11th November, 2012 (SUN.)

Tetris: the Grand Master
 タイムはうんこだけど、久々に気持ちのよいプレイが出来た。(9'26"81, 229,813pts., appenda/121111.jpg) でも、その後が続かなかったので前言を撤回した。

Foods/Something Weird
 結局今日の成果は、ア太郎さんに中本を薦めて吉祥寺で北極に挑戦してくるという約束まで漕ぎ着けさせることだけだった。無茶しやがって……(おまえと一緒にいて無茶をしない日など無いのだ……!!)。
 一方俺の怒りが収まる訳もなく、当然にして高田馬場で冷やし味噌野菜(2倍)を平らげてきた。


12th November, 2012 (MON.)

Working Man
 眠すぎ、馬鹿じゃないの? 仕事もないなんて。

Sports/Fact Sheet
 車椅子テニスの国枝が残されたNECマスターズ(最終戦)のタイトル戴冠(http://news.tennis365.net/news/today/201211/95060.html)
 日本のテニス界に衝撃を与え続けてきた国枝。劇的な世界トップランカーのウデを下したパラリンピックに続き、最終戦のマスターズ(こちらはベルギーで開かれている)では世界2位のシェファーズを破った。予選のRRでも戦ったシェファーズは2009年覇者。ウデを準決勝で破っての進出で彼の連覇を阻んだ。国枝からセットを奪ったことからも分かるが、非常に強敵である。その彼を下しての優勝によってランクも2位に浮上している模様。宿願も達成し、国枝はどこまで行くのか? 再び1位を奪還するその日まで、戦いは続くであろう。


13th November, 2012 (TUE.)

Onto the Line/Bad Company
 the recmuteが12月を機に一区切りライブを敢行してしまうということが分かり、友と酒を飲みに行かざるを得なくなってしまった。しょうがないでしょう、交際費というのはこういう時に計上される物なのですから。ということで仙台のスープカレー屋さんは食材を切って待っているがいい……(これが七つの大罪の一つ、暴食である)

Working Man
 適当に画面コンポーネントをやっつける。

Games -- Score Rush
 turbulenzの野郎共がまたやってくれたと聞いて:Score Rush MultiplayerがTurbulenzのベータ入り(写真は記念で作られたケーキ)(http://xona.com/cake/)
 お、おう……やるしかないようだ。
 今夜つないでみると、早速新しい人が繋ぎに来たようだ。ということで2人でNormal難易度をプレイした。途中、乱入してボムを使い切りやがった馬鹿がいて、久々のプレイだったこともありグダグダとなったが、何とか残0で完走した。しかし楽しかったので、後でロンドン在住と分かったその方とチャットしてああこれがオンラインマゾゲーか、と無意味な感慨を得た。素晴らしい、これがもしDecimation Xシリーズであったらと思うのが残念なところだが、うむ、実にいい。


14th November, 2012 (WED.)

Working Man
 とりあえず現状なにもなしという方向で進んでいるが、罫線の設定に苦戦中。ホント使いにくいわ……

Games -- Blockout
 例によって配信。今日は珍しく帰って観ることにした(金が不足していたのだ……)。これが「休函日きゅうかんび」である。今日はなかなか苦戦したプレイヤーが多く、久々に30面突破が現れない日になった(あれ、俺言ってることおかしくないか? 30面って難しい面のはずだぞ……) やはりこのゲーム、難しいということを再確認した。


15th November, 2012 (THU.)

Working Man
 あっ、なんか駄目そう。ということで、現状の改修を腐らせる日になった。よくないね。

Foods
 で、山手線・埼京線がまた止まったりするので、怒りのあまり原宿で夕御飯となった。TACにてほほ肉のシチュー(appenda/121115.jpg)。ボジョレー・ヌーボー解禁というタイミングもあり、一緒に酒も進んでくれたが、今日は何となく今ひとつ。うーん、あの店にパスタ並みのパフォーマンスを常に期待してしまっている俺がいる。

Fact Sheet/Sports
 アメリカのジェームズ・ブレークが結婚(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121115-00000303-tennisnet-spo)
 おめでとうございます。ブレークは一時期イギリス人の方と誤って解釈され、何故知っているんだ!?、と知人に聞かれたことで一気に有名になりましたが、苦労してからキャリアピークに持ち込んだプレイヤーということで、今後も幸多からんことを祈ります。ロディック、アイズナー、クエリー、フィッシュなど現在のアメリカテニス界からもゲストが沢山集まったそうで、微笑ましい一幕になったようです。


16th November, 2012 (FRI.)

Working Man/Fact Sheet
 俺がいつも通り実装に苦しむ中、「ミヤホン還暦」というニュースで卒倒した。全然そんな年だと思っていない。やはり、若い開発者から生気を啜っているという本人の弁は間違いないだろう。俺の実装能力も、誰かによって吸い取られているという可能性が否定できないので、周りをチェックしなければならない。……数時間後その理由が分かり、近所の飯屋が原因だったと知る。

Foods
 数年ぶりにココイチの10辛(豚しゃぶ)を平らげた。そこまで黒くありませんが(appenda/121116_1.jpg)。とりあえず、明日フランス人などが10辛グランドマスターチャレンジとか馬鹿なことを抜かしているので、俺の前でそういうことを語るとどうなるか思い知らせる意味で、参考記録を写真に収めて置こうと思いこの結果(4'19"21; appenda/121116_2.jpg)。食べ物を粗末にするのはいけません。
 しかし、非常にしみじみと感じたのは、「俺の辛さ耐性はここまで来たか……」ということである。科学調味の中から少しばかりのうまみを識別していると、何故こんな物を若い内有難がってヒイヒイ言いながら食べていたのか疑問に思った。

Games -- Blockout
 リンクに追加予定:Hardcore Gaming 101 - Blockout(http://www.hardcoregaming101.net/blockout/blockout.htm)


17th November, 2012 (SAT.)

Tetris: the Grand Master
 今日はMasters。まず、ニコラさんが8'15"という素晴らしいタイムで10辛を完食されたそうなので、見ていませんがまずまずの戦闘力と言えます。味覚の面からしても本当にフランス人なのでしょうか?
 さて、本戦の方は私が2位通過を着実にとり続けたこともあり、まあ決勝には一応行けたのですが、夫婦漫才コンビに歯が立たず3位。優勝がjin8さん(初の3連覇)、私のを過去に阻んだコーリャンさんが準優勝となり、次は必ず勝つ、というグラッジ・マッチの予感を臭わせます。

 さて、俺の左手が小平勢の煽りを受けて記録を更新。実に2年ぶりに15秒を縮めました(10'24"76, 174,359pts.; appenda/121117.jpg)。しかし、10分を切れる光景が全く思い浮かばない。やはりStarmanはやばすぎる。俺の右手が言うのだから間違いないよ。


18th November, 2012 (SUN.)

Materials
 今日は「文学フリマ 第15回」にて「ぴっちぶれんど」のgotchaさんにお会いした(http://mikumikulab.sblo.jp/article/57697829.html#more)。ヘルツシュタルクの本は昨年決死の思いで入手したのでよしとするが、問題はクルタのマニュアル小冊子翻訳・リメイク版というのが目当てだった。こちら、gotchaさんのコレクションと私のを並べた図(appenda/121118.jpg)。胴体がグレーなのが私物で、SNは#513480。curta.com.arの年代計算機に当てたところ、1959年12月の製造であることが分かり、翌月で53年ものとなる(註)。Type Iと比べて見ると大きさは一目瞭然。改めて世界最軽量の凄さ、技術の粋を見せつけた。gotchaさんとはブースの前で15分近く話し込んでしまい、同席していた方(マニュアル訳者の方だろうか)共々、厄介になっていないかと思いながらも楽しい話に花を咲かせ、一瞬に15分か20分を費やしてしまっただろう。同好の士を見つけたときの自分はいかに心強いのかが分かる。

Bad Company
 偶然にして、大学の知人を介して知り合った写真家の方もフリマに居合わせていて、その写真展が今日最終日だから乗り込んでいこうぜという話で意気投合した。かくして不意打ちには成功したが、あまり驚いてくれなかった……。ともあれ、写真展の繋がりで友人が増えだし、ちょっとしたカフェでの文化的な営みとなった。すぐにゲーセンに乗り込んで終わろうという午後も、これはいい方向で予定が狂った。初台を後にして帰途に就く。これが、ハレの日という奴なんだろうな。疲れてゲーセンに行く気力はなく、小平の裏マスターズを夕飯の肴にした。

(註)このサイトでの結果で1箇所誤りがあって、私の手持ちでは減算用のレバーの目印が赤いストライプだが、検索結果が"grey stripe for subtract"となっていた。おそらく管理者に証拠写真を押し付けて直して貰うべき事案になるだろうと思う。


19th November, 2012 (MON.)

Working Man
 新しい画面が降りてきたようだ。まずは軽く調査をしなければならないな。

Sports/Fact Sheet
 デビスカップの決勝の結果を見ることができず、結果が気になっていたが、なんとステパネクがアルマグロを下してチェコ優勝! スペインはフェレールが今季76勝を上げ、最多マッチ数91という記録で、史上最高のキャリアを築き上げた。タイトルがトップ4に見劣りするのだけが唯一の泣き所で、"iron man"を破らぬ限りトップ4に伍することは難しいという下馬評を確立させた。しかし、マスターズ優勝組も撥ね除けたベルディフとステパネク、アルマグロでも止めることが出来なかった。チェコは女子のフェドカップも合わせて優勝し、レンドルやナブラチロワ以後、そして独立後のチェコのテニス強国というイメージを完全に確立した。東欧のテニス事情は非常に恵まれているようで、セルビアが今のところ男子でもトップ10に2人を送り出し最高のテニス環境をアピールしている。こうすると、アメリカやフランスの元気がないのが辛いところだ。後は日本男子が復活の狼煙を上げたので、色々活性化していくことを期待。
 ナダルがいなかったことを除けば、今年もやはり素晴らしいシーズンだった。何しろ、初めて人生でテニス観戦に行きましたしねえ。盛り上がりが体で伝わってきた。

Games -- Super Hexagon
 endgame後の展開を考えると、60秒以降のパフォーマンスを上げていく必要があるかな?、と思い立ち、全部門200位以内をまずは目指すことにした。


20th November, 2012 (TUE.)

Working Man
 目が潰れそうになって辛かった。今日は通院のために早く帰ることにしていた。本当に休みが必要だったのかは、クリニックの時間のせいだという他無い。

Accidents
 術後の経過はそれほど悪くなかったと聞いて安堵する。これで12月までは行く病院に必要も無い。

Materials
 会議に行く序でにK. ITOYAという伊東屋本店の別館を見つけたので行くことになった。何でこんな物が出来ているんだ、と思ったら、いわゆる万年筆ブースが拡張されることになったわけである。しかし、外装を見るに、とても私のような庶民、いや野蛮人に入る資格のない場所のように思えて一寸残念な気持ちもあった(http://twitpic.com/bet0p7)。なお、当たり前のように化粧室は綺麗です。この時点でこの店に行かない理由はありません。以上。会議は飲み会になり、俺の財布の中の札の代わりに、俺の意識が支払われました。(管理人はSAN値直葬された)