Contents [Manager's Profile] [Manager's Diary] [About This Site] [Update Records] [Miscellanea] [Parody Sets]
[TOP PAGE] [Standard Link] [Virtual-Card Link] [Linkage Tips] [Versatile Board] [Virtual-Card Labo] [Text Uploader]

Card of the Day (2003/06)

<< Previous:[May. 2003] Current:[Jun. 2003] Next:[Jul. 2003] >>

[2003/06/30] ROTLUNG REANIMATOR/腐れ肺の再生術師

(2)(B) クリーチャー − ゾンビ(Zombie)・クレリック(Cleric) 2/2
〜か他のクレリック(Cleric)1体が場から墓地に置かれるたび、2/2で黒の、ゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1個場に出す。

Onslaught Rare, by Thomas M. Baxa


このカードには元々、次のようなフレイバー・テキストがありましたが、余白の都合で打ち切られました。
奴は自分を一番高く買ってくれる者のために働く。ようは、陰謀団のために。
("It works for the highest bidder. In other words, it works for the Cabal.")

[2003/06/27] DISPERSAL SHIELD/分散の盾

(1)(U) インスタント
呪文1つを対象とする。その点数で見たマナ・コストが、あなたがコントロールするパーマネントの点数で見たマナ・コストの中で最も大きい数以下ならば、それを打ち消す。

Scourge Common, by Dave Dorman


クリーチャーを変異でプレイするには(3)必要ですが、点数で見たマナ・コストは0です。ですから、3ターン目の変異クリーチャーといえども、土地だけしか場に出していなくとも《Dispersal Shield/分散の盾(SCG)》で打ち消せます。

[2003/06/26] RECOIL/はね返り

(1)(U)(B) インスタント
パーマネント1つを対象とし、それをそのオーナーの手札に戻す。その後で、そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。

Invasion Common, by Alan Pollack


《Recoil/はね返り(INV)》は「インスタント速度のディスカードは駄目」というルールを曲げています。トークン・クリーチャーにプレイすれば、一挙両得の形です。

[2003/06/25] HELL SWARM/(地獄の羽虫群)

(B) インスタント
全てのクリーチャーは-1/-0の修整を受ける。

Legends Common 1, by Christopher Rush


全ての時代を通じた粗悪カード《Hell Swarm(LEG)》は、同じく使われもしなかったThe Darkの《Marsh Gas/瘴気(4/DRK)》の完全下位です。

[2003/06/24] LONG-TERM PLANS/長期計画

(2)(U) インスタント
あなたのライブラリーからカードを1枚探し、あなたのライブラリーを切り直す。その後で、そのカードをあなたのライブラリーの上から3番目に置く。

Scourge Uncommon, by Ben Thompson


このカードのプレイテスト名は「怠惰の教示者」(Lazy Tutor)でした。

[2003/06/23] GHITU FIRE/ギトゥの火

(X)(R) ソーサリー
あなたが〜をプレイするために、そのコストに加えて(2)を支払うならば、あなたはそれを、インスタントをプレイできる時ならばいつでもプレイしてよい。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。〜は、それにX点のダメージを与える。

Invasion Rare, by Gren Angus


《Ghitu Fire/ギトゥの火(INV)》はインスタントとしてプレイされていても、タイプはいつも「ソーサリー」です。ですから《Flash Counter/緊急阻止(8/LEG)》でカウンターは絶対に出来ません。

[2003/06/20] TITANIA'S SONG/ティタニアの歌

(3)(G) エンチャント
全てのクリーチャーでないアーティファクトは、全ての能力を失い、パワーとタフネスがそれぞれその点数で見たマナ・コストに等しいアーティファクト・クリーチャーとなる。〜が場を離れた場合、この効果はターン終了時まで持続する。

Antiquities Uncommon 3, by Kerstin Kaman
Revised Edition Rare, by Kerstin Kaman
4th Edition Rare, by Kerstin Kaman
5th Edition Rare, by D. Alexander Gregory


《Titania's Song/ティタニアの歌(3-5/ATQ)》は、これが場を離れた時はターン終了時まで効果が持続するというどこか腑に落ちない条件を持っています。これも、初期には戦闘中に何かがクリーチャーで無くなってしまうということが起きる際のルールが不明瞭だったからです。

[2003/06/19] FISSURE/地割れ

(3)(R)(R) インスタント
土地1つかクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。

The Dark common 3, by Douglas Shuler
4th Edition Common, by Douglas Shuler


現在の赤の呪文は赤の無条件クリーチャー破壊を行わず、代わりにダメージを与えます。現行のセットでは、《Fissure/地割れ(4/DRK)》のようなカードにお目にかかることはもう無いでしょう。

[2003/06/18] GOBLIN WARCHIEF/ゴブリンの戦長

(1)(R)(R) クリーチャー − ゴブリン(Goblin) 2/2
あなたがプレイするするゴブリン(Goblin)呪文は、プレイするためのコストが(1)だけ減少する。
あなたがコントロールするゴブリン(Goblin)は速攻を持つ。

Scourge Uncommon, by Tim Hildebrandt
Friday Night Magic 2006 May, by Tim Hildebrandt


このカードのプレイテスト名は「粋なゴブリンの小ボス」(The Flash, Goblin Miniboss)でした。

[2003/06/17] MAGNIFY/拡大

(G) インスタント
全てのクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

Urza's Destiny Common, by Michael Sutfin


緑のパンプ呪文は先制攻撃持ちと相性がよいですが、《Magnify/拡大(UDS)》は実際には先制攻撃に「対しての」相性がよくなります。

[2003/06/16] NAKED SINGURALITY/(裸の特異点)

(5) アーティファクト
累加アップキープ (3)
マナを生み出す目的で土地がタップされる場合、本来のマナのタイプの代わりに、平地(Plains)は(R)、島(Island)は(G)、沼(Swamp)は(W)、山(Mountain)は(U)、森(Forest)は(B)を生み出す。

Ice Age Rare, by Mark Tedin


「裸の特異点」(Naked Singularity)とは、天文学用語で、ブラックホール外に存在するごく濃密な空間を指します。服には何ら関係がないわけですね。

[2003/06/13] STONE GIANT/石巨人

(2)(R)(R) クリーチャー − 巨人(Giant) 3/4
(Tap):あなたのコントロールする、〜のパワーより低いタフネスを持つクリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで飛行を得る。ターン終了時に、そのクリーチャーを破壊する。

Limited-Unlimited Edition Uncommon, by Dameon Willich
Revised Edition Uncommon, by Dameon Willich
4th Edition Uncommon, by Dameon Willich
5th Edition Uncommon, by James Allen


総合的に、リチャード・ガーフィールド氏は、自分の力の及ぶ限り、伝統的なファンタジーの世界から要素を輸入しようとしたので、最近のカードよりも古いカードの方が全体像からのデザインを行っています[今週のtop-down weekにちなむこの"top-down"は、全体像を先に考えてディテールを補完する方式。反意語は"bottom-up"]。《Stone Giant/石巨人(2-5)》のクリーチャーを投げる能力は、メカニックがよく練られています。

[2003/06/12] HUA TUO, HONORED PHYSICIAN/名医 華佗

(1)(G)(G) 伝説のクリーチャー 1/2
(Tap):あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたのライブラリーの一番上に置く。この能力は、あなたのターンの間で、なおかつ戦闘フェイズより前にしかプレイできない。

Portal Three Kingdoms Rare, by Gao Jianzhang


セットの一部(Arabian Nights, Portal Three Kingdoms)のカードは、文学素材に基づいていますが、こうしたものは、キャラクターや概念の色を捉えるべく苦心した上で全体像からのデザインを行います。

[2003/06/11] SKYSHIP WEATHERLIGHT/飛翔艦ウェザーライト

(4) 伝説のアーティファクト
〜が場に出たとき、あなたのライブラリーから好きな数だけアーティファクト・カードとクリーチャー・カードの組み合わせを探し、それらをゲームから取り除く。その後で、あなたのライブラリーを切り直す。
(4),(Tap):〜がゲームから取り除いたカードの中から1枚を無作為に選び、そのカードをあなたの手札に加える。

Planeshift Rare, by Mark Tedin (normal version) and Kev Walker (foiled alternate art)


ストーリー絡みのカードは大概全体像から入ります。大概、このカードが出る前からウェザーライト号は馴染みがありますから、開発陣は、こうした人々の予想に沿ったカードの能力を作る必要がありました。

[2003/06/10] BARON SENGIR/(センギア男爵)

(5)(B)(B)(B) 伝説のクリーチャー 5/5
飛行
〜からダメージを与えられたクリーチャー1体がそのターンに墓地に置かれるたび、〜の上に+2/+2カウンターを1個置く。
(Tap):吸血鬼(Vampire)1体を対象とし、それを再生する。

Homelands Uncommon 1, by Pete Venters


ときに全体像からのデザインは《Baron Sengir(HML)》のようにシンプルで直感的になります。「吸血鬼の主」を作るのは非常に単純ですからね。

[2003/06/09] FROZEN SOLID/凍結

(1)(U)(U) エンチャント − オーラ(Aura)
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、そのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。
エンチャントされているクリーチャーにダメージが与えられたとき、そのクリーチャーを破壊する。

Scourge Common, by Glen Angus
Coldsnap Common, by Ralph Horsley


《Frozen Solid/凍結(SCG/CSP)》はある青のメカニックにかつては黒(《Death Pits of Rath/ラースの死の奈落(8-9/TMP)》)や緑(《Mortal Wound/致命傷(VIS)》)の能力であったものを混ぜていますが、雰囲気の良さから青になりました。

[2003/06/06] XANTID SWARM/ザンティッドの大群

(G) クリーチャー − 昆虫(Insect) 0/1
飛行
〜が攻撃に参加するたび、防御側プレイヤーは、このターン呪文をプレイできない。

Scourge Rare, by David Martin


《Xantid Swarm/ザンティッドの大群(SCG)》の能力は、第1回「カードを作るのは君だ!」で投稿され没になった能力から取っています。

[2003/06/05] PEMMIN'S AURA/ペミンのオーラ

(1)(U)(U) エンチャント − オーラ(Aura)
エンチャント(クリーチャー)
(U):エンチャントされているクリーチャーをアンタップする。
(U):エンチャントされているクリーチャーはターン終了時まで飛行を得る。
(U):エンチャントされているクリーチャーは、このターン呪文や能力の対象とならない。
(1):エンチャントされているクリーチャーはターン終了時まで+1/-1か-1/+1の修整を受ける。

Scourge Uncommon, by Greg Staples


オールマイティである《Morphling/変異種(USG)》に捧げ、《Pemmin's Aura/ペミンのオーラ(SCG)》は「俺はスーパーマン」("I am Superman")のアナグラムになっています["I'm a Superman"だと、アポストロフィを含めたアナグラムになったりする]。

[2003/06/04] ENRAGE/怒髪天

(X)(R) インスタント
クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+X/+0の修整を受ける。

Scourge Uncommon, by Justin Sweet
8th Edition Uncommon, by Justin Sweet
9th Edition Uncommon, by Justin Sweet


《Enrage/怒髪天(8-9/SCG)》は長い間基本セットの中に主だっていた《Howl from Beyond/彼方からの雄叫び(2-7/ICE)》とほぼ同じカードですが、開発陣はこちらの色の方が「正しい」効果だろうと踏んだのでした。

[2003/06/03] PROTEUS MACHINE/変幻の機械

(3) アーティファクト・クリーチャー 2/2
変異 (0)
〜が表向きになったとき、〜のクリーチャー・タイプは、あなたが選んだもの1種類となる(この効果はターン終了時に終了しない)

Scourge Uncommon, by Greg Staples


このカードのプレイテスト名は「変成器」(Transformer)で、こんな嘘フレーバー・テキストを付けていました。
見た目以上の存在。
("More than meets the eye.")
[原文はMore "that"...になっていたが、イディオムからして誤りのように思われる]

[2003/06/02] KROSAN WARCHIEF/クローサの戦長

(2)(G) クリーチャー − ビースト(Beast) 2/2
あなたがプレイするビースト(Beast)呪文は、プレイするためのコストが(1)だけ減少する。
(1)(G):ビースト1体を対象とし、それを再生する。

Scourge Uncommon, by Greg Hildebrandt
Friday Night Magic 2004 April, by Greg Hildebrandt


開発段階でこのカードは(1)(G)(G)の3/2でしたが、これではビースト・デッキがもう手に負えなくなってしまったのでした。
<< Previous:[May. 2003] Current:[Jun. 2003] Next:[Jul. 2003] >>