21st June, 2010 (MON.)

Working Man
 面倒な目録をやっつける作業が続いている。余り評価できたような事柄ではない。こんな作業ばかりをやらされていると、火の海を見たい気持ちが込み上げてくるのはしょうがないことだ。

Onto the Line
 twitterで色々な診断メーカーが湧き出ていて、個人的には全く興味が沸かないと思っていたのだが、割と面白いのが、ランダムな4つの数字でテンパズルの問題を出す10になったー(http://shindanmaker.com/27613)が面白そうだ。自分に与えられるよりも、人が唸っている問題を何とかやっつけるのが面白い。
 テンパズルにもローカルルールがあり、「数字の連結可否」「順番の並べ替えの可否」「四則演算以外の利用の可否(但し複数の数字を用いる演算はその分だけ必要)」という点が争点になるが、恐らくALL-IN-ONEでも達成できないのは、0または1の3つ組を含んだものになるだろう。
 数字は面白いものだなあ。

Sports
 フェデラーが全英のオープニングゲームで、コロンビア待望のテニスプレイヤー、アレハンドロ・フャリャと対戦したが、様子が明らかにおかしかった。4セットまで、ファリャの動きが良かったのか、フェデラーのUEが多く出たこともあって、明らかに調整不足なのではないかというプレイングが見られた。2セットダウン、4-4で迎えた3つのブレークポイント、最早フェデラーですら負けるのではないかと思われた。そこで見せたスーパープレイは確かにフェデラーを蘇らせたが、観衆も胃を痛めながらの第4セット。フェデラーはやっと息を吹き返せたのは第5セット、日本での放送4時ともなっていた。
 ウィンブルドンで見た悪夢、ワールドカップは気になるが、こちらも目が離せない。


22nd June, 2010 (TUE.)

Working Man
 今日はフェデラーのせいで酷かった。やっと終わった。大変な整理だった。後は、敗戦処理が暫く続きます。ところで、梅雨なのに殆ど雨が降っていない。


23rd June, 2010 (WED.)

Working Man
 面談やっていた。そして、夜は飲み会。非常に飲んだ。韓国料理屋なのでマッコリを初めて賞味したのだが、あれは、東光の白酒を思い出した。あれは酷い。

Accidents
 新宿を経由して帰ろうと思っていた。
 ところが、新宿を経由する中央線が、青梅線直通だった。酒にやられて付いた先に、恐ろしい地名が……

 かつてのシマダを擁した拝島である。小平からも拝島にはいけるが家からは当然逆方面なわけで。気がついた時には最早各停しかなく、うなだれて帰った。時間を無駄にしたという思いで死にたくなった。
 0時半に帰宅。なんで俺は早く帰ったのだ……


24th June, 2010 (THU.)

Working Man
 無様な昨日をtwitterのフォロワー共に慰められたところで、何とか息を切らしながら会社には行っている。だが、もう疲れた。

Games -- MJ4
 酷い役満(appenda/100624.jpg)に遭ったよ……。いや、白と發を副露した状態で、中が切れてくると思います? 幾ら5,000点程度でトップが見えている状況とはいえ、包って知ってます……?
 まあ、この差し込みをもってして二段にすら上がれないド素人には言われたくないか。

Sports
 ウィンブルドンでの史上最長試合が終了、最終セットのゲーム数はIsner 70-68 Mahutという有様。試合時間は11時間5分。一方、決勝での最長は昨年話題となったFederer-Roddick戦だが、このところのウィンブルドン決勝はこのような熱戦ばかりが続いている。観るのも大変だが、決勝を観られた人は本当に一生ものだろうなあ。


25th June, 2010 (FRI.)

Sports/Fact Sheet
 日本がデンマークを破り16強入り、海外でのトーナメント進出は初(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000524-san-socc)
 得点者は17分本田、30分遠藤、81分トマソン、そして87分岡崎(←本田)。2発のFKを許してしまったデンマーク勢が悔やまれるであろうが、フリーキックを直接決めるような人材が日本代表に、2人もいるということは全く以て心強い。得点をここまで徹底的に取り尽くす日本代表の姿を思い浮かべられた人は余り多くなかっただろう。カメルーン戦は松井の値千金のパスを確実に決めたラッキーパーソンであったかもしれないが、本田は今日、八面六臂だった。フリーキックは言うまでもないが、ブラフとしても、突破力を生かして最後に岡崎にアシストをした時も動きが良かった。何より、彼自身気持ちが昂揚していて、見ていて清々しい。インタビューの様子を見れば分かるだろう。だが、抑えても抑えきれない喜びを持ちつつ更に上を狙うという貪欲さ。あれは、新しい日本人の幕開けかもしれない。

Working Man
 1人元気でした。流石決勝トーナメント進出の力は大きいなー(棒読み)
 いつも元気な人が元気になっているだけである。よくあることだね!

Tetris: the Absolute Plus
 えびせんにて。遂に5分半切りました!(5'27"21[+R]; appenda/100625.jpg) そして、ロールクリアは3度目になった。やっとここまでこれたか。流石はダブルプレイに強いえび(略
 ロールクリアの確率を上げるには、やはり互いのブロックで何を待つか方針がハッキリしていることが重要。そしてタイムを上げるには、両手に変な操作、コンコンが3度以上続くようなタフな操作をさせない。これらの基礎として、まずは両手の感覚を正しく養うことが全てだと思うが、養うって言えるレベルではまだ無い。左と右、それぞれの自律のレベルが高まらなければ……


26th June, 2010 (SAT.)

Negligence
 休みの有効活用が全く出来ていません。昨日のダイジェストを見たり、MJでまた昇段の機を逸したり、何を考えているのか全く分からない。ほんと最近の土日は千切っては投げ状態。

Tetris: Terror-Instinct/Onto the Line
 シアトルのKevinさんが認定GM獲りたいと言い出していて吹いた。MMも1日3発余裕でしたという具合だから困る。彼よりはどう考えても下手ですね俺は。

Accidents
 ABABA閉店の報を、emaさんから聞く(http://blog.livedoor.jp/emaame/archives/51713415.html)。
 あの遠い大阪の地で、私はテトリスをやって良かったと思えたイベントに出会い、多くの崇拝の対象達と出会い、そして、初めて西の地でDeath-Gm(ロールクリア)を叩き出した、そんな場所が、無くなる。多くのスコアラー達の愛した場所であるという場所柄、多くの人達とは多少気持ちが違うのだろうが、近隣でたこ焼きやお好み焼きを頬張りながら、309さんやMSTさんと一緒に「下入れはいいねぇ」とほのぼの熱いプレイを打ち続けることが出来ないという寂しさ。旅費を工面することも問題があるのだが、何より、そこに行けたところで、俺は誰一人疎か自分すら慰められないのではないかという思いがあった。それが、「異なる地方」の冷酷さであり、また、「異なる地方」に対するノスタルジーを喚起させる遠因であるように思う(一息でさあ行こうと行って行けるものではないからね)。
 スタッフのみんなが無事にやって行ければ少なくとも嬉しいのだけれど……


27th June, 2010 (SUN.)

Negligence
 ちょっと遅いかなと思ったが、小平へ。

Tetris: the Absolute Plus
 T. A. Death、これはマジで遅い(924Lv.-4'56"11, 146,138pts., ST金SK金; appenda/100627_1.jpg)。遅いというよりも、これくらいの速度でないと積めないほど積み方を忘れてしまっている(SK金が点いているところから察しよう)。スプリントすれば、2'39"で前半は回れるんだけど、前半しか回れないという落ち。

Tetris: the Grand Master
 これも酷い(9'31"25, 213,299pts.; appenda/100627_2.jpg)。前半4'50"で回ってこの有様は酷いなあ。もう10秒は縮むだろ、後半の伸びを生かせばそこまで行けるよ。コーリャンさんも酷い目に遭っていて、前半4'44"なんていう俺が尻子玉抜かれるようなタイムが出たのに後半が伸びないと嘆いておられた。ただし、恐らく神が同席していたら「ベストベストで行けば10秒切れるタイムですよ」とか言われて精神錯乱を起こさせるので、触らぬ神になんとやらと思った方がよい。

Tetris: Terror-Instinct
 Sakura(C)のランダムツモに嵌っていて(7'09"95; appenda/100627_3.jpg)。やっぱり俺はランダムの方が明らかに上手い。全一についてはもうパターンが割れているので、後の最適化の研究はお任せといったところ。

 ま、結論としてはあまりよろしくなかった。

Foods
 唯一良かったと思うもの: らっきょ(appenda/100627_4.jpg)。ココナッツと夏野菜。50番でも食いやすい


28th June, 2010 (MON.)

Working Man
 それでも仕事があるのだよー。朝っぱらから腹が痛い。
 とりあえず普通のラーメンを食って、普通に仕事をして帰った。設計書の修正が殆ど。いつまでこんな仕事をしているのやら、と思いませんかね。

Onto the Line
 英語を携帯で打つのが凄く疲れるので、こう言う時に限ってピンポイントでREUDO辺りが出している携帯電話用のパンタグラフキーボードが欲しいのですが、余り使わないな。少なくともモバツイを除いて使うところなどが思い浮かばない。


29th June, 2010 (TUE.)

Working Man/Accidents
 今日は風邪で、というより寝汗の寝冷えコンボで死んだ。午後から優雅にパスタを頬張りつつ臨戦。
 で、やっと実装始めました? − いいえ、全然話になっていません。

Tetris: the Absolute Plus
 MJがまあマシかと思ったらやっぱり糞だった件、よって今日はTAPに最後の英世さんをガリガリする日となりました。
 Masterは不調(7'37"21, 257,755pts., ST銀SK金 ; appenda/100629_1.jpg)。30秒は何をやったら切れるのかいまいち分からない。そもそも前半が4分20秒切れていない時点でお粗末だもんなあ。最近、一度もそんな経験がない。Masterはやっぱり橙Gmよりも7分半切り達成の方が遙かに難しいと思う。
 さて唐突ながら、Death-Gmが出た(Gm[-R], 5'10"25, 175,310pts., ST金SK銀; appenda/100629_2.jpg)。通算5度目。ABABAで出した前回から10ヶ月ぶりで、更新幅は僅かに47フレーム(0.88 sec)。前半のタイムを見るのを忘れたが、恐らく2分45秒±2秒程度? 900のタイムも良く覚えてなくて、恐らく4'42"とか? (28〜29秒かかる計算なので多分それで合っていると思う) とにかく、後半は安全牌を切り続けるようなプレイ。ヘボ麻雀でも、やっていると降り方も多少は覚えてくるのか、とにかく穴の塞ぎ方逃がし方直し方を確実に理解して打っていたのが今回のゲーム。試合運びは盤石とは言えなかったが、後半でタイムを落とさないことは重要(速くすることはもっと重要だが)。それと、前のGmでも思ったのだけれども、900台で勝ちを確信した時に脚が震える。あれは止めて欲しいというか止めた方が良いと思う。あんな恐怖感を抱いたまま900をやるのでは、攻めようにも攻めきれない。もっと、勝負強さ、勝者としての絶対の自信が欲しい。
 自己ベストはまだ継続中。これが途切れることは大きなモチベーションの損失になるので、そこで踏み止まれたことは良かったが、10秒はどうしても切りたかった。まあ次があるから、急ぐ必要はないのだが。
 因みに、サファリはこれでDeath-GmをF1以来2度出した店舗になる。お世話になっているので、小平やえびせんでも出したいところだが、その前にaccuracyなんとかしなきゃ。SK銀が出たり、800台でもなんとかテトリスに持って行けていたのだから、安定性は上がっていると見ていいところだが。とにかく頑張ろう。こっちがMaster-Gm橙より難しい状況とか、普通はおかしいからね。

Sports
 見ていたさ、日本代表の華々しい決勝トーナメントを。そして、負けても誇りに思えるような代表で、本当に俺達は嬉しいのだ。色んなプレイヤーが日の目を見た。個性を発揮した。これに勝る朗報があるだろうか? こんな収獲のあるW杯がかつてあったろうか? 南アフリカの苛酷な地で、ここまで成し遂げた代表の更なる飛躍を誓って、ここから新しい日本サッカーの躍進が見られたら、サッカー選手を目指す人達が少しでも増えるのかもしれない。
 試合巧者のパラグアイが意外にも日本の狙いと同じく初のベスト8だった。イベリア半島の死闘をくぐり抜けた勝者とやるのはブラジルとアルゼンチン同様、かなりタフだし、毛並みまで違う。だが、彼らは決して簡単な敗戦をしないのではないか?、という期待をしてしまいそうである。


30th June, 2010 (WED.)

Working Man
 昨日俺がDeath-Gmを獲って日本代表が勝って風邪が治る予定でしたが、その予定が根底から掘り起こされてしまったので、相当に憔悴してしまいました。

Foods
 昔の上司と共にシャノンズで飲んだ。いつものように最高の時間だった。シャノンズで飲むビールは何故旨いのだろう。俺は生ハムとピクルスを頼み、その他豆類多めの肴と共に夜は楽しかった。ああ、こういう店が一番好きだ。俺が尊敬する人と飲むことは、またとない良さがある。そして、酒の後はスタバで一服して、ゆるりと帰る。一番素晴らしい飲み方ではないだろうか? 下腹部を気にしなければという話はあるが。

Games -- Ikaruga
 恐怖のラフレシア地帯と3ヶ月ほど付き合いがありますが全く上手くなりません。因みにChapter 3も紛れ当たりで全然上手く行かないのが現実だよ! つまりクリアできるのは2面が限度。
 今日の進捗: 1,995,260pts., 78 chains. 例によって最初のボスまで。あれ無理。