1st January, 2014 (WED.)

Home Key
 朝が明けても正月感がするのはテレビのCMで頌春とか言い出す企業のコマーシャルだけです。
 朝食も夕方に負けじと豪華で、名物朝の喜多方ラーメンは勿論のこと、おせち料理などが目白押し。デザートも一杯貰って食後のコーヒーも持ち帰れるとあっちゃあ堪りませんね。風呂にもゆっくり浸かって旅行を終えた。今年も良い年になりますように。帰ってからは疲れたので特に何らやることは無い。

Onto the Line
 Pier21の配信で早速神が9分を普通に切ってて「酷い国だなあ」と思ったのは私だけではないはず。

NES Tetris
 新春クソゲー。一方俺の年はまだ越せていない(https://twitter.com/skysqraper/status/418301448422555648)。一応自己ベストの572,696pts.(139 lines)。60万が遠すぎる。


2nd January, 2014 (THU.)

Home Key
 恒例の箱根を見終わった後は買い物。忘れていた今年初めのマラソンに備えてランニングタイツが欲しいと考えていて、いい物をと物色して結局NIKEのものを手にした。その他は両親が買いだした福袋のお蔭で、特に靴下の在庫が増えて助かった。

NES Tetris
 新春クソゲー、第2弾。あと2万が遠すぎる……(586,376pts., 137 lines; appenda/140102.jpg)

Games
 帰ってきてからの更新になりましたが今年もやります、Resolution 2014。

Achievements
Resolutions

3rd January, 2014 (FRI.)

Fact Sheet
 有楽町駅のゲームセンターのモンタナ付近から出火して大火事になり、新幹線にまで影響が及んだというニュースが流れた。あの店友人のホームなんだが、暇潰しに屡々行っていたので思い出が一応はある。辛い。

Sports
 ブリスベンの正念場で錦織がチリッチを再び破り、連続でベスト4入りを決めたようだ。新春早々上々の滑り出しか? しかし、SFの相手がヒューイットに決まった。地の利のあるベテランだから油断できない相手だ。とはいえ、ここは何とか決めてくれるだろう。

NES Tetris
 18スタートがもう伸びそうにないのでやる気なくして19に逃げたら1万伸びた(訳分からない)。110,403pts., 73 lines.

Home Key
 すき焼きに帆立や牛蒡が入るという隠し剣の前に為す術もなくやられた。アーメン。


4th January, 2014 (SAT.)

Home Key/Foods
 今日は新春初の米沢ラーメンに。いつもの金田屋のラーメンは少し醤油が濃くなっていた。夜は天ぷらと赤霧島を腹に仕込んだ。

Books
 「チャック全開! チャック・ノリス『最強』伝説」(新潮社、柳 享英訳)が売っていたので購入。実際にはChuck Norris Factsのことは余り関係なく、チャック自身の信条を解説した本ということができるだろう。チャックは生まれた国と宗教に対して非常に敬虔な人物であることを告白しているが、factsとは大きく異なる慎重な人物像に見えるのは彼の実績のなせる業か。つくづく日本で紹介が立ち後れてしまっていることが悔やまれる人物である。

Sports
 開幕戦の試合結果が幾つか出ている。まず試合の決まったドーハは、ナダルがモンフィスを初めて同地で退け、開幕戦初優勝を飾った(6-1, 6(5)-7, 6-2)。一方ブリスベンでは決勝のカードがフェデラー対ヒューイットに決定。ヒューイットは40度を超える熱暑の中なんと第2シードの錦織から1セットを奪われながら逆転勝利した。最終セットの勝率がトップクラスの相手にまだニューボールズは立ち塞がるのか?


5th January, 2014 (SUN.)

Home Key
 最後の実家。旨い物を十分に堪能したので、この東京砂漠でもやっていくことが出来るだろうと心から信じたい。弁当を携え、寒さの厳しい米沢から人混みの厳しい大宮経由東京。

Tetris: the Absolute Plus
 新春初打ち。Gmは取れたが、スマイル館のような発条感のないレバーに苦しめられて8分10秒台という、俺が3歳の頃でも出さないようなタイムを出したので火に炙られに行ってくるしかなかった。

Sports
 ヒューイットが錦織を倒した勢いのままフェデラーを破って29個目のタイトルを獲得。これは凄い。チェンナイもワウリンカが勝利したので、結局は第1シードかそれを破った相手が優勝ということは変わりなし。しかし、ヒューイットがまだまだ元気というのは想定外だった。


6th January, 2014 (MON.)

Working Man
 仕事が始まったが、頭の痛くなるような環境整備で、データベースの入れ替えにも失敗してしまい手間がかかったという残念すぎる事実。ああ、どうしてこの世はクソなんだろう。

Sports
 適当に切り上げてジムに行ってあげたら、83kgと正月太りが3kg程度で済んでいたことに驚く。俺の身体は進歩しているのか。
 もう一つ嬉しいことに、35kgのベンチプレスにも一発で成功した。その代わり、それ以外の運動が竜頭蛇尾気味になってしまい、特に有酸素運動目的のはずの長距離走が全く走れないという体たらくだったのには許せないものがあった。


7th January, 2014 (TUE.)

Working Man
 くそ、動け、動けってんだよこのポンコツが! と怒りの拳を握りながら開発環境を叩きまくっていた。今日も終わらなさそうだ……

Bad Company/Foods
 そこに一本の連絡が飛び込んできた。「牡蠣食うんだけど行かない?」 な、なんだと! 俺の友人達は新年早々にも拘わらず贅沢に牡蠣を頬張るだと……俺が残業で苦しんでいる仕打ちの傍らでか!! という怒りのような何かの感情で開発機を叩いたらテストが上手くいくという、フィクションでもそんなことしないという出来事が起こり、俺の顔は満面快晴となったのだった。しかし、後で事情を聞くと、首謀の友人はあちらはあちらで、Twitterのアカウントを爆破するほどの激しい破壊衝動(おそらく、俺が怒りの中本本店で丼を2杯ぐらいは頼まなければ収まらない怒りだと喩えることにした)に襲われるという不幸があったのだという。それで、「ならば牡蠣ぐらい食わないと駄目だな」と納得した。
 それはそれとして、俺は不慣れな築地まで行かなくてはならないことがわかったので、行ってみた。

Foods
 ということで「地下の粋」さんでワイン片手に牡蠣を摘むという飛ばしぶりに。で、結論(appenda/140107.jpg)。俺の敗北は決定していたのだ。
 しかし、それよりも無念だったのは、前座にしてはお値段1,380円という弩級戦艦「ズワイガニのガーリックオイル煮」(写真の後方の器)が余りにも強すぎたという事実だ。オイスターバーなのに、ズワイガニが本気を出してくるなんて聞いていないぞ! そう、これは来店直後の奇襲で死に、本隊の牡蠣で死に、更にオプションの牡蠣の西京焼で3度死ぬという、常人の理解ではおよそ達成できぬ高度な戦術だったのである!! 幸福裡に死ぬということを、俺はまだ知らなかったようだ。
 そして、一同はストレスを奈落の底へ捨て、2014年が良かったという反省会を(新年にも拘わらず)終えて、馬鹿騒ぎの中で帰って行ったのである。何といい話だろうか。これがもし俺の今日分の仕事を終えていなかったら、こんなことには立ち会えなかったので、運と、何か俺を引き寄せてくる気のような流れが俺に向いたと判断するのが謙虚な姿勢というものだろう。
 今年も宜しくお願い致します。


8th January, 2014 (WED.)

Working Man
 雨も降る最悪な天候で、システムの機能追加が最悪な展開を迎えるとあって、俺が怒りを解き放たねばならないというのはどういう料簡なのだろうか。しかし、今日は外せない用事があるのだ……

Games -- Blockout
 20時過ぎに今年初のえびせんの門戸を叩くと、中継ディスプレイに人がごった返すという、混雑時のえびせんでよくある光景が映った。今日の概要については動画を観れば改めて述べる必要も無いが30突破が3名出るという状況に。こりゃあ今までの氷河期から比べると何が起こったの? ハロゲンヒーターどころの騒ぎじゃないよ、というもの。
 俺が配信台に座ることが出来ないほどのシフトっぷりだったので、やはりこの店は油断がならない。
 恐らくTAPの録画環境などを聞きに行っていたア太郎さんがいらしていたのに驚き。今年もまたいろんな動きがありそうだな。


9th January, 2014 (THU.)

Working Man
 色々業務知識を教えて頂いた。(俺は実装をするだけの能力しか備わっていない、事務員である。ところが、この事務員のおっさんおばさんよりも仕事の出来ない意識の高い学生は腐るほどいるのが現実である。これがどうしてなのかは俺には理解できない)

Foods
 希望の半分が失望でリターンされたことを根に持って私は思うわけです。「あ、こりゃ怒りを解き放つフェイズだ」とね。2014年もそのように致します(appenda/140109.jpg)。北極野菜シャキシャキ。店長格は不在で閉店前の時間帯を若い人達が回していた。そろそろ副店長の林さんをお見かけしたいところだが、昼専にでもなったのだろうか。


10th January, 2014 (FRI.)

Working Man
 今日の仕事は来週の予兆を片付けようとするだけだった。それに俺には、客先との新年会がある。それは外すわけには行かない。

Foods
 新年会を良いことに沢山飲んできたが、今日は来るはずだった同期が食中毒でやられて欠席するという被害に遭った。その無念を晴らすのはまた今度(会社内だけの新年会)にしよう。

Sports
 全豪のドローだが、ナダルとマレー、フェレールとジョコビッチが同じハーフになった。クォーター別で見ると、マレー山にフェデラーが(マレーの初戦は添田)、ナダル山に錦織がいる。錦織は3Rでヒューイットかセッピ(第24シード)と当たる可能性があり、終着点と目されるナダルへの道は余りにも険しい。その険しいナダルが仮に崩れたとしてもQFがデル=ポトロという地獄である。フェデラーは11 consecutive AO semifinalという驚異的な記録を伸ばす為にはツォンガ、マレーを越えなければならないという試練が待つ。一方ジョコビッチはイージードローで視界良好。ただし、対抗シードのQFがワウリンカの為、2年続けてepic matchupとなる可能性もあるし、フェレールがQF進出を続けていることを考えればこの鉄人の道程もまた見逃すわけにはいかないだろう。ウィンブルドン以外には波乱が起きにくくなった最近のグランドスラムはどう出るのか。

Fact Sheet
 将棋の羽生 善治三冠が、Cracow(Poland)のチェストーナメントに出場、6-2-1の成績で2つ目のIM-Normを獲得(http://en.chessbase.com/post/shogi-masters-play-chess)
 日本語での最終戦の棋譜の解説については、同じく我が国初のIM獲得を狙う小島 慎也氏のブログに詳しい(2014/01/04付"A Challenge for The Second IM Norm - Accomplished! -"; http://shinyakojima-blog.blogspot.jp/2014/01/a-challenge-for-second-im-norm.html)。
 クラクフで行われた第24回を数える大会では、FIDEマスターでレート2400台を持つ羽生氏が複数のIM, GMの中で戦い、7年ぶりに黒番を持ってGMに勝つという衰えやブランクというものを一蹴する事件が起こった。ただ、GMとてレートが下位に位置する選手ならば敗れないことはないようで、最終戦の相手も今大会でGMからの勝利を挙げている。この勝利以外にIM-Normを手にする方法は無いという状況で、勝って久々のチェス棋戦復帰をIM-Normで飾ったということになるが、大会を秀麗な成績で終えた時に得られるIM-Normは3つ集めなければ昇格できない。勿論、最低レーティング(2400)も満たす必要があり、小島氏はNormが足りているがレートが足りない状況のようだ。チェスは競技人口も多くGMの数も多いだけに、それに至るまでの道は長く、ランキングという点で考えれば相当頑張らなければ五合目すら遠いという趣だろう。そこを良い手解きから学んで将棋界からチェス界を驚かせるその凄さが、最早何の為に将棋をしているかを疑問視しなくて済む。棋戦の合間にチェスで息抜きというのが、どうも文字列として……。