうだが専門家業に動きあり(Doubles DP: 5'38"83; appenda/091128_1.jpg)。ついに未踏の5分40秒を割り込んだ。
 Normal、やっぱり点数が足らない(497,555pts., 2'59"10; appenda/091128_2.jpg)。

Games -- Ikaruga
 やっとランクA!(Chapter 2: 3,020,930pts.; appenda/091128_3.jpg) ちなみに、法角さんには2度ほどぶっ殺されましたが?


29th November, 2009 (SUN.)

Negligence
 結局小平に行かなかったなあ。半額サービスのときの調子が悪いので無理をして行く必要もないように思えるが。

Games -- Ikaruga
 あ、Chapter 3っすか? 無理ですよあんなの。2ができたから3もできるというのには、あのゲームは当てはまらなさ過ぎる。

Peggle
 さて、昨日薦められたPeggle (2007/PopCap Games)をダウンロードした。斑鳩同様、Deal of the Weekのために半額となってお得! ということでやってみたが、難しすぎるぞこのゲーム! ちくしょー、とうなりながらアドベンチャーの55面を死ぬ思いでクリア(Final score = 15,702,430pts.; appenda/091129.jpg)したさ……そうしたら順位が6桁で青褪めたわけだが。
 それにしてもこのゲームは馬鹿ゲーの皮をかぶっていながら本当に面白い。スコアも漫然と稼ぐだけではいけないし、運の要素もテクニックもそれなりにある。自分は完全パターンゲームが好きではないので(俺のような出来損ないより、誰かがやったほうが遥かに楽だと思っているので)、こういうのは逆に興味が絶えない。
 チャレンジも気づいたらかなりやりこんでしまっていた。俺の休日はこいつらのお蔭で完全に崩壊だ。


30th November, 2009 (MON.)

Accidents
 携帯電話を昨日食いに行った陳麻家に忘れてしまって大変な目にあった。というのも、出勤時に腹を病んだ→携帯……無い、誰にも連絡取れないオワタ→11時半の開店前になんとか店の携帯を救出して貰った、という流れで事なきを……一応午前を棒に振ってはいるが。
 午後にボスに平謝りしていたら、「いやあ俺も携帯を仮に忘れたら誰にも連絡ができないということに今気づいたわ」とフォローしてくれてそれはもう立つ瀬が無かったですよ。

Games -- Peggle
 ゲーム2日目にして早くもチャレンジの攻略で詰まる。30万点とか、どうやって取るか、スタイルポイントをがんがん駆使していくしかないね。
 それにしてもジミー・ライトニングさんは神です。マジで(http://www.nicovideo.jp/watch/sm6956886)。"Radical!"と"Toasty!"は原語で見つけたけど、残りはなんて言ってるのやら。