Contents [Manager's Profile] [Manager's Diary] [About This Site] [Update Records] [Miscellanea] [Parody Sets]
[TOP PAGE] [Standard Link] [Virtual-Card Link] [Linkage Tips] [Versatile Board] [Virtual-Card Labo] [Text Uploader]

Card of the Day (2003/08)

<< Previous:[Jul. 2003] Current:[Aug. 2003] Next:[Sep. 2003] >>

[2003/08/29] ZIRILAN OF THE CLAW/鉤爪のジィーリィーラン

(3)(R)(R) 伝説のクリーチャー 3/4
(1)(R)(R),(Tap):あなたのライブラリーからドラゴン(Dragon)・カードを1枚探し、それを場に出す。その後で、あなたのライブラリーを切り直す。そのドラゴンはターン終了時まで速攻を得る。ターン終了時に、それをゲームから取り除く。

Mirage Rare, by Andrew Robinson


《Zirilan of the Claw/鉤爪のジィーリィーラン(MIR)》は驚くなかれ、ドラゴンのテーマを補助する役割として、Scourgeでの再録予定カード候補に挙がっていました。……そうそれも、こいつが制限リスト[Official Reprint Policy(http://www.wizards.com/default.asp?x=magic/products/ReprintPolicy)]に挙がっていたのを指摘されるまではのこと。そして、再録には相応しくなくなったのです。

[2003/08/28] KARN, SILVER GOLEM/銀のゴーレム、カーン

(5) 伝説のアーティファクト・クリーチャー − ゴーレム(Gorem) 4/4
〜がブロックするかブロックされるたび、それはターン終了時まで-4/+4の修整を受ける。
(1):クリーチャーでないアーティファクト1つを対象とする。それはターン終了時まで、パワーとタフネスが自身の点数で見たマナ・コストに等しいアーティファクト・クリーチャーとなる(そのアーティファクトは元の能力を持つ)

Urza's Saga Rare, by Mark Zug


《Karn, Silver Golem/銀のゴーレム、カーン(USG)》の無抵抗という性格は、戦闘に関わった際に0/8になるという所に現れています。しかし、ブロックされなければ4点のダメージを与えてしまうのです。

[2003/08/27] JASMINE BOREAL/ジャスミン・ボリアル

(3)(G)(W) 伝説のクリーチャー − 人間(Human) 4/5
(no abilities)

Legends Uncommon 1, by Richard Kane Ferguson
Time Spiral Timeshifted, by Richard Kane Ferguson


《Jasmine Boreal/ジャスミン・ボリアル(LEG/TSB)》みたいなカードがどうしてレジェンドなんだい、というメールを沢山頂いています。彼らも結局は、凄い力の持ち主ではないのですからね! ところがLegendsの開発チーム達は、4/5であるということだけでも、人間(大概普通の連中は1/1でいいもんです)にとってはレジェンド性を有する保証になっているという風に考えていたのでした。

[2003/08/26] NEMATA, GROVE GUARDIAN/木立ちの守護者ネマタ

(4)(G)(G) 伝説のクリーチャー − ツリーフォーク(Treefolk) 4/5
(2)(G):1/1で緑の、苗木(Saproling)・クリーチャー・トークンを1個場に出す。
苗木1体を生け贄に捧げる:全ての苗木はターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

Planeshift Rare, by John Avon


《Nemata, Grove Guardian/木立ちの守護者ネマタ(PLS)》は、Planeshiftでプレミアの絵違いアートが無かったカードでした。その傍らで、《Tahngarth, Talruum Hero/タールルームの勇士ターンガース(PLS)》、《Ertai, the Corrupted/堕落した者アーテイ(PLS)》、《Skyship Weatherlight/飛翔艦ウェザーライト(PLS)》は皆絵違いがあります。

[2003/08/25] UR-DRAGO/(始祖ドラゴ)

(3)(U)(U)(B)(B) 伝説のクリーチャー 4/4
先制攻撃
沼渡りを持つクリーチャーは、その能力を持たないかのようにブロックされる。

Legends Rare 1, by Christopher Rush


《Ur-Drago/ウル=ドラゴ(LEG)》らに見られるように、土地渡りは初期のメタゲームで非常に支配力の高いものだったため、強力で高価なクリーチャーによって潰されることが必要だったのです。

[2003/08/22] CROP ROTATION/輪作

(G) インスタント
〜をプレイする際に、追加コストとして土地1つを生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから、土地カードを1枚探し、そのカードを場に出す。その後で、あなたのライブラリーを切り直す。

Urza's Legacy Common, by DiTerlizzi


ヴィンテージでは制限を受けていながら、《Crop Rotation/輪作(ULG)》は8th Editionで再録の可能性がとても高かったのです。しかし、開発班がこのカードを「プレイする時に追加コストを持つ唯一のカード」だと気付いたため、このカードは身を引くことになりました。

[2003/08/21] TEK/テク

(5) アーティファクト・クリーチャー − ドラゴン(Dragon) 2/2
〜は、あなたが平地(Plains)をコントロールする限り+0/+2の修整を受け、島(Island)をコントロールする限り飛行を持ち、沼(Swamp)をコントロールする限り+2/+0の修整を受け、山(Mountain)をコントロールする限り先制攻撃を持ち、森(Forest)をコントロールする限りトランプルを持つ。

Invasion Rare, by Chippy


《Tek/テク(INV)》の名前がこんなに短いのは、古いテンプレートでは自分の名前が5回も出てくるからでした。最後の最後にテンプレートを改めたからこそ、文章は綺麗になりましたが、その時までは名前がくっついていたのですから。

[2003/08/20] DEMYSTIFY/啓蒙

(W) インスタント
エンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

Onslaught Common, by Christopher Rush
8th Edition Common, by Christopher Rush
9th Edition Common, by Christopher Rush


エンチャントというものはMagicの曙から随所に存在を現し続けていますが、Onslaughtで《Demystify/啓蒙(8-9/ONS)》が出るまでは、単に「エンチャント1つを対象とし、それを破壊する」──他の能力は無しに──というカード[更に基本セットではフレイバー・テキストもなしに]は存在しなかったのです。

[2003/08/19] STONE CATAPULT/発石車

(4)(B) クリーチャー − 兵士(Soldier) 1/2
(Tap):タップ状態の黒でないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。この能力は、あなたのターンの間で、なおかつ戦闘フェイズより前にしかプレイできない。

Portal Three Kingdoms Rare, by Shang Huitong


《Stone Catapult/発石車(PTK)》は見栄えの悪いPortal Three Kingdom版《Royal Assassin/凄腕の暗殺者(2-4/8-9)》です。2マナでタフネス1点は得ましたが、黒のクリーチャーを殺せず、しかも第1メインフェイズにしか使えないのです。

[2003/08/18] YAVIMAYA ELDER/ヤヴィマヤの古老

(1)(G)(G) クリーチャー − ドルイド(Druid) 2/1
〜が場から墓地に置かれたとき、あなたは自分のライブラリーから基本土地カードを最大で2枚まで探し、それらを公開してからあなたの手札に加えてもよい。そうしたならば、あなたのライブラリーを切り直す。
(2),〜を生け贄に捧げる:カードを1枚引く。

Urza's Destiny Common, by Ray Lago


あなたが《Yavimaya Elder/ヤヴィマヤの古老(UDS)》の起動型能力をプレイする時、誘発型能力がその前に解決されます。なので、カードを引く前に土地2枚を探すことになります。

[2003/08/15] SERENDIB EFREET/(セレンディブのイフリート)

(3)(U) クリーチャー − イフリート(Efreet) 3/4
飛行
あなたのアップキープの開始時に、〜はあなたに1点のダメージを与える。

Arabian Nights Uncommon 2, by Anson Maddocks
Revised Edition Uncommon, by Jesper Myrfors (art misassigned by Ifh-Biff Efreet(ARN))


青のカードが青でない、というのはどんなとき? それが緑だったなら!? あってはならないミスのせいで、Revised Editionの《Serendib Efreet(3/ARN)》は《Ifh-Biff Efreet(ARN)》の絵と色枠が使われて印刷されました。このカードはゲームにおいても、青のカードとして扱われねばなりません。

[2003/08/14] ZEPHID'S EMBRACE/ゼフィドの抱擁

(2)(U)(U) エンチャント − オーラ(Aura)
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは+2/+2の修整を受けると共に飛行を持つ。それは呪文や能力の対象とならない。

Urza's Saga Uncommon, by Daren Bader


基本的に青のエンチャント(クリーチャー)はパワー・タフネスを上昇させたりしません。しかし、サイクルとして作られた「抱擁」(Embraces)シリーズでは、ある色[例えば赤のタフネス上昇なども含めて]がルールを曲げた形となります。

[2003/08/13] APPRENTICE WIZARD/魔法使いの弟子

(1)(U)(U) クリーチャー − ウィザード(Wizard) 0/1
(U),(Tap):あなたのマナ・プールに(3)を加える。

The Dark Uncommon 1, by Dan Frazier
4th Edition Common, by Dan Frazier


青はマナ加速に乏しいとされていますが、こんな奴をThe Darkのパックからレア(正確にはアンコモン1ですが)として手に入れるのを嬉しがる人なんているんでしょうかね。

[2003/08/12] TIME WALK/(時間移動)

(1)(U) ソーサリー
このターンの直後に追加の1ターンを行う。

Limited-Unlimited Edition Rare, by Amy Weber


このカードの初期プレイテスト版では、テキストが「プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは次のターンを失う」("Target player loses next turn")というもので、対戦相手がターンをとばせという意味でした。しかし勿論のように、「ターン終了時にそのプレイヤーがゲームに敗北する」という誤読がなされて、印刷通りの文章となりました。

[2003/08/11] FLIGHT/飛行

(U) エンチャント − オーラ(Aura)
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは飛行を持つ。

Limited-Unlimited Edition Common, by Anson Maddocks
Revised Edition Common, by Anson Maddocks
4th Edition Common, by Anson Maddocks
5th Edition Common, by Jerry Tiritilli
6th Edition Common, by Jerry Tiritilli
7th Edition Common, by Bradley Williams
8th Edition Uncommon, by Arnie Swekel
9th Edition Common, by Arnie Swekel


このカードの絵[Arnie Swekel版]に描かれたクリーチャーは《Spiritmonger/魂売り(APC)》です。

[2003/08/08] INVISIBILITY/不可視

(U)(U) エンチャント − オーラ(Aura)
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、壁(Wall)以外によってはブロックされない。

Limited-Unlimited Edition Common, by Anson Maddocks
8th Edition Uncommon, by Pete Venters


10年前、《Invisibility/不可視(2/8)》は《Juggernaut/巨大戦車(2-3/DST)》をブロックできなくしてしまうので強力なカードだと思われていました。おやまあ、思えば遠くまで来たもんです。

[2003/08/07] UNDERWORLD DREAMS/地獄界の夢

(B)(B)(B) エンチャント
対戦相手1人がカードを1枚引くたび、〜はその対戦相手に1点のダメージを与える。

Legends Uncommon 1, by Julie Baroh
8th Edition Rare, by Carl Critchlow
9th Edition Rare, by Carl Critchlow


全ては環境が物語るのです。《Timetwister(2)》や《Wheel of Fortune(2-3)》のような強力カードのためにヴィンテージで制限を受けていた《Underworld Dreams/地獄界の夢(8-9/LEG)》ですが、スタンダードで衝撃を与えることはもうないでしょう。

[2003/08/06] ADARKAR WASTES/アダーカー荒原

n/a 土地
(Tap):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(Tap):あなたのマナ・プールに(W)か(U)を加える。〜は、あなたに1点のダメージを与える。

Ice Age Rare, by Mike Raabe
5th Edition Rare, by Gary Leach
6th Edition Rare, by Gary Leach
7th Edition Rare, by John Avon
9th Edition Rare, by John Avon


トーナメント・プレイヤーの多くが残念がることに、Ice Ageのペイン・ランドは、8th EditionにおいてInvasionのタップ状態で場に出る土地に置き換わりました[が、9th Editionで復活を遂げた]。

[2003/08/05] CASTLE/城壁

(3)(W) エンチャント
あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャーは+0/+2の修整を受ける。

Limited-Unlimited Edition Uncommon, by Dameon Willich
Revised Edition Uncommon, by Dameon Willich
4th Edition Uncommon, by Dameon Willich
5th Edition Uncommon, by David O'Connor
6th Edition Uncommon, by David O'Connor
7th Edition Uncommon, by Edward P. Beard, Jr.


《Castle/城壁(2-7)》は[8th Editionから]初めて基本セットに現れることがなくなった数少ない1枚です。このカードがいなくなって誰が寂しい思いをするかと我々は疑問を呈したのです。

[2003/08/04] REWIND/巻き直し

(2)(U)(U) インスタント
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。その後で、土地を最大で4つまでアンタップする。

Urza's Saga Common, by Dermot Power
8th Edition Common, by Dermot Power
9th Edition Common, by Dermot Power


「フリー」メカニックはキーワード能力ではないので、サイクリングやエコーなどと違い、基本セットに使っても差し支えがなかったのです。

[2003/08/01] SEEKER OF SKYBREAK/天光を求める者

(1)(G) クリーチャー − エルフ(Elf) 2/1
(Tap):クリーチャー1体を対象とし、それをアンタップする。

Tempest Common, by Daren Bader
7th Edition Common, by Eric Peterson


《Seeker of Skybreak/天光を求める者(7/TMP)》は8th Editionで惜しくも落選したうちの1枚です。最早クリーチャーのアンタップ能力は緑のものでないと決まった時、《Rushwood Dryad/ラッシュウッドのドライアド(8/MMQ)》に置き換えられたのです。
<< Previous:[Jul. 2003] Current:[Aug. 2003] Next:[Sep. 2003] >>