1st December, 2012 (SAT.)

Bad Company
 折角だし、仙台のスープカレー視察にでも行こうと思ったら、ばったりと今回の目的である友人に出会すという事故に遭った。仙台市青葉区、お前は狭すぎだ。もっと俺の体のように、大らかになれよ。
 次いで、シータにてあんがー先生と数年ぶりの再会を果たし、結局3時間ほど話し込んだ。東北人同士でこれだけ馬の合った話が出来る人がいないため、時間が足りねえのなんの。お昼も含めて一緒して、またゲームやら近況やら面白おかしい話を持ち出してきた。たぶん、ゲームが嫌いにならなかった理由の2割ぐらいは起因している物があると思う。まあ、どこまで競技性を煎じ詰めてもコミュニケーションツールであるが故に、どれだけ気の置けない友人がいるかということに、最終的には収束していくのだ。

Foods
 Kanakoのスープカレー屋さんにて視察(appenda/121201.jpg)。函館と仙台に店を構える、あの榎本 加奈子がプロデュースした店で知っている人も多いのではないか。ベーシックなやわらかチキンの75番(100円で一番辛さ控えめの奴)。まあ、辛さ控えめのさっぱりスープですが、一寸薄味過ぎるかもしれない。その他はたいていrun-of-the-mill。こういうタイプのスープで食べられる店、多くなるといいですね。札幌は更にラインナップが豊富なので見習ってくれると俺としては嬉しい。いや、ヴァサラロード(というかPicanti系のというか)さらさらしたスープという性質が残っていて、それでもしっかり辛くておいしいというのが、中々無いのだ。俺が食べるものは、大概固形であってスープカレーと呼ぶのは語弊があるだろうということが多い。それでもめげず、美味を認めるのがスープカレー道の奥ゆかしさ、男のダンディズムというものさ。

 夜は、仙台で一区切りとなるthe recmuteの追っかけに行った。いい友達だったが、仙台に飲みに行く理由を作れなくなると寂しい。それだけに、このライブが熱かったことが救いのような気がしてきた。ただ、忘年会はふらふらして、テンションが上がりきらなかった。残念。ネカフェで不自由な夜を過ごす。


2nd December, 2012 (SUN.)

Accidents
 疲れてた。シャワーが壊れてたし、無線が使えなかったし、今回は駄目カフェだったね−。

Tetris: the Absolute Plus
 レバーはすっかり過去の物になってしまい、へなへなの三和と戦ってきたが、テンションの低い中でもしっかりGm緑出てよかった(7'39"23, 245,999pts., ST銀SK金; appenda/121202_1.jpg)。

Foods
 東北地方のスープカレーエヴァンジェリストであるとんでけ大先生を誘い、恐らく北海道外では最強のスープカレー店と思われるヴァサラロードへ。ご覧下さい(appenda/121202_2.jpg)。これが俺の僅かな知識で知る限り最大級おいしいスープカレーなのですよ。しかも今回はハバネロ、コーレーグス、ピッキーヌという3種類の唐辛子が入っているのだ!! つまり南米代表、沖縄代表、東南アジア代表の三巨頭会談……皆様、これが今写真に写っている小さなスープカレーの器に繰り広げられているのですよ!? テカるなというのが無理ですよね。いつも自分のスープカレーは400円高くなるので(300円は6刻み、100円は鶉の卵)、決して安くないメニューが更に値上がってしまうという難点はある。
 それにしても、この濃い口の旨いカレーが、未だにその味の大意を変えずに生き残ってること。この北海道で培われたカレーのマスターピース、俺をVOYAGE派に改宗させた切っ掛けとなる一品が、6年の長きに亘って食べられているということに驚くほかない。
 ありがとうヴァサラロード。そして俺は帰る準備をした。

Sports
 そして、仙台駅東口で巨大化したヨドバシカメラの傍ら(別館に移転していた)、なんとオリンピック・パラリンピックのメダリストの凱旋パレードが丁度開かれていた。この沿道の人々がまた多い吉田選手室伏選手のカリスマ性がやばすぎた(appenda/121202_3,4,5.jpg)。

Home Key
 東京戻ってやることやろう。色々あるんですよ。


3rd December, 2012 (MON.)

Working Man
 本格的に動き出せるっぽい。まずはやっと大がかりなミーティングが始まったようです。

Home Key
 タスク1件完了、受理を確認。まずは本格的に様子を見出す。他にもやらなければならないタスクの多いこと多いこと。


4th December, 2012 (TUE.)

Accidents
 朝によく使っていたKFCで、コーヒーを右手中指にこぼし火傷を負ってしまう。レシートを捨てようと無理な体勢を取ったからだ。痛みに耐えかねたが、店員が気を利かせおしぼりと氷嚢まで持ち出してくれたので、なんとか念じた後痛みは3時間程度で癒えた。なんだかんだ言っていいところがある。今度もまた世話になろう。

Working Man
 そして仕事は予定通り。

Foods
 INHは#InsaneNakamotoHolicのことです。起きましょう。冷味湯麺とは何なのか確かめてみる(appenda/121204.jpg)。今回は塩だったので、通常の湯麺にどっかりと冷味餡が乗っている、まあしっかり中和すれば、北極の域は疎か蒙古ぐらいで死ぬほどは辛くはないよ、というものらしい。味噌だとたぶんベースの辛さがあるので少し辛いかもって所か。それから、目黒でも冷味丼が食えるってのはいいね。


5th December, 2012 (WED.)

Working Man
 ビルドが糞長い。時間を取られて調査だけ何とか済んだレベルというのはちょっとねえ。どうよ。

Games -- Blockout
 何故か良さそうなプレイが配信中だけ出た。配信中だけですからね。(その後2面で死んだのは言うまでも無い)

Tetris: the Absolute Plus
 緑だったらそこまで労せずに出るよね……(Master-Gm緑, 7'36"46, 252,611pts., ST銀SK金; appenda/121205.jpg)。

Onto the Line
 えびせんTVのぶちぶち具合が多く、気が触れかけた。


6th December, 2012 (THU.)

Working Man
 朝は電車に乗り遅れて2本目の始発(ぎりぎり間に合う方)を何とか確保したが、京浜東北線が遅れて危うく味噌がつくところだった。ドトールの店頭販売のおかげで一命を取り留めたぜ。

Games -- Slydris
 Survivalで661,350pts. (Lv. 16) 前回比10万伸び。

Onto the Line
 えびせんTV後半戦。相変わらず回線が死んでいたので、已む無く携帯電話で閲覧することに。いや、感動しました。まさか、俺が初めて泣いたゲームがブロックアウトだということになるとは、思いもよりませんでした。2年半近く、長くやってきたことで分かる感動があるものです。


7th December, 2012 (FRI.)

Working Man/Accidents
 明日から設計書の執筆に入ろうと切り上げようとしたとき突然の地震。規模はM7クラスと非常にでかいので吃驚した。米沢でも震度4は大地震であるから、早速母から電話とCメールの攻勢を受けた。

Games -- Blockout
 長編大作映画「ブロックアウト」を神から賜った。これで勝てなければ、俺は歩く死体である。あ、勿論、今日は4面で死にましたが。

Foods
 素晴らしいものを手に入れた報償として、冷やし味噌野菜シャキシャキバージョンの油少なめ(appenda/121207.jpg)でエレガントに締めた。


8th December, 2012 (SAT.)

Games -- Blockout
 医者に行けなかったので不貞腐れてブロックアウトやって。昨日から止まらない感動エピソードに、やる気も高まる。
 なんか1面から結構面数行けた人がいらっしゃったので、お、心得のある方かと思ったら、私のプレイもご覧になっていたらしい。恐らくかなり恥ずかしい目に遭ったのだと後で分かった。
 とりあえず4時間ほど張り付いて記録更新の予感を肌で感じ取る。30面が思いの外優しかったのは想定外だが、この機に乗じずにいつ戦うのだ。そして、最大の難関だった前回記録Round 33を叩き潰し、更に続く30面台最強の刺客Round 34も撃破。もう後は素潜りの戦いだ……だが、現実は甘くなく、これまで口寄せした代償はRound 35のフィールドをずたずたにするというあまりにも高すぎるものであった。健闘ここまで、1万伸び。(386,146pts., Round 35[6/10], 5,720 cubes, 371 faces; appenda/121208_1,2.jpg)
 しかし、素晴らしい記録が出た。まだ、ここまで俺が動く原動力が衰えたわけではない。たとえ上限がラウンド50に上がったとして、それで怯むわけにはいかない。本当のゴールであったはずの47万点にすら、自分にはまだあと10万点も道が残っている。Twitterでは坂口さんからも色々な階段落としパターンを教えて頂いたりしており、早く自分もより上級テクニックを身につけていかなければならない。勿論、生存のテクニックもだ。これほど一つのゲームに対するモチベーションを維持できたのは、10年前、大学時代のあのTGMシリーズに初めて足を踏み入れ、「飯よりもTAPをやるぞ!」と息巻いていたあの頃以来では無いのか。心に若さが戻ってきたようだ。

Bad Company
 周りのプレイヤーからも、自分の取り組んでいるゲームの話を聞くことができ、「いよいよ自分も一角のプレイヤーとなったのだな」と変な実感を手にした。人は垣根を越えて一つになれる。それを教えてくれたのがブロックアウトであると思うと、本当に何が起こるか分かったものではない。今後私が自らの祭壇に立方体を掲げることになっても、仕方が無いだろうと告白する。


9th December, 2012 (SUN.)

Accidents
 昨日は、テトリスがそもそも1階ずつしかカンストできなかったので、小平に行こうかしらと夜の帰りにプランを練っていた矢先のことである。鍵が突然噛んで抜けなくなった。
 鍵屋を手配して貰ったが、立地が悪く(どうにも駐車場が近くにないし、アパートの真ん前が大通りになっている)車を停められないらしい。なんとか手配が済んだのは15時で、鍵は無事抜けたが、1.2万円の出費と休日を失うという耐え難いダメージを背負った。
 どうして地球は俺に厳しいのだろう。

Foods
 傷心を唯一癒やしたのはピカンティのレトルトスープカレーであった。夜はこたつもつけたし、言うことないね。


10th December, 2012 (MON.)

Working Man
 今日からいよいよ設計に入る。とりあえず、仕事には行けてます。これ、大事ネ

Foods
 久々にみのやの豚汁(とんかつ定食はすでに頼んである)。これが素朴でキャベツだけなのに旨い。全く、どうしたことでしょう……。ということで日記も捗ったし寝ましょう。