11th September, 2010 (SAT.)

Games -- Exelinya BURST!
 これが動画である。今の今まで動画も上げなかったなんて、作者への反省の気持ちを感じるしかない。

Negligence/Games -- Radiangames Inferno
 因みに上記の動画のエンコードにやたら時間が掛かったので、今日は引き籠もってradiangames InfernoのVolcano難易度に挑んでいたでござる。


12th September, 2010 (SUN.)

Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus/Terror-Instinct
 最近は、ずっとテトリスをやっていてもスコアが伸びたりということがない。例えば、TAPでMaster-Gmの頻度が少し上がっているなどのことはあるのだが、Pierではなにも目立った物は出ていない。

Foods
 YOSHIMIにてアフォガードを注文してみた。小振りだが、これが豪華。ちなみにエスプレッソを入れるとカップがひたひたになっちゃうぐらいの量がある。実に良かった。

Games -- Radiangames Inferno
 New Game+のタイムアタックに挑戦してみたら、29'21"10と、30分切りを達成。これでも無駄がかなり多いルートなので、大分削れるはずだ。


13th September, 2010 (MON.)

Working Man
 仕事は自分の所は漸く何とかなりそうな所かな。明日辺りに出張大サービスという。

Sports
 全米の最終戦は、ナダル対ジョコビッチ。ナダルはこれまでに1セットも落とさない快調なプレイを続けており、ハードコートでの初栄冠を手にしようとしている。反則的なフットワークに裏打ちされた守備力に加えて、今回は更に攻撃への重点を置いた特訓で、サービスの速度を向上させているという。
 一方のジョコビッチ、フェデラーにフルセットの末大金星。辛い試合だったが、攻撃の手を緩めずにやっと王者を追い落とした。ハードコートではナダルにも分があり、数少ないグランドスラム2勝目のチャンス。デルポ以来の両雄を撃破しての優勝はなるか。
 今日は雨天の為、USオープンは順延となった。フェデラーがこの場にいない事への涙の雨か? 前日フルセットを闘っていたジョコビッチには恵みの雨か? 結果が気になる。例えばもしフェデラーが勝っていたとしても、それは寧ろ当たり前のように認識されるのかもしれないが、このカードはどちらが勝っても大きな出来事になる。互いに初優勝を賭けているだけではなく、ナダルは生涯グランドスラム、ジョコビッチには2強時代へ待ったを掛ける布石として、非常に大きい意味を持つ(若手がこれまでもフェデラーやナダルを破っていることもあり、男子テニスを混戦に導くという点では、とても面白くなる)。

Games -- Super Mario Bros.
 マリオ25周年、宮本 茂と糸井 重里の二大巨頭が「ゲームを作ること」を語った(http://www.nintendo.co.jp/n10/interview/mario25th/vol1/index.html)
 今年は記念すべき「スーパーマリオブラザーズ」が25周年を迎えた日。それにも拘わらず、未だに初代SMB1は、現在では主にバーチャルコンソールの形で、現在も売れ続けている(VCのダウンロード数は1年で数十万本というオーダーになっている。SMB1の現物に加えて、コレクションやDX、ファミコンミニなどのリバイバル移植ものを含めれば、恐らく国内1000万本以上のコピーが売れていることは間違いない)。
 マリオのデザインという具象的な話ではなく、基本的に宮本や糸井の両名が創作という仕事に精を出す時に、何を考えているのかという話が争点となっている、その意味では非常に珍しいスタイルの「社長が訊く」であると共に、実に真っ当な対談でもある。糸井が宮本の言いたいことを引き出す様はまさに見事だし、宮本の制作のスタイルも非常に為になる含蓄に満ちている。まさに岩田も適任と言った今回の対談、楽しみは尽きない。


14th September, 2010 (TUE.)

It Is Cold in Space...
 雨のせいで急激に気温が落ちた。涼しくなったよ。

Sports
 ナダルは遂に全米を手にした。しかし、ジョコビッチは弱くなどなかった、2セット目に連続11ポイントを上げて攻勢をなすと、初めて今大会のナダルからセットを奪取するが、そこからナダルの攻勢は非常に圧倒的で、フェデラー戦のパフォーマンスに追随するジョコビッチの攻撃的プレイも通用させなかった。クレーから伝説が始まり、一番の苦手とされた、速度の高いハードコートを制し、グランドスラムを征した。ナダルは次の全豪で、連続グランドスラムを1巡達成する快挙に挑戦する。ひいては、四大大会10勝目である。これでフェデラーが黙っているはずもない。ナダルを打倒しようと燃え、なおかつ倒すだけの力のある男達も少なくない。2011年の戦いに期待したい。

Games -- MJ4
 仕事が長引いたので、久方ぶりに打ったら三段に下がったばかりの俺に酷い仕打ちが為された。この運ゲーやめて別の運ゲーやるしかなさそうだ。例えばBejeweled Blitzとか。


15th September, 2010 (WED.)

Working Man
 昨日から全く知らない画面の仕事をしていたが、完全にjQueryとか忘れてしまって、俺はもう駄目だ、死ぬしかない。仕事の内容が180度変わってますがな。

Foods
 余りに疲れてしまったので中本に寄って、北極野菜大盛りを頼んだら、もやしの量が多すぎて死んだ。具体的には、ライスと一緒に頼んだらスープを200ccも残してしまった(丼から2〜3センチほどの液面だったので、推測してそれぐらいの量)。多すぎだろいくら何でも……それにしても、俺の食が細くなってしまったのかと若干ショックの色もあった。


16th September, 2010 (THU.)

Working Man
 やっと画面周りの作業にも慣れてきたところだ。本当に分かりにくくて大変だな。とはいえ、仕事が進まないことには何をやってもいかんというところだから、しょうがないのだ。少しタスクが進んだだけ良しとしたいが、志が大分落ちたな。

Games -- Radiant Silvergun
 2011年、第11の子がXBLAに降り立つ。「レイディアントシルバーガン」の配信がニュースに(http://www.youtube.com/watch?v=lfakyXCo_mY)
 いや、興味は沸くが、そこまでは。だって、私はトレジャーの作ったゲームとかクリア不可能だし、また買っても積みゲーが増えるだけなんじゃないのかと思っている。ただし、リプレイ機能が非常に楽しみという点では、斑鳩と同じような楽しみ方になる感じかもしれない。私がそれ以上に感じているのは、プレミア価格で高騰しすぎて伝説が一人歩きをしてしまい、人の手に触れることがなくなる、それこそが大きな会得であると思う。まさに「エイリアンソルジャー」がそうであった時のように。あれも、ゲーム本体・サントラに2〜3万円近い値が付いていたが、あんなものはゲームに付く値ではないと思っている。
 ゲームの値段相応のものなのか、ダウンロード数がこのゲームの真価を占うものなのかもしれない。

Super Mario Galaxy 2
 クラブニンテンドーから、「ポイントが295ポイント消滅するぞゴルァ」と言われたが、そんなこと言っても交換する物がない、と思っていた俺が甘かった。なんと、「スーパーマリオギャラクシー2」を購入すると、同ゲームのサウンドトラックが500ポイントではなく300ポイントで交換できる優待キャンペーンなる物をやっていたのだ! そのためだけに買いましたが? 時間が出来たらしっかりとやり込みたいと思う。

Geometry Wars: Retro Evolved 2
 久々にWavesで2850万。リハビリすればベストに近いスコアが出るかもしれないと思うと、もうちょっと頑張りたいね。

Bejeweled Blitz
 久々にやってみたら、35万点ものスコアを出した友人がいて、奮起したが、291,250pts.という記録が出て、まだ30万すら出せないのかと思うと、死にたくなってきた。


17th September, 2010 (FRI.)

Working Man
 今日は全然作業が進まなかった。協力会社の人達、本当にすみません。私の首で許して下さい(そんなつまらないもので済んでいたら、世界の紛争は簡単に解決するわい)。
 飲み会で、相変わらず癌を馬鹿にしたりする作業に終わった。もうやだこの会社。頭脳は子供、体は大人とか本当に冗談じゃないよ。射殺したい。したいだけならただだけど、誰かが被害を受けて鬱になったりして会社の生産力が落ちないと、つまり人が死なないと事態の重さには誰も気付かない。やっぱり人間糞だと思うのでさっさと辞めたいです。あとは、mixiで人ならざるクリーチャーを見せて貰ったので、これは酷いと思った。単に不摂生なだけじゃあ済まないぐらい不摂生やん。申し訳ないけれども、醜い奴は生きてる価値がないと思った。

Games -- Radiangames Inferno
 New Game+の方が22'43"でクリアできることが判明。もしかしたら、20分でクリアできるかも。+じゃない方で、なぜかアイテムのロックがかかっていないという糞ゲーに遭遇し、普通のゲームとして終わった。あれは武器解禁の通貨を何とか集めるところに趣があるのに……。

Geometry Wars: Retro Evolved 2
 またWavesで28Mとかが出て吃驚した。やるじゃないか俺。因みに、Pacifismはなんとか頑張って4.55億と、俺の心を折るのには十分だった。やっぱりあの糞(ウンコが俺の操る自機をホーミングして破壊する点で)ゲーは俺には向かない。

Bejeweled Blitz
 遂に366,600pts.!(appenda/100917.jpg)といった話なのだが、後半のBlazing Speed以降だけでキューブが3〜4個出来る運ゲーを堪能してしまい、アンニュイな気持ちに強制移行させられたのは言うまでもない。


18th September, 2010 (SAT.)

Tetris: the Grand Master
 久々に神こと777さんが登場! 長らくお逢いしていなかったので、その穏やかな雰囲気が変わらないことが嬉しい。大会は8人となったが、コーリャンさんが惜しくも前回の公約に0.8秒届いていない為、完全に実況に回るというおまけが付いて、懐かしくも新鮮なメンバーで挑む。基本的にMastersでのTGMはタイムが全く出ないので、生きればよいというプレイを続行。基本的には沈まずに3戦を終えたので、4戦目の窒息も決勝進出を2番目に決めた。今回の決勝進出は昇順でKANさん、俺、SALさん、そして大外からのほほ(GanG'nohoho)さんがKOOさんを差して進出!(順位が逆だったら進出者も変わっていた) ハンデを守り抜いて2度のGM到達がとても大きい。12分程度のプレイヤーでは安定度なんてとても、と思われるかもしれないが、丁寧なレバー操作と回転をやれば渡しであってもかなり決められるし、タイムが上手く管理できる。決勝戦で屈辱的な敗北を250Lv.近傍で喫した時、氏のプレイを観てそう思ったのである。いや、タイムが多少あっても勝てるというのは、SALさんが実証済みなのだから、やれる。そういう自信を得た。KANさんがしっかり攫っていきましたが、それとこれとは別。

Tetris: the Absolute Plus
 な、なんと今まで一度も出したことのない小平でとうとうDeath-Gmを出してしまった!!(5'12"20[-R], 160,754pts., ST金SK銅; appenda/100918.jpg) 正直に言えば、タイムは満足していない。寧ろ、酷い部類に当たる(これは全7回のGmの内、4番目の速さ。そして、その下の3つは5'14", 5'22", 5'59"と、後ろ2回は5'20"を越えている以上切り捨てていい記録なので、それを除けば5回中4位であるから、当然悪い)。それでも、通常ならば700台で終わっている可能性があったプレイをGmに掬い上げたということは、個人的には信じられないことで、素晴らしいリカバリー、Deathをプレイするに堪える忍耐だったと自負している。3ヶ月の内に3回もDeath-Gmを獲るという、私を知る人々には俄に信じ難い話であるが、ここに来て安定性が上がっている。5'10"は未だに越えられない壁であるが、逆にその付近にタイムが安定しているということは、そのタイムならGmが楽に出せるタイムであることを理解している。つまり、そこから攻めて成功すれば、大記録が望めるということである。今は、足掛かりを進めている、基礎工事の段階でいいのだ。けして恥ずべき事などではない。
 兎も角、まだ出したこともない場所で記録を出すということは、自己ベストを出すことと同じぐらい重要な位置づけと考えていて、特にお世話になった店ならば記録の1つでも出さなくてはならないと思うのが筋だろう。禊というのを、そういうコンテキストで使っていることから分かるように、感謝は同時に詫びたい気持ちの裏返しである。そうなると、今度はえびせんでも出したいなあと思ったりしている訳です。


19th September, 2010 (SUN.)

Home Key
 家族で旅行に行くのも久しぶりだが、今回は時期に恵まれなかったことや、時間もそれ程無かったという点も踏まえて、近場(天童温泉)の安めのプランを採った。それについては、今までのプランからすれば文句の言いたい点もいくつか口を突いて出てきたが、そういうのは抜きにしたほうがよいだろう。
 道中立ち寄った「福よし」のラーメン(appenda/100919.jpg)は非常に旨かったし、今回の泊まったところも今までと比べると大分ボロ旅館ではあり、色々不満はあったが、ご飯がおいしかったのは流石に山形ということで水に流した。
 家族水入らずでいられるのもこれが最後かもしれないということもあって、酒に酔ってしまって時間を使えなかったのは良くなかったが、なんか家族の間で風邪が流行っていたので、それが食べたり風呂に入ったりして落ち着いたら、それはよいことだろう。


20th September, 2010 (MON.)

Home Key
 旅行帰りとなった次の日となれば、やっぱり寿司と肉だったわけです……。我が家の芋煮は本当においしい。
 食い慣れた料理に関しては、うちの飯と比べてはいかんな……

 それにしても有給を1日取ってまで行かなかったらこんなのはできんな。明日はその休みを消化して、ぼけっとしながら出ることになるものと思われる。