11th October, 2013 (FRI.)

Games
 ということで、クッキーババアの2周目を破壊しました(appenda/131011_1jpg)。後は、3周目に回さざるを得なかった追加実績をやってみたのですが、Hardcoreが8分で壊滅(appenda/131011_2.jpg)。Heavenly Chipsマジでこええ。ということで、秘伝のレシピに加筆済み。

Working Man
 とりあえずコンパイルエラーも今の所は起きていないし、変更点もまだのんびりやればいいし、とりあえず数だけマッハで上げろと言われたら俺は嬉々としてやりますよ。まあ、それで3連休も貰えるし、平和でいいな。仕事って、本来こういう時と厳しい時とを往復するようなものであるのが一番いい。

Foods
 さてと。前々から行くぞ行くぞと息巻いていた祐天寺駅から歩いて5分程度のインドカレーのお店「カーナ・ピーナ」へ足を運んでみました。しかし、店に初めて来ていきなり裏メニューを頼んだとあっては、不審人物だ、ギロチンにかけるべきだという嫌疑を抱かれたまま店に行くことになってしまいますので、そのようなことはしません。まずはホットがどんなものかを知ってからでも遅くはないのです。ということで、頼んだものを順に紹介するだけです。
 前菜代わりのスープ、トマト・ラザム(ラッサム)(appenda/131011_3.jpg): 乗っている粒々はどうやらブラウンペッパーシードというらしいです。要は、胡椒ですね。これが油断しているとのっけから辛いので気をつけた方が良いです。味はしっかりしておりまして、これだけでもごはんが進むのではないかと思います。しかし、スープマニアの私としては是非ダール・スープ(ダールなので、豆ですね)を頼みたいとも思う。いずれ!
 マトンカレー(ホット)+ライス(S)ナン(ハーフサイズ)(appenda/131011_4,5.jpg): 本番です。この店はライス及びナンがカレーと別注文となるので、くれぐれも値段にご注意下さい。大体カレーだけをもらいに行くと1,000円前後になります。さて、肝心の味ですが、「苦い」。これはスパイスの成分から来る苦みです。ナス科の植物である唐辛子は、ししとうなどと同様に苦みのある野菜である。であるから、これらの大量投入の結果がものすごい苦みとしてくることもありますが、この強さで来るか!、というのは初めてです。そして、私の貧弱な舌では苦みへの理解しか出来なかったカレーでも、気がつけばごはんは進み、ナンは溶けるのです。この破壊力抜群で量も沢山あるカレー、それで食べる幸せというのはなかなかありません。付け合わせですが、全てタマネギを塩漬けしたような、らっきょう代わりのポジションのやつ(アチャールというピクルスの一種らしい)ですがこれはいけます。いや、箸休めには勿体無いぐらい。後は甘みソースがナンについていましたが、これも辛さの休憩というか口直しというか、そこで使うようですね。樹液のような、でもどことなく癖のある甘さを感じました。ナンもライスも両方小さいサイズで頼んだにも拘わらず、おなかは満足。これがカレー満足である。
 シナモン・ダヒ(appenda/131011_6.jpg): 腹が落ち着かない為食後の休みに。後は、余韻を楽しみたいのもあったので。シナモンの降りも本格的で、シナモンスティックはこの飾り付けでの登場に面食らいました(最初、食べられるかどうかが分からず)。酸味の強いヨーグルト飲料ですが、不思議とシナモンにも合い、シナモンスティックで掬って頂くのも乙なもの。

 以上のことを考えると、この店はリピートに相応しいと思います。まさか、インドカレーというマイルドな物ばかりがよく見られる東京のインドカレー事情と異なる、この新しい地平を開拓したというのは大きいでしょう。そして何より、香辛料の活躍はかのエチオピアのように分かりやすい味覚を超えた味わいになっており、好きな人嫌いな人が別れてしまうのも已むを得ないだろうと思います。
 ただ、これはベリホット以上も是非とも食べてみたいので、また次回にご期待頂ければ。ごちそうさまでした。


12th October, 2013 (SAT.)

Foods
 ナンか頭がぼうっとしているのか、乗り過ごしとか乗り間違い(通過駅)が多発して飯を食う予定が1時間も遅れたが、腹が減ったのが好都合だ。五目蒙古タンメンに海苔を付ける時代(appenda/131012.jpg)がやってきたのだ。中本においては海苔をトッピングとして頼めたのは今まで本店だけだった。それが高円寺でも頼めるようになるなんて幸せすぎるだろ……。
 完食? ライスも半分なので当たり前である。

Games -- Blockout
 今日も敵わぬ。夢も叶わぬ。20面で立て続けにクソみたいなパターンにやられて、これはブチ切れですよね。なんかもうこのゲームやるべきでは無いと思った。

Tetris: the Absolute Plus
 最近もう失望を隠せないDeathを根底から取り戻すしかないのでは無いかと思って、先程のブロックアウトの怒りも込めて打っていたら、900台でこそ落ちたものの、5'05"くらいのタイムが出るのではないかという会心の積みが戻ってきた。俺は、この積みの為に今まで戦ってきたのだという、記憶喪失状態から脱出した人のような気持ちになっていた。これこそが、まさに今まで自分を支え続けてきた"killer instinct"と呼べるものではないのか。明日それを確かめる為にも、小平でもう一補強する必要がある。


13th October, 2013 (SUN.)

Tetris: the Grand Master/the Absolute Plus
 億劫な目覚めの後にすぐにクリーニング屋の用事を済ませてから、ゆっくり飯を食べて小平入り。昨日のDeathの積みの矯正が効いて、別の方向に奏功してしまったというのが顛末であるように思う。なんとかsub-20を奪取(9'19"05, 199,657pts.; appenda/131013.jpg)。その他にも9'20", 9'24"等のタイムが出てくれたが、その3回の後は極めて竜頭蛇尾だった。本来は、Deathのリハビリの経過確認の為に来たはずだが、すっかりTGMの方ばかりが優先されてしまったのは、やはりPierがそういう場所だからと言う他無いのだろうと思う。

Negligence
 帰った後は疲れて飲んだくれておりました。明日は調べ物とジムと面倒ごとの予定。


14th October, 2013 (MON.)

Negligence
 江古田に小平にと行くべき所は行ったので後はお休みデーを設けるという優雅な3連休。そんな余裕ぶっこいている暇ありましたっけ?

Sports
 まあまた1kg落とすルーチンをこなした。

Accidents
 明日明後日は台風が襲ってくる可能性もあるので、ちょっと様子を見ながら出勤かなあ。思うに雲行きも少し怪しくなって来だした。


15th October, 2013 (TUE.)

Working Man
 今日も平和。暫く平和な状況が続きそうなので、特に心配することがありません。こんな事になるとは思ってもみなかったわ。

Fact Sheet -- Obituary
 「それいけ!アンパンマン」シリーズを代表する漫画家・イラストレーターのやなせ たかし(柳瀬 嵩)氏逝去(享年94)(http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/10/16/kiji/K20131016006816470.html)
 やなせ氏はその恐ろしいまでの創作意欲、無数の病歴(高知新聞での寄稿記事があった。「太美吉の楽書」2012/12/07付(http://tabikiti.exblog.jp/16949058))、そして晩年語った生への渇望。今までの経歴が結んだ先は「キャラクターに命を吹き込む仕事」という風に考えることが出来るが、ともすれば暴力的な行いになりかねないキャラクター創作。それでも「最も弱いヒーローがアンパンマンである」「ひもじい人を救うのが真のヒーロー」「(アンパンマンの顔を食べさせる表現が考えようではグロテスクに映ることについて)食べられた方がいい、そうでなければ不味いパンということになる」などなどの話を聞くと、「どれだけ自分の制作ルールを律されているんだ」という驚きに尽きる。ひたすら俗悪だったり安直だったりする表現に走って命の冒涜をやりましたというわけにはいかないのだ。
 命の尊さ、有難さを己の身一つで体現したやなせ先生に、静かに合掌。


16th October, 2013 (WED.)

Working Man/Accidents
 京浜東北線が逝き、仕事は午前中を休むことが確定した。風がともかく酷すぎるのか、京浜東北線が埼京線よりも貧弱であることに驚きを隠せなかった。
 午後出社ではあったが仕事は進み、台風一過の空が災害など無かったと思わせるようであった。しかし、実際には伊豆大島で被害が少なからずあり、上手く事は運ばぬ物である。

Games -- Blockout
 三四郎の煮干しの濃い一杯(appenda/131016_1.jpg)で英気を養い向かう。さて、連日のやきそば弁当チャレンジでは週必ず1人は成功者が出ている当たり、レベルの高さを思い知らされる。今日はモンQさんが挑戦し見事40へ到達するも、配信が上手く行かず録画の結果を明日以降に送るそうだ。
 今日の特訓編: Bonus 1の神調整によりRound 6終了時に10万点オーバー。そうなれば、このまま失敗もなく立ち上がり、Bonus 3で16フェイスの、通し記録の中では最多タイのボーナスフェイスを得て好調を堅持。しかし気を抜けない道中、階段落としのミスは単純な物もあったり、Aが効かなかったことによるミスなども含めれば大分損をしているように感じるが、それでもRound 30、これが意外なほどに簡単な当たり。4Sを回し間違えて伏せで1フェイスをとるのに失敗したにも拘わらず、4Lドローでトリプルが決まったり、5F/5Hを1回も引かないという、関係者が観たら激怒も辞さないヌル30! かくしてこれでBonus 6後の得点を36.9万点とし、問題のRound 35、今まで黙っていた5Hが怒濤のように出現し、終盤ながら紫の層に穴を開けてしまいまたしても自己ベストの35面到達で終わってしまったかと思われたが、中抜き成功で切り抜け、遂に直後のBonus 7で自身初の40万点を叩き出すことに成功したのだ。薄氷すれすれで危うい、しかし快哉を挙げるべきプレイだった。
 その記録も、Round 40まで到達することは出来なかった。39の中盤で青の層が死んだ契機となった5Lの2連発で残り6段のマネージメントに完全に粗が出た。脳味噌の処理が現実に立ち後れているのが感じられた。5段目のシングル250点を叩き出したのが最後の抵抗だった。45万まであと僅か。(441,738pts., Round 39(quota: 3/11), 6,547 cubes, 435 faces ; appenda/131016_2,3.jpg)
 勝利の美酒は旨い。だが、俺にとって今後を考えれば、このスコアは完敗にも等しかった。それは、全一とは2万点だろうと思っていた差が、予想以上に開いていたという現実。運良く引き、30面の時点で7万点弱の下駄を履いていた時点で、満足できる水準だったにも拘わらず、だ。やはり、やってみてよかったのだ。この試みによって、スコアを狙うということの難しさを嫌と言うほど知った。78分間の死闘で得られた物は、これまでのどのプレイを足し算しても比肩し得ない。血湧き肉躍る戦いの先が、また見えてきた――もう予選詐欺は不要の、ガチの勝負だ。


17th October, 2013 (THU.)

Working Man
 随分と昼が過ごしやすくなり、外に出るのも少しだけ楽しくなった。相変わらず汗が退かないのは自分の体質が抱える難点であるが。

Foods
 意気揚々と思い立ったある時、7の付く日であることを思い出してしまった俺は、カラトマサに逃げた(appenda/131017.jpg)。新宿の限定の中でもカラトマサばかりを頼むので完全に保守派だと思われているだろうが、まあ飯屋の選択からして余り冒険はしないものである。今日の大辛は幸いにも業務に障らず。

Fact Sheet
 井山 裕太先生の大三冠達成のニュースには流石の俺も反応せざるを得ない。大三冠といえば「どうして趙治勲が強いのか、答えなどない」といわしめたあの治勲先生である。


18th October, 2013 (FRI.)

Working Man
 今日は焼肉の為、仕事をたっぷりやっつける気満々で居たが、思ったより早く片付いてしまって泣きたくなってきた。どういうことだ。

Foods
 仕方無く早回しして他の皆と合流し、20時から焼肉料理を堪能した。その他好きなバーにも行ったりして、「マンハッタンはあかん」という結論を得た。それにしても今日も飲み過ぎたので大変疲れました。明日のMastersに影響が内容に挑みたいですが、それも難しそう。


19th October, 2013 (SAT.)

Tetris: the Terror-Instinct
 グワーッ!! 変態だーっ!!(https://twitter.com/kuroneko220/status/391448501894123520)
 ということで、またしても認定GMプレイヤーが増えてしまいました。SKH神おめでとうございます。

Tetris: the Grand Master
 準決勝で多数の優勝候補と一緒にひっそりと消え去っていきましたとさ。優勝は前回のMastersでもハイパーモチベで出場して頂いたSHIMADAさんに。
 そして、また記録が伸びているそうなので、次回はしっかりと連覇を果たしてくれる物と期待しております(ひでえ)。
 それよりも、変態談義に花を咲かせるプレイヤーを何とかした方が良いのではないかと思った。


20th October, 2013 (SUN.)

Games
 とりあえず動画は用意しておきました。ご自由にどうぞ:http://www.youtube.com/watch?v=lXzLih13T4g&feature=youtu.be

Negligence
 大雨のせいで出掛ける気が失せる。

Sports
 ウェイトトレーニングはそろそろ限界を感じられる時期に達した。ベンチプレスの秤量がこれ以上上がらん……。

Onto the Line/Something Weird
 まだ変態談義やってるのか、仕方が無いので募集をかけてやろう。ジムの帰りは大雨に打たれてやる気が起きていないし、そんな堕落した生活もありだろう。