21st June, 2012 (THU.)

Working Man
 基本的には来週までずっと暇だということが分かった。

Foods
 久々に中央線沿線を通って、高円寺に訪れた。ハマそば(appenda/120621.jpg)という、浜口店長の油そばである。チャンプ勇と違い、こちらは辛さも抑えめでオーソドックスで他店と違いが分かりにくいメニューな感じはした。しかし、油組に切に感じていたスープとライスが欲しいという熱望。これが如何に重要なものかを思い知ることとなる。冷やし味噌スープ! 半ライス! 君たち、最高だねえ(駄目だこいつ、早くカプサイシンを抜かないと)。


22nd June, 2012 (FRI.)

Working Man
 来週からテスト。ありがたやありがたや。

Tetris: the Absolute Plus
 アビリティ:RO金の出し方を覚えた!(8'01"96, 245,736pts., ST金SK銀RO金; appenda/120622_1.jpg)
 そのまま、メダルの取り方も覚えたのでAC以外全部もぎ取ってみた(S9橙-8'18"41, 226,945pts, ST銅SK銀RE金RO金CO銅; appenda/120622_2.jpg)。mが無い。ACはどう足掻いても無理ですね。

Games -- Blockout
 まだ、打開が出来ず(325,180pts., Round 29, 4,704 cubes, 284 faces; appenda/120622_3,4.jpg)……。


23rd June, 2012 (SAT.)

Foods
 目白の「田中屋」という洋酒店に訪れた。みんなも満足するラインナップ。だが、残念ながらメーカーズマークのミントジュレップは在庫無し。残念。バスで江古田に行こうとしたが、いくらか失敗であった。

Games -- Blockout
 ただのゴミが並んだ。

Tetris: the Absolute Plus
 出た(Gm橙, 7'57"53, 242,019pts., ST銀SK銀RE銅RO金; appenda/120323_1,2.jpg)。無事に橙出た。36ライン位は消せたと思っていたので、盤石な形勢だったとは思う。まあ、もっと出しては行きたいね。


24th June, 2012 (SUN.)

Games -- Missile Command
 初めて9面に行った(17,930pts., Stage 9; appenda/120624_1.jpg)。もう、いいよね……?

Tetris: the Absolute Plus
 Doubles-5'41"16[+R](appenda/120624_2.jpg)。タイムは平凡以下だったが、普通にロールが通った。

Tetris: the Grand Master
 まだまだ(9'25"23, 200,182pts.; appenda/120624_3.jpg)。


25th June, 2012 (MON.)

Working Man
 久々に働いた。というよりも、残業自体が久しぶりだった。2時間ほどやりました……久々に規模の大きいテストをやると辛いな。まあ、仕事が出来る喜びを味わうことにするさ。

Sports
 ウィンブルドン始まった。観ていきましょうか。


26th June, 2012 (TUE.)

Working Man
 テスト。

Sports
 なんと、ベルディフとアイズナーが初戦敗退。芝にも相性が悪くなく、フェデラーを破る経験すら持つ2人の敗退は、フェデラー優勝のシナリオをぐっと現実味あるものに変えた。しかし、何が起こるのか。ウィンブルドンは分からないな。そして、錦織は初勝利! おめでとう。

Onto the Line/Something Weird
しかし、寝る前にこの仕打ちですよ(https://twitter.com/jin8_/status/218039727272636416)。俺は許さんからな。


27th June, 2012 (WED.)

Working Man
 ふらふらしている……

Foods
 少し早く帰れたが、久々に鴻2号店の30倍(赤)(appenda/120627.jpg)。このデミグラスソースのような濃厚さが従来のスープカレーと異なりますが、この辛さとのマッチングはなかなかやる感じ。たたずまいに余裕の美しさが見て取れて、スープカレーと言われると難しいが、それはそれで大好き。


28th June, 2012 (THU.)

Working Man
 今日は試験消化のペースが速い。ということは、何か!?

Games -- Blockout
 ということで、乱数を調整することが出来た。それはつまりクソゲーであったということだ。自棄食いのために中本に逃げたという選択は全く間違えていないと思う。
 しかし、入店からいきなり、店長に俺の記録が抜かれてあの野郎してしまったことは、一つの笑い話である。みんな上手すぎだ。


29th June, 2012 (FRI.)

Working Man
 明日から試験場に行くことになるので、些か不安がある中、社内試験の方を睨めっこして戦わなきゃいかんので、上手く回ってくれれば良いというただその一つに尽きる。

Sports/Fact Sheet
 昨日、添田が良く踏ん張りました(サーブが上手いのか分かりませんが、ビッグサーバーにも臆していない印象があります)が、及ばず。デルポは連日日本選手との戦いになります。錦織、全米での衝撃の敗戦からリベンジ成るか。
 と、そんなのが吹き飛ぶ速報が入った……チェコのロソル、2回戦でナダルを破る(http://www.tennis-navi.jp/news/world_tour/wimbledon/034788.php)
 何かが切れたのだろうか、とにかく信じられない。ロソルは屋根が閉まった後のセットですっかりとサービスがよくなり、ナダルの調子が戻るのを待たせなかったようだ。100位の選手がでかいシードダウンを決めるということ自体が一つの大きな事件であるだけに、しかも全く第1週で姿を消しそうにないナダルがその標的となったことは、驚きである。


30th June, 2012 (SAT.)

Sports/Casual Glance
 フェデラー対ベネトー戦が胃が痛くて観ていられないほどだった。フェデラーの調子が異常に悪かったということに加え、ベネトーも同じ世代のプレイヤーであり、ウィンブルドンでの戦術をよく把握しているのであろう、しかし、フェデラーは精神面だけで立っているかのような強さで、第5セットまでもつれ込ませ、振り切った。最早、相手の両脚には痙攣と疲労が枷となってのし掛かり、フェデラーの辛勝を決めた。
 ステパネクも捨て身の勢いで最初のセットをジョコビッチから6-4で奪い、「ロソルの衝撃」を再現させようとしたが、ジョコビッチは崩れず。強い。
 大番狂わせを演じたプレイヤーが徒花になっていく中、面白い顔ぶれが残る。ロソル以外にも、彼の対戦相手にナダルを今年の芝で破ったコールシュライバー(ハレのGerry Weber Open準々決勝)がいる。30位台のプレイヤーがQF進出可能性あり、というざわめきも聞こえる。魔物は全仏から、全英にその棲処を移したのだ。

Games -- Blockout
 27万程度しか出なかったので帰ります。次は錦織−デルポトロあるし。

 さて、移りまして。錦織、この前のデビスカップのカルロビッチ戦ほど虐殺されていませんでしたが、ビッグサーバーに対してなんかトラウマがあるのではないかとさえ思う。後数年のうちに、彼らを打破する方法を確立しないと、一桁順位には大きな暗雲が立ち籠める。まあ、今年は15位前後をキープして貰えれば言うことはないのだが、ベスト10進出までには1,000ポイント以上の差がある。でかすぎ……。