21st November, 2012 (WED.)

Working Man
 結局問題となっていた罫線描画の話は無事に事無きを得た。画像でやってしまっているので拡大縮小の影響とかを気にしなければならなかったのがいかにも当たって砕けろ的で美しくない。

Fact Sheet
 去る2004年にシーズン262安打を達成したイチローの偉業を祝し殿堂にもその座を与えられた「イチ・メーター」で有名な、熱狂的マリナーズファンのAmy Franzさんが、こんなツイートをしている:
 https://twitter.com/ichimeterlady/status/270964053646659586
 https://twitter.com/ichimeterlady/status/270964524260155392
 なんというプロフェッショナルで、そして美徳あふれた精神であろう。日本人が死んではいないと思う瞬間であった。

Foods
 上のニュースを見ながらも自分に出来ることはないと項垂れながら、昨日の会議で「折角横浜に勤めているのだから、家系の総本店があるだろう、そこに行ってみてはどうか?」と上司に(ラーメン党の方から受け売りで)言われた。なるほどでは行ってみるとするかと思えば行動は早く、家系総本山として名高い名店「吉村家」の前に並んだ。確かに一見怯むほどの、或いは周りに軒をおいたラーメン屋が哀れに思えるほどの行列が並んでいる。20人近く並んでおりこれは昼休み詰んだと思いつつも食券を買うと、この店の決まりで10名ほどのカウンター単位でお客さんを店に入れることを知り、なんとか時間には間に合いそうだとほっとした。写真を撮ることは出来なかったが、まあ様子はみんな上げているので無視しよう。今日はチャーシュー麺を並盛り海苔トッピングで頂いてきた。海苔旨いね! そして、しっかりと濃い口で飢えを潤す、中太麺もこの味にはしっかりと呼応する。家系の傍系では出ない味じゃあないかな……。
 自分はラーメンに酢を入れるのは気に入らんという強硬派だったのであるが、ここまで店側も推すし、少しかけてみるかと、この酸っぱい酢をかけてみると、何だと!?、と思ったのが今日のハイライト。このような積極的な酢の利用が求められるラーメンは初めてだ。うーん、これはもう一回調味の配分を変えて行ってみたいな……。

 夜は中本池袋店の限定濃厚北極を頂いてきた(appenda/121121.jpg)。い、いてえ〜!! この辛さ、濃縮が辛さの方に振られているとしか思えないぞ!! 昨年の限定の濃厚は、豚骨を効かせたのが濃厚でまろやかなスープ(田村副店長の作品)だったのでそれを期待していたが、今回は全然チューンが違うな……。いや、予想外だったので呆気に取られているだけだ。とりあえず完食したので、北極2倍を食べるつもりであれば問題ないと思う。いや、メニューの名前が同じでも油断してはいけないね……。

Games -- Blockout
 俺1人だけで場を回すことに無理があったことが分かった配信ですが、一言……
 https://twitter.com/THC_SAKA/status/271218997779894272
 まずい! 下手な光景を見せてしまったら間違いなく俺のアパートが爆撃される!!(管理人がその後疎開したのは言うまでも無い)


22nd November, 2012 (THU.)

Working Man
 問題が解決し、一安心と思った俺を襲ったのは新しいデータグリッドであった……(この調子でだらだら続いても困る)。敵は昨日の濃厚北極による腹痛。
 会社に立ち寄って今週は終了。休みが早いのはやっぱり嬉しいと思ってしまう。

Games -- Super Hexagon
 公約達成(http://twitpic.com/bfgc43)。Hexagonで200秒達成は痺れた。しかし、上が化け物しかいないことがよく分かるようになって、「人間ってやだなあ」と思うだけになりましたね。


23rd November, 2012 (FRI.)

Games -- Blockout
 3連休の初日となり、非常に有難い猶予となったので、ブロックアウトをやり込みに行ったが、コーリャンさんがRound 49で死んだという報告を聞いて心が折れ、実際に自分がプレイしてみると27万点というゴミのようなスコアしか出ず、坂口さんからの死刑宣告がまだかと早くも諦めの境地に達した。やはり俺の被害妄想は全国トップクラスだ

Tetris: the Absolute Plus
 Plusのある方もない方も。TAはアイテムモードでmを出してしまい(8'51"台、ロールは完走できず)、本当に出るのかという疑惑の解明に乗り出した。だが、俺を含めて誰も再現できなかった……。恐るべし悪夢のアイテムモード。
 Doubles: 何も言わずに画像を覗いてくれ給え……:5'03"51, 5'00"86……そして今日の3傑……(appenda/121123_1-3.jpg)
 これで普段から俺の奇行について詳しい方々にとっては、東京を火の海にしたい俺の気持ちは理解できただろう。もう争う体力はなかった。


24th November, 2012 (SAT.)

Accidents
 東京理科大学の近代科学資料館で機械式計算機の解体ショーがあるというので勇んでみたら明日だったという残念な落ちが待っていた。これで俺の休日が終わるという交通事故の見本のような光景に遭い、全人類が息絶えた。

Games -- Flash Point
 謎の動画を見つけてしまった(http://www.youtube.com/watch?v=GW1_pr2vJeY)。
 フラッシュポイントを1面から面セレクトなし(順繰りに次の面を選んでいく)で100面まで完走するという動画であり、尺にして80分ある。テクニックが巧いのは当たり前だが、47面以降でレベル15を迎えた後の動き方が本当に異常だ。恐らく、電源パターンを用いているのだろうというのは想像がつくが、それにしてもこれである。更には25分を過ぎたところでレベル43から2G(セガテトリスの最高速度の2倍)でブロックが落下するが、なんとこれは遅延防止モードに似たことをやっているのである。本当に凄い。久々にゲーム動画で吐き気を催すほどの「おぞましさ」に出会った。この恐怖心は、SALさんによるコラムスII位でしか味わったことのない、怖い物見たさで惹かれていく危険な感覚である。


25th November, 2012 (SUN.)

Materials
 東京理科大学に改めて来訪した。出迎えは様々な計算機だ(appenda/121125_1.jpg)。そして14時を迎え、初めて機械式計算機界の第一人者と呼んでも過言ではない渡辺先生のタイガー解体ショーが始まった。タイガー専用の装備品を持って、外殻から丁寧に分解を始める。そして機構が見えると、20名弱はいる観衆が食い入る。子供も大人も感動しきりだ。
 中でも私が気になったのは、繰り上がりの機構である。実は和積表示部(一般的に桁数が一番多い部分)では、各桁に専用の部品が就いており繰り上がりが発生した次の桁の置数レバーをもう1つ余計に引くようなメカニズムになっていた。だが、しかし、除数や常数を表示する左側の表示部の繰り上がりはまた違う機構で、よりチープな作りで9と0の境目に桁送りをする機構が各列に備わっていた。2つの機構の違いは単純にコストの問題だったようだが、置数部から力を借りてくる場所が乗除数の部位には無かったからこのような形式になったのだろう。
 私が以前5期のタイガーを譲り受けたことを渡辺先生にもお話しし、貴重な時間を堪能した。
 因みに、理科大の展示も中々レベルが高く、動作が手元で確認できるのは流石にOdhner式の計算機だけだったが、それでも6台も自由に触れる物があるというのが驚きだ! 勿論入場も無料。そして、気になっているPilot P-1, P-3やコンプトメーターなども展示されており、クルタに至っては6台も所蔵されていた。今月だけでクルタを9台も見たという者は私以外には中々見付からないだろう。

Tetris: the Absolute
 またもPlusではありません。しかもITEM完走(m[+R]-8'51"96, 135,158pts., ST銅SK銀; appenda/121125_2.jpg)。何やってんだ。

Games -- Blockout
 本業:Round 29で殺されてしまい悲鳴を上げてしまうも、調子は戻りつつある(344,436pts., Round 29, 306 faces, 4,844 cubes; appenda/121125_3,4.jpg)。

Tetris: the Grand Master/Accidents
 https://twitter.com/koo6/status/272693968196743168
 緊張状態がぶち破られ、来月の開戦は避けられなくなった。おのれ、STARMANめ……


26th November, 2012 (MON.)

Working Man
 今日の進展はさほどない。まる。分かったのは、世の中にエスカレーターマニアという生き物とガスメーターマニアという生き物が存在したという事であった。

Foods
 キングコングとのコラボで出品していたらしい、「辛味噌タンタン麺」(appenda/121126.jpg)を中本目黒店で。ほどよい刺激で、見た目以上に濃いめの仕上がり。まあ、リーズナブルなメニューとしてお楽しみあれという感じ。胡麻の濃さは吉祥寺の典型的な担々麺とも異なるから、不思議なもんだね。

Games -- Blockout
 ブロックアウトエディタがキー操作にも対応してしまったことを受けて、自分のスタイルに合うWASD式に変更してしまおうと考えて思い立った。一通り今日で作った! でも、後でCZの原稿を作りながら、「BlockoutNoteも吐き出せた方がいいよなあ」と考えてしまう。うーん、仕事以外でスクリプトを組んだのは何年ぶりかなあ。


27th November, 2012 (TUE.)

Working Man
 モックアップに使うデータと格闘した。今はJSONなのかねえ。記号がいっぱいで眠れない印象がある。

Games -- Blockout
 ブロックアウトエディタを更に魔改造して、ソースまで吐けるように頑張った。実際に使ってみてこの捗り方はやばいと思ったよ。問題は、そのような捗るものを持っていても更新する暇が無いという俺の管理能力の糞差加減をどうにかして欲しい。忘年会もあるし、怖い時期です。


28th November, 2012 (WED.)

Working Man
 そろそろモックアップ作りはやることが終わりかけて中断。かくして設計の先行洗い出し作業に。

Accidents
 高速バスの予約でも取りに行こうと急いで帰ったら、新宿駅新南口の高速バス待合所が非常に遠くなっていて酷い目に遭わされた上、バスの旅券は全て売り切れていた。これで腹を立てるなというのが無理な話であろう。更には仕方なく近くのゆで太郎で飯にしたが、麺を茹ですぎて延びてる……。馬鹿じゃないだろうか……。これでブロックアウト配信に行く気力を完全に圧し折られた。というわけで寝て曜日。

Onto the Line/Ado for Adoration
 梅田スカイビル空中庭園のマスコットゆるキャラにして最強の大阪女性(鉄塔?)であらせられるそららちゃんの公式Twitterアカウント(@sorara173; https://twitter.com/sorara173)の存在を今更知り、鼻血を出しながらフォローを開始した(管理人は短時間の大量の失血で輸血が間に合わず、都内某所のICUにて死亡)。
 そららちゃんに萌えるのは国民として当然の行いだと思うのだが、未だに分かってくれる人が少ない。明らかな露出不足だ! お転婆さんなんだから、たわわちゃんみたいに露骨に自分を売りに行ってもいいのよ……(その辺は、大阪のおばちゃんを目指すにしてはあまりにも育ちがよすぎである。「お前のような大阪のおばちゃんがいるか!」と言いたくもなろう)。全く、可愛いから困る。
 これは、間違いなく「大阪梅田地下街、泉の広場を上がったところでそららちゃんと握手!」しなければ死ぬに死ねないだろう……(管理人は萩家整形に遺体を安置された)


29th November, 2012 (THU.)

Working Man/Foods
 餃子の引換券が切れてしまう前にDRAGON酒家で夕飯に行った。麻婆豆腐とシャンディガフを片手に(appenda/121129.jpg)。麻婆豆腐はそれこそいろんなお店があり、安いお店のたらふく食べれるものとか、高級料理として存在感があるものとか、とにかく殆ど全てのメニューに入っていてアイデンティティを確立しているものとか、あるのだが、どれも狙っている効果が違うのが驚きだ。ここのお店は熟成された感じの食べ応えある濃い口でご飯と一緒に食べてってというアピールだった。

Games -- Dragon Dance
 えびせんでたまに動いているドラゴンダンスを教わりながらプレイした。このゲームは、本当にタイルが全然見えなくて困る。ZOO KEEPERなんか凝視を使うゲームですけれども、それ以上に岡目八目という言葉を明瞭に理解できるゲームだ。


30th November, 2012 (FRI.)

Accidents
 昨日の夜嬉しいことがあって深酒を決め込んでいたら、始業時間を迎えて寝坊をしてしまった。本当に何で俺は槍を投げつけられて殺されたりしないのか、不思議です。不条理な国、日本。
 嬉しいことについては、近々報告を致します。

Working Man
 うひぇー、作業量が多すぎてふらっときましたわ。

Bad Company
 同窓会で集まりました。まあ体のよい忘年会という物でございます。ところで、一番仕事が嫌いな人が来なかったので、早く会社など荼毘に付してひろゆきのようにまともから解き放たれた人生を歩み出せばよいのに(他人事だからと言って暴言の塊である)と常に憐憫を受けている状態ですし、他には2名ほど音沙汰無くふけるという有様でしたが、まあ予定通りなのでいいでしょう。とにかく飯を食べ尽くしたのでよかったし、数年ぶりに会った人まで。
 結局23時まで飲んでしまったじゃないか。俺はどうやって仙台に行こうか。悩みつつ明日の朝を迎えるのであった……。