Contents [Manager's Profile] [Manager's Diary] [About This Site] [Update Records] [Miscellanea] [Parody Sets]
[TOP PAGE] [Standard Link] [Virtual-Card Link] [Linkage Tips] [Versatile Board] [Virtual-Card Labo] [Text Uploader]

Card of the Day (2002/11)

<< Previous:[Oct. 2002] Current:[Nov. 2002] Next:[Dec. 2002] >>

[2002/11/29] URZA'S BAUBLE/ウルザのガラクタ

(0) アーティファクト
(Tap),〜を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの手札から、カードを1枚無作為に選んで見る。次のターンのアップキープの開始時に、あなたはカードを1枚引く。

Ice Age Uncommon, by Christopher Rush
5th Edition Uncommon, by Christopher Rush


このカードの絵を、よく目を近づけて見てみると、ガラクタの真ん中の部分に、"URZA"と緑色で垂直方向にかかれている文字を見受けることが出来ます。

[2002/11/28] PILGRIM OF JUSTICE/正義の巡礼者

(2)(W) クリーチャー − クレリック(Cleric) 1/3
プロテクション(赤)
(W),〜を生け贄に捧げる:このターン、次にあなたが選んだ赤の発生源1つがダメージを与える場合、そのダメージを軽減する。

Odyssey Common, by Dany Orizio


現在Magicにはインディアンであるカードはありません。しかし、2枚組の巡礼者[対は《Pilgrim of Virtue/美徳の巡礼者(ODY)》]がいるじゃないですか……。なんと感謝祭[11月第4木曜日]にふさわしいカードでしょう。

[2002/11/27] GERRYMANDERING/(土地改正)

(2)(G) ソーサリー
全ての土地をゲームから取り除き、それらをまとめて切り直す。
それぞれのプレイヤーに、自分が以前コントロールしていた土地1つにつき、土地カードを1枚無作為に選んで分配する。プレイヤーはそれぞれ、それらの土地を自分のコントロールの下、アンタップ状態で場に出す。

Unglued Uncommon, by Doug Chaffee


《Gerrymandering(UGL)》は、かつてRichard Garfield氏が、初版のMagicのため考案した「生態変化」(Ecoshift)というカードの完全な再現カードです。このカードはAlphaに収録するには少々厄介が過ぎるとの判断を受けましたが、Ungluedにその居場所を見つけられたのです。

[2002/11/26] FEAR/畏怖

(B)(B) エンチャント − オーラ(Aura)
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは畏怖を持つ。

Limited-Unlimited Edition Common, by Mark Poole
Revised Edition Common, by Mark Poole
4th Edition Common, by Mark Poole
Ice Age Common, by Rick Emond
5th Edition Common, by Doug Keith
6th Edition Common, by Doug Keith
7th Edition Common, by Adam Rex
8th Edition Common, by Adam Rex
9th Edition Common, by Adam Rex


Onslaughtで新しいキーワード能力「畏怖」(fear)が紹介されたおかげで、《Fear/畏怖(2-9/ICE)》のテキストは「エンチャントされているクリーチャーは畏怖を持つ」になります。ええ、そうなんです。

[2002/11/25] ROOTWATER THIEF/ルートウォーターの泥棒

(1)(U) クリーチャー − マーフォーク(Merfolk) 1/2
(U):〜はターン終了時まで飛行を得る。
〜がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたは(2)を支払ってもよい。そうしたならば、そのプレイヤーのライブラリーからカードを1枚探して、それをゲームから取り除く。その後で、そのプレイヤーは、自分のライブラリーを切り直す。

Nemesis Rare, by Ron Spears


《Rootwater Thief/ルートウォーターの泥棒(NEM)》はインビテーショナル勝利カードのうちでも、イラストの中で勝者が登場するクリーチャーに似せて描かれなかったカードです。《Rootwater Thief/ルートウォーターの泥棒》は人間らしく見えないため、(このカードを作った)Mike Longは、代わりに今にも食いつぶされそうなボートに乗った人物として描かれています。

[2002/11/22] FLOWSTONE CHARGER/流動石の突撃獣

(2)(W)(R) クリーチャー − ビースト(Beast) 2/5
〜が攻撃に参加するたび、〜はターン終了時まで+3/-3の修整を受ける。

Apocalypse Uncommon, by John Gallagher


エキスパート・レベルのエキスパンション史上[Judgment現在]で、単色白のビーストは1体もいませんが、マルチカラーで白を含むものは4種おり、中にはこのApocalypseの殴り屋も含まれています。
[残りの3枚は以下の通り: 《Sabertooth Nishoba/剣歯ニショーバ(INV)》《Anurid Brushhopper/藪跳ねアヌーリッド(JUD)》《Phantom Nishoba/幻影のニショーバ(JUD)》。また、欠落しているがUngluedの《Lexivore(UGL)》が唯一の単色白でビーストである]

[2002/11/21] MIDSUMMER REVEL/真夏のお祭り騒ぎ

(3)(G)(G) エンチャント
あなたのアップキープの開始時に、あなたは〜の上に詩句(verse)カウンターを1個置いてもよい。
(G),〜を生け贄に捧げる:緑の3/3のビースト(Beast)・クリーチャー・トークンをX個場に出す。Xは、〜の上にあった詩句カウンターの総数に等しい。

Urza's Saga Rare, by Steve Firchow


《Beast Attack/獣の襲撃(ODY)》は、ビースト・トークンを作ることの出来る唯一のカードではありません。《Midsummer Revel/真夏のお祭り騒ぎ(USG)》は、それができる成長エンチャントです。しかし《Midsummer Revel/真夏のお祭り騒ぎ》のトークンは、4/4の《Beast Attack/獣の襲撃》と比べてみればたったの3/3ですよ。

[2002/11/20] BLASTODERM/ブラストダーム

(2)(G)(G) クリーチャー − ビースト(Beast) 5/5
消散: 3
〜は呪文や能力の対象とならない。

Nemesis Common, by Eric Peterson


最も有名なビースト・カードのひとつ、《Blastoderm/ブラストダーム(NEM)》は、2年間にわたりスタンダードを根こそぎ壊滅する事態を招きました。

[2002/11/19] CAVERN HARPY/洞窟のハーピー

(U)(B) クリーチャー − ビースト(Beast) 2/1
〜が場に出たとき、あなたがコントロールする青か黒のクリーチャー1体を、そのオーナーの手札に戻す。
1点のライフを支払う:〜をそのオーナーの手札に戻す。

Planeshift Common, by Daren Bader


このちょっとビーストらしからぬビーストは、《Wirewood Savage/ワイアウッドの野人(ONS)》と《Aluren/魔の魅惑(TMP)》と組み合わせ、無限ドローを実現できます。

[2002/11/18] BEASTS OF BOGARDAN/ボガーダンの獣

(4)(R) クリーチャー − ビースト(Beast) 3/3
プロテクション(赤)
対戦相手1人が白のパーマネントを1つでもコントロールしている限り、〜は+1/+1の修整を受ける。

Legends Uncommon 1, by Daniel Gelon
Chronicles Uncommon 3, by Daniel Gelon


このクリーチャーは史上初の、タイプがビースト(Beast)であったカードです。次はTempestまで、現れることがなかったのです。

[2002/11/15] SAVAGE TWISTER/大竜巻

(X)(R)(G) ソーサリー
〜は、各クリーチャーにX点のダメージを与える。

Mirage Uncommon, by Bob Eggleton
Guildpact Uncommon, by Luca Zontini


《Savage Twister/大竜巻(MIR/GPT)》は、Onslaughtの《Starstorm/星の嵐(ONS)》の旧版カードです。後者が単色の代わりに2色、インスタントの代わりにソーサリー、しかもサイクリングも出来ないのです。《Savage Twister/大竜巻》の利点は何なのでしょう? それは、緑のデッキに散らして入れやすい点です。

[2002/11/14] CLOCKWORK BEAST/機械仕掛けの獣

(6) アーティファクト・クリーチャー 0/4
〜は、その上に+1/+0カウンターが7個置かれた状態で場に出る。
〜の上には、+1/+0カウンターを8個以上置くことができない。
戦闘終了時に、〜が攻撃かブロックに参加したならば、〜から+1/+0カウンターを1個取り除く。
(X),(Tap):〜の上に、+1/+0カウンターをX個置く。この能力は、あなたのアップキープの間にしかプレイできない。

Limited-Unlimited Edition Rare, by Drew Tucker
Revised Edition Rare, by Drew Tucker
4th Edition Rare, by Drew Tucker
5th Edition Rare, by Drew Tucker
Beatdown Gift Box Alternate Art, by Carl Critchlow


《Clockwork Beast/機械仕掛けの獣(2-5)》はもともと、攻撃クリーチャーかブロック・クリーチャーに指定されてすぐにカウンターを失うと表記されていました。しかし、多くのプレイヤーが戦闘終了後にカウンターを取り除いていたため、大衆の意見を反映しテキストが更新されたのです。

[2002/11/13] OBLATION/奉納

(2)(W) インスタント
土地でないパーマネント1つを対象とする。そのオーナーは、それをそのプレイヤーのライブラリーに戻して切り直し、その後でカードを2枚引く。

Onslaught Rare, by Doug Chaffee


《Oblation/奉納(ONS)》とは、宗教的な供儀を行うという意味です。いつか我々も「レキシコン」(Lexicon)のコーナーを復活させる日が来るのでしょう……

[2002/11/12] MOGG CONSCRIPTS/モグの徴集兵部隊

(R) クリーチャー − ゴブリン(Goblin) 2/2
あなたがこのターンにクリーチャー呪文を1つもプレイしていない限り、〜は攻撃に参加できない。

Tempest Common, by Pete Venters


現行のルールでは、あなたがプレイしたクリーチャー呪文が打ち消されたとしても《Mogg Conscripts/モグの徴集兵部隊(TMP)》で攻撃できます。
[昔のテキストでは"unless you have successfully cast a creature spell"という表記があったが、「成功裏にプレイされる」という条件が廃止されたことで、これも書き換えを受けた。青使いに打撃を与えたルール変更の一つである]

[2002/11/11] KROSAN VERGE/クローサの境界

n/a 土地
〜はタップ状態で場に出る。
(Tap):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(2),(Tap),〜を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから森(Forest)カード1枚と平地(Plains)カードを1枚探し、それらをタップ状態で場に出す。その後で、あなたのライブラリーを切り直す。

Judgment Uncommon, by Tony Szczudlo


Onslaughtのフェッチ・ランドのように、《Krosan Verge/クローサの境界(JUD)》は、《Savannah(2-3)》のように、片方が半分森であり、もう片方が半分平地であるデュアル・ランドを探すため使えます。

[2002/11/08] YAWGMOTH'S BARGAIN/ヨーグモスの取り引き

(4)(B)(B) エンチャント
あなたのドロー・ステップを飛ばす。
1点のライフを支払う:カードを1枚引く。

Urza's Destiny Rare, by Michael Sutfin


《Yawgmoth's Bargain/ヨーグモスの取り引き(UDS)》は《Skirge Familiar/スカージの使い魔(USG)》とのコンボで大量の黒マナを生み出せます。元々これは(B)(B)(B)で出せるエンチャントで、「2点のライフを支払う:カードを1枚引く」を持つ、修正版《Necropotence/ネクロポーテンス(5/ICE)》となる予定でした。

[2002/11/07] INTRUDER ALARM/侵入警報

(2)(U) エンチャント
クリーチャーは、それぞれのコントローラーのアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
クリーチャー1体が場に出るたび、全てのクリーチャーをアンタップする。

Stronghold Rare, by Donato Giancola
8th Edition Rare, by Luca Zontini


2体の《Birds of Paradise/極楽鳥(2-8/RAV)》が場に出ていれば、この《Intruder Alarm/侵入警報(8/STH)》はVisionsの《Shrieking Drake/金切り声のドレイク(VIS)》を使って無限マナを生み出すことが出来ます。

[2002/11/06] RECURRING NIGHTMARE/繰り返す悪夢

(2)(B) エンチャント
クリーチャー1体を生け贄に捧げる,〜をそのオーナーの手札に戻す:あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを場に戻す。この能力は、あなたがソーサリーをプレイできる時にしかプレイできない。

Exodus Rare, by Jeff Laubenstein


《Recurring Nightmare/繰り返す悪夢(EXO)》は、Legendsの著名なクリーチャーである《Hell's Caretaker/地獄の番人(LEG/CHR)》の最新版として作られましたが、使い回しが出来る点がより意地悪なカードでした。そのためスタンダード構築では、長い間に渡り禁止されていました。

[2002/11/05] SQUANDERED RESOURCES/資源の浪費

(B)(G) エンチャント
土地を1つ生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、生け贄に捧げられた土地が生み出せる、好きなタイプのマナ1点を加える。

Visions Rare, by Romas


このカードは、《Natural Balance/自然の均衡(MIR)》や《Equipoise/平衡(VIS)》との相互作用の強さにより、Mirage Block限定構築戦で唯一禁止を受けたカードです。

[2002/11/04] HIGH TIDE/(満潮)

(U) インスタント
ターン終了時まで、プレイヤー1人がマナを生み出す目的で島(Island)1つをタップするたび、そのプレイヤーは自分のマナ・プールに(U)を加える。

Fallen Empires Common 1×3, by Amy Weber, Anson Maddocks and Drew Tucker


時に《High Tide(FEM)》は「最も凶悪なカード」と呼ばれています。しかし、《Time Spiral/時のらせん(USG)》のようなアンタップ・カードと組み合わせられ始めたローマでのプロツアーより以前には、この呼び名は無視され、或いは馬鹿にまでされていたのです。

[2002/11/01] APHETTO ALCHEMIST/アフェットの錬金術師

(1)(U) クリーチャー − ウィザード(Wizard) 1/2
(Tap):アーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とし、それをアンタップする。
変異 (U)

Onslaught Uncommon, by Ron Spears


《Aphetto Alchemist/アフェットの錬金術師(ONS)》はもともと3マナで、能力で土地もアンタップできました。しかし、この能力はあまりに「緑っぽく」感じたので、コストは2マナに落とされ、土地のアンタップ能力は消されました。
<< Previous:[Oct. 2002] Current:[Nov. 2002] Next:[Dec. 2002] >>