Contents [Manager's Profile] [Manager's Diary] [About This Site] [Update Records] [Miscellanea] [Parody Sets]
[TOP PAGE] [Standard Link] [Virtual-Card Link] [Linkage Tips] [Versatile Board] [Virtual-Card Labo] [Text Uploader]

Card of the Day (2003/12)

<< Previous:[Nov. 2003] Current:[Dec. 2003] Next:[Jan. 2004] >>

CUT BY TRANSLATOR


  • 12/12 《Notorious Assassin/名うての暗殺者(MMQ)》(→2003/04/10)[重複]
  • 12/18 《Time Walk(2)》(→2003/08/12)[重複]

[2003/12/19] LION'S EYE DIAMOND/ライオンの瞳のダイアモンド

(0) アーティファクト
〜を生け贄に捧げる,あなたの手札を捨てる:あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ3点を加える。この能力は、あなたがインスタントをプレイできる時にしかプレイできない。

Mirage Rare, by Margaret Organ-Kean


このカードは「劣化」《Black Lotus(2)》として作られました。それでも、最近のヴィンテージで制限を受けました。

[2003/12/17] ANCESTRAL RECALL/(祖先の回想)

再登場(→2003.3.17.

Limited-Unlimited Edition Rare


このカードの元の名称は「祖先の記憶」(Ancestral Memories)でした。この名称は(オマージュとして)Mirageの《Ancestral Memories/祖先の記憶(6-7/MIR/POR)》に用いられました。

[2003/12/11] SPELLBOOK/呪文書

再登場(→2003.7.10.

8th Edition Uncommon


このカードは、8th Editionで唯一、マナ・コストが(0)であるカードです。

[2003/12/09] VISCERID DRONE/ヴィセリッドの徒食者

(1)(U) クリーチャー − ホマリッド(Homarid) 1/2
クリーチャー1体と沼(Swamp)1つを生け贄に捧げる:アーティファクトでないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。
クリーチャー1体と氷雪沼1つを生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。

Alliances Uncommon 2, by Heather Hudson


このカードはもともと「ホマリッドの徒食者」(Homarid Drone)と呼ばれていましたが、制作班は当時ホマリッドがあまりに不評であったと言うことを受け、進化したホマリッドの名前に変えられたのです。

[2003/12/08] TIME AND TIDE/時空の満ち干

(U)(U) インスタント
フェイズ・アウト状態のクリーチャー・カードはフェイズ・インし、それと同時にフェイジングを持つクリーチャーはフェイズ・アウトする。

Visions Uncommon, by George Pratt


このカードはもともと《Fireblast/火炎破(VIS)》の対になるカードとして構想されていました。それは島2枚を自分の手札に戻すという代用コスト持ちの《Counterspell/対抗呪文(2-7/ICE/TMP/MMQ/S99)》でした。このカードは後に《Thwart/妨害(MMQ)》として印刷されました(但し、2枚ではなく3枚の島となっています)。

[2003/12/05] BENALISH HERO/ベナリアの勇士

(W) クリーチャー − 勇士(Hero) 1/1
バンド

Limited-Unlimited Edition Common, by Douglas Shuler
Revised Edition Common, by Douglas Shuler
4th Edition Common, by Douglas Shuler
5th Edition Common, by Douglas Shuler


AlphaからRevisedまで、このクリーチャーの能力は"bands"と書かれていました。4th Editionになってこの能力は"banding"となりました。

[2003/12/04] WALL OF CALTROPS/(鉄びしの壁)

(1)(W) クリーチャー − 壁(Wall) 2/1
防衛
〜がクリーチャー1体をブロックするたび、そのクリーチャーのブロックに壁(Wall)でないクリーチャーが1体も参加していなければ、〜はターン終了時までバンドを得る。

Legends Common 1, by Brian Snoddy


このカードのフレーバー・テキストは7文字ですが、2つの面白い単語だけで出来ています。

[原文:"Ow! Ow ow ow! Ooow, ow, OW!"

[2003/12/02] NALATHNI DRAGON/ナラスニ・ドラゴン

(2)(R)(R) クリーチャー − ドラゴン(Dragon) 1/1
バンド
(R):〜はターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。この能力が1ターンに4回以上プレイされたならば、ターン終了時に〜を生け贄に捧げる。

DragonCon 1994, The Duelist Magazine #3, The Duelist Conpanion, and Japanese Mirage Misprint apology, by Michael Whelan


このクリーチャーは、Magicのカード以来で唯一赤のバンドを持つクリーチャーです。

[2003/12/01] RANGER EN-VEC/ヴェクのレインジャー

(1)(G)(W) クリーチャー − 兵士(Soldier) 2/2
先制攻撃
(G):〜を再生する。

Tempest Uncommon, by Randy Elliott


デザイン段階でのこのクリーチャーはバンドと再生を持っていました。しかし、デザインと開発の間に、バンド能力はMagicから取り除かれることになり、代用の能力は先制攻撃となったのです。
<< Previous:[Nov. 2003] Current:[Dec. 2003] Next:[Jan. 2004] >>