1st November, 2012 (THU.)

Working Man
 あれ? 仕事無くなった!?
 ということで、雑用役になってしまいました。

Sports
 サム・クエリーがパリマスターズでジョコビッチを破る。因みに、クエリーはジョコビッチが今シーズンに敗れた中で最もランクの低い対戦相手(24位)。あとは当時11位のイズナーにインディアンウェルズで敗れただけで、後はトップ10との対決で10敗しているので、往年のフェデラー並みに取りこぼしの少ない強さを見せ付けた(一方、フェデラーは勝率が高く、W-L=68-10、すなわち87.18%である)。一方、フェデラー棄権により道が開けた錦織は3回戦でジル・シモンに当たるはずだったのだが、まさかの棄権を発表。今年の最終順位はトップ20ぎりぎりということになりそうだ……。


2nd November, 2012 (FRI.)

Working Man
 先月の内容も締めて終了。もしかしてやることがあんまりないのかもしれない……。

Sports
 パリはもうぐちゃぐちゃな状況。マレーはヤノヴィッツというポーランドの若手に不覚を取った。実はマレーが今年のBIG4の中で最もTop 10以下のプレイヤーに敗北を喫している回数が多い。やはり、大きなタイトルを手にしたと雖も、まだ越えなければならない壁が大きい。それだけでなく、クエリーがラオニッチを粉砕し、弾みをつけそうだ(錦織とのポイント対決に直接影響する渦中の人物である。彼は準決勝進出止まりだとポイントが1,830で並ぶが、GSと義務MSのポイントが順位で優先されるため錦織を抜くためには決勝への進出が必須である)。極めつけはデルポまでもが地元のロドラに敗れている。つまり、ロンドンの最終戦組は早めに見切りをつけてしまっているのだろうか?

Onto the Line
 全く関係ないクラスタからのリツイートから、10年来の友人を発見するという事案が発生、俺はギエピーと叫ばざるを得なかった……。


3rd November, 2012 (SAT.)

Materials
 ということで、その場凌ぎのために買ってしまったacer ICONIA TAB W500/P2(appenda/121103.jpg)。底値近い32.5kで買うことができた。30,000円でWin7 Professionalというところに惹かれた。まあ、縮退運転用の緊急機として買ったので、過度の期待はしていないよ。でも、これで成功裏にえびせんTVも観ることができると考えれば、動画観賞用に買ったといわれても文句は言えない。

Games -- Blockout
 えびせんコーヒーの力も、俺の下手糞な腕を補うことはできなかった。仕方がありませんね。それにしても秋が深まった気配がする。

Super Hexagon
 KENTRiSさんがHyper Hexagonestを潰したと聞いてタンメンを食わせに行かなくてはならなくなった。恐怖! 一方俺の記録が伸びることはなかった。


4th November, 2012 (SUN.)

Negligence
 ねゆー。今日は出歩かなかったのだった。

Sports
 昨日買ったスレートPCで観るフェレール対ヤノヴィッツ(パリマスターズ決勝)。ビッグサーバーにして敏捷性を兼ね備える新進気鋭のポーランド人、21歳。昨日は地元のジル・シモンを破りついに予選通過者から決勝への舞台に駆け上がった。一方のフェレール、準決勝では同じく地元のミカエル・ロドラを下した。30歳にして初のマスターズタイトルを狙う。多くの試合巧者を破ったヤノヴィッツに対し、フェレールは唯一の壁となりうる存在だ。何故ならば彼のオフェンシブリターンはビッグサーバー相手に非常に強く、かのデル=ポトロやカルロビッチに対してpositive head-to-headを有する、とても175cmの体格から敵いそうにない相手をカモにさえしている。だが、どうか? 彼の年齢や試合数を考えると、若い勢いに圧されて敗れるの可能性もあるという不安もあった。だが、昨日の試合はさすがフェレール!、と賞賛を惜しまずにはいられなかった。第1セット第10ゲームでブレークしセットを奪ったフェレール。相手のミスに早速食い付いた。第2セットでフェレールがブレークされる展開も、ヤノヴィッツのファーストの決まりが悪くなったことを受けてブレークバック、その後ぐいぐいと横綱のように寄り切ってしまった。
 30歳にして自己最高のキャリア、そしてマスターズ初制覇を成し遂げたフェレールが、ついにロンドンに挑む。デル=ポトロとの初戦は、どうなるのか? そして新たにランキング26位に食い込み、クボトを抜いてポーランド1番のテニスプレイヤーを襲名したヤノヴィッツ、彼に幸あれ!


5th November, 2012 (MON.)

Working Man
 今日は2人しかいない(うちのメンバーが)。して何もない。

Accidents
 ICONIA用のケースを買って、それから電車内で日記が更新できるかを試してみたが、駄目だった……。俺の電車酔いの酷さはどうにもならないということだった。

Games -- Super Hexagon
 Hyper Hexagonest - 43:13→47:25。初のPentagonまで迫ったが、奴を倒せるのはいつの日か。ぐぬぬ……。


6th November, 2012 (TUE.)

Working Man
 またしてもやることが無くなってきたので、コンポーネントの手入れを少し捻りながらやってる。

Onto the Line/Games
 今日はタブレットでえびせんTVを観る日が来た。ああ、何となく文化的な香りがする! 寝ながら動画! これが文化的退廃、そしてその末路は肉厚な要塞ですよ!! (管理人は夢ペンギン物語の如き残虐なワークアウトを強要され死亡)
 明日はレトロと……あれっ、ブロックアウトの配信あるんでしょうか?


7th November, 2012 (WED.)

Working Man
 ブロックアウト配信があるのか無いのか待ちながら仕事〜。さて、あるということになったが、店長がダブルヘッダーであったことに気づき狼狽。昨日言おうとしたのに……

Games -- Blockout
 俺の配信を観た者を許すわけにはいかない。SALさんは連日人間離れした着眼を披露して下さって、この配信に俺いらないんじゃね?、って結論づけられた。
 あとは江古田の皆さんと談笑する会。またネタを拾ってきたみたいで、探求心というか、全てを舐め尽くさんとする勢いは恐ろしい。

Materials
 メインのパソコンが早々と戻ってきた。入れ直さないといけないソフトはいくつもあるが、

Onto the Line/Games
 まあ、巻末の問題については、色々ありますね、としか外野は言えないのです。俺は全一記録も保持していないので、答えられないのですよ。


8th November, 2012 (THU.)

Accidents
 体が壊れちゃった。ということで修理が必要。休みます。
 その後、休んでいるだけでも勿体ないと思って、深爪の手術に意を決して行ってきた。死ぬほど痛かったが、爪の修復にチューブを利用して肉に埋まらないような爪の伸びを促進するのだそうだ。ここではグロ画像になるので全容をお見せすることは出来ないが、これで血管の詰まった膨れも合わせて解消されると考えると、ほっとする。痛みが0になったわけではないが、仕方があるまい。

Sports
 ロンドンのフェデラー対フェレール観ていた。追いすがったのに土壇場でフェデラーが上手い。ジョコビッチとマレーが対峙する度に起こる破壊的な消耗戦とも引けをとらない三十路対決。結果としては残念ながらストレートであったが、フェレールはフェデラー相手にも臆さぬプレイを続けていた。サービスゲームの間の緊張。攻撃の天才と呼ばれるフェデラーに、攻撃を受け流して反撃に転ずるのが最も秀でているフェレール。新世代のチャンピオン争いと、未だに若い選手から簡単に覇権は渡さないニューボールズとかつて呼ばれた世代。奇しくも彼らは分かたれ決勝トーナメントで激突する。だが、順当なランキング通りの勝利が続いているため、決勝はBIG4のナダルの代わりにフェレールという線が濃厚だろう。ラウンドロビンの結果は崩れなさそうな気はする。問題はフェデラー対デル=ポトロという今年の対戦が非常に多いカード。バーゼルで果たした逆襲の勢いに乗れればデル=ポトロは脅威。

Games -- Super Hexagon
 54:18……クリアまで後一歩、だがそれがいつ埋まるかが。Pentagonを今日だけで4発ぐらい出したので、かなり向上していることは間違いないだろうが。


9th November, 2012 (FRI.)

Working Man
 あまり影響引きずらなかったようなのでよかったよ。ともかく細かい改変については一通りチーム内で片付けたのでよかったとしよう。しかし、進展がないなあ。モックのお披露目をやるらしいので、そのときに結果が出れば。

Accidents
 足は術後の痛みをひきずっている、まあ厳しい道だが直るのを信ずるほか無い。

Games -- Super Hexagon
 GAME COMPLETED!(Hyper Hexagonest - 71:07; appenda/121109_1,2.jpg)
 1ヶ月以上にもわたるSuper Hexagonをとうとう撃破。死んで覚えるゲームとしては、掛かる時間が非常に短いということもあって、プレイは(他の詰みゲーと比べれば、でしかないが)それほど負担にならなかったように思う。だが、非常に難しいゲームだった。今年最もそのボリュームを感じさせない内容の、最高のミニゲームと称してよいものだった。あのエンディングは正座して拝みました。いやあ、嬉しい! 俺よくやった!


10th November, 2012 (SAT.)

Games -- Blockout
 張り付いてきたけど今日はもう投げ遣り。Round 10が最高というプレイヤーとして有るまじき行い。

Tetris: the Absolute Plus
 折角頑張って、Doublesで5分いけそうな流れがあったのに、死にやがりました。右手も今日はやる気がない。無気力試合というのも限度というのがある。今日は本当に酷い。無駄金を使ってえびせんの利益に貢献したに過ぎなかった。
 だが、いいものを見たりして気分を落ち着かせた。明日は小平でゆっくりするようにしよう。