21st June, 2014 (SAT.)

Tetris: the Grand Master
 The Masters #73。自身初の3連覇を賭けて挑む今大会も、いつもの気持ちである。目的のものはただ一つ、Monsterだ。

 そして、今回心から欲したMonsterを獲得! 3連覇を飾るに相応しいぜ!!(appenda/140621_1.jpg) さあ、いざ開封だ……な、なんだこの色はァーッ!?(appenda/140621_2.jpg) そして、恐ろしく甘いフルーツパンチ味に「これ一人で飲めないので皆さんにお裾分けします」という前代未聞の優勝賞品山分けの事態に。何でこんな物を1本丸っと飲もうとしたんだアメ公どもは……

Foods
 コーリャンさんからシュガポワも贈られた。後で値段調べたら高え!! おのれマリア、あのセレブ野郎が!!、と思ったのは予想通りとご賢察下さい。

Accidents
 そして、俺がMonsterであることを証明したパフォーマンスがこちら:窒息したからネーム飛ばしたけど、よく見たらST全一なっとるー!!(600-700: 38"41; appenda/140621_4.jpg) 遂にCAA神すらも果たしていないST越えとか、俺の人間性が薄皮1枚ずつ剥がされてきている。これがドーピングか……。


22nd June, 2014 (SUN.)

Negligence
 くたびれてクリーニング屋の巡回しかしてません。まあ、そんな日もあるさ。


23rd June, 2014 (MON.)

Working Man/Grouching
 何故今の職場は私に冷たいんですかね?? 血管切れそう。

Foods
 怒りで背脂が浮きましたので、皆様にも展開致します(appenda/140623.jpg)。


24th June, 2014 (TUE.)

Working Man
 職場もワールドカップで(主に日本以外の動向で)一喜一憂する人も多い中、俺はウィンブルドンで錦織−ケニー・デ=シェッパーの試合を気にしますよ(ケニーさんフランス国籍だがオランダ出身なのでそう読む。テニスプレイヤーは特に出身と国籍が違ったり名前が読みにくかったりする例が多くて困る)。

Sports
 Nishikori def. De Schepper (3-0; 6-4, 7-6(5), 7-5) 全てタイブレーク必至という戦いで2ブレークを果たし完勝。面白くなかった試合も、フラストレーションを溜めずに勝利した。そして驚くべきはそのアンフォースドエラーの数である。錦織が本マッチで犯したのは僅か9! デ=シェッパーも確実にサービスを決め続けていたが、第3セットでミスが目立ち始めていた。強者の風格に攻め急がされたのだ。次はデニス・クドラとの戦いになる見込み。


25th June, 2014 (WED.)

Working Man
 仕事が枯れたので放免を言い渡された。けしてブロックアウトをやりたいなんて上司に懇願したわけじゃ無いよ。

Games -- Blockout
 久しぶりの40到達に心が躍る。20面スタートでも嬉しいものは嬉しい。

Tetris: the Absolute Plus
 Gm橙のベストが1秒ほど伸びた(Gm橙, 7'28"80, 236,364pts., ST銀SK金; appenda/140625_1,2.jpg)。良い記録はいつ出しても良い。

Sports
 フェレールがまたしてもロシア勢に敗れる。相手はクズネツォフ。フェレールは何故かロシア選手が苦手というのがデータでも示されているが、その通りの敗戦となってしまった。しかもグランドスラムの2回戦、いかにフェレールが芝には余り相性が良くないと雖も、2年連続苦手なコートでQF進出を果たしてきただけに衝撃だ。この敗戦により、グランドスラム連続QF進出記録は10で止まった。ただし、30歳以上でグランドスラム9連続QF('12 AO-'14 FO)は、フェデラーの8('11 USO-'13 FO)を凌ぐ好記録である。尤も、フェデラーの場合は36連続QFの一部でしかないので何かどうしたと言うことは全くないわけですが……


26th June, 2014 (THU.)

Working Man
 今日も順調、明日の用意をこなして帰ってすぐにジムに寄る。

Sports
 錦織はクドラに快勝して、次は何とコールシュライバーを撃破したシモーヌ・ボレリ! ここは易々と超えて欲しいが、鍵となる3回戦だ……。
 気になるカードとしてヴェセリ−キルイオスのラオニッチやディミトロフよりも更に若い若手筆頭候補同士の激突が3Rに組まれた。勝者は勝てばナダルへの挑戦権が濃厚とされる試合。この対決がこのラウンドでは惜しいが……。


27th June, 2014 (FRI.)

Working Man
 引き継ぎを今までなさってくれた2名の送別会を開くことに。飲む時だけは気分が良い。しかし、飲み過ぎてしまったので、やはり早めに寝るという考えは正解だった。
 そして、人は食と酒でしかわかり合えないのだと言うことも……


28th June, 2014 (SAT.)

Games
 最近は頭の中でずっと上海のことばかり考えていてもう駄目。

Sports
 汗を流したが多分落ちているのは水分だけ。脂肪なんか簡単に落ちてなるものかと思いますよ。
 錦織対ボレリの試合が泥仕合の様相を呈した。錦織が全くボレリをブレークできない展開に苛立っているのが分かった。相手はシード選手を既に破り、もう何も失うものは無い状況。勢いよくリターンもやられ、ファーストの全く入らない錦織に取っては絶体絶命の危機! しかし、第4セットをタイブレークでこれも厳しい流れから逆に奪い返した! 降雨延期などの不運が重なったこの長い試合はサスペンデッド。日曜はミドルサンデーで休みのため、月曜に試合が組まれることになる。胃の痛い週末と週明けになりそうだ。


29th June, 2014 (SUN.)

Games -- Blockout
 今日も駄目でした。

Foods
 気が触れてふとしてMaker's 46を買ってしまった。ただの美しい旨いバーボンである。トップノートに感じるという甘みは、劇的な爆発力のある樽の香気と目にも飛び込むアルコールの強さをいくつも潜り抜けねば辿り着けない境地だった。しかし、これがバーボン。旨すぎる。やはり俺にはこの無骨さが合う。


30th June, 2014 (MON.)

Working Man
 6月最終日ということで異動など慌ただしかったですが何とかやりました。

Sports
 休養日を挟んで3日がかりの死闘……遂に終わる!! Nishikori def. Bolelli (3-2; 3-6, 6-3, 4-6, 7-6(4), 6-4) この最終セットの再開後も、明確に試合が終わるピンチが2度生じた。試合再開直後の第7ゲーム、15-40からのホールドが値千金だった。その後も簡単にホールドされ、勝ちきれないのかとやきもきした時に会心の第10ゲームブレークによる劇的勝利! 最早そこにあったのはランクの差などでは無い、勝ちたいと思ったのは誰か?、という精神力の皮一枚の差。そして、舞台はウィンブルドン4回戦に移し、同世代のライバル候補、そしてキャリアを先に往かれた因縁ある相手ラオニッチと激突する。ウィンブルドンを得意としていなかったのは意外だが、今年のラオニッチはスケールが違う。クレーでも強敵であることを見せつけた。もし芝で自分を見つけることが出来たならば、最高のライバルとの相手に闘志を静かにしておくことはないだろう。

Materials
 良い物が届きましたよ〜(appenda/140630.jpg) ということでMonster Energy T-shirtです。