1st August, 2014 (FRI.)

Working Man
 ということで、明後日の休出に向けて蓄えておく。

Sports
 Washingtonで準々決勝は錦織とガスケに決まった。が、ここまでの勝ち上がりが良くない。クエリーはともかくラツコにもフルセットというのはどうしたことか。


2nd August, 2014 (SAT.)

Negligence
 偶の休みを満喫しようと思ったら、丁度定期が切れていて忘れていたのはよしとしても、埼京線と山手線が止まっているのは余りにもあんまりではありませんかね。歩いて行こうとも思ったが、普通に道に迷ったので止めました……。
 因みにうちの近所は祭り。ああ、折角の休みが何も無くなった。雲散霧消。

Sports/Accidents
 錦織がガスケとの練習で足を痛めていたことが判明し、力なく敗れた。トロントの欠場が予想されるとの話もあり、心配である。


3rd August, 2014 (SUN.)

Working Man
 明日の休みもなく休日出勤ですよ。まあ、入る場所を間違えたとか、そういうのはよくあることとして、そんなに面倒なことは訪れなかったので良かった。ただ、一番苛立たしかったのは、動作確認の完了まで3時間近く何も出来ずに拘束されたことだな。そりゃ幾ら温厚な私でもブチギレ寸前まで行きましたさ。
 一応帰りはえびせん寄りましたけど、まあ寄るのが限界です。


4th August, 2014 (MON.)

Working Man
 月曜は余りやることがなくて助かりました。これでタスクぶっ込まれてたら火の海でしたよ。

Accidents/Foods
 しかし、やりたいことも出来ないこんな世の中だと、電車が止まる。苛々してきたので有楽町で降りてまた太陽光を浴びるだけの散財をやらかすわけです。その上、「今日はビアホールの日」とまで情報が来たので、これは戦わざるを得ないのだ。
 行くぞお前らァー!!(appenda/140804_1.jpg) 今日はビールと言われたので、イタリアのブルトン白(Brùton Bianca)だ。ベルギービールのような飲み心地はイタリアでもきっと満足される味に違いない。お馴染みコベルタのドライトマトを摘まみながら待っていた矢先に出会したのは……
 ン……ンドゥイアァーッ!!(appenda/140804_2.jpg) 解説しよう! ンドゥイア('Nduja)とはカラブリア州など唐辛子の産地で作られるパテに近いタイプのサラミで、挽肉と唐辛子を腸詰めにして熟成したものだ。フランスのアンドゥイユというソーセージから名前の由来があるとも言われているが、この辛口サラミに、辛さを抑えるチーズが合わさるのも中々素晴らしい。
 ワイン飲み比べ(各80ml)。デル・ソーレならスプマンテだろ、フェラーリに行くだろうと思っていた俺の計画は、このお得なセットによって無残にも書き換えられた。何故ならフェアでやっているものは飲む機会が限られている。攻めるなら今だ!!
 メインディッシュのジャガイモと茄子と鰯の重ね焼き(appenda/140804_4.jpg)。鍵はやはり鰯だった。トマトベースの味わいにジャガイモが合わないわけが無いのですが、これに鰯となると別の締まり方をするから良い。
 ジェラート3種盛り(appenda/140804_5.jpg) ジャンドゥイヤ、石垣パイン、マチェドニア。「なんでマケドニア?」と調べてみると、マチェドニアはイタリア料理でいう果物のアソートのことで、多様な果物の組み合わせを、民族が多様なマケドニアに擬えたのらしい(Wikipediaに引かれている出典がより詳しい)。その味はミルクと組み合わさって美味しい。パインの酸味、ジャンドゥイヤのコク。全部最適解なのですよ。

 これで、俺の財布から一葉が消え去ったわけだが、それでもにこにこして「日曜の傷は癒えた……」と笑うのが真の太陽市民である。ごちそうさまでした。


5th August, 2014 (TUE.)

Working Man
 酒のお蔭で仕事に精が入ったとか言ってみたいです(管理人はシュレッダーにかけられ「クズが一杯です」のエラー表示とともに死亡)。

Sports
 今日はインドアで6km。
 錦織選手は親指の炎症というニュースも入ってきた。炎症ということは何か治せる余地を察したが処置を怠ったのか、それならトレーナーなどの責任も浮上しかねない。まあ、犯人捜しをするのが趣味では無いので、チーム一同が、手術すべきか、ツアーに出るべきかを判断しなければならない。ファン以上に、苦しいのは本人である。


6th August, 2014 (WED.)

Working Man
 時間が少しはみ出てBO配信に行けず。変な画面の挙動の調査をしていたらこの有様よ。

Games -- Blockout
 また歴史が動いてしまった今回のブロックアウト配信。まず視聴者が愕然としたのはSALさんが挑むRound 40。水色まで追い込まれた状況で残フェイスを稼ぎ残り1まで削って来たという所に、不能解の十字を引かされて終了。まさに持ち上げて落とすというブロックアウトでありがちな展開を引かされ血の気が引く(勿論、理解の及んでいる視聴者はSALさんが残1まで粘った時点で既に恐怖を覚えていたであろう)。
 一方、30面を楽な立ち上がりで抜けた今回の主役ジャスティスメンさん。その豪腕は恐ろしい。全般的に2Iの引きが異常だ。だが、一般にストロングスタイルと揶揄気味に呼ばれているその積みが、えび店長の実況でもあった通り「変わってきている」のを感じていた。変に十字に固執する素振りが無いのだ。見通しのしやすい地形運びになっている。中でも圧巻だったのはRound 40で、最初の5Qを、最速手順ではないにせよ運びきってダブルを貰った辺りから、流れが来ているのでは?、と思ったが、あとは引きと判断の総合評価に助けられて、その通りに抜けた。そして、史上最大の難関、Round 44まで辿り着いた。挑戦者ジャスティスメンさんの自己ベストは44-9/12。しかし、最早44面に面食らう男では無いし、Jチャンネルと称してコンティニューしながら先のラウンドを開拓している経験が一番生きるはず。そして、その衝撃の光景は、一部の好事家達にとって、大きな意味を持つものとして受け取られた。Round 44、あの高難度面陥落による、自己ベスト更新。何度も言うが、ブロックアウトは蓋然性に余りに大きく左右されるゲームでありながら、どこまで行けるかの自己ベストを計る上では、引きの力ただそれだけでは穿つことの出来ない壁がある。それが地獄への入り口である30面であり、33-34面の双頭巨人であり、40面という2周目ボス、そして41-43の地獄のボスラッシュを潜り抜けた矢先の裏ボスたる44面である。そして、その力は最大底面積の45面をも薄氷の差で打ち破った。5穴と5K待ちに固執する異常な地形から5Iを引き当てるというやはりそこにも豪腕が!、と思わせる一幕もあったが、けして油断のならなかったラウンドであった。
 結局1時間近いプレイで思考能力を奪われるほどの疲労を見て取れた47面(5/12)で敗れたが、これは一種のゲームに対する挑戦状であるように思えた。本当に愚直にプレイすることが正しくないのか? 一体、どの辺りが「頭を使うことの下限」なのだろうか? その下限は、スコアラーの天性の方が上回る物なのか? それは、ある種の人間(?)を観察して起こる、気味の悪い問題である。


7th August, 2014 (THU.)

Working Man
 試験に苦しんだ結果、画面のタスクは置き去りにしていった。仕方が無い。明日は休むと決まっているのだから、許してくれ。

Sega Tetris
 570 lines(appenda/140807.jpg)。クソゲー続きだったので、相当守りに入った時間が多かったが、ここまでのラインで済んだ。やはり、このゲームには適度な殺意が沸く。羽田を空爆したくなる程度には。


8th August, 2014 (FRI.)

Games -- Blockout
 引退しようかな。(余りに唐突すぎである)

Tetris: the Absolute Plus
 最近、Deathで頑張っているというコメントが散見されるので、気合いを入れてやってみたら、自己ベストが前半2'35"まで回復した。久々に自分の能力が戻ったという感触にまでなった。惜しいプレイも幾つかあり、980-4'57", 998-5'03"96というのがあった。Death-Gmの有無は大した問題ではないが、まあ今の実力だと5'03"レベルで、sub-5には少し足りない部分があるかなと思える。まあ、SKHさんがsub-5.5行ったので、腕増やさないとこっちもやってられないですよ。

Sports
 フェデラー33歳の誕生日は、1個下のフェレールをフルセットまでかけたが下し、祝福のケーキも手に入れた。アガシに次ぐ33歳の世界第3位。Masters 1000では今季3つ目の


9th August, 2014 (SAT.)

Tetris: the Absolute Plus
 今日も最初だけ速かったには速かったが、900までいけない。駄目だな、俺の理想は一日で灰になる。

Games -- Blockout
 30面まで久々も、36.8。

 その他、神から「面白いよ?」と薦められて、基板をお客さんから貸して頂いている「ダッシュ野郎」(1988, TAITO(東亜プラン))をプレイしていたが、ヤバいゲームだった。とりあえず私は元々レバー好きでは無い(アーケードゲーマーじゃないからね)ので操作に慣れるまで苦しんだ。しかし、覚えゲーである以上に、車両管理をしなきゃいかんのが曲者だね。


10th August, 2014 (SUN.)

Negligence
 大雨で全ての予定が狂わされる日だった。仕方が無く日記を書き、全埋めに成功するという奇跡的快挙を成し遂げた。これでブロックアウトのページを復旧できそうだ……(これがほんと切実な悩みであり結構な負担だった。日記を止めそうになったのも事実であるが、これを止めてしまうと、もう何もしなくなってしまう虞がある。)
 日記を1ヶ月ぐらい放置して(しかも埋めたのも些か作業的な内容ばかり)皆さんには本当に申し訳ないが、現在Twitterのようなものが存在していると、そこに全てが綴られてしまう。pixivとかFacebookとか他のSNSでも同じなんだろうけど、難しいもんだよね。現実と同じでは面白くも何ともないが、余りにアンリアルだと、中の奴が誰でも良いことになってしまう(実際、発言者が何の誰それであるという価値が全くない書き込みが目に余るのが今のネットであると断言したい)。
 最近は、ニュースも他人もみんな毒を吐くための的にしか見えなくて、殺意のストレージになりつつあるのをゲームで正しく昇華する生存(生活というよりももっと原始的なもの)が続いているが、この諦めから解放される方法は、もっと多くの喜びを得ることしか無いのだろうな、と、良い方向に諦めている。
 仕事も苛々してたしなあ。まあ、不幸なんてスタックしない方がおかしいものよ。漸く追いついたのを皮切りになんとか生きてみようと思います。