1st September, 2013 (SUN.)

Sports
 今日はトレーナーの人が月1回の個人指導を忘れていたっぽいので、来月かな、と思って一通りルーチンを終えて後にしたんだった。あとは髪をさっぱりとしておいた。ええさね。自分の髪は短くすると途端に収まりが悪くなるらしく、がっかり。

Fact Sheet
 ココイチのグランドメニュー改訂の報を聞いて、「うずら卵フライ」が無くなったと聞いて俺のココイチは終了しました。


2nd September, 2013 (MON.)

Working Man
 なんか最近は仕事が我々のチームに押し込められている気がして、なんとなく皆疲弊気味。まあ、属人化となんか高性能な人ばかりチームを離れて言ってる結果がこれだよ。大丈夫このプロジェクト? 今日もまずまずしんどかったが、ジムには行ける。

Sports
 やはり脂肪が少し増えていた。+2kgっておい。まあ、常識の範囲内ですよ、何でも起こりうる。体重なんてのは気合いで調整できるものです。今のうちは。


3rd September, 2013 (TUE.)

Working Man
 とりあえず課題が切れてきた。うーん。なんか別働隊に回されそうな雰囲気が濃厚だ。

Sports
 フェデラーがロブレドに初めての敗北を喫し、4R止まりとなった。これでQFの進出に失敗したのが12回目であり、進出率が8割を切った。それだけ、QFまで容易に負けることはないという評価の表れにもなっていたが、最早年齢の問題では片付かないような事になっていると思う。アナコーンを首にしろという話も聞かれるし、シーズンを棒に振るとしても背中の手術をすべきではないかとも思うし。ただ、56連続のグランドスラム連続出場も懸かれば、まだ現役を続けて欲しい。
 再びベテラン勢の台頭という具合。気がつけば若手はラオニッチぐらいになってしまっていた。そのラオニッチすら、もうspot top 10で入れたのが運の良さだったと言われそう。何せ、9〜10位のガスケとワウリンカがしぶとく残っている。


4th September, 2013 (WED.)

Working Man
 今日の作業は怖いね……緊急で振ってきたんだけど、タスクが別のブランチ環境なんだって。ああ、また何か起こるなという悪い予感だ。

Games -- Blockout
 ブロックアウト配信はぼちぼち。それにしても、Matthewさんの29は惜しかったなあ。俺は今日34, 29の落ちがあり厳しい結果に。十字が多すぎる。帰りはおおびるで体力回復(appenda/130904.jpg)。

Onto the Line/Something Weird
 Twitterで「芋煮戦争」の話題を振られて、米沢出身の俺が黙っておられるかと思ったら、多勢に無勢すぎて泣いた。なんでこんなに仙台派が多いんだよ……


5th September, 2013 (THU.)

Working Man
 何だ今回の改修、問題と思われた箇所に対して、全然関係ないところでエラーが出てくたばってるって感じだった。酷すぎる。俺の目元に隈が出来たところから察して欲しい。22:30に原因が別のものに判明とかやってられねえわ。寝る。

Foods
 とまあ、この状況で冷味丼を食べない方が間違っていると思います(脂肪)。いや、これは堪えた。しんどい。


6th September, 2013 (FRI.)

Working Man/Foods
 結局この問題の落とし所というのは、「運用でカバー! ハイ、コード対策死んだよ!」という終わりのない終わりでした。し、死ぬ……。
 余りの疲れに居ても立ってもいられず、プロントでミントジュレップを頼んだ。なんか貼り出しをしていて、メーカーズマークのを作っているから俺に来いと囁いていた。

Games -- Blockout
 俺はリハビリを楽しんでた。


7th September, 2013 (SAT.)

Negligence/Sports
 久々に休みの午前を失ったぜ。おかげでとぼとぼと運動に行くのが14時ぐらいになった。しかし、まだまだ身体が慣れるのは時間が懸かりそう。
 全米の準決勝のジョコビッチ対ワウリンカがまさしく死闘だった。またしてもジョコビッチの前に立ちはだかるワウリンカの勇姿は、今までの戦いで最高のキャリアを迎えたかのような正確なショットと破壊力と、厳しいリターンにも耐えうる精神力を与えた。しかし、偶数セットで揺さぶりをかけたジョコビッチは、ワウリンカの残りのエネルギーを確認するかのようにギアチェンジをする。ワウリンカが起こしたミスは決して大きいものでは無かったが、それでも王者を攻めきるには不足と言うことか。しかし、初のベスト4にして、全豪に引き続きその進出に恥じない勝利を飾った。一方のナダル対ガスケはさしたる隙を与えず、ナダルに僅か失セット1での決勝進出を明け渡す恰好になった。下馬評と疲労度は圧倒的にナダル優勢、だがジョコビッチも現役では最強のハードコートプレイヤーとしての矜恃がある。月曜に、自由の女神がどちらに微笑むかが決まる。


8th September, 2013 (SUN.)

Games -- Blockout
 Round 15で死亡するという時点で悪い予感しかしなかった。俺はragequitする前に、人生をquitせねばならなかった(毎回だね! よくあるよ!)。

Tetris: the Grand Master
 今日は50分ほどBIG+20Gをプレイして、670, 669と2回500を超えることが出来た。やはり私はSALさんには及ばないが、赤を時間稼ぎに使うのをちょっと頑張って特訓したのと、低い状況からの積み上げならなるべく左を置くようにするという意識をなんとか頑張って持つようにした。あとは、自分で1つ明確に理解できたことがあって、「削り」で1段を捨てるというのが、厳しさにも拘わらずかなりのリターンを持つということだった。これをSALさんに言わせれば「緑や紫は形が悪くなるし、どうしても1段隙間を作ってしまうのはよくあること。あとはそれを掘り返しやすくするのを考える」という骨になるらしい。自分で得た知識を確認する方が、よっぽど脳に響いてくる。漫然と天才の後を追うのは、やはり不足がある。ということで、BIGやろうぜと呼びかけたら3人も新入りが来た。21世紀はいい時代です(ひどい)


9th September, 2013 (MON.)

Sports
 東京五輪に決まったところで、全米の車椅子決勝の結果が上がったのですが、頂上決戦はウデが完勝(def. Kunieda, 6-2, 6-4)でした。しかし、この2人は本当に強く、素晴らしい関係。更にそこに続いてシェファーズもいるし……。やはり、この2人にはチルデンと四銃士のような、車椅子テニス界にとって時代の創始となって欲しい。

Fact Sheet
 エッセイスト・小説家の原田 宗典氏が覚醒剤・大麻所持で逮捕(http://newslounge.net/archives/93415)
 これはまたいきなり殴られたようなショックの事件でした。まさか、その不気味さの根源がねえ。

Working Man
 さてはて新しい週が始まり、混沌の中に放り込まれることが確定した。俺達は、何でも屋を開業したのだから……(時代の要請です、ですって)


10th September, 2013 (TUE.)

Working Man
 職業の安定を求める(=良くない傾向)。

Sports
 終わってみればトップ2の対決となりナダルが3-1とこのカードでは珍しく快勝した。全米のタイトルが1個か2個かでは、彼らにとって大きな違いになる。アウトドアのハードコートを物ともしなかったナダルの連勝記録はここでも途切れず、終わってみればロディック以来10年ぶりのカナダ・シンシナティ・全米オープンの3連続タイトルとなった。最早ジョコビッチが明け渡すことは決まったか。
 あとは、本塁打記録後1に迫ったバレンティンの打球を動画で観たのだが、色々間違っていた。それどころか本人が間違いだったと振り返っており(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130910-00000540-sanspo-base)、俺は一体どうすればいいのかと頭を抱えたものだ。